1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. キャリア事例
  4. 事例
  5. 「がん」は私らしさ 強みを活かして働き続ける─病とキャリアvol.4(後編)
事例

「がん」は私らしさ 強みを活かして働き続ける─病とキャリアvol.4(後編)

2019年7月26日

がん患者であることを周囲にひた隠しにしていた田所先生は、発症から6年後にカミングアウトしたことで、一歩前に進めるようになったといいます。後編では、現在の職場のスタッフに対する思いと、これから始める新たな取り組みについて伺いました。(取材日:2019年6月10日)

「がん」は私の一部

——がんになったことで、患者さんへの接し方や意識に変化はありましたか。

患者さんからはよく、「こんなに理解してくれて、一生懸命話してくれる先生に初めて会いました」と言われます。そんな時は心の中で「わかるよ!だってあなたと同じだから」と叫んでいます。がんは私の一部ですから、診察や面談に、医師としてだけでなくがん患者としての私らしさが表れるようになったかもしれません。
その一方で、がんにかかっていなくても、患者さんにしっかり対応し、信頼を得ている医師や看護師は大勢います。それはきっと“がん患者さんの気持ちがわからないこと”を認めていて、辛い経験はしていなくても、限りなく想像しようと努めているからなのだと思います。

——現在の勤務先である、もみのき病院(高知県高知市)のみなさんもそうでしょうか。

そうですね。当院は、私が以前働いていた病院で緩和ケアに携わり始めた頃からの縁で、たくさんのことを学ばせてもらいました。
当院の緩和ケア病棟の医師や看護師は、みな患者さんやご家族のことを理解しようとし、患者さんの生をどう全うさせるかを懸命に考えています。全ての希望を叶えられなくても、最善の方法を求め、時には疎まれても伝えるべきことを伝えようとしている。そんな感性を持つ方々に囲まれているから、患者である私も傷つかないんです。
同じ病や境遇を持つ患者さんを受け持った時は、気持ちが入り込みそうになることもありますが、みな優しく見守ってくれます。そのおかげで平静を保っていられるのかもしれません。
かつて勤務していた職場では、私1人が緩和ケアを担っていたこともあり、看護師にも“患者である自分”をことさら強調し、患者目線で厳しく指導していたこともありました。逆に、患者さんに対しては、医師の立場を重視して接していて――。医師と患者、二つの立場に折り合いをつけることができず、苦しかったですね。でも今は、医師とがん患者の両面を併せ持つ1人の人間として自然に振る舞えるようになりました。

がん患者とその周囲の人々の「語り場」を作りたい

——医師の仕事は、これからも続けていくつもりですか。

今後がんが再発して、何らかの治療を行って体が辛い状態にあったとしても、周りの環境が許されるならば、緩和ケア医の仕事を続けていきたいですね。自分の持っている感性や知識、技術はできる限り生かしていきたいです。例えば、薬の調整や見直しをするだけでも、睡眠の改善や満足度の向上につながることもありますから。もし話したり、手を握ったりすることしかできなくなったとしても、望んでくれる人や場所があるなら、限界まで関わっていたいと思います。

——加えて今、この部屋で、新しい取り組みをスタートさせようとしていますね。

この部屋は、私の考え方に賛同してくれた知人からお借りしたものです。がん患者さんやそのご家族、ご遺族がいつでも話し、相談できる場所として、そして、医療関係者が緩和ケアや死について話したり、自分の思いを吐き出したりできる場所にしたいと考えています。
名前は「がん患者の寄り合い所 ぴぃす」としました。「ぴぃす」には、「平和=peace」と「ピースサイン」の、2つの意味を込めました。訪れた人の心が少しでも平和になり、思わずピースサインが出るような嬉しさを感じてもらいたいとの願いからです。
スタッフは、私と知り合いの看護師、がん患者さんのご遺族の方が務めます。これからクラウドファンディングを立ち上げ、広報活動を行いながら運営を進める予定です。
とりあえずスタートさせて、徐々にメンバーの思いやアイデアが形になればと思っています。そしてゆくゆくは、緩和ケアを患者さんや市民の方々に広めていきたいですね。

田所先生の目下の趣味は、大好きなアーティストのコンサートへ行くこと。大きな声を出し、笑い、泣けるコンサートは、心に溜まった感情を吐き出せる場でもあるという。

今後のキャリア形成に向けて情報収集したい先生へ

医師の転職支援サービスを提供しているエムスリーキャリアでは、直近すぐの転職をお考えの先生はもちろん、「数年後のキャリアチェンジを視野に入れて情報収集をしたい」という先生からのご相談も承っています。

以下のような疑問に対し、キャリア形成の一助となる情報をお伝えします。

「どのような医師が評価されやすいか知りたい」
「数年後の年齢で、どのような選択肢があるかを知りたい」
「数年後に転居する予定で、転居先にどのような求人があるか知りたい」

当然ながら、当社サービスは転職を強制するものではありません。どうぞお気軽にご相談いただけますと幸いです。

エムスリーキャリアは全国10,000以上の医療機関と提携して、多数の求人をお預かりしているほか、コンサルタントの条件交渉によって求人を作り出すことが可能です。

この記事の関連キーワード

  1. キャリア事例
  2. 事例

この記事の関連記事

  • 事例

    辞職か、継続か…視力を失った精神科医の葛藤

    医学部5年生の時に、網膜色素変性症を発症した福場将太先生。次第に視力が衰えていく現実に、迷い、葛藤を覚えながらも、医師の資格を取得されます。

  • 事例

    「見えなくなっていく」卒試、国試前に病を発症

    網膜の機能が低下し、人によっては視力を失うこともある網膜色素変性症。次第に視力が衰えていくこの病気は、福場将太先生に、医師として、一人の人間としてどう生きるかを、常に問いかける存在でした。

  • 事例

    不治の病を抱えながら、クリニックの院長へ ―病とキャリアvol.7(後編)

    40代でパーキンソン病を発症し、50歳で医師として働くことを辞めた橋爪鈴男先生。後編では、再び医療の世界に戻った時のエピソードと、病を抱えるようになって変化したことを語っていただきました。(取材日:2020年2月20日 ※インタビューは、資料や文書による回答も交えた形式で実施しました)

  • 事例

    「もう死にたい」動けない医師が光を見出すまで ―病とキャリアvol.7(中編)

    皮膚科医として、順調なキャリアを築いてきた橋爪鈴男先生。しかし、40代でパーキンソン病を発症した後、大学病院を辞すことを決意します。中編では、絶望を救った一つの言葉と仲間の支え、そして新たな治療を経て見つけた生き甲斐についてお話をうかがいました。

  • 事例

    40代でパーキンソン病「医師を続けられない」 ―病とキャリアvol.7(前編)

    順風満帆な生活から一転、晴天の霹靂のごとく襲いかかった難病──。橋爪鈴男先生は、40代でパーキンソン病を発症し、大学病院の助教授(当時)の職を辞すことを決意します。身体機能が衰えていく自分の姿に苦悩し、自殺を考えたこともあったそうです。しかし、生きる意味を見出し、再び医師として復帰するに至りました。前編では、突然の発症から大学病院の辞職を決意するまでのエピソードをお聞きしました。

  • 事例

    「患者さんを否定しない」傷ついた経験を糧に ―病とキャリアvol.6(後編)

    医師であり、線維筋痛症の患者でもある原田樹先生。自分や周囲にとって最善の働き方を模索しながら、3次救急病院の救急科で働き続けています。後編では、病に対する考え方の変化と、新たなキャリアについてお聞きしました。

  • 事例

    線維筋痛症の女医が、救急医の道を選んだ理由 ―病とキャリアvol.6(中編)

    線維筋痛症を抱えながらも、厚生連高岡病院(富山県高岡市)で働く原田樹先生。中編では、臨床研修後のキャリアをどのように選び、切り開いていったのかをお聞きしました。

  • 事例

    全身を襲う激痛……「私、医師になれるの?」 ―病とキャリアvol.6(前編)

    全身を襲う、耐えがたいほどの痛み──。原田樹先生は医学部在学中に線維筋痛症を発症しました。以来約10年に渡り痛みと付き合いながら、医師として、母として、多忙な日々を送っています。前編では、突然の発症から卒業試験・医師国家試験に挑むまでのお話を伺いました。

  • 事例

    がん経験した今も「患者の気持ち分からない」―病とキャリアvol.5(後編)

    縦隔原発混合性胚細胞腫瘍という、数万人に1人が発症する稀ながんに罹患した清水秀文先生。後編では、医師という仕事に対する思いや、がん患者さんとの向き合い方、今後の展望についてお聞きしました。

  • 事例

    がんを自ら発見…その時医師が考えたこと―病とキャリアvol.5(前編)

    がんの第一発見者は自分──。JCHO東京新宿メディカルセンター(東京都新宿区)呼吸器内科医の清水秀文先生は、自分の健診のレントゲン画像をチェックしたときに、がんであることを悟りました。縦隔原発混合性胚細胞腫瘍という、自身も症例経験のない稀ながんに罹患した清水先生。前編では、がん発覚時の経緯と周囲の反応、治療の様子をお聞きしました。

  • 人気記事ランキング