1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. キャリア事例
  4. 事例
  5. 妻の専門医取得に向け主夫に―パパ医師の時短勤務(1)
事例

妻の専門医取得に向け主夫に―パパ医師の時短勤務(1)

2020年2月20日

亀田ファミリークリニック館山で家庭医診療科の医長を務める、岩間秀幸先生。2014年4月からの3年間、医師である妻が後期研修に専念できるように、時短勤務をしながら、家庭で育児や家事を担いました。男性医師が時短勤務をするのは職場では初めてだったそうですが、上司や同僚、患者の理解はどのように得たのでしょうか。また、時間に制約がある中で職場への貢献度を高めるために意識したことは何でしょうか。
(取材日:2020年1月21日)

妻の専門医取得に向けて、時短勤務を決意

――2015年4月から3年間、時短勤務をされていたと伺いました。何かきっかけがあったのでしょうか。

妻が小児科の専門医を取得するために、後期研修に集中できる期間をつくるためです。
私たちは沖縄県での初期研修中に結婚し、妻が後期研修に入る年に長女が生まれました。妻は育児休暇後に研修を再開したのですが、育児に追われて研修に専念することが難しく……。その後長男も生まれ、私が家庭医療専門医・指導医資格の取得など自分のキャリアを築いている期間は、妻が時短勤務をしながら、家事や育児の大半を担い、家族を支えてくれていました。
小児科医としての自信が持てずに葛藤する妻の姿を見てきたので、私が専門医を取得し終えるタイミングにきたとき、「今度は役割を交代しよう」と自然に思いました。

――夫婦で家庭と仕事の役割を交代しながら専門医を取得する、という意識は、お子さんが生まれたころから共有されていたのでしょうか。

最初から、妻の専門医取得を明確に見据えていたわけではありませんでしたが、少なくとも妻がフルタイム勤務に復帰できるような環境は家族で模索していました。
私が家庭医療専門医を取得するための研修先として、亀田ファミリークリニック館山を選んだのは、プログラムが魅力的だったことはもちろんですが、見学の際に岡田唯男院長から「うちは小児科専門ではないけど、子どもの患者さんは多いから、夫婦で一緒に働いたら?」と言っていただいたことも支えになりましたね。

家族で館山市に引っ越してきて、私の後期研修もうすぐ終わるという年に、妻の中で「小児科専門医を取得したい」という思いが固まってきました。妻が、後期研修中、医師として「今日は病院に泊まった方がいいのではないか」と考えたときに、迷いなくその判断ができる環境にしたい――。「じゃあ、僕が時短勤務をして育児や家事の責任を持つ」と決めました。

自分の時短勤務が患者さんに迷惑をかけないか?

――職場の理解はすんなり得られたのでしょうか。

岡田院長には入職以前から妻のフルタイム勤務について相談していたこともあり、時短勤務についても快く承諾していただきました。法人の人事部門と一緒に勤務時間や給与などの詳細を詰めていき、2014年4月から3年間は週4日午後3時までの勤務で、夜間の当直は免除という形態になりました。
妻が同じ職場で働いていたため、同僚たちにも家族の状況を伝えやすかったですし、みんな家庭医なので、日ごろから互いに「自分の人生にとって大事なもの」という観点で話ができていたこともよかったと思います。

私はちょうど専門医を取り、組織の運営や管理など中間管理職としての役割を期待される立場になったタイミングでした。育児、家事の主担当となる生活に舵を切ることに不安はあったのですが、時短勤務になってもスタッフとして、中間管理職としての仕事を引き続き任せてもらえたことはありがたかったです。

――家庭医として多くの患者さんの主治医をされていたかと思いますが、勤務時間が短くなることは患者さんにどのように説明されましたか。

自分の都合で診察に対応できる時間が減ることで、患者さんに迷惑をかけてしまうことは心配事の一つでした。患者さんたちにどこまで事情を伝えるか迷いましたが、結局は素直に家庭の状況を話し、自分が診察できる曜日と時間が変わること、これまで通り対応できない場合は、責任をもってほかの先生に引き継ぐことを説明しました。

ありがたいことに、みなさんに私の決断を喜んでいただき、多くの方が「先生の診察の時間に合わせて来るよ」と診察日を調整してくださいました。中には「もう3時だから帰りなよ」と声をかけてくださったり、おかずを作って持ってきてくださったりする患者さんもいて、温かい支援に助けられました。

「してもらえたら助かる」仕事を積極的に取りに行く

――時短勤務に入り、仕事をする上でつらかった点や意識した点はありますか。

同僚に負担をかけてしまっている申し訳なさはありましたね。カルテの申し送りや患者さんの状況の共有も心がけてはいるのですが、完璧にはできず……。同僚に迷惑をかけてしまったときはいつも落ち込みました。しかし「時間に制約はあっても、自分の最大パフォーマンスを引き出す」と鼓舞し、同僚たちに感謝を伝えることと、貢献度を高めることを意識して働きました。

また、職場にいる時間は短いのですが、「職場にいなくてはならない人間になろう」と思っていました。特に、常勤医目線で「これをしてもらえたら助かる」という仕事がわかるので、その部分は積極的に引き受けるようにしました。
たとえば、朝イチの病児保育です。病児保育が入ったときは、その日の外来担当医師が通常業務にプラスして対応するのですが、時短勤務中は基本的には私が対応することにしました。ただ、最初は「引き受けて本当に大丈夫か」という葛藤はありましたね。私の子どもの体調が急に悪くなったら、病児保育はほかの医師に頼まなければなりませんから。でも最後は「やってみないとわからない」と腹をくくって臨みました。また、午前と午後の診察の間の乳児検診も、従来はその日の担当医師が対応していましたが、積極的に担当しました。始めてみると自分がどうしても対応できない日はやはりあったのですが、そのときは同僚に助けてもらいました。

一方で、今フルタイムに復帰して正式に管理職になり、部下を持つ立場になって感じることもあります。育児中の医師に働きやすいと感じてもらうには、まだ工夫の余地があるということです。
私は、病児保育や乳児検診を基本的には自分が引き受ける、という形を取りましたが、基本はみんなで業務を回して、困ったときには時短勤務者を頼る、という方法がいいのかもしれません。やはり育児中は予測できないことが起きます。そのとき、自分の仕事をほかの人に頼むのは心苦しいものです。
だから時短勤務者の勤務を見越して担当に充てるのではなく、フルタイムの仕事量を基本に予定を組み、時短勤務者が勤務できたときにフルタイムのドクターが休める――そんな運用なら、Win-Winでみんなが気持ちよく働けるような気もしています。

また、私が時短勤務をしている期間は、ちょうど総合診療医の新専門医制度が始まるタイミングでした。後期研修プログラムの整備は自分がやりたい分野でもありましたし、家でもできる仕事だったので、書類作成も含めて率先して引き受けました。フルタイム復帰後はプログラムの責任者を任せられており、時短勤務中に踏ん張ったことがいまのキャリアへも生きています。

――育児や家事の面ではどうしたか。

子どもとの日々はその場その場での判断が求められますし、想定外のことがたくさん起こります。感情がうまくコントロールできず、職場での自分ならばありえないような言動をしてしまったこともありましたね。時短の前ももともと料理をしたり子どもと遊んだりすることは好きだったのですが、それは、自分の余裕や感情に合わせてしていたのだとよくわかりました。

私の時短勤務が始まったころ、ちょうど娘が「小1の壁」にぶつかってしまって――。父親として十分にサポートできていないことで、娘につらい思いをさせてしまっているんじゃないか、と思うとつらかったですし、自分の仕事もある中でどのように対応したらいいのかわからず、途方にくれていました。さまざまな子育て経験者からのアドバイスを実践してみたこともありましたが、それもうまくいかなくて。でも、ある日「父親なんだから、自分が判断するんだ」と覚悟が決まった瞬間があったんです。それからは、ふっきれて前を向いて進めるようになりました。

子どもたちがピンチの時にそばにいたり、一緒に乗り越えられたりする経験を重ねることで、段々と子どもたちが私に悩みを相談してくれるようになり……。家族が朝、気持ちよく家を出られるようにすることが自分の使命だと思いましたし、「自分が家を守っている」という感覚が強くありました。時短勤務を経て、私は本当の意味で娘と息子の父親になった、と感じています。とても幸せな3年間でした。

従来の価値観に とらわれない働き方をしたい先生へ

先生の「やりたい」を叶えるためには、従来の働き方のままでは難しいとお悩みではありませんか。

  • 医師業と、自分のやりたいことを兼業したい
  • 病院・クリニック以外で医師免許を生かして働きたい

もし上記のようなお考えをお持ちでしたら、エムスリーキャリアのコンサルタントにご相談ください。

エムスリーキャリアは全国10,000以上の医療機関と提携して、多数の求人をお預かりしているほか、コンサルタントの条件交渉によって求人を作り出すことが可能です。

この記事の関連キーワード

  1. キャリア事例
  2. 事例
【記事特集】医師の転職カルテ
キャリアの悩みに、コンサルタントが答えました


・いつ、どうやって転職したらいいのかわからない
・新たな環境で働きたいが、不安
・育児や介護、持病との両立はできる?

【詳しくはこちらから】

この記事の関連記事

  • 事例

    1年限定のつもりが…在宅診療所で院長を続ける理由

    千葉県鎌ケ谷市にある「くぬぎ山ファミリークリニック」の院長・細田亮(ほそだ・とおる)先生は、2015年、1年間限定のつもりで同クリニックの院長を引き受けました。ところが、院長のまま6年目を迎え、現在はクリニックの新築移転も計画中です。今もなお院長を続ける理由とは――?

  • 事例

    医学生から育児を両立して約10年… 支えとなった言葉

    二人のお子さんが就学し、育児から少し手が離れてきた林安奈先生。現在は、クリニックや大学病院での診療のほか、産業医業務にも注力されています。今日に至るまで、さまざまな壁を乗り越えてきた林先生の支えとなったのは家族の存在、そして、ある医師に言われた言葉でした。

  • 事例

    専門資格取得で立ちはだかった「小学校の壁」

    学生時代に第1子をもうけた林安奈先生は、研修医時代に第2子を出産されました。幼い子ども2人を育てながらの研修は困難を極めましたが、子育てと並行して精神保健指定医と専門医も取得しています。周囲のサポート状況や、ご自身のモチベーションの保ち方などを伺いました。

  • 事例

    「学生時代に結婚・出産」から始めた医師キャリア

    女性医師のキャリア形成において、結婚や出産は重大テーマです。医師として経験を重ねる時期と子育ての時期は重なりがちで、そこに「キャリアの壁」を感じるケースは少なくありません。林安奈先生は大学在学中に結婚・出産を経験し、学業や仕事と子育てを両立してきました。約10年前の当時を振り返りながら、子どもから少し手が離れた今だから思うことについて語っていただきました。

  • 事例

    時短勤務を考える男性医師に伝えたいこと―パパ医師の時短勤務(2)

    妻の後期研修を機に、2015年から3年間、短時間勤務を経験した亀田ファミリークリニック館山の岩間秀幸先生。育児や家事の責任を担ったことで、医師としての視野や想像力が広がったといいます。互いのキャリアを考え、交代で時短勤務をする選択をした岩間先生夫妻。「育児・家事のメインは女性」という意識がいまだ根強い日本で、時短勤務を検討したい男性医師へのアドバイスを聞きました。

  • 事例

    「仕事も子育ても及第点」 2児のママが医長と育児を両立できる理由―本郷舞依氏(みちのく総合診療医学センター/坂総合病院)

    坂総合病院(宮城県塩釜市)で総合診療科の医長を務める本郷舞依氏は、2児の子育てをしながら働くことに「常に悩み、ワークライフバランスは不安定」と言います。それでも総合診療の最前線で働き続けているのは、困っている人からの求めに応え続けるため。そのために救急科とタッグを組むなどの職場環境を築いています。今回は本郷氏を支える原動力と、仕事と子育てとを両立する術について聞きました。

  • 事例

    シングルマザー女医が我が子に伝えたいこと―国境なき医師団に参加する医師たち vol.2(後編)

    女手一つでの2人の子育てに一段落ついたタイミングで、国境なき医師団(MSF)に参加し国際医療活動を始めるようになった橋本裕美子氏。初めてのミッションで見た現地の光景、現在の心境について聞きました。

  • 事例

    バツイチ子持ちの麻酔科医が、中東へ行った理由―国境なき医師団に参加する医師たち vol.2(前編)

    「国境なき医師団に応募しようと思う」。息子の受験が一段落し、娘が大学を卒業するタイミングで子供達にこう告げて、国境なき医師団に応募し、国際医療活動を開始したのが、橋本裕美子氏です。離婚を経験し、幼い子供二人を抱え八年間のブランクを経て復職。シングルマザーと医師の両立に苦労してきたという橋本氏。50代で国際医療活動に踏み出した理由と、現地での活動を経験したあとの今の心境について伺いました。

  • 事例

    2人の子持ち医師が、あえて通勤2時間の病院で働くわけ―斎藤 舞子氏(東埼玉病院)

    祖父の死をきっかけに無医村を知り、地域医療を志した斎藤舞子氏。初期研修を通じて理想の医師像と出会い、医療資源の少ない地域で医師として働く決意を固めます。それを実現するために選んだ勤務先は、自宅から片道約2時間かかる東埼玉病院。斎藤氏の原動力、そして、地域医療にかける思いとは―。

  • 事例

    「1年寄り道したっていい」女医のわたしが子連れで高知に単身赴任する理由 ―桐谷知美氏(東京医療センター)

    理想とする医師像に近づくため、子どもを連れて1年間、高知県宿毛市への単身赴任を決めた桐谷知美氏。その背景には、自身の苦い経験と周囲の後押しがありました。これまで東京都内の急性期病院に勤務してきた桐谷氏が、地域医療に飛び込むことを決意した経緯を取材しました。

  • 人気記事ランキング