1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. ノウハウ
  4. コラム
  5. 病名告知…誰に、何を、どこまで伝える?―『ブラック・ジャック』に学ぶキャリアvol.23
コラム

病名告知…誰に、何を、どこまで伝える?―『ブラック・ジャック』に学ぶキャリアvol.23

2021年3月17日

数ある医療マンガの中でも、医師から絶対的な支持を集める『ブラック・ジャック』(手塚治虫)。改めて読むと、その中には現代医学でもなお解決策が出ていないような数々の「普遍的な問い」が発せられています。『ブラック・ジャック』のストーリーと、現代の医療現場を照らし合わせながら、さまざまな角度で考察する本企画。今回は、エピソード「侵略者」より、患者の「知る権利」「知らされない権利」に医師はどう応えるかについて考えます。

事実を知らされず、疑心暗鬼になる患者

重い病気で入院を続けていた少年は、ある日を境に、周囲の異変に気付きます。母親や主治医、医療スタッフたちが急によそよそしくなったことから、「宇宙からのインベーダー(侵略者)に支配されている」と思い込むのです。母親や主治医が優しい言葉をかけても疑心暗鬼になり、反抗的な態度をとります。興奮状態で暴れ回り、手が付けられない状態になりました。そこにブラック・ジャックが登場して――。

マンガの詳細、その後の展開はこちらから
※m3.comへのログインが必要です

「知る権利」だけでなく「知らされない権利」をどう尊重するか

本エピソードの中で、ブラック・ジャックは暴れ回る少年に平手打ちをし、ハッキリ病名を伝えるシーンがあります。

本作が描かれたのは1975年。今ほど、病名告知やインフォームド・コンセントが広まっていなかった時代です。物語の中でも、ブラック・ジャックの病名告知に主治医は「そんなことを この子に教えてはいけません」と焦りを見せます。しかし、ブラック・ジャックは「死ぬんなら死ぬ ダメならダメとハッキリ教えたほうがこの子のためですよ」と主張します。

ブラック・ジャックの言葉で事実を知った少年は、生きる意欲を取り戻し、手術を受ける決断にもつながりました。物語は、患者の「知る権利」の重要性を諭す形で終わります。

本作品が発表された後、1981年に世界医師会総会で採択された「リスボン宣言」では、「7.情報に対する権利」において以下のように定められています。

a.患者は、いかなる医療上の記録であろうと、そこに記載されている自己の情報を受ける権利を有し、また症状についての医学的事実を含む健康状態に関して十分な説明を受ける権利を有する。
出典)日本医師会 https://www.med.or.jp/doctor/international/wma/lisbon.html

ただ、どんな状況でも情報を伝えればいいとは限りません。本作品では、事実を伝えたことが良い結果につながりましたが、場合によっては患者を追い詰めてしまう可能性もあるでしょう。リスボン宣言では、患者の「知る権利」だけでなく「知らされない権利」も尊重するように定めています。

d.患者は、他人の生命の保護に必要とされていない場合に限り、その明確な要求に基づき情報を知らされない権利を有する。
出典)日本医師会 https://www.med.or.jp/doctor/international/wma/lisbon.html

患者の「知る権利」「知らされない権利」の両方を尊重するには、本来ならば病名告知の前に「何を、どこまで知りたいか」を確認しておく必要があります。しかし、そのプロセスに明確な“正解”はなく、医療現場での実践は容易ではありません。

特に、本作品のように患者が子どもの場合は、心身の発達段階も考慮して、情報を伝えなければなりません。また、認知症患者の場合は、告知後の本人への精神的影響や、本人の記憶力・理解力などの事情、患者家族の状況など、考慮すべきことが数多くあります。

さまざまな難しさがある中で、患者の「知る権利」「知らされない権利」を守るためには、患者の意思を丁寧に確認することが大切になるでしょう。また、情報を伝えた後(あるいは情報を伝えない状態で)の精神的ケアや、「シェアード・ディシジョン・メイキング」など、医療者と患者の信頼関係を築く仕組みも必要かもしれません。

それらを実践するには、医師のコミュニケーション力を高めることはもとより、病診連携や院内チーム連携といった協力体制も、いっそう求められるのではないでしょうか。

今後のキャリア形成に向けて情報収集したい先生へ

医師の転職支援サービスを提供しているエムスリーキャリアでは、直近すぐの転職をお考えの先生はもちろん、「数年後のキャリアチェンジを視野に入れて情報収集をしたい」という先生からのご相談も承っています。

以下のような疑問に対し、キャリア形成の一助となる情報をお伝えします。

「どのような医師が評価されやすいか知りたい」
「数年後の年齢で、どのような選択肢があるかを知りたい」
「数年後に転居する予定で、転居先にどのような求人があるか知りたい」

当然ながら、当社サービスは転職を強制するものではありません。どうぞお気軽にご相談いただけますと幸いです。

エムスリーキャリアは全国10,000以上の医療機関と提携して、多数の求人をお預かりしているほか、コンサルタントの条件交渉によって求人を作り出すことが可能です。

この記事の関連キーワード

  1. ノウハウ
  2. コラム

この記事の関連記事

  • コラム

    「なぜ医師に?」キャリア迷子の処方箋

    数ある医療マンガの中でも、医師から絶対的な支持を集める『ブラック・ジャック』(手塚治虫)。改めて読むと、その中には現代医学でもなお解決策が出ていないような数々の「普遍的な問い」が発せられています。今回は、エピソード「三者三様」より、自分の意思でキャリアを歩む大切さについて考えます。

  • コラム

    ネコ、赤ん坊、代議士がケガ…誰から救う?

    数ある医療マンガの中でも、医師から絶対的な支持を集める『ブラック・ジャック』(手塚治虫)。改めて読むと、その中には現代医学でもなお解決策が出ていないような数々の「普遍的な問い」が発せられています。『ブラック・ジャック』のストーリーと、現代の医療現場を照らし合わせながら、さまざまな角度で考察する本企画。今回は、エピソード「オペの順番」より、トリアージについて考えます。

  • コラム

    エビデンスだけで患者は満足できない?

    数ある医療マンガの中でも、医師から絶対的な支持を集める『ブラック・ジャック』(手塚治虫)。改めて読むと、その中には現代医学でもなお解決策が出ていないような数々の「普遍的な問い」が発せられています。『ブラック・ジャック』のストーリーと、現代の医療現場を照らし合わせながら、さまざまな角度で考察する本企画。今回は、エピソード「目撃者」より、患者への寄り添い方について考えます。

  • コラム

    どうする?医療費を払わない患者の懇願

    数ある医療マンガの中でも、医師から絶対的な支持を集める『ブラック・ジャック』(手塚治虫)。改めて読むと、その中には現代医学でもなお解決策が出ていないような数々の「普遍的な問い」が発せられています。『ブラック・ジャック』のストーリーと、現代の医療現場を照らし合わせながら、さまざまな角度で考察する本企画。今回は、エピソード「サギ師志願」より、医療費未払い問題について考えます。

  • コラム

    診療拒否が正当化、変わり始めた「応召義務」

    数ある医療マンガの中でも、医師から絶対的な支持を集める『ブラック・ジャック』(手塚治虫)。改めて読むと、その中には現代医学でもなお解決策が出ていないような数々の「普遍的な問い」が発せられています。『ブラック・ジャック』のストーリーと、現代の医療現場を照らし合わせながら、さまざまな角度で考察する本企画。今回は、エピソード「曇りのち晴れ」より、医師の応招義務(応召義務)について考えます。

  • コラム

    ガイドラインにない“医師の仕事”実感した日々

    ドクターと医学生の交流を目的とし、将来の選択肢を増やすためのイベント「Doctors’ Style」の代表を務める正木稔子先生。今回は、医師が“命”に寄り添うことについて語ります。

  • コラム

    患者からの怒り、どう受け止める?

    数ある医療マンガの中でも、医師から絶対的な支持を集める『ブラック・ジャック』(手塚治虫)。改めて読むと、その中には現代医学でもなお解決策が出ていないような数々の「普遍的な問い」が発せられています。『ブラック・ジャック』のストーリーと、現代の医療現場を照らし合わせながら、さまざまな角度で考察する本企画。今回は、エピソード「復しゅうこそわが命」より、患者から理不尽な怒りをぶつけられた時の対応について考えます。

  • コラム

    しがらみに縛られたキャリアの行方

    数ある医療マンガの中でも、医師から絶対的な支持を集める『ブラック・ジャック』(手塚治虫)。改めて読むと、その中には現代医学でもなお解決策が出ていないような数々の「普遍的な問い」が発せられています。『ブラック・ジャック』のストーリーと、現代の医療現場を照らし合わせながら、さまざまな角度で考察する本企画。今回は、エピソード「ふたりのピノコ」より、医師の働く姿勢について考えます。

  • コラム

    医師が円満に引退するコツ

    数ある医療マンガの中でも、医師から絶対的な支持を集める『ブラック・ジャック』(手塚治虫)。改めて読むと、その中には現代医学でもなお解決策が出ていないような数々の「普遍的な問い」が発せられています。『ブラック・ジャック』のストーリーと、現代の医療現場を照らし合わせながら、さまざまな角度で考察する本企画。今回は、ストーリー「助っ人」より、医師の引退について考えます。

  • コラム

    今だから思う、研修医が報・連・相できない理由

    ドクターと医学生の交流を目的とし、将来の選択肢を増やすためのイベント「Doctors’ Style」の代表を務める正木稔子先生。今回は研修医時代の失敗から学んだことについて語ります。

  • 人気記事ランキング