1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. 転職ガイド
  4. Iターン・Uターン
  5. Iターン、単身赴任を選んだ女性医師の願い―医師の転職カルテvol.2
Iターン・Uターン

Iターン、単身赴任を選んだ女性医師の願い―医師の転職カルテvol.2

2018年8月16日

I・Uターンや単身赴任の転職というと、ハードルが高いように感じるかもしれません。しかし、医師としての方向性や、ライフスタイルと照らし合わせ、あえてその選択をする医師もいます。職場環境も生活環境も一変させる決断に至るまで、どういった経緯があるのでしょうか。医師紹介会社のコンサルタントが、実際にあったケースについて語ります。

北海道→福岡にIターン。ライフスタイルに合った働き方を実現

Case1 麻酔科医(専門は緩和ケア)、60代、女性

北海道にある病院の緩和ケア病棟で、フルタイム勤務をしていた。60代に入り、冬の寒さが堪えるようになったことから、温暖な地への移住を検討。結婚した娘が福岡県に住んでおり、同県によい印象を持っていた。同じく麻酔科医の夫とも意見が一致し、夫婦そろって移住。福岡市内の総合病院で週4日、夜間休日対応なしの条件で勤務している。QOLが向上し、満足している。

転職前に働いていた北海道の病院は、夜間休日の呼び出しが多く、ハードな職場環境でした。そのまま勤務することもできましたが、年齢的・体力的な問題を考慮し、転職を決意。まったく知らない土地へのIターンは選択肢を絞るまでが大変ですが、この医師の場合は、福岡県に娘さんが住んでいたことが決め手となりました。さらに、「温暖な地で、無理のない範囲で緩和ケアを続けたい」という希望が明確だったことから、すぐに転職先が決まりました。

Iターンに興味のある医師は、自身に何かしらの地縁がないか。どんな環境で、どんな医療を提供したいか考えてみるとよいでしょう。なお、このケースでは夫婦ともに医局に属していましたが、すでに医局人事には乗っていませんでした。長年の貢献もあって無理な引き留めはされず、スムーズに転職することができました。

故郷の病院へ単身赴任。麻酔科から内科へ転科した女性医師

Case2 麻酔科医、60代、女性

麻酔科業務に不満はなかったが、「患者と直接触れあい、話ができる仕事をしたい。訪問診療にも携わってみたい」と希望。人材紹介会社に登録し、当初は東京都内で転職先を探していた。しかし、60代で麻酔科から内科への転科は容易でなく、都内には条件に見合う医療機関がなかった。より広域の勤務地を検討したところ、出身地の熊本県で希望に合致する病院が見つかった。内科の全身管理を学び、訪問診療のスキルを身につけた。なお、配偶者は企業の顧問を務め、子どもはすでに独立しているため、単身赴任を選択した。

60代での転科、Uターン、単身赴任と、極めて大きな決断をしたケースです。当初は難航するように思えた転職でしたが、コンサルタントと膝をつき合わせて話し合うことで好転しました。
「この先生が医学部に入学した頃は、まだまだ女性医師が珍しかった時代です。医師を志した理由を伺うと、『故郷の熊本で、自分や家族を診てくれた“町医者”に憧れて』とのことでした。ちょうど熊本県内のある病院が医師を募集しており、偶然にも求職者の同級生や、研修医時代の同期だった医師が複数在籍していました。内科医は顔見知りですし、麻酔科医から在宅医に転科した医師もいます。安心して内科を学べる環境があったのです」(エムスリーキャリア、コンサルタント)

現在、この医師は、病院が用意した熊本市内の借家を拠点にしています。母親が暮らす実家までは車で1時間の距離で、必要があればすぐに赴くことができます。夫が暮らす東京にも、月1回のペースで帰っています。生まれ育った故郷に貢献していることに、大きなやりがいを得ているそうです。
前出のコンサルタントは、「医師の転職は『そもそも何をしたかったのか』を深掘りし、明確なビジョンを持つことで、満足のいく結果につながります」と話します。自身の原点を見つめ直し、地方で働くことへの関連性があるならば、I・Uターンを視野に入れることで道が開けるかもしれません。

従来の価値観に とらわれない働き方をしたい先生へ

先生の「やりたい」を叶えるためには、従来の働き方のままでは難しいとお悩みではありませんか。

  • 医師業と、自分のやりたいことを兼業したい
  • 病院・クリニック以外で医師免許を生かして働きたい

もし上記のようなお考えをお持ちでしたら、エムスリーキャリアのコンサルタントにご相談ください。

エムスリーキャリアは全国10,000以上の医療機関と提携して、多数の求人をお預かりしているほか、コンサルタントの条件交渉によって求人を作り出すことが可能です。

【記事特集】医師の転職カルテ
キャリアの悩みに、コンサルタントが答えました


・いつ、どうやって転職したらいいのかわからない
・新たな環境で働きたいが、不安
・育児や介護、持病との両立はできる?

【詳しくはこちらから】

この記事の関連記事

  • その他

    開業医に迫る「コロナ閉院」で勤務医へ

    新型コロナによる収入減は、医師も他人事ではありません。中でも開業医は建物・設備の固定費、スタッフの人件費に多大な費用がかかるため、コロナ禍の経営難を機に閉院し、勤務医に戻るという人が出てきています。閉院という開業医最後の大仕事を全うしつつ、転職活動を進めるにはどうしたらいいのか――。今回は医師人材紹介会社を活用して、開業医から勤務医に転職した事例をご紹介します。

  • アルバイト(非常勤・スポット)

    バイト先が決まらない!採用ハードルが急上昇

    COVID-19流行以降、医師の定期非常勤市場は大きく変化しています。以前はすぐに内定が出ていた医師でも、書類選考を通過しないことも……採用される医師・されない医師の違い、買い手市場で内定を得るためのコツをお伝えします。

  • その他

    自由診療領域の転職市場、コロナ禍で変化は?

    新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大以降、医師人材紹介会社への登録は増加傾向にあります。求職者から多い相談内容の1つとして挙げられているのが「自由診療領域」への転職です。コロナ禍において、自由診療領域の転職市場はどのような影響を受けているのでしょうか。

  • 転職データ集

    コロナ禍で冷え込んだ医師転職市場、回復の兆しも?

    コロナ禍の混乱が始まって約半年。2020年7~9月は感染がピークアウトし、徐々に日常生活を取り戻してきました。しかし、医師の転職市場はそう元通りとはいかず、地域や診療科によって異なる様相を示しています。今回編集部では、m3.comCAREERに寄せられたデータをもとに都道府県と各科の求人倍率と想定下限年収を集計。データから転職市場の冷え込み具合を可視化しました。また、コンサルタントには最新動向も聞き、冷え込みから回復の兆しが見えてことも分かりました。

  • 企業(産業医・MD・社医)

    コロナ禍で信頼される産業医になるには

    新型コロナウイルス感染症の影響により、オフィス環境ではオンライン化が急速に進み、産業保健業務にも一部変化が起こっています。訪問制限をはじめ、さまざまな制約がある中で、産業医の価値を発揮するのはどうしたらいいのでしょうか。中小企業を中心にサポートをしているOHサポート株式会社代表で産業医の今井鉄平先生に聞きました。(取材日:2020年8月19日)

  • 企業(産業医・MD・社医)

    産業医は、経営者の参謀役になれ

    新型コロナウイルス感染症により、仕事や生活インフラのオンライン化が進み、産業保健業務にも一部影響が及んでいます。今回はコロナ禍の労働環境を整理しながらwithコロナ時代の産業医に求められるスキルやマインドを、中小企業を中心にサポートするOHサポート株式会社代表で産業医の今井鉄平先生に聞きました。(取材日:2020年8月19日)

  • 年収アップ

    年収アップの転職、30代・40代・50代でどう変わる?

    医師の転職理由のひとつに挙げられる「年収」。年収アップできた医師の転職には、どのような特徴があるのでしょうか。今回は人材紹介会社を利用した転職事例から、年収アップのポイントを年齢別に紐解きます。

  • Iターン・Uターン

    医師の転職では珍しくない?Iターンとは

    Iターンとは、住みなれた土地を離れて暮らすスタイルのこと。移動経路が「I」の形に似ていることからIターンと呼ばれ、Iターンに伴って転職をする場合Iターン転職と言われる。

  • Iターン・Uターン

    地方で働くメリット・デメリットとは

    都市部から地方へと転職する場合、医師の労働環境はもちろん、ライフスタイルまでもが大きく変わりえます。診療体制・待遇・生活環境の3点を中心に、地方勤務のメリット・デメリットについて解説します。

  • Iターン・Uターン

    地方勤務希望の医師が、面接で確認しておきたい3つのこと

    地域特性や生活環境が異なるような土地への転居を伴う転職の場合、求人票には記載されていない“思わぬこと”が入職後のミスマッチにつながることも。医師が地方勤務を希望する場合に、面接や病院見学で確認しておきたいポイントを解説します。

  • 人気記事ランキング