1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. キャリア事例
  4. 事例
  5. 北海道・余市病院が海外志向の医療者に魅力的なわけ―森 博威氏(北海道社会事業協会 余市病院)
事例

北海道・余市病院が海外志向の医療者に魅力的なわけ―森 博威氏(北海道社会事業協会 余市病院)

2016年11月22日

北海道札幌市から車で1時間という場所にもかかわらず、深刻な医師不足に直面していた余市町。海外医療と縁もゆかりもなかったこの町で今、「海外志向を持った医療者」を受け入れるための挑戦が始まっています。主導しているのは、タイのマヒドン大学熱帯医学部大学院を経てこの地にやってきた森博威氏。グローバルで活躍したいと考える医療者にとって、なぜ余市病院の環境は魅力的なのでしょうか。

海外で活躍する医療者の「働き口」を余市町に

―現在、どのような活動をなさっているのですか。

1年のうち9カ月は北海道社会事業協会 余市病院に勤務し、残り3カ月はタイのマヒドン大学熱帯医学部で講師として働き、北海道とタイを行き来する生活を送っています。
余市病院で力を入れているのが2014年に設立した地域医療国際支援センター長としての取り組みです。

―海外志向を持つ医療者に対する地域医療国際支援センターのサポートを、より具体的に教えてください。

地域医療国際支援センターがターゲットとしているのは、「今後海外勤務・留学をしたいと考えている方」と「既に海外勤務・留学経験をお持ちの方」です。

余市病院_map前者の海外勤務・留学を希望する方は、雇用や立場が不安定で、資金稼ぎや渡航までの勉強に苦労しがちなので、余市病院が彼らの働き口・トレーニングの場になれたらと考えています。プログラムは受講者ひとりひとりに合わせたオーダーメイドで作っています。離島や海外での臨床・研究経験をもつ仲間達と共に余市町で地域医療に携わることを軸に、国内外の地域医療研修を組み込みました。数か月間にわたるタイのマヒドン大学での熱帯医学研修や、タイとミャンマーの国境沿いの病院研修、徳之島など余市町以外の地域でも訪問看護研修を受けてもらうなど、「1年~2年で、国内外さまざまな地域で勉強できる」プログラムを用意しています。
プログラムは、このほかにも研修医向けのものから、スキルアップを目的に短期~中期的に非常勤医を受け入れるものまで多岐に渡り、多くの医療者が学べるよう、バリエーションを広げていくつもりです。

海外勤務・留学経験のある方には、一時帰国時の資金稼ぎ、スキルアップの場として余市病院を活用してもらいたいと考えています。海外で臨床や研究に携わっていらっしゃった医師は、「地域医療を支えたい」「帰国中さらに臨床技術を磨きたい」という思いが強い。こうした医師の思いを十二分に発揮できるような体制を整えることで、医師一人ひとりのキャリアアップはもちろん、医師不足にさいなまれている余市町の地域医療に貢献できればと考えています。

―地域医療国際支援センターは、どのような経緯で開設されたのでしょうか。

わたしが就任する以前の余市病院は、病棟を管理する内科医が一人もおらず、外科医が内科診療を行なっていました。そんな医師不足解消の一手として、当時院長が思いついたのが「日本と海外を行き来している医師が、帰国時に働ける場所をつくってみては」というアイデアでした。このアイデアを実現させるために、海外や離島での経験があったわたしにお声が掛り、2013年からセンター設立を任されることになったんです。

hirotake_mori02―もともと先生自身も、海外医療・地域医療双方での経験をお持ちだったのですね。

はい。わたしは鹿児島大学医学部を卒業後、沖縄県立中部病院で内科、消化器、感染症の基本的な研修を受けました。その後、沖縄県立宮古病院で内科医として勤務していたときに、保健所と協働で大規模な新型インフルエンザの予防対策を実施しました。このときに「島を守っている」という強いやりがいを実感。わたしはもともと、感染症の診療、特に熱帯医学に興味があったので、宮古病院から西福岡病院を経て、2010年に熱帯医学の研修や教育で有名なタイのマヒドン大学熱帯医学部大学院に入学しました。

ところが、熱帯医学を学び始めて間もないタイミングで東日本大震災が発生しました。医師の地域偏在がより顕在化したこと、各地の病院に感染症科が立ち上がり、専門医が充足傾向にあった状況をうけて、医師不足の地域で内科医として働いた方が人の役に立てるのではないかと思ったんです。宮古島で地域医療の面白さも感じていたので、感染症の研究を続けながら、医師を必要としている地域で医療に携わろうと方向転換しました。そうした折に余市病院からオファーをいただき、先述の「地域医療国際支援センター」の立ち上げに携わることになりました。

わたしがセンター立ち上げに協力したいと思った理由は、マヒドン大学に来る日本人留学生が「資金稼ぎの働き先が見つからない」「タイとミャンマーの国境沿いのクリニックでボランティアをしたいけれども、そこに行くまで日本のどこかで働きたい」というように、日本での働き口について悩んでいたことを知っていたからです。
もともと地域医療に興味はありましたし、海外経験を活かせる場所を、わたし自身も求めていました。やる気があって経験豊富な若い医療従事者が、スキルを発揮できる場や仕事先を見つけられずに困っているのは、もったいない。国内外で活躍できる技術・経験を持った人が、一時帰国時に地方で活躍できるような仕組みがあれば、地域、医療者、患者さんそれぞれが幸せになれるのではないか―そんな素朴な問題意識が、今もモチベーションになっていると感じます。

他地域のロールモデルとなるために

hirotake_mori03―地域医療国際支援センターを立ち上げて早2年。現在の課題と今後の展望は。

ありがたいことに当センターの知名度が上がり、看護職のプログラム参加者が10名にまで増えてきました。一方で医師の参加者が5名ですので、今後更に増やしていきたいと思っています。

そのほかにも、プログラム参加者の満足度をどう上げていくか、どのような枠組みを採れば余市町にとって、より価値の大きな取り組みになるかなど、検討しなければならない課題は少なくないですが、もともと海外に縁があまりない病院だった余市病院で、このようなプログラムを始められたことは、他地域にとって新たなロールモデルになり得るのではとも思っています。どのようにプログラムを構成して運営すれば、他病院と連携を図れるのか、海外と日本を行き来する医療者に魅力を感じてもらい呼び込むことができるか。それを示すためにも、今が踏ん張りどころですね。

地域医療にご興味のある先生へ

各地で奮闘する先生お一人おひとりのご活躍によって、日本の医療は支えられています。
この記事をお読みになって、もしも「地方での勤務に興味はあるが、なかなか踏み出せない」とお考えでしたら、一度コンサルタントにご相談いただけないでしょうか。

先生のご懸念やご事情を伺った上で、地方の実情や待遇、サポート体制など正直にお伝えし、前向きな気持ちで次のキャリアに踏み出せるように最大限のご支援をしたいと考えております

先生の決断が、地域を、医療を変えるかもしれません。新天地でのご勤務・転職をお考えでしたら、ぜひお問い合わせください。

この記事の関連キーワード

  1. キャリア事例
  2. 事例

この記事の関連記事

  • 事例

    南海トラフ巨大地震に備えて、医師にできること ――森本真之助氏(三重県 紀南病院)

    森本氏は専門医取得を目指すことに加え、「災害に強いまちづくり」の活動をさらに広げています。診療にとどまらず、地域の大きな課題に取り組む森本氏に、これまでのキャリアと活動を伺いました。

  • 事例

    運営休止した銚子市立病院で、60代医師が働きたいと思った理由―蓮尾公篤氏(銚子市立病院)

    大学病院、神奈川県の公的病院にて長年、外科医として勤務してきた蓮尾公篤先生。医師になったときから思い描いていたキャリアを実現させるべく、60歳を過ぎてから転職活動をスタートします。さまざまな選択肢の中から転職先に選んだのは、かつて運営休止に追い込まれてしまった銚子市立病院でした。蓮尾先生が銚子市立病院に入職を決めた経緯、今後の展望についてお話を伺いました。

  • 事例

    地元・山口に還元する家庭医が描く夢―玉野井徹彦氏(山口大学総合診療部)

    現在、山口大学総合診療部にて臨床・教育・診療体制の改善に取り組むのは、家庭医の玉野井徹彦(たまのい・てつひこ)氏。もともと同氏が医師を志した理由は、地元・山口県の環境保護に取り組むためというユニークなものでした。そんな玉野井氏が思う、山口県の抱える課題と将来実現したい夢とは――。

  • 事例

    町医者に憧れ、被災地で学び、家庭医として地元へ還元する―遠藤貴士氏(モミの木クリニック)

    現在、モミの木クリニック(福島県郡山市)で家庭医として勤務している遠藤貴士(えんどう・たかし)氏。初期研修時、「良い意味で“ごちゃまぜ”」な家庭医に魅力を感じ、家庭医療の道を志します。その後、被災した石巻市での活動を経て、東北地方に当時はなかったGIMカンファレンス(全国各地の有志が開く総合内科の勉強会)を立ち上げます。遠藤氏のこれまでの活動や今後の展望を取材しました。

  • 事例

    「医療的正しさ」を追求した女医が選択した道 ―国境なき医師団に参加する医師たちvol.6(後編)

    これまで計7回、国境なき医師団(MSF)の活動に参加している團野桂先生。その度にぶち当たる課題を解決すべく、日本やロンドンで勉強されています。後編では、團野先生がMSFの現場で見てきた実情、帰国後の活動やキャリアの築き方に迫ります。

  • 事例

    なぜ「WHOで働く」という夢を自ら諦めたのか ―国境なき医師団に参加する医師たちvol.6(前編)

    ロンドンに渡って公衆衛生を勉強しながら、ジュネーブのWHO本部でのインターン勤務を経て、現在は国境なき医師団(MSF)の活動に精力的に取り組んでいる團野桂先生。大阪のホームレスが多く入院する病院での勤務経験から臨床医療の限界を感じるなど、理想と現実のギャップの狭間で揺れながら、自分が進むべき道を果敢に切り開いています。

  • 事例

    「ならば自分が」医師不足に心痛めて薬剤師から医師に ―佐藤英之氏(坂総合病院

    薬剤師から医師へ異色のキャリアチェンジを果たした佐藤英之氏。鹿児島県の調剤薬局で働いた経験などから、地方医療における医師不足や、これに伴う患者の選択肢の少なさについて危機感を抱いていました。これまでの経験を活かし、佐藤氏が歩もうとしている道とは──。

  • 事例

    救急医療改革で、より多くの患者さんを救える日本へ――安藤裕貴氏(一宮西病院)

    安藤裕貴氏は、日本の救急医療に課題を見出し、MBAを取得。2018年からは、ビジネススクールで学んだマネジメントの知識を生かし、一宮西病院(愛知県一宮市)で総合救急部救急科部長として救急改革に取り組んでいます。さらに、改革の輪を全国に広げようと、若手医師の育成にも尽力。安藤氏が思い描く理想の救急医療の姿と、理想の実現に向けた取り組みを聞きました。

  • 事例

    北海道の若手医師のために、道外へ飛び出した総合内科医のビジョン―小澤 労氏(国立病院機構栃木医療センター)

    北海道出身の総合内科医・家庭医、小澤労氏が初期研修を経て感じたのは、「北海道では、自分のなりたい医師にはなれない」ということでした。尊敬する医師の言葉に背中を押され、道外へと踏み出します。小澤氏が思う、北海道が抱える総合内科教育の課題と、若手医師を救うためのビジョンを取材しました。

  • 事例

    医師の働き方改革、若き離島医が抱える想い―砂川惇司氏(大原診療所)

    将来は故郷に貢献したいと考え、医師を志した宮古島出身の砂川惇司氏。離島研修が受けられる沖縄県立中部病院で研さんを積み、2017年より沖縄県西表島の診療所に赴任し、専攻医として日々診療にあたっています。「医師の働き方改革」の渦中にもいる砂川氏に、離島医としての想いや今後の展望についてお話を伺いました。

  • 人気記事ランキング