1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. キャリア事例
  4. 事例
  5. 「仕事も子育ても及第点」 2児のママが医長と育児を両立できる理由―本郷舞依氏(みちのく総合診療医学センター/坂総合病院)
事例

「仕事も子育ても及第点」 2児のママが医長と育児を両立できる理由―本郷舞依氏(みちのく総合診療医学センター/坂総合病院)

2019年4月2日

坂総合病院(宮城県塩釜市)で総合診療科の医長を務める本郷舞依氏は、2児の子育てをしながら働くことに「常に悩み、ワークライフバランスは不安定」と言います。それでも総合診療の最前線で働き続けているのは、困っている人からの求めに応え続けるため。そのために救急科とタッグを組むなどの職場環境を築いています。今回は本郷氏を支える原動力と、仕事と子育てとを両立する術について聞きました。(取材日:2019年3月2日)

「そうごうしんりょう?なにそれ、おいしいの?」

―医師を志したきっかけを教えてください。

母が病院事務や運動療法士をしていて、病院で働くことに漠然と憧れを抱いていました。最初は看護師になろうかと考えていましたが、高校生の頃から、治療を通して困っている人の役に立てる医師を志すようになったのです。

―研修先はどのように選びましたか。

坂総合病院の奨学生として医学部へ進学したので、坂総合病院の初期研修医になりました。同院は困っているすべての患者さんに手を差し伸べられる病院で、自分が思い描くやりたいことに近かったので、充実した研修医生活を送っていました。その半面、3年目以降は何科に進めばいいのかが分からず、ずっと悩んでいましたね。「患者さんが困ったときに何でも相談できる医師になりたい」とは思っていたのですが、それが何科で実現できるのかが分からなかったのです。

―総合診療科に進もうと決めたのはいつだったのですか。

2年目も後半に差し掛かっていた頃、夫であり坂総合病院の救急科医である佐々木隆徳の講演に同行したことが転機になりました。その時は、新しく総合診療科が開設された山梨県内の病院から講演を依頼されていました。

道中、夫から「お前は何をやりたいんだ」と聞かれ、「わたしは自分で何かをやりたいのではなく、人から求められていることに応えたい」というやり取りをしていました。そこで「それは、総合診療や家庭医療という領域なのではないか?」と言われたのです。その時は「そうごうしんりょう? なにそれ、おいしいの?」状態で、それまで一度も総合診療・家庭医療という言葉を聞いたことがなかったんです。

その後、講演会場で総合診療医の先生にお話を聞かせてもらい、総合診療は臓器に焦点を当てるのではなく、その人全体を診る診療科だと知りました。同時に「総合診療科なら、困っている人を助けられる」と確信し、総合診療医を目指すことを決めたのです。

当時、坂総合病院に総合診療の後期研修プログラムはありませんでしたが、日本プライマリ・ケア連合学会が発足し、新規プログラムの募集がされているタイミングだったのも幸運でした。わたしの希望を聞いた上司がプログラムを新設してくださり、晴れて3年目からは東北の総合診療医を育てる「みちのく総合診療医学センター」の専攻医1期生として研修を始めることができました。

救急科とタッグを組むから両立できる

―2人のお子さんを出産した現在は、坂総合病院の総合診療科医長として、どのような毎日を過ごしていますか。

11年目のわたしと7年目の島直子先生が中心となり、現場の運営をしています。当科は外来、入院病棟、在宅診療、介護老人福祉施設(特養)の嘱託医まで、プライマリ・ケアのほとんどの領域を担っているので非常にやりがいがあります。また、このように患者さんのさまざまな段階に関われるので総合診療医・家庭医の教育フィールドとしても恵まれた環境だと感じています。

ただ、わたしも島先生も子育て中なので、17時には仕事を切り上げて子どもを迎えに行かなければなりませんし、夜間の電話対応はできても呼び出しには応えられません。そのため、救急科の先生方にバックアップしていただきながら運営しています。

-具体的にどのようなバックアップ体制なのですか。

17時から翌朝までと休日の総合診療科病棟の対応は、救急科の先生に全面的にヘルプをお願いしています。そのため平日は毎朝、救急科の先生と一緒に病棟回診をして情報共有をしています。反対に、救急科が救急外来の対応で忙しくて病棟に上がれないときには、当科の医師が救急科病棟の回診や病棟看護師からの情報収集を行い、必要があれば処置等の対応をしています。

この体制は、主に救急科の佐々木が考案しましたが、夫婦で1年ほど研修させてもらった福井大学医学部附属病院の総合診療部・救急部合同の初期診療体制がベースになっています。

-バックアップ体制がうまく機能している秘訣はどこにあると思いますか。

夫が救急科科長、わたしが総合診療科医長なのもありますが、それ以上に、救急科の先生方が子育てを自分事として捉えていて、家庭と両立しながら働くことへの理解があるからだと思います。その理解がなかったら、うまくいかないと思います。

子育てしながら働いていると、どうしても定時で帰らなければならなかったり、突然保育園から呼び出されて早退しなければいけなかったり、仕事に全力を注げないことがあります。その上、他の先生方に負担をかけてしまっている後ろめたさも常に感じています。だからこそ、子育てしながら働くことに理解のある先生とでないと、うまく信頼関係が築けず、このような協力体制は構築できなかったのではないかと思います。

子育てと仕事、それぞれ及第点でいい

―子育てしながら仕事を続けることに、葛藤はありますか。

第1子が生まれてから5年以上経ちますが、今でもすごく悩みますね。どちらかを頑張ると、どうしてもどちらかにしわ寄せが来ます。実際、子どもたちにとっては完璧な母親になれていないと思います。

常に悩んでいるので、わたしのワークライフバランスはいつも不安定です。でも、どちらも満点は取れなくとも、何とか及第点を取れるようなバランスを意識しています。

-本郷先生の考える、バランスを保つための秘訣は。

当たり前かもしれませんが、周りに助けてもらうことです。すべて自分でやろうとせず、時には両親や医局事務の方に子守をお願いし、時には救急科に患者さんをお願いして休ませてもらう――。周囲の人の助けがあるからこそ、今もこうして子育てしながら仕事を続けられていると強く感じています。

―では、子育てしながらも仕事を続ける原動力はどこにあるのでしょうか。

わたしの原点であり生きがいである、困っている人からの求めに応えられているから。人に求められているうちはそれに応え続けたい、そう考えています。

もちろん、場合によっては自分で解決できないこともあります。でも、解決できる人を紹介したり、解決できる瞬間が来るまで寄り添い、一緒に悩み続けたりすることはできます。

特に当科には、困りごとが起こっているのにどの診療科に行っても異常が見つからず、迷った末にたどり着く患者さんがいます。そのような患者さんには「必要なときに、その都度対処しましょう」と、経過観察を続けることもあります。わたしが医師を目指したのは、人が困ったときに何でも相談できる存在になりたかったからです。患者さんが困った時こそ医師としての自分が求められていると思うので、彼らに寄り添いながら一緒に歩んでいきたいですね。

地域医療にご興味のある先生へ

各地で奮闘する先生お一人おひとりのご活躍によって、日本の医療は支えられています。
この記事をお読みになって、もしも「地方での勤務に興味はあるが、なかなか踏み出せない」とお考えでしたら、一度コンサルタントにご相談いただけないでしょうか。

先生のご懸念やご事情を伺った上で、地方の実情や待遇、サポート体制など正直にお伝えし、前向きな気持ちで次のキャリアに踏み出せるように最大限のご支援をしたいと考えております

先生の決断が、地域を、医療を変えるかもしれません。新天地でのご勤務・転職をお考えでしたら、ぜひお問い合わせください。

この記事の関連キーワード

  1. キャリア事例
  2. 事例

この記事の関連記事

  • 事例

    オリンピック出場を目指す研修医の思い―医師と2足のわらじvol.19(後編)

    初期研修医と世界クラスの山岳ランナーという二つの顔を持つ髙村貴子先生。今シーズンからは山岳スキーも始め、年間を通じて山を駆ける髙村先生は、将来にどんなビジョンを描いているのでしょうか。医師として、山岳ランナーとして目指している場所を伺いました。

  • 事例

    研修病院決定の決め手は「そこに山があったから」―医師と2足のわらじvol.19(中編)

    長野県で初期研修医として働いている髙村貴子先生は、国内では敵なしの実力をもつ山岳ランナーでもあります。初出場したレースでいきなり3位に入賞したのが医学部2年生のとき。ときには海外にも転戦する山岳ランナーと医学生をどのように両立してきたのでしょうか。卒試・国試を控えた6年生のときの過酷なエピソードや研修医生活との両立についても伺いました。

  • 事例

    国試の前は地獄…山岳ランナーと医学生の両立―医師と2足のわらじvol.19(前編)

    長野県で初期研修医として働いている髙村貴子先生は、国内では敵なしの実力をもつ山岳ランナーでもあります。初出場したレースでいきなり3位に入賞したのが医学部2年生のとき。ときには海外にも転戦する山岳ランナーと医学生をどのように両立してきたのでしょうか。卒試・国試を控えた6年生のときの過酷なエピソードや研修医生活との両立についても伺いました。

  • 事例

    医師の夢“ちょっと医学に詳しい近所のおばさん”――吉住直子氏(JCHOうつのみや病院)・後編

    医師としてフルタイムで働きつつ、地域での社会活動にも尽力している吉住氏。「幅広い世代が集まる場所」をつくろうと、奮闘しています。なぜ、忙しい時間を縫って社会活動をするのか。どのような医師を目指しているのかを伺いました。

  • 事例

    時短勤務を考える男性医師に伝えたいこと―パパ医師の時短勤務(2)

    妻の後期研修を機に、2015年から3年間、短時間勤務を経験した亀田ファミリークリニック館山の岩間秀幸先生。育児や家事の責任を担ったことで、医師としての視野や想像力が広がったといいます。互いのキャリアを考え、交代で時短勤務をする選択をした岩間先生夫妻。「育児・家事のメインは女性」という意識がいまだ根強い日本で、時短勤務を検討したい男性医師へのアドバイスを聞きました。

  • 事例

    妻の専門医取得に向け主夫に―パパ医師の時短勤務(1)

    亀田ファミリークリニック館山で家庭医診療科の医長を務める、岩間秀幸先生。2014年4月からの3年間、医師である妻が後期研修に専念できるように、時短勤務をしながら、家庭で育児や家事を担いました。男性医師が時短勤務をするのは職場では初めてだったそうですが、上司や同僚、患者の理解はどのように得たのでしょうか。また、時間に制約がある中で職場への貢献度を高めるために意識したことは何でしょうか。

  • 事例

    シングルマザー女医が我が子に伝えたいこと―国境なき医師団に参加する医師たち vol.2(後編)

    女手一つでの2人の子育てに一段落ついたタイミングで、国境なき医師団(MSF)に参加し国際医療活動を始めるようになった橋本裕美子氏。初めてのミッションで見た現地の光景、現在の心境について聞きました。

  • 事例

    バツイチ子持ちの麻酔科医が、中東へ行った理由―国境なき医師団に参加する医師たち vol.2(前編)

    「国境なき医師団に応募しようと思う」。息子の受験が一段落し、娘が大学を卒業するタイミングで子供達にこう告げて、国境なき医師団に応募し、国際医療活動を開始したのが、橋本裕美子氏です。離婚を経験し、幼い子供二人を抱え八年間のブランクを経て復職。シングルマザーと医師の両立に苦労してきたという橋本氏。50代で国際医療活動に踏み出した理由と、現地での活動を経験したあとの今の心境について伺いました。

  • 事例

    2人の子持ち医師が、あえて通勤2時間の病院で働くわけ―斎藤 舞子氏(東埼玉病院)

    祖父の死をきっかけに無医村を知り、地域医療を志した斎藤舞子氏。初期研修を通じて理想の医師像と出会い、医療資源の少ない地域で医師として働く決意を固めます。それを実現するために選んだ勤務先は、自宅から片道約2時間かかる東埼玉病院。斎藤氏の原動力、そして、地域医療にかける思いとは―。

  • 事例

    「1年寄り道したっていい」女医のわたしが子連れで高知に単身赴任する理由 ―桐谷知美氏(東京医療センター)

    理想とする医師像に近づくため、子どもを連れて1年間、高知県宿毛市への単身赴任を決めた桐谷知美氏。その背景には、自身の苦い経験と周囲の後押しがありました。これまで東京都内の急性期病院に勤務してきた桐谷氏が、地域医療に飛び込むことを決意した経緯を取材しました。

  • 人気記事ランキング