1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. ノウハウ
  4. コラム
  5. 妊娠発覚! 産休までどう働く?―女医のつれづれ手帖(9)
コラム

妊娠発覚! 産休までどう働く?―女医のつれづれ手帖(9)

2017年10月19日

Yu(ゆう)
女性にとって一大イベントといえる、妊娠・出産。科や医療機関によって妊娠後の働き方はそれぞれだと思いますが、わたしはフリーランスという立場上、ある程度働き方をコントロールすることができました。妊娠がわかってから妊娠後期に入るまで、どのように周囲と連携をとっていたか、働き方を変えていったかをお伝えできればと思います。

フリーランス医師×妊婦ゆえのメリット、デメリット

「子どもは天からの授かりもの」というように、最も計画しづらく想定外になりうるのが、“妊娠”です。
わたしが妊娠・出産したのは2016年。フリーランス医師に転身したばかりで、もう1年先に子どもができたらいいなぁと考えていた矢先だったので、妊娠がわかったときは、うれしさよりも正直おどおどしてしまったことを覚えています。
麻酔科は放射線を浴びることも多い仕事なので、「何だかいつもと体調が違うな」と思った段階で、すぐに簡易検査をしました。結果は見事、陽性。産婦人科にすぐ診てもらい、胎のうと心拍確認をされ、めでたく妊娠が確定。不思議なもので、同じ体調の変化でも、直感で「子どもかも!?」と思ったものです。理由はよくわかりませんが、母の勘というものなのでしょうか?

フリーランスということもあり、まずは仕事を紹介してもらっているエージェントに妊娠したことを伝え、当時非常勤勤務をしていた病院のスタッフの方々にも、自分から妊娠の報告をしました。オペ室の看護師さんたちは、子持ちや既婚者の方が多く、皆さんから「おめでとう」と言っていただいて、ほっとした記憶があります。子育てのアドバイスなどもしてくれたので心強く、うれしかったですね。幸い、悪阻もそれほど酷くなく、経過も極めて順調だったので、妊娠中のトラブルやそれによる勤務の急なキャンセルなどもなく産休まで持ち越せました。

「結婚すると、何がどう変わるのか?!」でも述べた通り、フリーゆえの不安定さはありますが、仕事量の調節がしやすく、半日勤務の案件も紹介していただけました。勤務日数が少なくても、収入に困らずに済んだので良かったと思っています。何より、常勤独特の気遣いをする必要がなかったため(もちろん、医局や病院の雰囲気によります!)、すごく助かりました。ただ、病院によっては、妊婦はお断りというところがあったのも事実。雇う側としては、非常勤で来て突然倒れられても困るでしょうし、症例によっては透視検査を多用するものが入ることもありますから、それは病院側の配慮と捉えています。

このように、妊娠中期くらいまでは、非常勤やスポットでコンスタントに働いていましたが、朝も早く、郊外の病院も多かったので、お腹が大きくなるにつれて、通勤も仕事もしんどくなっていきました。麻酔業務はブランクが空けば空くほど復帰しづらくなることは、百も承知。それでも妊娠後期に入る頃には、さすがに無理を感じるようになりました。家族から仕事を控えるように説得されたこともあり、麻酔の仕事だけではなく、家から通いやすく座ってできるバイトも積極的に入れるようにしました。

働き方を変える勇気を

妊娠後の働き方は、科や所属している組織によって大きく異なると思います。それに加えて、妊娠経過も当然優先されるので、「この時期までこれくらい働こう!」と考えていても、叶わないことがあることを意識しておくべきです。実際に出産経験のある女医さんや看護師さんから、妊娠高血圧症や妊娠糖尿病になってしまった、子宮頸管長が短いために絶対安静を言われた、という話も聞きました。

妊娠・出産は、人生における命懸けの一大イベントです。
わたしも産婦人科の主治医から、「医療従事者は切迫早産する人多いので無理しすぎないように気を付けて下さい」と忠告を受けました。せっかく授かった命。キャリアや周りの目を気にすることよりも、優先することを再確認してほしいです。お腹の赤ちゃんが一番大切なのですから。

Yu
ゆう
麻酔科・内科医

医学部卒業後、某医局で麻酔科認定医取得。 30代で国際結婚、1児の母。
現在は麻酔科・内科医として働きながら、 自身の経験を活かした執筆活動も行う。

仕事とプライベートを両立しながら働きたい女性医師の方へ

結婚・出産・育児・介護などを考えると、今の勤務先は続けにくいとお悩みではありませんか。

エムスリーキャリアは全国10,000以上の医療機関と提携し、以下のような希望を叶えられる求人もお預かりしています。
●オンコール・当直・時間外勤務なし
●複数体制で急な休みが取りやすい
●院内保育園完備、保育所までの送迎あり

ご希望であれば女性のコンサルタントが担当いたしますので、お気軽にご相談ください。

この記事の関連キーワード

  1. ノウハウ
  2. コラム

この記事の関連記事

  • コラム

    コロナ禍だから振り返りたい「扶氏医戒之略」―わたしの女医ライフ

    ドクターと医学生の交流を目的とし、将来の選択肢を増やすためのイベント「Doctors’ Style」の代表を務める正木稔子先生が、「女性医師だからできない」ことではなく、「女性医師だからできる」ことについて語ります。

  • コラム

    女医を悩ます「2人目の子」のタイミング―女医の「2人目」問題 vol.2

    当然のことながら、子どもを授かるということはそう簡単なテーマではありません。2人目に限らず、「いつ子どもを出産するか」は、働く女性にとっての永遠のテーマとも言えます。難しい問題ではある一方で、「いつ出産したら、どんなリスクがあるのか」を意識しておくことで、出産・育児がスムーズになる側面もあるでしょう。2人目の出産を悩んだ女医の一人として、2人目の子どもをいつ出産すべきか、読者の皆さんと一緒に考えたいと思います。

  • コラム

    女医に立ち塞がる「2人目の子」の壁―女医の「2人目」問題 Vol.1

    私の親しい女医仲間や女医に限らずとも、仕事を持つ女友達の間では、「2人目どうする?」という話題が顔を合わせるたびに出てきます。自分の身の回りだけでもこれだけありふれているのだから、全国的にみたらかなりの割合で「2人目」について悩んだり考えたりしている女性がいるということではないでしょうか。私自身も1人の子どもを持ち、今すぐではないにしろ、近しい将来2人目も考えている当事者ですので、自分の考えや、周囲の声も織り交ぜながら、読者の皆様と一緒に「2人目問題」についての事柄を整理していければ幸いです。

  • コラム

    どう築く?産後のキャリア─女医のつれづれ手帖(22)

    子供が生まれたことで、医師としての目標と母としての理想の狭間で揺れる方も多いでしょう。復職するのか否か、働き方はどうするのかなど、悩む内容も人それぞれ。今回は、私なりの産後のキャリアプランの描き方についてお話したいと思います。

  • コラム

    不測の事態、どう対応する?職場で子育てを応援してもらうには─女医のつれづれ手帖(21)

    産休・育休明けは、生活リズムの変化や久々の職場復帰など自分自身の負担も大きくなる時期。不測の事態に対応するためにも、家庭や職場からバックアップしてもらえるよう働きかけていく必要があります。今回は、私がどのように育児と仕事の両立をしているか、周囲との関係づくりのポイントも含めお話したいと思います。

  • コラム

    実録! 1歳3カ月の子どもを持つ、女医ママのタイムスケジュール―女医のつれづれ手帖(20)

    ただでさえ多忙な医師が、仕事をしながら子育てをするのは想像がつかない―。そのように考える女性医師は少なからずいるのではないかと思います。実際に働きながら育児をしてみると、工夫次第で何とかなるものです。今回は、1歳3カ月の子どもを持つわたしが、どのようなスケジュールで過ごし、何を重視して仕事と育児に取り組んでいるかをお伝えできればと思います。

  • コラム

    「復職先に求めるもの」、整理できていますか?―女医のつれづれ手帖(19)

    Yu(ゆう)先生インタビュー。復職先に求めるもの=働きやすい環境、この一言に尽きると思います。それを具体的に洗い出し、優先順位を付け、勤務先に伝えられるかどうかが、復職後の働き方を左右するのではないでしょうか。今回は、わたしが復職先に求めたいもの、それをどのように活かして働いているかをお話ししたいと思います。

  • コラム

    女医ママの復職先、探し方のポイント―女医のつれづれ手帖(18)

    「今の勤務先で出産後も働き続けるか」「今の勤務先を辞めて、出産後は違う勤務先で働くか」―。子どもを授かった女医にとって、出産後にどう働くかは悩ましい問題ではないでしょうか。わたしはフリーランスという立場ですが、仕事と育児のバランスをとるために、産休前と復職後で働き方や勤務先を変えました。今回は、復職にあたり、わたしがどのように職場を探したかについてお話したいと思います。

  • コラム

    甘え上手は仕事復帰しやすい?!―女医のつれづれ手帖(17)

    Yu(ゆう)先生インタビュー:産休・育休中から仕事復帰をする場合、さまざまな関門が待ち構えています。それをクリアするためには、周囲の協力が必要不可欠。今回は、仕事復帰にあたり「いかに支えてもらうか」を実現させるために、わたしが実践したことをお伝えしたいと思います。

  • コラム

    あえて理由は告げずに退職。悔いない転職のために、わたしが考えたこと―女医のつれづれ手帖(16)

    Yu(ゆう)先生コラム:現職との退職交渉は、医師の転職活動における最難関と言っても過言ではありません。タイミングや伝え方次第で、新しい職場へのスムーズな入職が難しくなってしまうことも少なからずあるようです。今回は、わたしがどのように退職意向を伝えたか、入職日までどう過ごしたかも併せてお話ししたいと思います。

  • 人気記事ランキング