1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. キャリア事例
  4. 事例
  5. 小児糖尿病にならなければ、医師の私はいない-病とキャリア vol.9(中編)
事例

小児糖尿病にならなければ、医師の私はいない-病とキャリア vol.9(中編)

2020年10月9日

福岡市にある糖尿病専門科医院、南昌江内科クリニックの院長・南昌江先生は、ご自身が中学2年生の際に小児糖尿病を宣告された身の上です。病気を発症した前編に続き、今回は医療への水差し案内人となった医師との出逢いや転機となった出来事について伺います。(取材日:2020年9月1日)

糖尿病になって43年、開業して22年となる南昌江先生

人生を変えたサマーキャンプ

——仲村吉弘先生との出会いは、具体的にどのような転機となったのでしょうか。

仲村先生は「糖尿病であっても、できないことは何ひとつないのだから、学校でも友達に負けないよう、なんでもしなさい」と励ましてくださっていたので、それを実践し勉学や部活に励み、皆と修学旅行にも出かけました。

大きな転機となったのは、仲村先生に勧められて参加するようになったサマーキャンプです。それは半ば強制的で「サマーキャンプに参加しなさい」と促され、高校1年生の夏休みに体験しました。正式な参加資格は中学生まででしたから、私は特別に許可をいただいてのことでした。

——サマーキャンプとは、どのようなイベントなのでしょうか?

現在も全国47か所で開催されていて、ほとんどの地域は、医療キャンプとレクリエーションが中心になるイベントです。糖尿病に対する勉強、インスリン注射の指導、山登りにハイキングといった運動を取り入れています。私が参加した「ヤングホークス」と呼ばれる福岡のサマーキャンプは、それまで私が感じたことのない明るさがあって、心細さもない充実したものでした。

特徴的なのはTG(Talking Group)です。秘密厳守で行われる患者同士のTGでは、学校でのいじめが話の中心でした。わざと目の前でジュースを飲んで、「おまえはジュース、飲めんやろ」とからかわれたり、保健の先生にクラスメイトの前で「糖尿病の子どもは30歳までしか生きられん」といわれた子がいたり、「将来目が見えなくなる」など今後に不安を感じている子もたくさんいて、皆で一緒に泣いたり、励まし合ったりしました。

同じ病気の仲間たちの姿や、抱えている様々な悩みを話す中で、真剣にこの病気と一生付き合っていくという覚悟が芽生えましたし、これまで自分が病気を理由にして、どれほど甘えてきたかを思い知ることになりました。同時に、自分が強くなければ、病気と一緒に歩いて行けないことを知りました。

サマーキャンプ中に、”ヘルパー”と呼ばれるボランティアでお手伝いをしていた大学生から言われた、忘れられないひとことがあります。

「きみたちはこれから社会に出ていく。社会に出たら、まわりは糖尿病でない人ばかりなんだ。そんな中で、糖尿病をもって生きていくには、いろんな壁にぶつかるだろう。そのときに、その壁を乗り越えられるだけでの強さを持たなくてはいけない」、と。この言葉とサマーキャンプでの体験により、自分の生きる姿勢が養われたと思っています。

南昌江内科クリニック2階に設けられている運動教室。南先生の闘病経験を踏まえて病気との付き合い方を患者さんに提案している(写真提供:南先生)

医学部受験への決意

——「医師になる」という思いは、どのようにして生まれたのでしょうか?

糖尿病にならなければ、考えることがなかったであろう医師を志すようになったのは、サマーキャンプから帰ってからのことです。同じ病気を持つ仲間と過ごす時間を経て、病気と向き合う覚悟ができました。同時に、これまで私を温かく見守り、支え、励ましてくださった多くの人の姿が思い返されました。

「糖尿病だって、なんだってできる」ことを教えてくださった平田先生、最初の主治医の原口宏之先生、仲村先生はもちろん、いつもやさしく声をかけてくれた看護師さんたち。そうした医療従事者の皆さんの姿を通して、「病気で悩む子どもたちのために、私もなにかできないだろうか」と自問自答し、出た答えが医師を目指すということだったのです。

ご自身の持前の明るさや好奇心旺盛な性格も闘病を支えた

————「医師を目指す」という南先生の決意に、周囲はどのような反応でしたか?

両親には、糖尿病になってから北九州市立医療センター(旧・市立小倉病院小児科)の原口宏之先生、東京女子医科大学糖尿病センターの平田幸正教授、福岡赤十字病院内科の仲村先生と接する中で「私も、先生たちのようなドクターになりたい」と思ったこと、サマーキャンプに参加して、自分と同じ病気の子どもたちの役に立てる人間になりたいと強く思ったことなどを説明しました。

すると父は、「病気になった苦しさを乗り越えて人の役に立ちたいと思うようになったのは立派だと思う。できるならその夢を実現してほしいと願っている。でも、本音としては、私はインスリン注射を持ってお嫁に行けないと思う。一生ひとりで生きていける道を選ぶという意味で医者になるのなら、頑張って医者になって、なにより自分の身体を管理できるようになりなさい」と励まし、認めてくれました。

とはいえ、電気店を営む自営業の我が家では私立に行くのは経済的に厳しく、必ず国立に進むように厳しく言われました。

——こうして、進路を決めた南先生。後編では、周囲の理解を得て医学部受験、医師の道を歩み始めた南先生のお話しを伺います。

南昌江
(みなみ・まさえ)

1963年、北九州生まれ。1988年、福岡大学医学部卒業。東京女子医科大学付属病院内科入局。同糖尿病センターにて研修。1991年、九州大学第二内科糖尿病研究室所属。1992年、九州厚生年金病院内科入局。1993年、福岡赤十字病院内科入局。1998年、南昌江内科クリニック開業。日本内科学会内科認定医、日本糖尿病学会専門医。日本糖尿病学会九州支部評議員、日本糖尿病学会「対糖尿病戦略5ヵ年計画」作成委員会、日本糖尿病協会Team Diabetes Japan代表。1998年、日本糖尿病学会ガリクソン賞受賞。2016年、日本糖尿病学会パラメデス賞受賞。2017年、Best Doctors賞(2018-2019)(2020-2021)受賞。著書には『わたし糖尿病なの』、『わたし糖尿病なの あらたなる旅立ち』各医歯薬出版株式会社刊がある。

写真・文:泉美 咲月

従来の価値観に とらわれない働き方をしたい先生へ

先生の「やりたい」を叶えるためには、従来の働き方のままでは難しいとお悩みではありませんか。

  • 医師業と、自分のやりたいことを兼業したい
  • 病院・クリニック以外で医師免許を生かして働きたい

もし上記のようなお考えをお持ちでしたら、エムスリーキャリアのコンサルタントにご相談ください。

エムスリーキャリアは全国10,000以上の医療機関と提携して、多数の求人をお預かりしているほか、コンサルタントの条件交渉によって求人を作り出すことが可能です。

この記事の関連キーワード

  1. キャリア事例
  2. 事例
【記事特集】医師の転職カルテ
キャリアの悩みに、コンサルタントが答えました


・いつ、どうやって転職したらいいのかわからない
・新たな環境で働きたいが、不安
・育児や介護、持病との両立はできる?

【詳しくはこちらから】

この記事の関連記事

  • 事例

    「自分が理想とする糖尿病診療を追い求めて」開業へ

    小児糖尿病の宣告を受けるも、「糖尿病だってなんでもできる」という医師の言葉をお守りに自らも医師を志すことを決意した南昌江内科クリニック(福岡市)の院長、南昌江先生。現在の糖尿病専門科医院を経営するようになった軌跡を伺います。

  • 事例

    14歳で1型糖尿病「前向きに考えて生きなさい」

    14歳の夏、”小児糖尿病”の宣告を受けた南昌江先生。その数年後、両親や主治医、同じ病気の仲間たちに支えられ医学部受験、医師になるという夢を果たしました。前編では、病の発症、闘病生活について伺います。

  • 事例

    視力を失った精神科医だからできること

    網膜色素変性症を抱えながら、精神科医となった福場将太先生。容赦なく病状が進行する中で、一度は医師を辞めようと考えた福場先生でしたが、様々な人々との出会いで医師を続けていこうと決意します。

  • 事例

    辞職か、継続か…視力を失った精神科医の葛藤

    医学部5年生の時に、網膜色素変性症を発症した福場将太先生。次第に視力が衰えていく現実に、迷い、葛藤を覚えながらも、医師の資格を取得されます。

  • 事例

    「見えなくなっていく」卒試、国試前に病を発症

    網膜の機能が低下し、人によっては視力を失うこともある網膜色素変性症。次第に視力が衰えていくこの病気は、福場将太先生に、医師として、一人の人間としてどう生きるかを、常に問いかける存在でした。

  • 事例

    不治の病を抱えながら、クリニックの院長へ ―病とキャリアvol.7(後編)

    40代でパーキンソン病を発症し、50歳で医師として働くことを辞めた橋爪鈴男先生。後編では、再び医療の世界に戻った時のエピソードと、病を抱えるようになって変化したことを語っていただきました。(取材日:2020年2月20日 ※インタビューは、資料や文書による回答も交えた形式で実施しました)

  • 事例

    「もう死にたい」動けない医師が光を見出すまで ―病とキャリアvol.7(中編)

    皮膚科医として、順調なキャリアを築いてきた橋爪鈴男先生。しかし、40代でパーキンソン病を発症した後、大学病院を辞すことを決意します。中編では、絶望を救った一つの言葉と仲間の支え、そして新たな治療を経て見つけた生き甲斐についてお話をうかがいました。

  • 事例

    40代でパーキンソン病「医師を続けられない」 ―病とキャリアvol.7(前編)

    順風満帆な生活から一転、晴天の霹靂のごとく襲いかかった難病──。橋爪鈴男先生は、40代でパーキンソン病を発症し、大学病院の助教授(当時)の職を辞すことを決意します。身体機能が衰えていく自分の姿に苦悩し、自殺を考えたこともあったそうです。しかし、生きる意味を見出し、再び医師として復帰するに至りました。前編では、突然の発症から大学病院の辞職を決意するまでのエピソードをお聞きしました。

  • 事例

    「患者さんを否定しない」傷ついた経験を糧に ―病とキャリアvol.6(後編)

    医師であり、線維筋痛症の患者でもある原田樹先生。自分や周囲にとって最善の働き方を模索しながら、3次救急病院の救急科で働き続けています。後編では、病に対する考え方の変化と、新たなキャリアについてお聞きしました。

  • 事例

    線維筋痛症の女医が、救急医の道を選んだ理由 ―病とキャリアvol.6(中編)

    線維筋痛症を抱えながらも、厚生連高岡病院(富山県高岡市)で働く原田樹先生。中編では、臨床研修後のキャリアをどのように選び、切り開いていったのかをお聞きしました。

  • 人気記事ランキング