1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. キャリア事例
  4. 事例
  5. バツイチ子持ちの麻酔科医が、中東へ行った理由―国境なき医師団に参加する医師たち vol.2(前編)
事例

バツイチ子持ちの麻酔科医が、中東へ行った理由―国境なき医師団に参加する医師たち vol.2(前編)

2018年10月5日

「国境なき医師団に応募しようと思う」。息子の受験が一段落し、娘が大学を卒業するタイミングで子供達にこう告げて、国境なき医師団に応募し、国際医療活動を開始したのが、橋本裕美子氏です。離婚を経験し、幼い子供二人を抱え八年間のブランクを経て復職。シングルマザーと医師の両立に苦労してきたという橋本氏。50代で国際医療活動に踏み出した理由と、現地での活動を経験したあとの今の心境について伺いました。

離婚に生活苦…波乱万丈の30-40代

――国境なき医師団(MSF)に参加される前のキャリアについて教えてください。

医師としてのキャリアは、整形外科から始まりました。研修医時代の2年間で、整形外科の基礎とともに麻酔科や救命救急センターでの勤務を経験し、外科系の知識を得ました。その後整形外科医と結婚し、麻酔科に転科。手術をする側から、周術期に患者さんを総合的にサポートする仕事にやりがいを見出しました。

30歳で初めての子供を妊娠しましたが、重症妊娠悪阻と診断され、勤務中に入院してしまいました。その翌日、上司が病室にやってきて、ベッドサイドに退職届の用紙を置いて去っていきました。昨今、女性の働き方が話題になることが増えましたが、当時は、女医が子供を産み育てつつ働き続けることへの周囲の理解や協力が得られにくい時代だったように思います。

主婦となり、2人の子供を出産。その後、夫の海外留学に随行し一家でドイツやアメリカでの生活を経験しましたが、帰国後離婚。子供達を育てるために職を得る必要に駆られ、以前の職場に頼んで週2日の勤務からスタートしました。肩書のない復職でしたので無給のままでしたが、ブランクあけで受け入れてもらえただけでも有り難かったです。その後アルバイトに出してもらえるようになるまでは、自身にかけていた保険を解約して糊口をしのぎました。

何とか経済的に安定し、仕事と子育てが両立できるようになった頃、今度は定年後にボランティア活動で海外生活を送っていた父が末期ガンと診断されました。帰国し北海道に戻った父を看取るため二年間お世話になった大学病院を辞し、子供たちを連れて私も北海道に移住しました。
父が他界したのち、フリーランスで働ける首都圏に戻り、今に至っています。

重い腰を上げさせた、先輩の言葉

――波乱万丈の人生ですが、MSFに参加したいと思ったきっかけは?

幼い頃、私は父の仕事の関係でカナダに住んでいました。9歳のときに帰国することになったのですが、私は3歳年上の兄と2人で羽田行きの飛行機に乗せられ、両親はそのまま世界一周旅行に出掛けました(笑)。3歳のときからカナダで生活していましたので、
日本の記憶が全くない状態での帰国。大好きなカナダを断腸の思いで離れました。今でも私のアイデンティティーは、日本とカナダの中間、太平洋の真ん中にあるような気がしています。いつかカナダに「帰りたい」と真剣に思っていましたし、カナダで医師になる方法を調べたこともありました。それは相当困難だと知り、断念しましたが。こんなバックグラウンドがあるので、医師として海外で働いてみたいという思いはずっと胸の奥に残っていたのかもしれません。

首都圏に戻って働き始めてまもなく、ふと思いついて、前々から興味があった「国境なき医師団」について検索してみました。そこで日本人医師が活躍していることを知りました。「日本の医師免許でも海外で働けるんだ!」と、さっそくホームページから説明会への参加申し込みをしました。その後足掛け2年、機会があれば説明会に参加する、という日々を過ごしました。

――2年間も、説明会に通い続けたんですか?

はい。日本人医師も海外で働けるのだと分かり、いずれ行きたいとは思っていたのですが、そこからなかなか腰が上がらなかった。子供たちはまだ高校生と大学生。老親もいる。ただ、とにかく何らかの形でMSFと繋がっていたいという思いがあって、説明会には通い続けました。

そんな何回目かの説明会で、65歳の定年を機に、MSFの活動に何度も参加されていらっしゃる菅村洋治先生のお話を伺う機会がありました。そこで、「この説明会に参加しているひとのうち、実際に応募する人は本当に少ないんですよね」とおっしゃったその一言が、胸に突き刺さりました。まるで自分に向かって言われたような気がしました。

説明会では毎回、家族をどうやって説得しましたかという質問とともに、英語の習得方法を尋ねる質問が多く聞かれます。ところが自分には、そのハードルはない。そのことと、菅村先生の言葉に後押しされ、説明会に参加するという段階で止まっていた気持ちが、一歩前へ進んだように思います。
ちなみに、現地では国際スタッフの国籍はまちまちで、多くは母国語が英語ではありません。一緒に働いたオーストラリア人医師でさえ、独特のなまり(?)があり、お互いに“I beg your pardon!?”の応酬でした。ましてや地元の医師やスタッフの中には英語が堪能なひとは少ないので、平易な単語をゆっくり話すことになります。流暢な英語は、かえって通じないのです。

話を戻すと、参加するにはタイミング的にも良かったんです。娘は海外の大学を卒業して夏に帰国する、息子は大学受験を終えている。そのタイミングで、週4日通っていた病院が夏で閉院することになった。これは、天から「行ってらっしゃい」と言われているような気がしました。

必要な書類をそろえ、2017年の春にMSFに応募。そこからはMSFは非常に迅速に動いてくださり、こちらの希望通り、娘の帰国後の日程で派遣が決まりました。

「派遣先はイラク」そのとき子どもたちの反応は

――そして、2017年7月にイラクに派遣されますが、情勢による安全性への不安や、家族の反対はなかったのでしょうか?

長年にわたる経済制裁や戦争が原因で、医療体制が壊滅している中東に行くことには、当然、不安はありました。現地の状況が知りたくて、インターネットでもかなり検索しましたが、残念ながら目ぼしい情報はほとんど得られませんでした。しかしMSFのホームページや説明会では、紛争地から無事帰国されている先生方の生の声に触れられます。皆さんの元気な姿を拝見すると、「みんな紛争地に何度も行かれていて、そのたび元気に帰って来てる。きっと大丈夫!」と思うようになりました。

イラクにて、現地の医療者と©MSF

自分が理解・納得できると、家族にもきちんと説明できるもの。娘にMSFの活動のためにイラクに行くと話すと、反対するどころか、「メソポタミア文明の素晴らしい遺跡があるところだ、いいなあ」と羨ましがられました(笑)。でも、息子には当初「行くのはやめてくれ」と反対されました。心配からの言葉でしょうが、私に何かあったら学費はどうなる?という懸念もあったのかもしれません(笑)。

そこで、私と入れ替わりでイラクから帰国する日本人麻酔科医からのメールなどで、大きな家を借りて派遣スタッフみんなで住んでいることやWi-Fiが繋がっていて、現地と普通にメールがやりとりできることがわかり、息子は安心したようでした。

そうして、2017年7月に派遣期間約2ヵ月の予定で、イラクに向け飛び立ちました。

【提供:m3.com Doctors LIFESTYLE

今後のキャリア形成に向けて情報収集したい先生へ

医師の転職支援サービスを提供しているエムスリーキャリアでは、直近すぐの転職をお考えの先生はもちろん、「数年後のキャリアチェンジを視野に入れて情報収集をしたい」という先生からのご相談も承っています。

以下のような疑問に対し、キャリア形成の一助となる情報をお伝えします。

「どのような医師が評価されやすいか知りたい」
「数年後の年齢で、どのような選択肢があるかを知りたい」
「数年後に転居する予定で、転居先にどのような求人があるか知りたい」

当然ながら、当社サービスは転職を強制するものではありません。どうぞお気軽にご相談いただけますと幸いです。

エムスリーキャリアは全国10,000以上の医療機関と提携して、多数の求人をお預かりしているほか、コンサルタントの条件交渉によって求人を作り出すことが可能です。

この記事の関連記事

  • 事例

    時短勤務を考える男性医師に伝えたいこと―パパ医師の時短勤務(2)

    妻の後期研修を機に、2015年から3年間、短時間勤務を経験した亀田ファミリークリニック館山の岩間秀幸先生。育児や家事の責任を担ったことで、医師としての視野や想像力が広がったといいます。互いのキャリアを考え、交代で時短勤務をする選択をした岩間先生夫妻。「育児・家事のメインは女性」という意識がいまだ根強い日本で、時短勤務を検討したい男性医師へのアドバイスを聞きました。

  • 事例

    妻の専門医取得に向け主夫に―パパ医師の時短勤務(1)

    亀田ファミリークリニック館山で家庭医診療科の医長を務める、岩間秀幸先生。2014年4月からの3年間、医師である妻が後期研修に専念できるように、時短勤務をしながら、家庭で育児や家事を担いました。男性医師が時短勤務をするのは職場では初めてだったそうですが、上司や同僚、患者の理解はどのように得たのでしょうか。また、時間に制約がある中で職場への貢献度を高めるために意識したことは何でしょうか。

  • 事例

    「医療的正しさ」を追求した女医が選択した道 ―国境なき医師団に参加する医師たちvol.6(後編)

    これまで計7回、国境なき医師団(MSF)の活動に参加している團野桂先生。その度にぶち当たる課題を解決すべく、日本やロンドンで勉強されています。後編では、團野先生がMSFの現場で見てきた実情、帰国後の活動やキャリアの築き方に迫ります。

  • 事例

    なぜ「WHOで働く」という夢を自ら諦めたのか ―国境なき医師団に参加する医師たちvol.6(前編)

    ロンドンに渡って公衆衛生を勉強しながら、ジュネーブのWHO本部でのインターン勤務を経て、現在は国境なき医師団(MSF)の活動に精力的に取り組んでいる團野桂先生。大阪のホームレスが多く入院する病院での勤務経験から臨床医療の限界を感じるなど、理想と現実のギャップの狭間で揺れながら、自分が進むべき道を果敢に切り開いています。

  • 事例

    「アフガンで兵士になるか、日本で医師になるか」極限の選択──私が日本で医師をする理由vol.4・前編

    静岡県島田市でレシャード医院を開業されているレシャード・カレッド先生。留学生としてアフガニスタンから来日し、今年でちょうど50年になります。レシャード先生が日本を留学先に選んだ理由から、医師国家試験取得時の苦労、そしてこれまでの医師としての活動についてお話を伺いました。

  • 事例

    「祖国救え」在日アフガン人医師の奮闘──私が日本で医師をする理由vol.4・後編

    島田市でレシャード医院を開業するレシャード・カレッド先生は、留学生として来日後、日本で医師免許を取得。日本での医療活動のみならず、祖国アフガニスタンでも救援・医療支援を続けています。一人ひとりの患者に寄り添うというのが医師の根本であり、場所は問題ではないというレシャード先生。活動の内容や、掛ける想いを聞きました。

  • 事例

    日本在住でも「国際保健のスペシャリスト」になるために ―坂元晴香氏(東京大学大学院)

    小学生の頃に国境なき医師団に憧れて以来、国際保健の道に進もうと考えてきた坂元晴香氏。医学生となり、途上国の現場を見たことで少し考え方が変わり、現在は日本にいながら国際保健に携わっています。どのような考えを持って、今のキャリアを歩んでいるのでしょうか。

  • 事例

    「ルーティンではダメになる」医師が重んじる習慣――国境なき医師団に参加する医師たちVol.5(後編)

    2008年に初めて国境なき医師団(MSF)の活動に参加し、ナイジェリアへと渡った小杉郁子先生。以降、定期的に活動に身を投じ続けているのは、日本の医療機関にいるときとは違う刺激を、現地で得られるからなのだそうです。小杉先生が国境なき医師団に参加するようになった経緯を紹介した

  • 事例

    「医師の子は医師に」?固定観念への違和感も――国境なき医師団に参加する医師たちVol.5(前編)

    医学部卒業後、ドイツ留学を経て現在は国境なき医師団(MSF)の活動に精力的に取り組んでいる小杉郁子先生(福井県済生会病院外科医長)。医師の家庭に生まれ、女性外科医としてキャリアを歩む過程で、さまざまな固定観念に疑問も覚えながら、今日のライフスタイルに至ったと語ります。国境なき医師団に参加する医師たちをインタビューする本連載。前編では、小杉先生が途上国に渡るまでのお話を中心にご紹介します。

  • 事例

    「安定より旅がしたい」ノマド医師の人生観―国境なき医師団に参加する医師たち vol.4(後編)

    母親の寄付活動がきっかけで幼い頃に国境なき医師団(MSF)の存在を知り、2011年の東日本大震災で救急医を目指すことを決意した真山剛先生。MSFで活躍するためのキャリアと経験を積んで、今もミッションに参加する傍ら、バックパッカーとして世界中を旅しています。活動中のある経験から、一時は参加を辞めることも考えたという真山先生。それでも活動を続ける理由とは、いったい何だったのでしょうか。

  • 人気記事ランキング