1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. キャリア事例
  4. 事例
  5. オリンピック出場を目指す研修医の思い―医師と2足のわらじvol.19(後編)
事例

オリンピック出場を目指す研修医の思い―医師と2足のわらじvol.19(後編)

2020年5月7日
写真提供:髙村先生

初期研修医と世界クラスの山岳ランナーという二つの顔を持つ髙村貴子先生。今シーズンからは山岳スキーも始め、年間を通じて山を駆ける髙村先生は、将来にどんなビジョンを描いているのでしょうか。医師として、山岳ランナーとして目指している場所を伺いました。(取材日:2020年3月23日)

2026年のオリンピック出場を目指す

——日本だと山岳レースはメジャーな競技とは言えませんが、世界ではかなり人気があるようですね。

そうですね。海外にはプロ選手もたくさんいて、活躍しています。特に山岳スキーは人気が高いので、2026年の冬季ミラノオリンピックの種目になるかもしれないんです。トレイルランニングもオリンピック種目に入ることを視野に、日本の競技団体が日本陸連の傘下に入ったりしています。私も2026年のオリンピックを目指して頑張ろうと思っています。

近いところでは、まずは今年の10月にあるハセツネ(編集注:日本山岳耐久レースの通称)で大会新記録を出して優勝したい。これが一番の目標です。そのために、海外の大会も含めていろいろなレースに出て経験を積みたいと思っています。

——ハセツネは東京都奥多摩地域の山々を走る走行距離71.5kmの山岳レースで、参加人数も国内最大規模です。先生の自己ベストを教えてください。

2017年に優勝したとき記録した9時間17分30秒です。女子の大会記録は8時間54分7秒(2008年大会)なので、それを上回るのが目標です。スカイランニングの世界選手権も、2018年大会では10位だったので、5番以内に入りたいです。

山岳スキーは始めたばかりなので未知数ですが、まずは2021年の冬に行われる世界選手権に出て、15位以内を目標に頑張りたいと思っています。クロスカントリースキー、アルペンスキー、トレイルランニング、すべての力が試される競技だと思うので、自分の実力を試してみたいですね。

——2020年は新型コロナウイルスの影響で、レースの中止や延期が発表されていますね。

4月19日がSkyrunnner World Series2020開幕戦の予定でしたが、早い段階で中止が決まり、7月の世界選手権も2021年に延期になりました。でも、私はあまり落ち込んでいないんです。いまの状況下で自分にできることを精一杯やって、トレーニングに励むだけです。

2019年8月にマッターホルンで行われたSkyrunnner World Series(写真:藤巻翔、写真提供:髙村先生)

女性アスリートに寄り添える医師を目指して

——医師としての目標を聞かせてください。

スポーツドクターになりたいと思っています。最初は整形外科かなと思っていたんですが、研修が始まって実際にいろいろな科を回ってみると、精神科や婦人科、リハビリ科のほうが自分のやりたいことに合っていると感じました。アスリートを丸ごと診られるようになりたいですね。いま、ちょうど精神科のローテート中です。私自身、精神的に弱いところがあるので、患者さんを自分に置き換えて、先生にどんな言葉をかけてほしいか、ということを考えながら勉強しています。

——初期研修修了後も、仕事と並行して競技を行うのでしょうか。

競技は、できる期間が決まっています。ミラノオリンピックが開催される2026年が自分の年齢的にも競技者としてのピークかなと思っているので、初期研修が終わったら2026年まではある程度競技に集中できる環境で、医師としても働けたらいいなと考えているので、いろいろな人に相談しているところです。競技を引退した後、専門医を取得しようと思っています。

2019年6月にポルトガル、マデイラ島で行われたSkyrunnner World Series(写真提供:髙村先生)

市民ランナードクターにおすすめの山

——最後に、この記事を読んでいる先生の中にも趣味で登山やトレイルランニングをしている人が多くいらっしゃると思います。おすすめの山があれば教えてください。

北海道の山で私が好きなのは旭岳、十勝岳、美瑛岳。最近は白馬にハマりすぎているので、おすすめは白馬になってしまいますね(笑)。白馬にはトレッキングしやすい場所もたくさんあるし、ロケーションもいいので、行くだけでも癒されます。走る人にも、走らない人にもおすすめできます。秋には、トレイルランニングのレースも行われるんですよ。

ロードランナーの方がトレイルランニングに挑戦する場合、走力を気にすることはありません。ロードランとの違いは、装備の有無です。トレイルランニングの場合、荷物をもって走らなければいけないので、それに抵抗がなければすぐに挑戦できると思います。私は装備として、レインウエアやファーストエイドのセット、補給食、エマージェンシーシートなどを持って山に入ります。景色が良くリフレッシュできますし、楽しいと思いますよ。

※編集注:新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言発令中は登山等にも自粛要請が出ています。状況が落ち着いたらぜひ足を運んでみてください。

髙村 貴子
たかむら たかこ
国立病院機構信州上田医療センター 初期研修医

石川県生まれ、2019年旭川医科大学卒業後現職。山岳ランナーとしては日本山岳会耐久レース(通称:ハセツネ)で旭川医科大学在学中の2016年から女子総合3連覇中。2019スカイランニングワールドシリーズ女子年間ランキング12位(日本人女性最高位)など、世界でもトップクラスの実績をもつ。

転職をお考えの先生へ

もしも先生が転職をお考えでしたら、エムスリーキャリアにお任せください。
先生が、最善の意思決定をできるようサポートしています。

転職活動はさまざまな事務作業が伴い、情報収集や、面接等のスケジュール調整、条件交渉などを個人で担うと負担が重くなります。これらはすべて、エムスリーキャリアのコンサルタントにお任せいただけます。

また、条件交渉では、先生から直接は言いにくいことをコンサルタントが代わりに伝えるため、精神的な負担も少なく済むかと思います。

転職をご検討中でしたら、ぜひご連絡ください。

エムスリーキャリアは全国10,000以上の医療機関と提携して、多数の求人をお預かりしているほか、コンサルタントの条件交渉によって求人を作り出すことが可能です。

この記事の関連記事

  • 事例

    不公平?2児の女性医師が抱える家庭事情

    最近では当たり前になりつつある、夫婦共働き。千葉大学病院脳神経内科准教授の三澤園子先生は出産のタイミングに悩み、34歳、40歳で2児を出産。今も仕事と家庭の両立方法を探り続けています。後編では出産・育児にまつわるエピソードと、共働き夫婦でキャリアアップするための秘訣を聞きました。

  • 事例

    准教授のママ医が、常勤にこだわる理由

    最近では当たり前になりつつある、夫婦共働き。特に医師は、仕事の頑張り時と出産・育児の時期が重なりがちです。医師23年目の三澤園子先生は、仕事と家庭の両立に悩みながらもフルタイム勤務を続け、現在は千葉大学病院脳神経内科の准教授と2児の母、2つの顔を持ちます。前編では、三澤先生のキャリアについて伺いました。

  • 事例

    院長のラブコール「帰ってこい」Uターン医師の新たな挑戦―光田栄子氏

    お看取りのあり方に課題を感じ、介護士から医師に転身した光田栄子先生。諏訪中央病院を経て、現在、岡山市内のベッドタウンにある有床診療所「かとう内科並木通り診療所」に勤めています。地元にUターンした光田先生がこれから取り組んでいきたいことについて、お話を伺いました。

  • 事例

    「診療科の隙間を埋める」院長の挑戦とは―中山明子氏

    大津ファミリークリニック(滋賀県大津市)院長の中山明子先生。外来、訪問診療をしながら、家庭医として、相談先を見つけにくい思春期の子どもや女性のケアに力を入れています。

  • 事例

    「自分が理想とする糖尿病診療を追い求めて」開業へ

    小児糖尿病の宣告を受けるも、「糖尿病だってなんでもできる」という医師の言葉をお守りに自らも医師を志すことを決意した南昌江内科クリニック(福岡市)の院長、南昌江先生。現在の糖尿病専門科医院を経営するようになった軌跡を伺います。

  • 事例

    犬猫の脳腫瘍は、一度私に診せてほしい

    医師・獣医師の安部欣博(あべ・よしひろ)先生は、ヒトと動物の脳神経外科医として、両方の臨床を並行して行っています。どちらの臨床も行っているからこそ感じる双方の特徴、相違点や刺激について伺いました。

  • 事例

    小児糖尿病にならなければ、医師の私はいない

    福岡市にある糖尿病専門科医院、南昌江内科クリニックの院長・南昌江先生は、ご自身が中学2年生の際に小児糖尿病を宣告された身の上です。病気を発症した前編に続き、今回は医療への水差し案内人となった医師との出逢いや転機となった出来事について伺います。

  • 事例

    医師と獣医師の世界「常識が違う」

    ヒトと動物の脳神経外科医として、オンリーワンのキャリアを構築している安部欣博(あべ・よしひろ)先生。医局時代、脳神経外科専門医を取得後、動物の脳外科手術も並行して行うようになった現在のワークスタイルのお話に加え、医師・獣医師、どちらの世界も知っている先生が抱いている問題意識について伺いました。

  • 事例

    14歳で1型糖尿病「前向きに考えて生きなさい」

    14歳の夏、”小児糖尿病”の宣告を受けた南昌江先生。その数年後、両親や主治医、同じ病気の仲間たちに支えられ医学部受験、医師になるという夢を果たしました。前編では、病の発症、闘病生活について伺います。

  • 事例

    獣医師、動物の脳外科を学ぶために医学部に入学

    脳神経外科医の安部欣博(あべ・よしひろ)先生は、医師免許のみならず獣医師免許も所持しており、動物の脳神経外科医としても働いています。そのキャリアの原点は、獣医学部時代に知った“ある現実”をどうにかしたいという強い思いでした。

  • 人気記事ランキング