1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. ノウハウ
  4. まとめ
  5. プレママ/ママ医師におすすめの記事まとめ
まとめ

プレママ/ママ医師におすすめの記事まとめ

2019年5月6日

女性医師にとって、専門医取得や昇進といったキャリアイベントと結婚・出産・育児といったライフイベントをいかに両立するかは永遠の悩み。今回は、プレママ/ママ医師が読んでおきたい、おすすめの記事をまとめました。

子持ち女性医師のキャリア事例

子どもを連れて高知県宿毛市への単身赴任を決めた桐谷知美先生。これまで東京都内の急性期病院に勤務してきた桐谷先生が、地域医療に飛び込むと決めた理由とは。


後期研修でのモヤモヤ感を解消すべく、現在の勤務先を選んだ斎藤舞子先生。理想の医療を追究する斎藤先生の原動力、地域の医療事情について取材しました。


2児の子育てをしながら、総合診療科の医長を務める本郷舞依先生。実は、総合診療科に所属する2名とも17時で帰らなければいけない子育て女医。仕事と子育てを、一体どのように両立しているのでしょうか。


仕事と子育ての葛藤の中、ハーバード公衆衛生大学院への留学を選んだ吉田穂波先生。医師、留学生、母という立場で得た気付きを糧に、キャリアを切り開いてきた吉田先生にお話を伺いました。


息子の受験が一段落し、娘が大学を卒業するタイミングで国境なき医師団に応募した橋本裕美子先生。かつて離婚を経験し、幼い2人の子どもを抱え8年間のブランクを経て復職したものの、シングルマザーと医師の両立に苦労してきたという橋本先生が、50代で国際医療活動に踏み出した理由とは。

ライフイベントとの両立術

ライフイベントなどをきっかけに、これまでの働き方を見直す医師は少なくありません。常勤と非常勤勤務、それぞれのメリット・デメリットを交えながら、実際にワークスタイルを変えた事例をご紹介します。


医師としての方向性や、ライフスタイルと照らし合わせ、I・Uターンや単身赴任の転職を選択する医師もいます。職場環境も生活環境も一変させる決断に至るまで、どういった経緯があるのでしょうか。その実例を紹介します。

連載:女医のつれづれ手帖

30代で国際結婚し、現在は1児の母でもあるYu先生による連載。麻酔科・内科医として働きながら、結婚・出産・子育て、それぞれの場面で考えたことについて寄稿いただきました。


「そのうち結婚できればいい」と考えていたYu先生が、出会って数か月の相手と国際結婚に至ったのはなぜでしょうか。


科や医療機関によって、妊娠後の働き方はそれぞれ。今回は妊娠がわかってから妊娠後期に入るまで、どのように周囲と連携をとり、働き方を変えていったのかをご紹介します。


産後3カ月で仕事を再開したYu先生。職場復帰をする上では、ある3つのことに気を付けたと語ります。


「実際に働きながら育児をしてみると、工夫次第で何とかなるもの」と語るYu先生。どのようなスケジュールで過ごし、何を重視して仕事と育児に取り組んでいるのでしょうか。


自分自身も1人の子どもを持ち、将来的には2人目も考えているという女医のYu先生。周囲の声も織り交ぜながら、「2人目問題」について思うことを寄稿していただきました。

仕事とプライベートを両立しながら働きたい女性医師の方へ

結婚・出産・育児・介護などを考えると、今の勤務先は続けにくいとお悩みではありませんか。

エムスリーキャリアは全国10,000以上の医療機関と提携し、以下のような希望を叶えられる求人もお預かりしています。
●オンコール・当直・時間外勤務なし
●複数体制で急な休みが取りやすい
●院内保育園完備、保育所までの送迎あり

ご希望であれば女性のコンサルタントが担当いたしますので、お気軽にご相談ください。

この記事の関連キーワード

  1. ノウハウ
  2. まとめ

この記事の関連記事

  • コラム

    コロナ禍だから振り返りたい「扶氏医戒之略」―わたしの女医ライフ

    ドクターと医学生の交流を目的とし、将来の選択肢を増やすためのイベント「Doctors’ Style」の代表を務める正木稔子先生が、「女性医師だからできない」ことではなく、「女性医師だからできる」ことについて語ります。

  • PR

    経営専門医という新たなキャリアパス―谷幸治氏(ホロニクスグループ代表)・後編

    健康経営度調査で上位10%にランクインという、大規模医療法人としては初の快挙を達成した医誠会。谷幸治理事長は、「40年かけ、新たな病院組織のあり方を模索してきた」と語ります。医誠会を軸に展開するホロニクスグループ代表でもあるる谷理事長が考える、これからの時代を生きのびることのできる病院組織とは?また、医師のキャリアに新たな選択肢を与える、経営専門医育成プログラムとは?

  • PR

    医療崩壊、そのとき医師に必要な学びとは─谷幸治氏(ホロニクスグループ代表)・前編

    医師が診療科の専門性ではなく、経営の専門性を磨く——。そんな「経営専門医」育成プロジェクトを2020年度から開始するのが、ホロニクスグループの医療法人 医誠会です。日本ではまだ珍しい取り組みを促進する背景には、2025年問題をはじめとした、医療経営をとりまく環境の激変があると、同グループを一代で築いた谷幸治理事長は語ります。現在の医療体制に警鐘を鳴らす同氏に、病院運営がおかれている状況や新たに医師に必要な学びについて聞きました。

  • インタビュー

    男性医師4人が時短勤務。亀田ファミリークリニック館山院長に聞く“快諾”の理由とは?―パパ医師の時短勤務(3)

    亀田ファミリークリニック館山(常勤換算医師数16人) は、家庭医診療科医長の岩間秀幸先生を皮切りに、家事や育児を理由とした男性医師の短時間勤務が続いています。2020年は、4人目の男性医師の時短勤務が始まる予定です。クリニック管理者として見ると、マンパワーが落ちるという側面も持つ時短勤務ですが、岡田唯男院長は、岩間先生から最初に時短勤務の相談をされたときどのように感じたのでしょうか。社会的にはまだ多いとは言えない男性医師の時短勤務を快諾する理由とは?

  • まとめ

    50代の医師が読んでおきたいキャリア記事まとめ

    医師として、キャリアのピークを迎える50代。大学医局の教授、医療機関の院長など、組織内で責任のあるポジションに就く医師が出てくるタイミングです。これに伴い、現職で定年まで勤め上げる覚悟を決める医師もいれば、定年やその後を見据えて転職を試みる医師もいたりと、キャリアにまつわる選択肢を検討する医師も少なくありません。今後の働き方を見据えて、行動を起こす医師が増えてくる年代ともいえるでしょう。今回は、そんな50代医師が読んでおきたい記事をまとめました。

  • まとめ

    40代医師がキャリアプラン実現のために知っておきたいこと

    豊富な臨床経験・スキルを持ち、マネジメントや教育といった役割も担うことも多い40代。 今回は働き盛りの40代医師のキャリアの特徴や、キャリアプラン実現のポイントをエムスリーキャリアのコンサルタントに聞きました。

  • まとめ

    40代の医師が読んでおきたいキャリア記事まとめ

    医師としてのキャリアに大きな影響を与える、大学医局の存在。Doctors LIFESTYLEはm3.comの医師会員1000人を対象に調査を実施、大学医局のあり方について、どのように捉えているかを聞きました。退局当時の決断をいま振り返ってどう思うかなど、医師のリアルな声もご紹介します。

  • まとめ

    20~30代の若手医師がキャリアプラン実現のために知っておきたいこと

    医学部卒業後、医師としての専門性を深めながらキャリア形成を図る20代から30代。今回は若手と言われる20~30代のキャリアの特徴や、悔いのないキャリアプラン実現のポイントをエムスリーキャリアのコンサルタントに聞きました。

  • まとめ

    60代の医師が読んでおきたいキャリア記事まとめ

    勤務先によっては、定年を迎えるタイミングでもある60代。この頃になると、第一線から退き、ゆったりした働き方にシフトしていきたいと考える医師が増えていきます。今回は、いわゆる「セカンドキャリア」を歩みはじめる60代医師が読んでおきたい記事をまとめました。

  • まとめ

    20~30代の若手医師が読んでおきたい記事まとめ

    医学部卒業後、自分のキャリアを築き、医師としての専門性を深めていく20代から30代。今回は若手と言われる20~30代のキャリアの特徴と、20~30代のうちに読んでおきたい記事をまとめました。

  • 人気記事ランキング