1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. キャリア事例
  4. 事例
  5. 国試の前は地獄…山岳ランナーと医学生の両立―医師と2足のわらじvol.19(前編)
事例

国試の前は地獄…山岳ランナーと医学生の両立―医師と2足のわらじvol.19(前編)

2020年5月7日
写真提供:髙村先生

トレイルランニングやスカイランニングとよばれる、長距離の山道を走るスポーツにおいて、国内外の大きなレースで上位に入賞しているのが初期研修医であることをご存知でしょうか。国内で最大規模となる日本山岳会耐久レース(通称:ハセツネ、走行距離71.5km)で2016年から3連覇中の髙村貴子先生に、医師を目指したきっかけや山岳レースとの出会いについて伺いました。(取材日:2020年3月23日)

貧血で陸上を諦めて、医師を志す

——医学部を目指そうと思ったのは、いつごろですか?

高校生になってからです。実家は農業をやっていて、両親は学校の先生。家族に医療従事者はおらず、部活で体調を崩すまでは医師になろうと思ったこともありませんでした。

中学と同じように高校でも陸上部に入ったら、想像以上に練習がハードだったんです。もともと貧血気味でしたが、部活で貧血がひどくなってしまって、早々に辞めることになりました。病院に行き、医師に言われたのは「部活を休んだら貧血は治る」ということ。私としては、部活を休むだけだと根本的な解決にならないし体力も落ちるので、もっと違うアドバイスをしてほしかったんです。もしかしたら、私のような人が他にもいるかもしれない。そういう人たちに寄り添ってアドバイスができるようになりたいと思い、医師を目指そうと思いました。

大学で貧血のことを調べているときに知ったのですが、スポーツをしている女性で、貧血で困っている人は結構多いんです。足の裏で赤血球をつぶしてしまうので、長距離ランナーのほかに、柔道や剣道、バスケの選手は特に貧血になりやすい。私は負荷の高い運動をするとヘモグロビン値が低くなるのが分かっているので、そうならないように鉄剤を飲んだり、定期的に検査をしたりしています。今は貧血とうまく付き合いながら、競技をしているという感じですね。

初参加の山岳レースで、いきなり3位入賞

——ご出身の石川県から旭川医科大学に進学したのは、何か理由があったのでしょうか。

スキーがしたかったんです。小さい頃からゲレンデスキーをしていて、陸上部を辞めてからもスキーは続けていました。大学に入学したら本格的にスキーをしたいと思っていたので、北海道で医学部がある大学に絞って受験しました。それ以外の大学に進むことは全く考えていなかったですね。

——競技スキーを本格的に始めたのは、大学に入ってからだったのですね。

そうですね。振り返ると、大学ではトレイルランニングや東医体にむけて部活をしたり、スポーツ中心の学生生活だったように思います。勉強は、典型的な短期集中型で乗り切りました。

1年生のときはアルペンをやっていたのですが、2年生のときに「クロスカントリースキーのリレーメンバーが足りないから助っ人として入ってほしい」と言われて、クロスカントリースキーも始めました。クロスカントリースキーには持久力が必要なので、そのトレーニングとして勧められたのが、現在も注力している山岳レースだったんです。

誘われて初めて出場した富良野のトレイルランでたまたま3位に入賞しました。その次に出たレースで、人生で初めて優勝することができました。

最初はスキーで勝ちたい、東医体で勝ちたい、その体力づくりのために頑張ってみようという気持ちで始めたのですが、徐々に山の方も楽しくなっていって——。スポーツの楽しさのひとつは、努力が結果として見えやすいところ。そこからどんどん楽しくなっていって、いろいろなレースに出るようになりました。

2019-2020シーズンから始めた山岳スキー(撮影:中田寛也、写真提供:髙村先生)

——スキー部を続けながら、山岳レースにも出ていたのですか。

はい。スキー部は学生生活の最後まで続けました。東医体の個人競技では4連覇、クロスカントリーリレーも3回くらい優勝したように記憶しています。山は部活とは関係ないので、個人でエントリーして出場していました。

中高で陸上部だったときも長距離をやっていたのですが、満足に練習していなかったせいもあって、地区大会の予選でも最下位という成績でした。私は走る才能はなくて、走るのも好きじゃないんです。でも、山の場合はずっと走らなくていい。途中で歩いてもいいし、景色も変わるので、フィールドやロードとは全然違うところが面白いし、魅力だと思っています。

医学部5年在籍時(2017年10月)に自己ベストでハセツネを連覇(写真提供:髙村先生)

——山岳レースとなると遠征が必要になりますが、医学生生活とはどうやって折り合いをつけていたのでしょうか。

山を走るのが生き甲斐だったので、正直なところ、学業との折り合いや両立はあまり考えていませんでした。ただ、さすがに卒業試験、国家試験の前は地獄を見ていましたね。6年生の10月に行われたハセツネ71.5km(日本山岳耐久レースの通称)では3連覇がかかっていたので、絶対優勝したいと思い、そこまでは競技の方に比重を置いていました。一方で、その1週間後に卒試が控えていたので、もうメリハリをつけてやるしかなかったです。睡眠時間を削って、とにかく時間を作って勉強して、最後はずっと徹夜でした。

レースのあとは興奮して眠れないので、その勢いで勉強して眠くなったら寝る。その繰り返しです。「落ちたら終わる」という思いだけで勉強していました。

髙村 貴子
たかむら たかこ
国立病院機構信州上田医療センター 初期研修医

石川県生まれ、2019年旭川医科大学卒業後現職。山岳ランナーとしては日本山岳会耐久レース(通称:ハセツネ)で旭川医科大学在学中の2016年から女子総合3連覇中。2019スカイランニングワールドシリーズ女子年間ランキング12位(日本人女性最高位)など、世界でもトップクラスの実績をもつ。

従来の価値観に とらわれない働き方をしたい先生へ

先生の「やりたい」を叶えるためには、従来の働き方のままでは難しいとお悩みではありませんか。

  • 医師業と、自分のやりたいことを兼業したい
  • 病院・クリニック以外で医師免許を生かして働きたい

もし上記のようなお考えをお持ちでしたら、エムスリーキャリアのコンサルタントにご相談ください。

エムスリーキャリアは全国10,000以上の医療機関と提携して、多数の求人をお預かりしているほか、コンサルタントの条件交渉によって求人を作り出すことが可能です。

この記事の関連記事

  • 事例

    不公平?2児の女性医師が抱える家庭事情

    最近では当たり前になりつつある、夫婦共働き。千葉大学病院脳神経内科准教授の三澤園子先生は出産のタイミングに悩み、34歳、40歳で2児を出産。今も仕事と家庭の両立方法を探り続けています。後編では出産・育児にまつわるエピソードと、共働き夫婦でキャリアアップするための秘訣を聞きました。

  • 事例

    准教授のママ医が、常勤にこだわる理由

    最近では当たり前になりつつある、夫婦共働き。特に医師は、仕事の頑張り時と出産・育児の時期が重なりがちです。医師23年目の三澤園子先生は、仕事と家庭の両立に悩みながらもフルタイム勤務を続け、現在は千葉大学病院脳神経内科の准教授と2児の母、2つの顔を持ちます。前編では、三澤先生のキャリアについて伺いました。

  • 事例

    院長のラブコール「帰ってこい」Uターン医師の新たな挑戦―光田栄子氏

    お看取りのあり方に課題を感じ、介護士から医師に転身した光田栄子先生。諏訪中央病院を経て、現在、岡山市内のベッドタウンにある有床診療所「かとう内科並木通り診療所」に勤めています。地元にUターンした光田先生がこれから取り組んでいきたいことについて、お話を伺いました。

  • 事例

    「診療科の隙間を埋める」院長の挑戦とは―中山明子氏

    大津ファミリークリニック(滋賀県大津市)院長の中山明子先生。外来、訪問診療をしながら、家庭医として、相談先を見つけにくい思春期の子どもや女性のケアに力を入れています。

  • 事例

    「自分が理想とする糖尿病診療を追い求めて」開業へ

    小児糖尿病の宣告を受けるも、「糖尿病だってなんでもできる」という医師の言葉をお守りに自らも医師を志すことを決意した南昌江内科クリニック(福岡市)の院長、南昌江先生。現在の糖尿病専門科医院を経営するようになった軌跡を伺います。

  • 事例

    犬猫の脳腫瘍は、一度私に診せてほしい

    医師・獣医師の安部欣博(あべ・よしひろ)先生は、ヒトと動物の脳神経外科医として、両方の臨床を並行して行っています。どちらの臨床も行っているからこそ感じる双方の特徴、相違点や刺激について伺いました。

  • 事例

    小児糖尿病にならなければ、医師の私はいない

    福岡市にある糖尿病専門科医院、南昌江内科クリニックの院長・南昌江先生は、ご自身が中学2年生の際に小児糖尿病を宣告された身の上です。病気を発症した前編に続き、今回は医療への水差し案内人となった医師との出逢いや転機となった出来事について伺います。

  • 事例

    医師と獣医師の世界「常識が違う」

    ヒトと動物の脳神経外科医として、オンリーワンのキャリアを構築している安部欣博(あべ・よしひろ)先生。医局時代、脳神経外科専門医を取得後、動物の脳外科手術も並行して行うようになった現在のワークスタイルのお話に加え、医師・獣医師、どちらの世界も知っている先生が抱いている問題意識について伺いました。

  • 事例

    14歳で1型糖尿病「前向きに考えて生きなさい」

    14歳の夏、”小児糖尿病”の宣告を受けた南昌江先生。その数年後、両親や主治医、同じ病気の仲間たちに支えられ医学部受験、医師になるという夢を果たしました。前編では、病の発症、闘病生活について伺います。

  • 事例

    獣医師、動物の脳外科を学ぶために医学部に入学

    脳神経外科医の安部欣博(あべ・よしひろ)先生は、医師免許のみならず獣医師免許も所持しており、動物の脳神経外科医としても働いています。そのキャリアの原点は、獣医学部時代に知った“ある現実”をどうにかしたいという強い思いでした。

  • 人気記事ランキング