1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. キャリア事例
  4. 事例
  5. 医師不在でも大丈夫?「持ちつ持たれつ」で地域医療を負荷なく続ける ―安成 英文氏(安成医院)
事例

医師不在でも大丈夫?「持ちつ持たれつ」で地域医療を負荷なく続ける ―安成 英文氏(安成医院)

2017年4月3日

eibun_yasunari01

地域医療を担う医師の悩みの1つが、出張などで医療機関を不在にしにくいこと。全ての往診に1人で対応することに難しさを感じた安成英文氏は、熊本県玉名地域で「たまな在宅ネットワーク」を立ち上げました。主治医不在時でも代理医師が対応するこの仕組みは、玉名地域の未来をどう変えていくのでしょうか。

青天のへきれきで院長に就任

―安成医院の院長として、玉名地域の医療に携わるまでの経緯を教えてください。

安成医院は熊本県玉名郡玉東町で曽祖父が開業し、現在わたしが4代目の院長を務めています。もともと継承に興味があったわけではなく、「消化器外科で数多くの手術をこなしてスキルを磨きたい」と考えていましたが、医師7年目の2001年に父が急逝。当時、この地域の無床診療所は、当院含め2か所のみだったことと、実家に残る母、祖母も心配だったので、医院を継ぐ決意をしました。「いずれ継ぐことになるかもしれない」とは考えていましたが、その日がこんなに早く来るとは思ってもいませんでした。

院長就任当時、当院が標榜している内科や小児科の知識はないも同然でしたが、「隠しても仕方がない」と、しばらくは机に並べた教科書を見ながら診察していました。患者紹介など大きな病院とのやりとりを通じて、他の医師がどのような対応をしたのか学んだり、勉強会に参加したりして自ら知識を身に付けていきました。

―ご家庭の事情とはいえ、消化器外科医としてのキャリアに未練はなかったのですか。

医院を継いで間もない頃は、未練を捨てきれなかったのも事実です。しかし、さまざまなことに取り組むうちに、対応できる幅が広がっていって―。ある日、紹介先の医師に「最近はよく粘って診てくれるようになったね」とほめていただけたことが大きな自信につながりました。自分でもスキルが上がっている実感を持てるようになってからは、「また外科医に戻りたい」と思わなくなりましたね。

安成医院map―現在は赴任当初の苦労もひと段落し、玉名地域での医療に充実感を感じ始めてきた状況なのですね。

はい。ただ、診療に慣れてくるうちに、ある疑問を抱くようになりました。当院は、地域患者さんからかなり頻発に往診依頼をいただくのですが、一人で全てに応じきることの限界を感じ始めたんです。普通、病院ならば、入院患者さんはまずナースコールで看護師を呼び、対応できなければ医師が呼ばれます。ところが、請われるまま往診に行くと、全ての連絡がわたしに来るのです。訪問看護師さんを入れないと、全て自分自身で対応しなければならないことがわかりました。若いうちは対応できても、24時間1人で対応し続けるのは難しい―次第に「この体制は持続的ではない」との思いが膨らんで行きました。

そう思っていたときに、他地域で医師が副主治医制を導入して医師がチームを組んでいるという話を聞き「玉名地域でも医療者ネットワークを作ろう」と考えました。先輩医師6人に声をかけ、それぞれが不在のときには、誰かが往診に行くことを始めました。これが、2008年に立ち上げた「たまな在宅ネットワーク」です。

学会や休暇で“心置きなく”不在にするために

―「たまな在宅ネットワーク」について、詳しく教えてください。

玉東町を含む玉名地域の医療機関31か所と訪問看護ステーション12か所をはじめ、訪問歯科や薬局、玉名地域保健医療センター、地域包括支援センターなどが構成員となって、主治医不在時に別の医師が代理で対応してくれるシステムです。

eibun_yasunari02―かなり多くの医療機関の協力を仰げたのですね。

最初は地道な声掛けからスタートさせましたが、厚生労働省のモデル事業となった後は、事務局を玉名地域保健医療センターに移管して呼びかけられる医療機関が増えたため、急激に参加人数を増やすことができました。

 

―運用体制はどのようになっているのでしょうか。

まず、参加医師は、不在になる日時を週初めに共有。該当日時に緊急時出動が可能な医師は申し出ておき、もし主治医不在時に患者さんから呼び出しがあったら、いったん訪問看護師が向かい、必要に応じて申し出てくれていた医師に出勤依頼するという仕組みを取っています。ただ、このときに意識しなければならないのは、代理の医師に負荷をかけすぎないこと。できるだけ代理で出動した医師が、複雑な判断を迫られることがないよう主治医にお願いしています。その他急な代理要請にも対応可能であれば極力対応しようという紳士協定です。

たまな在宅ネットワークが機能し始めたことで、多くの医師が訪問診療中の患者さんがいても休みを取れるようになりましたし、わたし自身もロサンゼルスやシンガポールに行くことができました。わたしたち医師は、外来診療以外にも行政の会議や学会出張、産業医活動など、実にさまざまな仕事があります。そのような時に緊急対応してくれる医師がいるだけで、心置きなく不在にできる。たまな在宅ネットワークを構築する過程で、日常の臨床以外でも広く視野を持ち、充実した毎日を送ることの大切さを学びました。

ネットワークを医師から地域に

eibun_yasunari03―今後の展望について教えてください。

医師にもそれぞれのフェーズがあります。高齢で引退される医師、子どもが小さく、学校行事などで不在時の緊急対応をお願いすることが多くなる医師、反対にお子さんが成人されていて「趣味の時間さえ確保できれば、いつでも対応できる」と、積極的に緊急出動に応じてくれる医師―。

年月が経てばそれぞれの環境が変わるので、ネットワーク内での立場も変わってきます。だからこそ、長い目で見て“持ちつ持たれつ”の関係性を築いていくことで、医師の負荷も大きくなりすぎず、気持ちよく仕事を続けられるのではないでしょうか。たまな在宅ネットワークの存在意義はそこにもあると思っています。この4月で訪問診療する医療機関は31になりました。この数が増えれば増えるほど、参加医師の負担は軽減するはず。今後も参加者数を増やしながら、不在時対応に留まらない、ネットワークの活用法を模索していきたいと考えています。

地域医療にご興味のある先生へ

各地で奮闘する先生お一人おひとりのご活躍によって、日本の医療は支えられています。
この記事をお読みになって、もしも「地方での勤務に興味はあるが、なかなか踏み出せない」とお考えでしたら、一度コンサルタントにご相談いただけないでしょうか。

先生のご懸念やご事情を伺った上で、地方の実情や待遇、サポート体制など正直にお伝えし、前向きな気持ちで次のキャリアに踏み出せるように最大限のご支援をしたいと考えております

先生の決断が、地域を、医療を変えるかもしれません。新天地でのご勤務・転職をお考えでしたら、ぜひお問い合わせください。

この記事の関連キーワード

  1. キャリア事例
  2. 事例

この記事の関連記事

  • 事例

    南海トラフ巨大地震に備えて、医師にできること ――森本真之助氏(三重県 紀南病院)

    森本氏は専門医取得を目指すことに加え、「災害に強いまちづくり」の活動をさらに広げています。診療にとどまらず、地域の大きな課題に取り組む森本氏に、これまでのキャリアと活動を伺いました。

  • 事例

    運営休止した銚子市立病院で、60代医師が働きたいと思った理由―蓮尾公篤氏(銚子市立病院)

    大学病院、神奈川県の公的病院にて長年、外科医として勤務してきた蓮尾公篤先生。医師になったときから思い描いていたキャリアを実現させるべく、60歳を過ぎてから転職活動をスタートします。さまざまな選択肢の中から転職先に選んだのは、かつて運営休止に追い込まれてしまった銚子市立病院でした。蓮尾先生が銚子市立病院に入職を決めた経緯、今後の展望についてお話を伺いました。

  • 事例

    地元・山口に還元する家庭医が描く夢―玉野井徹彦氏(山口大学総合診療部)

    現在、山口大学総合診療部にて臨床・教育・診療体制の改善に取り組むのは、家庭医の玉野井徹彦(たまのい・てつひこ)氏。もともと同氏が医師を志した理由は、地元・山口県の環境保護に取り組むためというユニークなものでした。そんな玉野井氏が思う、山口県の抱える課題と将来実現したい夢とは――。

  • 事例

    町医者に憧れ、被災地で学び、家庭医として地元へ還元する―遠藤貴士氏(モミの木クリニック)

    現在、モミの木クリニック(福島県郡山市)で家庭医として勤務している遠藤貴士(えんどう・たかし)氏。初期研修時、「良い意味で“ごちゃまぜ”」な家庭医に魅力を感じ、家庭医療の道を志します。その後、被災した石巻市での活動を経て、東北地方に当時はなかったGIMカンファレンス(全国各地の有志が開く総合内科の勉強会)を立ち上げます。遠藤氏のこれまでの活動や今後の展望を取材しました。

  • 事例

    「医療的正しさ」を追求した女医が選択した道 ―国境なき医師団に参加する医師たちvol.6(後編)

    これまで計7回、国境なき医師団(MSF)の活動に参加している團野桂先生。その度にぶち当たる課題を解決すべく、日本やロンドンで勉強されています。後編では、團野先生がMSFの現場で見てきた実情、帰国後の活動やキャリアの築き方に迫ります。

  • 事例

    なぜ「WHOで働く」という夢を自ら諦めたのか ―国境なき医師団に参加する医師たちvol.6(前編)

    ロンドンに渡って公衆衛生を勉強しながら、ジュネーブのWHO本部でのインターン勤務を経て、現在は国境なき医師団(MSF)の活動に精力的に取り組んでいる團野桂先生。大阪のホームレスが多く入院する病院での勤務経験から臨床医療の限界を感じるなど、理想と現実のギャップの狭間で揺れながら、自分が進むべき道を果敢に切り開いています。

  • 事例

    「ならば自分が」医師不足に心痛めて薬剤師から医師に ―佐藤英之氏(坂総合病院

    薬剤師から医師へ異色のキャリアチェンジを果たした佐藤英之氏。鹿児島県の調剤薬局で働いた経験などから、地方医療における医師不足や、これに伴う患者の選択肢の少なさについて危機感を抱いていました。これまでの経験を活かし、佐藤氏が歩もうとしている道とは──。

  • 事例

    救急医療改革で、より多くの患者さんを救える日本へ――安藤裕貴氏(一宮西病院)

    安藤裕貴氏は、日本の救急医療に課題を見出し、MBAを取得。2018年からは、ビジネススクールで学んだマネジメントの知識を生かし、一宮西病院(愛知県一宮市)で総合救急部救急科部長として救急改革に取り組んでいます。さらに、改革の輪を全国に広げようと、若手医師の育成にも尽力。安藤氏が思い描く理想の救急医療の姿と、理想の実現に向けた取り組みを聞きました。

  • 事例

    北海道の若手医師のために、道外へ飛び出した総合内科医のビジョン―小澤 労氏(国立病院機構栃木医療センター)

    北海道出身の総合内科医・家庭医、小澤労氏が初期研修を経て感じたのは、「北海道では、自分のなりたい医師にはなれない」ということでした。尊敬する医師の言葉に背中を押され、道外へと踏み出します。小澤氏が思う、北海道が抱える総合内科教育の課題と、若手医師を救うためのビジョンを取材しました。

  • 事例

    「アフガンで兵士になるか、日本で医師になるか」極限の選択──私が日本で医師をする理由vol.4・前編

    静岡県島田市でレシャード医院を開業されているレシャード・カレッド先生。留学生としてアフガニスタンから来日し、今年でちょうど50年になります。レシャード先生が日本を留学先に選んだ理由から、医師国家試験取得時の苦労、そしてこれまでの医師としての活動についてお話を伺いました。

  • 人気記事ランキング