1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. ノウハウ
  4. コラム
  5. ヘッドハンターが気にする医師の「意外な評価ポイント」とは──ヘッドハンティングされる医師の条件Vol. 1(中編)
コラム

ヘッドハンターが気にする医師の「意外な評価ポイント」とは──ヘッドハンティングされる医師の条件Vol. 1(中編)

2019年8月21日

ここまでヘッドハンティングとはどのようなものか、どんな流れで進められていくのかを紹介してきました。今回は具体的に、ヘッドハンター側はどのような基準で医師を選んでいるのか、医師のどんな点を見て評価しているのかを元ヘッドハンターに聞いています。現場の生々しいエピソードから、意外な評価ポイントも見えてきます。

──前回、一次マーケティングをしているという話がありました。具体的にどんなことをしているのですか。

勤務先のホームページは必ずチェックします。勤務先の医師紹介のページで顔写真があれば見ますし、年齢も確認します。受け入れる病院側が組織バランスの問題で「何歳くらいがいい」と要望されることが多いからです。あとはどんな資格をお持ちなのかも見ています。

また、どの学会に所属しているかも重要なポイントです。それもメジャーよりもその先ですね。例えば、消化器系の場合なら、日本消化器学病学会に属している先生は多いので、あまり大きな判断基準になりません。

それよりも日本内視鏡外科学会などに長く入っているか、技術認定を受けているかといったほうをチェックします。そうしたことから「技術的な部分を突き詰めようとしている先生なのだな」といった志向や、得意分野が透けてくるからです。こんなふうにして情報を一元化していくと見えてくる情報があります。

さらに語弊があるかもしれませんが、今の職場で、実力がいかんなく発揮できているのかも、可能な限り調べました。派閥争いで敗れたとか、事業戦略上今までやってきた技術が生かせないなど、たまたま今の環境では不遇をかこっている先生がいらっしゃいます。そうした境遇にある先生に、もっと輝ける場所を提案することも、少なからずあったからです。

ただし、これはあくまで一次マーケティングでしかありません。実際にお会いしてみないと分からないことはたくさんあります。どちらかというと一次情報に過ぎず、最終的には面談で判断していたように思います。

──最初の面談時は、どのあたりをチェックしているのですか。

服装に関して言えば、ある程度の清潔さがあるかは見ますが、おしゃれだとかどうだとかは関係ないですね。そんなことよりも立ち居振る舞いというか、一般常識があるかどうか。

ヘッドハンターの同業者たちが共通して言っていたのは、目力というか、何かを語っているときの熱量です。常に「熱く」なくてもいいのです。いろんな話をうかがっている中で、「こういうことをやりたいんだ」という話をしているときに目の輝きがあるかどうか。これは重要なポイントですね。

また、歩く姿も失礼ながら見ています。ダラダラではなく、シャキシャキ歩かれているかどうか。精神的な部分が、行動にも現れていると思うからです。

──「この先生はちょっと……」という人はいましたか。

ときどき必要以上に高圧的な先生はいましたね。明らかにこちらを見下しているなと。なかには面談中ずっと斜め上を見ていて、目を合わせない先生もいましたよ。われわれも興信所並みにすべてを調べ尽くしてお会いするわけではないので、該当の先生に関して予備知識がない部分も多々あります。それでも「(私に関して)こんなことも知らずに来たのか」と激昂されたこともありました。

ただ、大半が興味津々でお会いいただくパターンが多かったと思います。とりわけ外科系の先生は好奇心旺盛で、「自分のどこを評価してくれたのか」など単刀直入に何でも質問される人が多いですね。一方で、内科系や精神科系の先生は非常に慎重で、好奇心だけでは動かない印象があります。

今後のキャリア形成に向けて情報収集したい先生へ

医師の転職支援サービスを提供しているエムスリーキャリアでは、直近すぐの転職をお考えの先生はもちろん、「数年後のキャリアチェンジを視野に入れて情報収集をしたい」という先生からのご相談も承っています。

以下のような疑問に対し、キャリア形成の一助となる情報をお伝えします。

「どのような医師が評価されやすいか知りたい」
「数年後の年齢で、どのような選択肢があるかを知りたい」
「数年後に転居する予定で、転居先にどのような求人があるか知りたい」

当然ながら、当社サービスは転職を強制するものではありません。どうぞお気軽にご相談いただけますと幸いです。

エムスリーキャリアは全国10,000以上の医療機関と提携して、多数の求人をお預かりしているほか、コンサルタントの条件交渉によって求人を作り出すことが可能です。

この記事の関連キーワード

  1. ノウハウ
  2. コラム

この記事の関連記事

  • コラム

    よく聞く「優秀な医師」とはどんな人?

    数ある医療マンガの中でも、医師から絶対的な支持を集める『ブラック・ジャック』(手塚治虫)。改めて読むと、その中には現代医学でもなお解決策が出ていないような数々の「普遍的な問い」が発せられていることに気づかされます。医師たちが『ブラック・ジャック』を読み返し、さまざまな角度から考察する本企画。今回は、エピソード「ホスピタル」から、優秀な医師のキャリアについて考えます。

  • コラム

    “3分診療”を「良心的、合理的」と語る院長に

    数ある医療マンガの中でも、医師から絶対的な支持を集める『ブラック・ジャック』(手塚治虫)。改めて読むと、その中には現代医学でもなお解決策が出ていないような数々の「普遍的な問い」が発せられていることに気づかされます。医師たちが『ブラック・ジャック』を読み返し、さまざまな角度から考察する本企画。今回は、エピソード「流れ作業」から、患者との向き合い方について考えます。

  • コラム

    「K君死んじゃうの?!」旧友が教えてくれたこと ―わたしの女医ライフ

    ドクターと医学生の交流を目的とし、将来の選択肢を増やすためのイベント「Doctors’ Style」の代表を務める正木稔子先生が、「女性医師だからできない」ことではなく、「女性医師だからできる」ことについて語ります。

  • コラム

    コロナ禍だから振り返りたい「扶氏医戒之略」―わたしの女医ライフ

    ドクターと医学生の交流を目的とし、将来の選択肢を増やすためのイベント「Doctors’ Style」の代表を務める正木稔子先生が、「女性医師だからできない」ことではなく、「女性医師だからできる」ことについて語ります。

  • コラム

    好待遇でも…医師のヘッドハントに潜む罠──ヘッドハンティングされる医師の条件Vol. 1(後編)

    ヘッドハンターに実際に声をかけられた場合、転職するにせよ、しないにせよ、どう対応するのがベストなのでしょうか。高額な報酬をチラつかせられたら、多少心が揺れるかもしれませんが、安易に応じて落とし穴にはまることは避けたいもの。元ヘッドハンターに注意点を聞きました。

  • コラム

    元ヘッドハンターが語る「医師引き抜き」の舞台裏──ヘッドハンティングされる医師の条件Vol. 1(前編)

    札束を積んで引き抜きをかけられる、病院に突然封書が届く……といったイメージが先行しがちなヘッドハンティングですが、本当のところはどうなのでしょうか。医師ヘッドハンティングの実態を、元ヘッドハンターが全3回にわたり解説します。</p> <h3>ヘッドハンティングの仕組みとは

  • コラム

    韓国医療に見た、光と影―海外の医師はこう考える vol.6

    電子カルテシステムなど、医療の電子化が進んでいる韓国。その様子は一部、日本のメディアでも紹介されており、日本はその後塵を拝しているとも言われる。私自身も現地への視察へ赴いたが、実際にその勢いには驚いた。再生医療研究などに積極的に取り組む同国では幹細胞を使った実験的医療も進展を見せており、人類が想像してきたような「未来の医療」を実現させようという本気度を感じた。とはいえ、同国の医療現場においても、課題は多いそうだ。今回は、小児科医として現地と双方の小児医療の状況について意見交換した時の様子について、紹介したい。

  • コラム

    バングラデシュ、公的医療への不信感はこうして生まれた―海外の医師はこう考える vol.5

    日本を含め、多くの国々において医療は公的な制度に組み込まれて運用されている。しかし、そんな公的医療に対する信頼感は、国によっても大きく異なる。バングラデシュで見た光景は、公的医療のあり方について深く考えさせるものであった。 バングラデシュと聞けば、テロなど恐ろしい情報もあり、いささか後ろ向きな印象を抱かれる方も多いかもしれない。しかし実際は、カオスの中で元気に生きる人々がおり、多くの人々、特に現場の人々は志を持ち、親日の国であり、居心地は決して悪くない。今回は、そんなバングラデシュの医療のあり方について考察したい。

  • コラム

    タイが医療大国になれた理由―海外の医師はこう考える vol.4

    日本では、医療ツーリズムの本場としても知られている、タイ王国。私的病院を中心に、高度な医療を提供することで、他国からも患者がやってくる東南アジアの医療大国だ。近年にはすべての住民に公的医療保障を提供する形が整った。経済規模や背景にある貧富の差を勘案すると、保健指標としても、優秀な国である。今回はそんなタイの医療事情について、考察を深めたい。

  • コラム

    女医を悩ます「2人目の子」のタイミング―女医の「2人目」問題 vol.2

    当然のことながら、子どもを授かるということはそう簡単なテーマではありません。2人目に限らず、「いつ子どもを出産するか」は、働く女性にとっての永遠のテーマとも言えます。難しい問題ではある一方で、「いつ出産したら、どんなリスクがあるのか」を意識しておくことで、出産・育児がスムーズになる側面もあるでしょう。2人目の出産を悩んだ女医の一人として、2人目の子どもをいつ出産すべきか、読者の皆さんと一緒に考えたいと思います。

  • 人気記事ランキング