1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. ノウハウ
  4. コラム
  5. コロナ禍だから振り返りたい「扶氏医戒之略」―わたしの女医ライフ
コラム

コロナ禍だから振り返りたい「扶氏医戒之略」―わたしの女医ライフ

2020年5月18日

ドクターと医学生の交流を目的とし、将来の選択肢を増やすためのイベント「Doctors’ Style」の代表を務める正木稔子先生が、「女性医師だからできない」ことではなく、「女性医師だからできる」ことについて語ります。

新型コロナウイルスが明らかにしたもの

新型コロナウイルスの騒動で、随分と世の中の流れが変わってしまった。わたしの元には、「最前線で働いている呼吸器内科やICU対応をしている先生方ほどには、自分は役に立っている気がしなくて申し訳ない」という声が医師たちから届いている。果たしてそうだろうか。どこにでも危険はひそんでいるのだから、どこで働いていても医師は最前線に立っているに違いない。

わたしの専門は耳鼻咽喉科でクリニック勤務だが、鼻や喉を診るのが仕事であるため、防護が必須となっている。わたしは普段の診療では、患者さんから風邪もインフルエンザも滅多にもらわないが、新型コロナウイルスの実態がまだつかみ切れていない現状では、完全防護するしかない。「熱がある」という、いつもならなんでもない主訴に対して、過敏に対応しなければならない。仰々しい防護姿を見せることを、患者さんに対して申し訳なく思う。

今回の騒動で、医師の専門性の重要性が如実になったとわたしは思う。耳鼻咽喉科クリニックの患者数は激減しているものの、知識と経験があるため需要はあり、来院する患者はいる。この騒動の中、どの科においても専門性が際立っていると感じている。一方、わたしが担当する漢方外来は一時閉鎖となった。初期・後期研修医の先生方で、「基本領域専門医の意義」について軽んじる意見を耳にすることが多々あるのだが、今回のことでよく考え、思慮深くあってほしいと願っている。

そして、医療が社会保障の一部であることも顕著になった。「医療は国民を守るためのもの」という意識を忘れてはいけない。感染症だけを語っても国は守れない。政治的な側面も切り離せない。しかし、政治的な土俵で医療を見ることと、目の前の患者さんを診て寄り添うことには大きな差を感じ、毎日その間で揺れ動いている。

「扶氏医戒之略」から改めて学ぶこと

様々なことが激動し、渦の中にいる感覚だ。いずれにしても、今わたし達が目を留めるべきことは何だろうか。そう思った時、ふと歴史上の医師たちが感染症と闘った姿を医史学の論文で読んで感動したことを思い出した。江戸時代には天然痘やコレラが、大正時代にはスペイン風邪が大流行した。今とは桁外れに死者数が多く、大きな騒動だったに違いない。そんな時代をくぐり抜けた医師の一人、緒方洪庵が遺した「扶氏医戒之略」(ふしいかいのりゃく)の一部を今日はご紹介したいと思う。ドイツ人医師フーフェラントが12か条にまとめた医の倫理を、緒方洪庵が和訳して日本人医師の教育に使っていたとされているものだ。つまり、医師を戒めるための言葉集だ。

~扶氏医戒之略~
  1. 医師は己の利益のためでなく、患者を救うために全力を尽くすべきだ。
  2. 患者の社会的地位や身分、貧富の差を問わず治療する。
  3. 医療の目的は患者を治すことであり、患者を道具にしてはならない。診療に当たっては偏った考えに囚われず、無闇にあれこれ試さず、謙虚になって、細心の注意を払うべきである。
  4. 医学・医術の研鑽を積むだけでなく、日ごろから言動に注意を払って患者の信頼を得なければならない。流行の衣服をまとい、でたらめな奇説を唱えて、評判を得ようとするのは、恥知らずな行為だ。
  5. 昼間に診察した患者について夜間にカルテを作成し、医学書などで検討を加え、症例研究することを日課にすべきだ。
  6. 医師はたとえ学術に優れ、言動も厳格であったとしても、人々に信頼されなければ、力を発揮することはできない。患者の秘密を他言してはならない。また、賭博や飲酒、性交、金に汚いのは言語道断。
  7. ほかの医師を批判するな。その根底には医師は患者を救うという共通の目標に向かって各自研鑽し、お互いに尊重すべきだとの理念がある。
  8. 医師が相談して診断を下すときには、三人以下の少数精鋭で行い、患者の安全を第一に考えて、自説に固執して争論になってはいけない。
  9. 患者が医師を変える際には、医師どうしの仁義がある。前の医師の顔を立て、診療の経過をたずねたうえで引き受けるべきだ。しかし、明らかな治療ミスや救急の場合は例外だ。仁義は捨てて、すぐに対応すべきである。
※緒方洪庵―幕末の医と教え―中田雅博(思文閣出版)をもとに、正木が改変

今まさに必要な言葉ではないだろうか。様々な情報が飛び交い、医師たちも右往左往している。その中で何をなすべきなのか、なすべきでないのかを見極めることは極めて大切だと言える。

そして付け加えたいのは、時々この混沌から目を離し、心を休めてほしいということ。真実で尊ぶべきこと、正しくて純真なこと、愛すべきこと、誉れあること、徳といわれるもの──。称賛に値するものに目を留め、ホッとしたら、公のためにまた立ち上がりたいと思う。

正木 稔子
まさき としこ
1979年生まれ。福岡県北九州市出身。
福岡大学医学部を卒業後、日本大学病院耳鼻咽喉科・頭頸部外科に入局。主に癌治療を行う。その後クリニックに勤務し、西洋医学に漢方薬を取り入れたスタイルで診療をしている。
現在は診療業務と並行してDoctors’ Styleの代表を務め、医学生とドクターを対象に、全国で交流会を開催したり、病を抱えた方々の声を届けている。また、ドクターや医学生に向けた漢方の講演なども行っている。
それ以外にも、国内外で活躍する音楽一座HEAVENESEの専属医を務めているほか、「食と心と健康」と題して一般の方向けにセミナーを開催し、医療だけに頼るのではなく普段の生活の中からできることを提案している。

今後のキャリア形成に向けて情報収集したい先生へ

医師の転職支援サービスを提供しているエムスリーキャリアでは、直近すぐの転職をお考えの先生はもちろん、「数年後のキャリアチェンジを視野に入れて情報収集をしたい」という先生からのご相談も承っています。

以下のような疑問に対し、キャリア形成の一助となる情報をお伝えします。

「どのような医師が評価されやすいか知りたい」
「数年後の年齢で、どのような選択肢があるかを知りたい」
「数年後に転居する予定で、転居先にどのような求人があるか知りたい」

当然ながら、当社サービスは転職を強制するものではありません。どうぞお気軽にご相談いただけますと幸いです。

エムスリーキャリアは全国10,000以上の医療機関と提携して、多数の求人をお預かりしているほか、コンサルタントの条件交渉によって求人を作り出すことが可能です。

この記事の関連キーワード

  1. ノウハウ
  2. コラム
【記事特集】医師の転職カルテ
キャリアの悩みに、コンサルタントが答えました


・いつ、どうやって転職したらいいのかわからない
・新たな環境で働きたいが、不安
・育児や介護、持病との両立はできる?

【詳しくはこちらから】

この記事の関連記事

  • コラム

    「K君死んじゃうの?!」旧友が教えてくれたこと ―わたしの女医ライフ

    ドクターと医学生の交流を目的とし、将来の選択肢を増やすためのイベント「Doctors’ Style」の代表を務める正木稔子先生が、「女性医師だからできない」ことではなく、「女性医師だからできる」ことについて語ります。

  • コラム

    女医を悩ます「2人目の子」のタイミング―女医の「2人目」問題 vol.2

    当然のことながら、子どもを授かるということはそう簡単なテーマではありません。2人目に限らず、「いつ子どもを出産するか」は、働く女性にとっての永遠のテーマとも言えます。難しい問題ではある一方で、「いつ出産したら、どんなリスクがあるのか」を意識しておくことで、出産・育児がスムーズになる側面もあるでしょう。2人目の出産を悩んだ女医の一人として、2人目の子どもをいつ出産すべきか、読者の皆さんと一緒に考えたいと思います。

  • コラム

    女医に立ち塞がる「2人目の子」の壁―女医の「2人目」問題 Vol.1

    私の親しい女医仲間や女医に限らずとも、仕事を持つ女友達の間では、「2人目どうする?」という話題が顔を合わせるたびに出てきます。自分の身の回りだけでもこれだけありふれているのだから、全国的にみたらかなりの割合で「2人目」について悩んだり考えたりしている女性がいるということではないでしょうか。私自身も1人の子どもを持ち、今すぐではないにしろ、近しい将来2人目も考えている当事者ですので、自分の考えや、周囲の声も織り交ぜながら、読者の皆様と一緒に「2人目問題」についての事柄を整理していければ幸いです。

  • コラム

    どう築く?産後のキャリア─女医のつれづれ手帖(22)

    子供が生まれたことで、医師としての目標と母としての理想の狭間で揺れる方も多いでしょう。復職するのか否か、働き方はどうするのかなど、悩む内容も人それぞれ。今回は、私なりの産後のキャリアプランの描き方についてお話したいと思います。

  • コラム

    不測の事態、どう対応する?職場で子育てを応援してもらうには─女医のつれづれ手帖(21)

    産休・育休明けは、生活リズムの変化や久々の職場復帰など自分自身の負担も大きくなる時期。不測の事態に対応するためにも、家庭や職場からバックアップしてもらえるよう働きかけていく必要があります。今回は、私がどのように育児と仕事の両立をしているか、周囲との関係づくりのポイントも含めお話したいと思います。

  • コラム

    実録! 1歳3カ月の子どもを持つ、女医ママのタイムスケジュール―女医のつれづれ手帖(20)

    ただでさえ多忙な医師が、仕事をしながら子育てをするのは想像がつかない―。そのように考える女性医師は少なからずいるのではないかと思います。実際に働きながら育児をしてみると、工夫次第で何とかなるものです。今回は、1歳3カ月の子どもを持つわたしが、どのようなスケジュールで過ごし、何を重視して仕事と育児に取り組んでいるかをお伝えできればと思います。

  • コラム

    「復職先に求めるもの」、整理できていますか?―女医のつれづれ手帖(19)

    Yu(ゆう)先生インタビュー。復職先に求めるもの=働きやすい環境、この一言に尽きると思います。それを具体的に洗い出し、優先順位を付け、勤務先に伝えられるかどうかが、復職後の働き方を左右するのではないでしょうか。今回は、わたしが復職先に求めたいもの、それをどのように活かして働いているかをお話ししたいと思います。

  • コラム

    女医ママの復職先、探し方のポイント―女医のつれづれ手帖(18)

    「今の勤務先で出産後も働き続けるか」「今の勤務先を辞めて、出産後は違う勤務先で働くか」―。子どもを授かった女医にとって、出産後にどう働くかは悩ましい問題ではないでしょうか。わたしはフリーランスという立場ですが、仕事と育児のバランスをとるために、産休前と復職後で働き方や勤務先を変えました。今回は、復職にあたり、わたしがどのように職場を探したかについてお話したいと思います。

  • コラム

    甘え上手は仕事復帰しやすい?!―女医のつれづれ手帖(17)

    Yu(ゆう)先生インタビュー:産休・育休中から仕事復帰をする場合、さまざまな関門が待ち構えています。それをクリアするためには、周囲の協力が必要不可欠。今回は、仕事復帰にあたり「いかに支えてもらうか」を実現させるために、わたしが実践したことをお伝えしたいと思います。

  • コラム

    あえて理由は告げずに退職。悔いない転職のために、わたしが考えたこと―女医のつれづれ手帖(16)

    Yu(ゆう)先生コラム:現職との退職交渉は、医師の転職活動における最難関と言っても過言ではありません。タイミングや伝え方次第で、新しい職場へのスムーズな入職が難しくなってしまうことも少なからずあるようです。今回は、わたしがどのように退職意向を伝えたか、入職日までどう過ごしたかも併せてお話ししたいと思います。

  • 人気記事ランキング