1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. キャリア事例
  4. 事例
  5. 時短勤務を考える男性医師に伝えたいこと―パパ医師の時短勤務(2)
事例

時短勤務を考える男性医師に伝えたいこと―パパ医師の時短勤務(2)

2020年2月20日

妻の後期研修を機に、2015年から3年間、短時間勤務を経験した亀田ファミリークリニック館山の岩間秀幸先生。育児や家事の責任を担ったことで、医師としての視野や想像力が広がったといいます。互いのキャリアを考え、交代で時短勤務をする選択をした岩間先生夫妻。「育児・家事のメインは女性」という意識がいまだ根強い日本で、時短勤務を検討したい男性医師へのアドバイスを聞きました。
(取材日:2020年1月21日)
妻の専門医取得に向け主夫に―パパ医師の時短勤務(1)はこちら

育児・家事は自分にとって“越境学習”だった

――時短勤務をして、育児・家事を担ったことが、医師としての仕事にプラスになっていることはありますか。

家と病院を往復する生活になっていた自分にとって、育児・家事は、“越境学習“だったと感じています。保育園のPTA会長も務めたのですが、子どもを通じてさまざまな方とつながり、社会の層の厚さを感じられたことはとても貴重な経験になりました。PTA活動が縁で学校医や産業医をするようになるなど、時短勤務をする前は想像もしていなかった分野に仕事が広がっています。

主夫になり、家庭のヘルスケアを担うことの重責も感じました。医師の自分ですら、子どもが体調不良のときは誰かに「大丈夫ですよ」と言ってほしかった。そんな経験から、お子さんの受診に付き添う親御さんの気持ちが以前より想像できるようになりました。
「子どもが夜中に咳で2回嘔吐して、朝ごはんも食べられなくて。今はけろっとしているんですけど……」と申し訳なさそうに受診される親御さんがいたとします。診察して「ただの風邪です」と返す研修医には、「“ただの風邪“っていうものはないんだよ」と伝えています。2回嘔吐したということは、親御さんは2回シーツを洗ったかもしれないし、夜中ずっと子どもの背中をさすって眠れなかったかもしれない。主夫期間を経て、そんな風に思いをはせられるようになりました。診察して大きな問題はなかったとしても、親御さんが頑張って子どもを病院に連れてきてくれた労をねぎらいたい、「もう大丈夫ですよ」と伝えてあげたい、と思います。

私が経験したことはあくまで私の家族の事例にすぎませんし、育児は医師の人生において必須であるとは考えていません。ただ、私の場合は主夫をしたことで、患者さんやご家族と接するための想像力を多く得られたと思っています。

男性時短のハードルは「育児は女性がするもの」というバイアス

――時短勤務をしたことで、周囲からの反響はありましたか。

男女問わず、院内外の医師から時短勤務の相談を受けることが増えました。労働契約はどう変わったか、院内のどのポジションの人にどんな風に相談したか、など具体的なことを聞かれることもよくあります。夫婦ともに医師という世帯は多いですし、片方が医師でなくても、共働きは当たり前になっていますので、時短勤務を検討する男性医師は少なくないと思います。
うちのクリニックでは、男性医師としては私が初めて時短勤務をしましたが、その後も3人の男性医師が育児や家事を理由に時短勤務をしています。前例があったことで、家族の中の選択肢として考えやすくなっているのかもしれません。

――女性医師の時短勤務は普通に行われていても、男性医師については実績がないという職場は少なくないと思います。何がハードルになっているのでしょうか。

一つは、「育児や家事は女性がするもの」という社会の「アンコンシャス・バイアス(無意識の偏見)」があると思います。私も、行政に育児関係の手続きに行くと「お父さんがされるんですか」とよく言われました。職場でも上司にバイアスがある場合、男性医師が時短勤務をすることを相談したら、「なんで奥さんじゃなくて、君が時短勤務を取るの?」と言われるかもしれません。

実はうちの妻も、アンコンシャス・バイアスが根強い方でした。私が時短勤務をとる上で、最後にネックになったのは、妻が抱いていた「女性の私がフルタイムで働いて、男性のあなたに育児や家事を任せて本当にいいのだろうか」という葛藤でした。

私はすでに専門医で、妻はまだ専攻医でしたから、家庭の収入面でも職場でのマンパワー面でも私が働いた方が発揮できるパフォーマンスは高い。妻は「そんな中で自分が復帰を選ぶからには、失敗はできない」とプレッシャーに感じていたようです。妻の復帰前に、夫婦で不安を共有し、「研修医は失敗しながら成長するものだし、あなたが医師としての自信を持つための期間なんだよ」と伝えられたことはよかったと思っています。

男性医師へのアドバイスは「なぜ時短したいのかを明確にする」

――「時短勤務を検討しているけれど、職場から理解を得られるか不安」という男性医師がいたら、なんとアドバイスしますか。

私の経験から言うと、①なぜ時短勤務をしたいのかを明確にする、②勤務時間の交渉というより、自分の家族の状況を伝える努力をする―ということですね。
家庭や職場によって理想的、現実的な働き方はそれぞれです。自分の家族は今どんな状況で、このタイミングで時短勤務を取ることで、自分がどういう役割を果たしたいのか――。そこをはっきり示せると、家庭と職場のニーズを踏まえたいい落としどころが見つかるかもしれません。

――一方で「育児のために仕事を制限してきたが、これからのキャリアに悩んでいる」という女性医師も少なくないと思います。

まず、「育児や家事をするのは自分でなければいけない」という状況があったとしてもそれはわきに置いて、「自分はどうしたいのか」を考えてみてはどうでしょうか。そして、それを実現するために、自分の家族ならどんな方法を取れるのか検討します。夫に時短勤務をしてもらう、ということだけが正解ではありません。うちもはじめは、家事代行サービスの利用を検討しましたが、住まいが都市部ではないためにニーズに合うサービスがなかなか見つからず、私が時短勤務をするという方法を取りました。家族や職場によって事情は異なりますので、正しい形を決めつけずに、無理のない方法をとるのがいいと思います。

東レ経営研究所が調査した「女性の愛情曲線」というデータがあります。子どもが生まれると、妻の夫への愛情はぐっと下がるのですが、その後徐々に愛情が回復する集団と、回復しない集団があるそうです。出産直後から乳幼児期にかけて「夫と2人で子育てした」と回答した女性たちは、夫への愛情が回復しています。つまり、男性が育児をすることは、幸せな夫婦の晩年期につながるということです。

現在、我が家はまた役割を交代し、私がフルタイム勤務に復帰し、妻が時短勤務になりましたが、家庭への責任はハイブリット化しています。例えば妻が学会に行く日があれば、私が事前に勤務を調整し、その日の家庭は私が責任を持ちます。ただこれは、夫婦の両方が、柔軟に責任の受け渡しができる育児・家事スキルや信頼感を持っていることが大切です。
家事と育児は、人が生きる上で大切なスキルです。夫婦ともにそのスキルがあると、片方にもし何かがあったとしても、生活基盤は安定します。自分の家族にとって快適な生活のラインは何か、そのラインを保つために夫婦双方のスキルをどれくらい上げていきたいかという視点で考えてみるのもいいかもしれません。

従来の価値観に とらわれない働き方をしたい先生へ

先生の「やりたい」を叶えるためには、従来の働き方のままでは難しいとお悩みではありませんか。

  • 医師業と、自分のやりたいことを兼業したい
  • 病院・クリニック以外で医師免許を生かして働きたい

もし上記のようなお考えをお持ちでしたら、エムスリーキャリアのコンサルタントにご相談ください。

エムスリーキャリアは全国10,000以上の医療機関と提携して、多数の求人をお預かりしているほか、コンサルタントの条件交渉によって求人を作り出すことが可能です。

この記事の関連キーワード

  1. キャリア事例
  2. 事例
【記事特集】医師の転職カルテ
キャリアの悩みに、コンサルタントが答えました


・いつ、どうやって転職したらいいのかわからない
・新たな環境で働きたいが、不安
・育児や介護、持病との両立はできる?

【詳しくはこちらから】

この記事の関連記事

  • 事例

    1年限定のつもりが…在宅診療所で院長を続ける理由

    千葉県鎌ケ谷市にある「くぬぎ山ファミリークリニック」の院長・細田亮(ほそだ・とおる)先生は、2015年、1年間限定のつもりで同クリニックの院長を引き受けました。ところが、院長のまま6年目を迎え、現在はクリニックの新築移転も計画中です。今もなお院長を続ける理由とは――?

  • 事例

    医学生から育児を両立して約10年… 支えとなった言葉

    二人のお子さんが就学し、育児から少し手が離れてきた林安奈先生。現在は、クリニックや大学病院での診療のほか、産業医業務にも注力されています。今日に至るまで、さまざまな壁を乗り越えてきた林先生の支えとなったのは家族の存在、そして、ある医師に言われた言葉でした。

  • 事例

    専門資格取得で立ちはだかった「小学校の壁」

    学生時代に第1子をもうけた林安奈先生は、研修医時代に第2子を出産されました。幼い子ども2人を育てながらの研修は困難を極めましたが、子育てと並行して精神保健指定医と専門医も取得しています。周囲のサポート状況や、ご自身のモチベーションの保ち方などを伺いました。

  • 事例

    「学生時代に結婚・出産」から始めた医師キャリア

    女性医師のキャリア形成において、結婚や出産は重大テーマです。医師として経験を重ねる時期と子育ての時期は重なりがちで、そこに「キャリアの壁」を感じるケースは少なくありません。林安奈先生は大学在学中に結婚・出産を経験し、学業や仕事と子育てを両立してきました。約10年前の当時を振り返りながら、子どもから少し手が離れた今だから思うことについて語っていただきました。

  • 事例

    妻の専門医取得に向け主夫に―パパ医師の時短勤務(1)

    亀田ファミリークリニック館山で家庭医診療科の医長を務める、岩間秀幸先生。2014年4月からの3年間、医師である妻が後期研修に専念できるように、時短勤務をしながら、家庭で育児や家事を担いました。男性医師が時短勤務をするのは職場では初めてだったそうですが、上司や同僚、患者の理解はどのように得たのでしょうか。また、時間に制約がある中で職場への貢献度を高めるために意識したことは何でしょうか。

  • 事例

    「仕事も子育ても及第点」 2児のママが医長と育児を両立できる理由―本郷舞依氏(みちのく総合診療医学センター/坂総合病院)

    坂総合病院(宮城県塩釜市)で総合診療科の医長を務める本郷舞依氏は、2児の子育てをしながら働くことに「常に悩み、ワークライフバランスは不安定」と言います。それでも総合診療の最前線で働き続けているのは、困っている人からの求めに応え続けるため。そのために救急科とタッグを組むなどの職場環境を築いています。今回は本郷氏を支える原動力と、仕事と子育てとを両立する術について聞きました。

  • 事例

    シングルマザー女医が我が子に伝えたいこと―国境なき医師団に参加する医師たち vol.2(後編)

    女手一つでの2人の子育てに一段落ついたタイミングで、国境なき医師団(MSF)に参加し国際医療活動を始めるようになった橋本裕美子氏。初めてのミッションで見た現地の光景、現在の心境について聞きました。

  • 事例

    バツイチ子持ちの麻酔科医が、中東へ行った理由―国境なき医師団に参加する医師たち vol.2(前編)

    「国境なき医師団に応募しようと思う」。息子の受験が一段落し、娘が大学を卒業するタイミングで子供達にこう告げて、国境なき医師団に応募し、国際医療活動を開始したのが、橋本裕美子氏です。離婚を経験し、幼い子供二人を抱え八年間のブランクを経て復職。シングルマザーと医師の両立に苦労してきたという橋本氏。50代で国際医療活動に踏み出した理由と、現地での活動を経験したあとの今の心境について伺いました。

  • 事例

    2人の子持ち医師が、あえて通勤2時間の病院で働くわけ―斎藤 舞子氏(東埼玉病院)

    祖父の死をきっかけに無医村を知り、地域医療を志した斎藤舞子氏。初期研修を通じて理想の医師像と出会い、医療資源の少ない地域で医師として働く決意を固めます。それを実現するために選んだ勤務先は、自宅から片道約2時間かかる東埼玉病院。斎藤氏の原動力、そして、地域医療にかける思いとは―。

  • 事例

    「1年寄り道したっていい」女医のわたしが子連れで高知に単身赴任する理由 ―桐谷知美氏(東京医療センター)

    理想とする医師像に近づくため、子どもを連れて1年間、高知県宿毛市への単身赴任を決めた桐谷知美氏。その背景には、自身の苦い経験と周囲の後押しがありました。これまで東京都内の急性期病院に勤務してきた桐谷氏が、地域医療に飛び込むことを決意した経緯を取材しました。

  • 人気記事ランキング