1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. キャリア事例
  4. 事例
  5. 院長のラブコール「帰ってこい」Uターン医師の新たな挑戦―光田栄子氏
事例

院長のラブコール「帰ってこい」Uターン医師の新たな挑戦―光田栄子氏

2021年1月25日

お看取りのあり方に課題を感じ、介護士から医師に転身した光田栄子先生。諏訪中央病院を経て、現在、岡山市内のベッドタウンにある有床診療所「かとう内科並木通り診療所」に勤めています。地元にUターンした光田先生がこれから取り組んでいきたいことについて、お話を伺いました。(取材日:2020年10月20日)

お看取りに課題感…介護士から医師へ

——介護士だった光田先生が、医師を志した経緯を教えてください。

私は、特別養護老人ホームで介護士として5年間働いていました。施設には嘱託医がいましたが、関連の入院施設はなく、具合が悪くなった利用者さんは近くの病院に入院して、そこで亡くなることが多かったんです。それを見て「近くの病院よりも、この施設で最期を迎えた方が絶対良いお看取りができる」と思っていました。しかし、介護士では利用者さんの「痛い」「苦しい」には対応できず、施設内で利用者さんの苦痛を緩和できる医師を探してくるあてもなく……。それなら、自分が医師になった方が早いのでは、と無謀にも思ったんです。

それで仕事を辞め、医学部進学のために予備校通いを始めました。アルバイトをせず勉強に専念していたので、金銭的な余裕はなく、2年間で合格しなかったら諦めようと決めていました。幸い、2年目の受験で岡山大学医学部に合格することができました。

——将来、進む診療科については悩みませんでしたか?

人が最期を良い形で過ごすためには、おそらく医師の力が必要で、その部分で役に立てる医師になりたいと考えていたので、臓器別の診療科に進むことは全く考えていませんでした。大学のサークル活動で総合診療や家庭医療を知り、「私の道はこれだ!」と思い、家庭医療の道に進むことを決めました。そして、自分が憧れていた先輩医師におすすめの研修先を聞き、その中の1つだった諏訪中央病院(長野県茅野市)で初期研修、家庭医療後期研修、緩和ケアの研修などを受け、2019年4月から、故郷・岡山県岡山市にある「かとう内科並木通り診療所」に勤めています。

世代交代が進む診療所での課題

——もともと岡山県に戻る予定だったのですか?

いずれは戻るつもりでしたが、具体的な時期までは決めていませんでした。諏訪中央病院に6年勤務し、そろそろ違う地域を経験してみようかと考え始めていた頃に、当診療所の加藤恒夫院長からお声がけいただいたのです。「私も70代になってそろそろ限界だ。もう帰ってこないか。一緒に働こう」と。

加藤院長には医学生時代からお世話になっていて、諏訪中央病院に勤めている間も、ずっと気にかけてもらっていました。私自身、いつか加藤院長と一緒に働きたいと思っていたので、「もし、加藤院長が病気で倒れて働けなくなったら後悔する」と思い、当診療所に勤務させてもらうことになりました。

——かとう内科並木通り診療所に勤めて1年半。外来や病棟、訪問診療での診療に携わっていく中で、どのようなことに課題を感じていますか?

当診療所は、加藤院長が開院してから約30年間、心血を注いできた場所です。加藤院長は毎年ヨーロッパで開催される緩和医療学会に出席され、最新の情報を得てこの地域で緩和医療を実践されてきました。「この地域で緩和ケアといえば、かとう内科並木通り診療所」と言われるほど、地域から厚い信頼が寄せられています。

そういった歴史がある中で、加藤院長が少しずつ診療から手を引いて、代替わりする時期が近づいてきています。これまでは、加藤院長をみんなで支えるトップダウンに近い状態でしたが、今後は私たち若手が歴史や文化を引き継ぎつつ、新たなチームを構築しリニューアルしていく必要があります。

——リニューアルするにあたり、何か検討されていますか?

これまでは加藤院長が地域に出て行き、講演などを行っていました。しかし、私たち若手がまだ積極的に地域に出られていないので、地域の方々との交流が少し薄れてしまっているように感じています。加藤院長から学んだことを地域の患者さんへ還元していくためにも、新たなチームで地域に出ていく必要があると感じています。

連携する医療機関や訪問看護などとの関係性づくりも同様です。当診療所は岡山市内中心部から少し外れたベッドタウンにあり、周辺にも数多くの医療・介護の関連施設があります。諏訪中央病院の時と比べると、施設数が多い分、顔の見える関係性づくりの難しさを感じています。できるところから積極的にコミュニケーションを図り、顔の見える関係性づくりも進めていきたいですね。

介護福祉従事者とより深い関係性を築く

——医師としての出発点には、介護施設での課題感がありました。その点については、どのような取り組みをしていきたいと考えていますか?

特養での看取り介護加算ができ、国の政策でも、施設内でお看取りしていく流れをつくろうとしています。その一方で、バックアップ体制が十分に構築できていない中で亡くなる利用者さんもいる、と介護士時代の仲間から聞いています。心不全のターミナルだと思われる方が、身体中むくんで横になれず、座ったまま亡くなった話も聞きました。もちろん、良い形でお看取りされた例もあると思いますが、施設の中に入っていかないと課題の有無も十分に検証できません。

介護士さんたちの声を聞くことで、初めて実情が見えてくるので、その声を吸い上げられる関係性づくりが重要です。まずはそこから取り組んでいきたいですね。

——介護士時代に感じた課題に対して、解消に向けた大きな流れはできてきました。今後は、診療所の医師という立場から、改めて解決策を模索していくことが展望になりそうですね。

その次の課題として、訪問看護師へのバックアップが重要になってくるでしょう。というのも、経験上、何かあったときにまずは看護師さんに相談するケースがかなり多いと思うからです。

それを実現させるためにも、当診療所内で加藤院長の意志を受け継いだチームをつくって診療基盤を再度整えていきたいですね。これまで通り地域の方々を支えながら、地域の介護福祉従事者たちをエンパワーできるような医療を提供してきたいです。

地域医療にご興味のある先生へ

各地で奮闘する先生お一人おひとりのご活躍によって、日本の医療は支えられています。
この記事をお読みになって、もしも「地方での勤務に興味はあるが、なかなか踏み出せない」とお考えでしたら、一度コンサルタントにご相談いただけないでしょうか。

先生のご懸念やご事情を伺った上で、地方の実情や待遇、サポート体制など正直にお伝えし、前向きな気持ちで次のキャリアに踏み出せるように最大限のご支援をしたいと考えております

先生の決断が、地域を、医療を変えるかもしれません。新天地でのご勤務・転職をお考えでしたら、ぜひお問い合わせください。

この記事の関連キーワード

  1. キャリア事例
  2. 事例

この記事の関連記事

  • 事例

    「深刻な問題だ」救急科新設した30代医師の挑戦―柴崎俊一氏

    医学生時代から、いずれ茨城県内の医療過疎地に貢献したいと考えていた柴崎俊一先生。医師8年目で1人、ひたちなか総合病院に飛び込み、救急・総合内科を新設します。診療科を新設し、病院内外に根付かせるにはさまざまな苦労がありますが、どのように取り組まれたのでしょうか。

  • 事例

    不公平?2児の女性医師が抱える家庭事情

    最近では当たり前になりつつある、夫婦共働き。千葉大学病院脳神経内科准教授の三澤園子先生は出産のタイミングに悩み、34歳、40歳で2児を出産。今も仕事と家庭の両立方法を探り続けています。後編では出産・育児にまつわるエピソードと、共働き夫婦でキャリアアップするための秘訣を聞きました。

  • 事例

    LGBTQs当事者の医師がカミングアウトした理由―吉田絵理子氏

    川崎協同病院(神奈川県川崎市)総合診療科科長の吉田絵理子先生は、臨床医の傍ら、LGBTQs当事者として精力的に活動しています。不安を抱えながらもカミングアウトをし、LGBTQs当事者の活動を続ける背景には、ある強い想いがありました。

  • 事例

    准教授のママ医が、常勤にこだわる理由

    最近では当たり前になりつつある、夫婦共働き。特に医師は、仕事の頑張り時と出産・育児の時期が重なりがちです。医師23年目の三澤園子先生は、仕事と家庭の両立に悩みながらもフルタイム勤務を続け、現在は千葉大学病院脳神経内科の准教授と2児の母、2つの顔を持ちます。前編では、三澤先生のキャリアについて伺いました。

  • 事例

    「診療科の隙間を埋める」院長の挑戦とは―中山明子氏

    大津ファミリークリニック(滋賀県大津市)院長の中山明子先生。外来、訪問診療をしながら、家庭医として、相談先を見つけにくい思春期の子どもや女性のケアに力を入れています。

  • 事例

    最期まで自分らしく生きる「緩和ケア」を文化に―田上恵太氏

    最期までその人らしく生きるためには、病気や人生の最終段階に生じるつらさを軽減する緩和ケアの普及が必要だと感じた田上恵太(たがみ・けいた)先生。現在は東北大学病院緩和医療科で「緩和ケアを文化に」することを目標に、臨床・研究・社会活動の3点を軸に取り組みを進めています。

  • 事例

    1年限定のつもりが…在宅診療所で院長を続ける理由―細田亮氏

    千葉県鎌ケ谷市にある「くぬぎ山ファミリークリニック」の院長・細田亮(ほそだ・とおる)先生は、2015年、1年間限定のつもりで同クリニックの院長を引き受けました。ところが、院長のまま6年目を迎え、現在はクリニックの新築移転も計画中です。今もなお院長を続ける理由とは――?

  • 事例

    「自分が理想とする糖尿病診療を追い求めて」開業へ

    小児糖尿病の宣告を受けるも、「糖尿病だってなんでもできる」という医師の言葉をお守りに自らも医師を志すことを決意した南昌江内科クリニック(福岡市)の院長、南昌江先生。現在の糖尿病専門科医院を経営するようになった軌跡を伺います。

  • 事例

    小児糖尿病にならなければ、医師の私はいない

    福岡市にある糖尿病専門科医院、南昌江内科クリニックの院長・南昌江先生は、ご自身が中学2年生の際に小児糖尿病を宣告された身の上です。病気を発症した前編に続き、今回は医療への水差し案内人となった医師との出逢いや転機となった出来事について伺います。

  • 事例

    14歳で1型糖尿病「前向きに考えて生きなさい」

    14歳の夏、”小児糖尿病”の宣告を受けた南昌江先生。その数年後、両親や主治医、同じ病気の仲間たちに支えられ医学部受験、医師になるという夢を果たしました。前編では、病の発症、闘病生活について伺います。

  • 人気記事ランキング