1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. キャリア事例
  4. 事例
  5. 「私は、がん患者」発症から6年後のカミングアウト─病とキャリアvol.4(中編)
事例

「私は、がん患者」発症から6年後のカミングアウト─病とキャリアvol.4(中編)

2019年7月26日

がん患者であることの現実や不安と向き合う一方で、その事実を周囲にひた隠しにしていた田所先生。あることを機に、カミングアウトすることを決意します。中編では、カミングアウト当時の気付きと疾病受容に対する考え、そして緩和ケアへの真摯な思いを話していただきました。(取材日:2019年6月10日)

取材中のカミングアウト

——がんであることを隠し続ける中で、突如カミングアウトをされたそうですね。その時のことを教えてください。

2年前に、あるWeb媒体の取材を受ける機会がありました。テーマは仕事と子育ての両立。そのため、がん患者であることは隠すつもりでいました。けれども、がんであることを伏せて仕事や普段の生活のことを説明しようとすると、言葉に詰まるんです。本来、何事も偽りなく話すことができる性格なのですが、どの方向から話そうとしても、がんのことに行き当たってしまう。
その時、自分は医者であると同時に、やはりがん患者なのだと思い知ったのです。隠すことは嘘をつくことであり、自分に嘘をつく苦しさは、がんを隠している限り続くのだと痛感しました。インタビューの中で突然がんの告白をしたことに、取材陣の方も驚かれていましたね。
その取材記事には、多くの反響がありました。同じがん患者さんからは「勇気付けられました」「救われました」といった言葉をたくさんいただいて――。どの部分が響いたのかはわかりませんが、私の言葉で誰かを励ますことができることを知り、一歩前へ進むことができたように感じられました。

がんにならない人生を選びたかった

——カミングアウトは、がんになってから6年後のことだったのですね。現在は、病を受け入れられていますか。

受け入れているように見えるかもしれませんが、自分としては、決してそうではありません。
健診結果すらも気にしていなかった41歳の頃は、自分が死ぬことなんて考えたこともなく、嫌なことをいかに排除して楽しく生きるかを考えていました。
それが突然、自分で道を選べない状況になってしまった。自分の力ではどうにもならず、何がいけなかったのかと原因を探っても、何も思い当たらない。それでも時間が経てば、体の回復とともに病気の記憶も薄れて気持ちも楽になる、手術や検査も一つずつクリアすれば、終わりに近付くと思っていました。けれども、終わりはないんです。どれだけ克服しても再発の可能性はゼロとは言い切れない。その現実が、時間が経つほどのしかかってくるんです。排尿障害のせいか、トイレに行くたびに溜息が出ます。がん発症から8年経った今も、1週間のうち何回トイレで涙ぐむことか・・・。

講演などで理性を持って話すことも、前向きで明るい話をすることもできます。一方で、泣いていいよと言われたら、今でも3秒で泣けます。「なぜ私が、がんなのですか」と。がんにならない人生を選びたかったけれど、そこには絶対に戻れない。今も悔しくて怖いですが、もう受け入れるしかないと、自ら奮い立たせているところはあります。

——どうにか受け入れるしかない、ということなのですね。

疾病受容について患者仲間に話すと、「受け入れることなんてできないよ」と言われ、本当に救われます。30年近くもがんと付き合い、10回の手術を経験し、積極的に患者さんの支援活動をされている方でも「そう見えるだけだよね」と。だから、そういうスタンスでいいのかな、とも思います。

麻酔科医には戻らない

——現在、先生は緩和ケア医としてご活躍されていますが、麻酔科への未練はありませんか。

がんになっていなければ、麻酔科医としての比重を増やしていたかもしれません。ただ、今、麻酔科医に戻りたいかと聞かれたら、戻らないと答えます。

麻酔科は、患者さんと関わるのは手術のときだけ。それに対して、緩和ケアは、患者さんの予後を追いかけ、引き継ぐ仕事です。今までできたことが少しずつできなくなる不安や漠然とした問いかけを抱いている患者さんの気持ちに、時間が許す限り、腰を落ち着けて向きあえる人間でいたいと思っています。
かつて、知人の医師に「死んでいく人の世話をしていて楽しいですか」と聞かれたことがありました。患者さんは死んでいくわけではなく、残された時間を生きていくんです。そういった方々が望む生き方や死に方を、医師の立場で汲み取り、手伝ってあげたい。患者さんを治して元気にする医療もあれば、そうではない医療もある。正しい、間違っているという話ではないんです。

今後のキャリア形成に向けて情報収集したい先生へ

医師の転職支援サービスを提供しているエムスリーキャリアでは、直近すぐの転職をお考えの先生はもちろん、「数年後のキャリアチェンジを視野に入れて情報収集をしたい」という先生からのご相談も承っています。

以下のような疑問に対し、キャリア形成の一助となる情報をお伝えします。

「どのような医師が評価されやすいか知りたい」
「数年後の年齢で、どのような選択肢があるかを知りたい」
「数年後に転居する予定で、転居先にどのような求人があるか知りたい」

当然ながら、当社サービスは転職を強制するものではありません。どうぞお気軽にご相談いただけますと幸いです。

エムスリーキャリアは全国10,000以上の医療機関と提携して、多数の求人をお預かりしているほか、コンサルタントの条件交渉によって求人を作り出すことが可能です。

この記事の関連キーワード

  1. キャリア事例
  2. 事例

この記事の関連記事

  • 事例

    「自分が理想とする糖尿病診療を追い求めて」開業へ

    小児糖尿病の宣告を受けるも、「糖尿病だってなんでもできる」という医師の言葉をお守りに自らも医師を志すことを決意した南昌江内科クリニック(福岡市)の院長、南昌江先生。現在の糖尿病専門科医院を経営するようになった軌跡を伺います。

  • 事例

    小児糖尿病にならなければ、医師の私はいない

    福岡市にある糖尿病専門科医院、南昌江内科クリニックの院長・南昌江先生は、ご自身が中学2年生の際に小児糖尿病を宣告された身の上です。病気を発症した前編に続き、今回は医療への水差し案内人となった医師との出逢いや転機となった出来事について伺います。

  • 事例

    14歳で1型糖尿病「前向きに考えて生きなさい」

    14歳の夏、”小児糖尿病”の宣告を受けた南昌江先生。その数年後、両親や主治医、同じ病気の仲間たちに支えられ医学部受験、医師になるという夢を果たしました。前編では、病の発症、闘病生活について伺います。

  • 事例

    視力を失った精神科医だからできること

    網膜色素変性症を抱えながら、精神科医となった福場将太先生。容赦なく病状が進行する中で、一度は医師を辞めようと考えた福場先生でしたが、様々な人々との出会いで医師を続けていこうと決意します。

  • 事例

    辞職か、継続か…視力を失った精神科医の葛藤

    医学部5年生の時に、網膜色素変性症を発症した福場将太先生。次第に視力が衰えていく現実に、迷い、葛藤を覚えながらも、医師の資格を取得されます。

  • 事例

    「見えなくなっていく」卒試、国試前に病を発症

    網膜の機能が低下し、人によっては視力を失うこともある網膜色素変性症。次第に視力が衰えていくこの病気は、福場将太先生に、医師として、一人の人間としてどう生きるかを、常に問いかける存在でした。

  • 事例

    不治の病を抱えながら、クリニックの院長へ ―病とキャリアvol.7(後編)

    40代でパーキンソン病を発症し、50歳で医師として働くことを辞めた橋爪鈴男先生。後編では、再び医療の世界に戻った時のエピソードと、病を抱えるようになって変化したことを語っていただきました。(取材日:2020年2月20日 ※インタビューは、資料や文書による回答も交えた形式で実施しました)

  • 事例

    「もう死にたい」動けない医師が光を見出すまで ―病とキャリアvol.7(中編)

    皮膚科医として、順調なキャリアを築いてきた橋爪鈴男先生。しかし、40代でパーキンソン病を発症した後、大学病院を辞すことを決意します。中編では、絶望を救った一つの言葉と仲間の支え、そして新たな治療を経て見つけた生き甲斐についてお話をうかがいました。

  • 事例

    40代でパーキンソン病「医師を続けられない」 ―病とキャリアvol.7(前編)

    順風満帆な生活から一転、晴天の霹靂のごとく襲いかかった難病──。橋爪鈴男先生は、40代でパーキンソン病を発症し、大学病院の助教授(当時)の職を辞すことを決意します。身体機能が衰えていく自分の姿に苦悩し、自殺を考えたこともあったそうです。しかし、生きる意味を見出し、再び医師として復帰するに至りました。前編では、突然の発症から大学病院の辞職を決意するまでのエピソードをお聞きしました。

  • 事例

    「患者さんを否定しない」傷ついた経験を糧に ―病とキャリアvol.6(後編)

    医師であり、線維筋痛症の患者でもある原田樹先生。自分や周囲にとって最善の働き方を模索しながら、3次救急病院の救急科で働き続けています。後編では、病に対する考え方の変化と、新たなキャリアについてお聞きしました。

  • 人気記事ランキング