1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. ノウハウ
  4. コラム
  5. 好待遇でも…医師のヘッドハントに潜む罠──ヘッドハンティングされる医師の条件Vol. 1(後編)
コラム

好待遇でも…医師のヘッドハントに潜む罠──ヘッドハンティングされる医師の条件Vol. 1(後編)

2019年9月5日

ヘッドハンターに実際に声をかけられた場合、転職するにせよ、しないにせよ、どう対応するのがベストなのでしょうか。高額な報酬をチラつかせられたら、多少心が揺れるかもしれませんが、安易に応じて落とし穴にはまることは避けたいもの。元ヘッドハンターに注意点を聞きました。
提供:m3.com Doctors LIFESTYLE

ヘッドハンティングの裏にある「思惑」の把握を

──もしヘッドハンターから声がかかった場合、注意すべきポイントはありますか。

単純にヘッドハンティングだからいい、悪いという選別はありません。まず話をよく聞くことです。仮に高額の報酬を提示されたとしても、それに釣られないでください。それには必ず何か理由があります。また報酬金額はそこまででなくても、通常の採用ではなく、あえてヘッドハンティングという手法を取るのには、医療機関側に何かしら思惑があるからです。当然ながら、どんな事情があるのかはしっかり聞いておくべきでしょう。

「詳しいことは言えないが、とにかく(話をしたいから)来てくれ」という誘いは、避けたほうがいいと思います。確かに、実際にお会いするまであまり具体的な話が開示できない案件もあります。例えば、対象の先生が勤務している先と紹介したい先が同じ地域にあるときなどがそうです。近隣だけに、もし勧誘していることが明るみになったら、いろいろ差し障りがありますよね。

それでも、ある程度は伝えられます。まずは「話せる範囲で構わないので」、できるだけ情報を引き出し、聞いた話の裏付けも自分なりに取ってみた上で、話を聞くだけ聞いてもいいと思います。聞かなければ分からないところもあります。

話を聞くだけならリスクはないと思います。ただ、あまり人が多い場所で会わないほうが賢明かもしれません。つまらないうわさが立つといけないので、会う場所や時間は考えたほうがいいでしょう。
なかには怪しいヘッドハンターもいます。基本中の基本ですが、声をかけてきた会社について調べましょう。インターネットで検索する程度でも構いません。最近は「それっぽい」社名で釣っている会社もあるようです。

「聞きづらいこと」も、臆せずに聞くことが大切

──うまい話に釣られないようにするにはどうしたらいいでしょうか。

ヘッドハンティングにはいろいろな背景、いろいろなやり方があるので、疑問点などをざっくばらんに質問してみてください。お互い無駄な時間にしないためにも、聞くことは聞く、言うことは言う、その上で話を進めるのかどうかを決めればいいと思います。まさにお見合いのようなもので、相性やタイミングもありますね。

よく質問されるのですが、報酬金額を聞くのは何ら問題ありません。もっとも聞き方は大事だと思います。高額を吹っ掛けるような聞き方や、あまりに金額に執着している様子だとあまり印象はよくないですね。でも、それだけで即「不採用」にすることはありません。

いろいろ質問してみて、それに対してどう答えるのかなど、ヘッドハンターが信用に足り得る人物なのかも含めて、総合的に判断したらいいと思います。

「付き合っておくと、なかなか面白い情報が得られそうだ」という人だったら、つながりを持っておくのもいいかもしれません。世間的にはオープンになっていない情報を教えてもらえたり、場合によっては別件のオファーをされたりする場合もあります。自身のキャリアを考え、短期的な尺度ではなく、長期的な視点で判断するといいでしょう。最後に決めるのはヘッドハンターではなく、ご自身です。

今後のキャリア形成に向けて情報収集したい先生へ

医師の転職支援サービスを提供しているエムスリーキャリアでは、直近すぐの転職をお考えの先生はもちろん、「数年後のキャリアチェンジを視野に入れて情報収集をしたい」という先生からのご相談も承っています。

以下のような疑問に対し、キャリア形成の一助となる情報をお伝えします。

「どのような医師が評価されやすいか知りたい」
「数年後の年齢で、どのような選択肢があるかを知りたい」
「数年後に転居する予定で、転居先にどのような求人があるか知りたい」

当然ながら、当社サービスは転職を強制するものではありません。どうぞお気軽にご相談いただけますと幸いです。

エムスリーキャリアは全国10,000以上の医療機関と提携して、多数の求人をお預かりしているほか、コンサルタントの条件交渉によって求人を作り出すことが可能です。

この記事の関連キーワード

  1. ノウハウ
  2. コラム
【記事特集】医師の転職カルテ
キャリアの悩みに、コンサルタントが答えました


・いつ、どうやって転職したらいいのかわからない
・新たな環境で働きたいが、不安
・育児や介護、持病との両立はできる?

【詳しくはこちらから】

この記事の関連記事

  • コラム

    診療拒否が正当化、変わり始めた「応召義務」

    数ある医療マンガの中でも、医師から絶対的な支持を集める『ブラック・ジャック』(手塚治虫)。改めて読むと、その中には現代医学でもなお解決策が出ていないような数々の「普遍的な問い」が発せられています。『ブラック・ジャック』のストーリーと、現代の医療現場を照らし合わせながら、さまざまな角度で考察する本企画。今回は、エピソード「曇りのち晴れ」より、医師の応招義務(応召義務)について考えます。

  • コラム

    ガイドラインにない“医師の仕事”実感した日々

    ドクターと医学生の交流を目的とし、将来の選択肢を増やすためのイベント「Doctors’ Style」の代表を務める正木稔子先生。今回は、医師が“命”に寄り添うことについて語ります。

  • コラム

    患者からの怒り、どう受け止める?

    数ある医療マンガの中でも、医師から絶対的な支持を集める『ブラック・ジャック』(手塚治虫)。改めて読むと、その中には現代医学でもなお解決策が出ていないような数々の「普遍的な問い」が発せられています。『ブラック・ジャック』のストーリーと、現代の医療現場を照らし合わせながら、さまざまな角度で考察する本企画。今回は、エピソード「復しゅうこそわが命」より、患者から理不尽な怒りをぶつけられた時の対応について考えます。

  • コラム

    しがらみに縛られたキャリアの行方

    数ある医療マンガの中でも、医師から絶対的な支持を集める『ブラック・ジャック』(手塚治虫)。改めて読むと、その中には現代医学でもなお解決策が出ていないような数々の「普遍的な問い」が発せられています。『ブラック・ジャック』のストーリーと、現代の医療現場を照らし合わせながら、さまざまな角度で考察する本企画。今回は、エピソード「ふたりのピノコ」より、医師の働く姿勢について考えます。

  • コラム

    医師が円満に引退するコツ

    数ある医療マンガの中でも、医師から絶対的な支持を集める『ブラック・ジャック』(手塚治虫)。改めて読むと、その中には現代医学でもなお解決策が出ていないような数々の「普遍的な問い」が発せられています。『ブラック・ジャック』のストーリーと、現代の医療現場を照らし合わせながら、さまざまな角度で考察する本企画。今回は、ストーリー「助っ人」より、医師の引退について考えます。

  • コラム

    今だから思う、研修医が報・連・相できない理由

    ドクターと医学生の交流を目的とし、将来の選択肢を増やすためのイベント「Doctors’ Style」の代表を務める正木稔子先生。今回は研修医時代の失敗から学んだことについて語ります。

  • コラム

    強すぎる自信と正義感が引き起こした大失敗

    数ある医療マンガの中でも、医師から絶対的な支持を集める『ブラック・ジャック』(手塚治虫)。改めて読むと、その中には現代医学でもなお解決策が出ていないような数々の「普遍的な問い」が発せられています。『ブラック・ジャック』のストーリーと、現代の医療現場を照らし合わせながら、さまざまな角度で考察する本企画。今回は、エピソード「白い正義」より、多種多様な医療のあり方について考えます。

  • コラム

    医師の“真価”は何で問われる?

    数ある医療マンガの中でも、医師から絶対的な支持を集める『ブラック・ジャック』(手塚治虫)。改めて読むと、その中には現代医学でもなお解決策が出ていないような数々の「普遍的な問い」が発せられています。『ブラック・ジャック』のストーリーと、現代の医療現場を照らし合わせながら、さまざまな角度で考察する本企画。今回は、エピソード「白い目」より、医師の真価について考えます。

  • コラム

    よく聞く「優秀な医師」とはどんな人?

    数ある医療マンガの中でも、医師から絶対的な支持を集める『ブラック・ジャック』(手塚治虫)。改めて読むと、その中には現代医学でもなお解決策が出ていないような数々の「普遍的な問い」が発せられていることに気づかされます。医師たちが『ブラック・ジャック』を読み返し、さまざまな角度から考察する本企画。今回は、エピソード「ホスピタル」から、優秀な医師のキャリアについて考えます。

  • コラム

    “3分診療”を「良心的、合理的」と語る院長に

    数ある医療マンガの中でも、医師から絶対的な支持を集める『ブラック・ジャック』(手塚治虫)。改めて読むと、その中には現代医学でもなお解決策が出ていないような数々の「普遍的な問い」が発せられていることに気づかされます。医師たちが『ブラック・ジャック』を読み返し、さまざまな角度から考察する本企画。今回は、エピソード「流れ作業」から、患者との向き合い方について考えます。

  • 人気記事ランキング