1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. キャリア事例
  4. 事例
  5. 2つの職を経た女医が、介護にこだわる理由―吉住直子氏(JCHOうつのみや病院)・前編
事例

2つの職を経た女医が、介護にこだわる理由―吉住直子氏(JCHOうつのみや病院)・前編

2020年3月30日

「ちょっと医学に詳しい近所のおばさんを目指している」と朗らかに話すのは、医師の吉住直子氏です。医学部に入るまでは、臨床検査技師や介護ヘルパーの仕事をしていて、介護現場に立つうちに医師になろうと決意しました。どのような思いで、医師というキャリアを選んだのでしょうか。インタビューを3回に分けてお届けします。(取材日:2020年1月31日)

貧しかった子ども時代、地域に支えられて生き抜いてきた

──医師になる前のキャリアをお聞かせください。

群馬大学医学部保健学科を2005年に卒業し、臨床検査技師として自治医科大学附属病院(栃木県下野市)で働いていました。検査技師になったのは、家族がよく入院していたのでもともと医療に興味があったこと、高校時代に理科系が好きだったことと、「手に職をつけて、人の役に立ちたい」と思っていたからです。私は中学生の頃に父親が病気で倒れ、経済的に苦しい家庭で育ちました。お米を買うお金にも困る状況で、周囲の方々に支えられて生きてきたのです。両親が入院したときは同級生の家から通学させてもらい、高校の制服はリサイクルショップから譲り受けました。

臨床検査技師として働き始めてからは、「もっと直接、人と接する仕事がしたい」と思うようになっていって──。半年で退職し、資格を取得して有料老人ホームのヘルパーに転職しました。

──どのようなところに転職したのですか。

今思うと、少し特殊なところだったかもしれません。普通の民家に10人くらいのお年寄りが入所していて、かなりアットホームな環境でした。認知症のある方がいわゆる徘徊をしたらヘルパーが一緒に行って、歩き疲れたら一休みして帰る。利用者さんが「お風呂に入りたくない!」と言ったら、ヘルパーも裸になって一緒に入浴する──ということが普通にありました。もちろん身体拘束はしませんし、利用者さんたちに何かを指図することもありません。皆さん自分の家のようにイキイキと暮らしていて、私もとても働きがいがありました。転職してよかった、一生この仕事をしていたいと思いました。

臨床検査技師になったときもヘルパーになったときも、医師になろうとは全く考えていませんでした。

「いい介護」をするため、ヘルパーから医師に転職

ヘルパー時代の吉住先生(吉住先生提供)

──その心境から医師になったのは、どういう経緯だったのでしょうか。

3年半にわたってヘルパーとして働く中で、「自分が医師になったほうがいいのでは」と思う出来事がいくつもあったからです。

ある100歳の女性は、少しずつ体が弱り、ご飯も食べられなくなっていきましたが、「最期までこの施設で過ごしたい」と言っていました。ところが、往診をしてくれる医師が見つからず、施設でのお看取りは叶いませんでした。容体が悪くなったときに救急車を呼んで、本人も家族も望まない心臓マッサージを受けた末、医療機関でのお看取りになったのです。

もう1人、90代後半の女性で、腎臓疾患を患った利用者さんがいました。あるとき、1週間の検査入院をしたのですが、その間にADLが大幅に低下してしまって──。入院時は普通に歩けていたのに、退院後はほとんど寝たきりになってしまいました。これをうけて、「この方にとって、検査入院は本当に必要だったのか?」と疑問を持ったのです。疾患だけでなく、その人の人生全体を診てくれる医師が必要だと痛感しました。

また、私たちヘルパーが、検査入院や服薬について「本当は必要ないのでは?」と意見を述べても、ほとんどのご家族は聞いてくれません。毎日、家族同然に利用者さんと過ごし、誰よりもその方を理解しているヘルパーよりも、月に一度来る医師の判断が絶対的なのです。利用者さん1人ひとりに合わせた介護をするには、医師として関わるほうがいいのかもしれない──。そう思うようになり、いい介護をするために、私は医師になる決意をしました。

働きながら受験し、27歳で医学部編入

──ヘルパーの勤務と並行しながら、受験に臨んだのですか。

そうですね。受験期間中もヘルパーとして常勤で働いていました。休日はだいたい勉強にあて、夜勤の日も隙間時間に勉強でしたね。合格するまで2~3年はかかるだろうと思っていましたが、幸いなことに1回目の受験で合格できました。母校の群馬大学で学ぶことにして、医学部医学科に編入しました。

受験のことは家族以外に伝えていなかったので、介護施設の同僚や利用者さんたちには事後報告になったのですが、みなさんから応援の言葉をいただいてうれしかったですね。自分では、夢を叶えるためのスタートラインに無事に立てたことにホッとしていました。

──医学生時代は、どのように過ごしましたか。

編入時は27歳。現役の学生とは7歳くらい離れていましたが、特によそよそしい雰囲気はありませんでした。ただ、周りは部活動をメインとした学生生活を送っていたのに対し、私は部活に入らず過ごしていました。空いた時間は、もともと働いていた介護施設を手伝ったり、国家試験に向けた勉強をしたりしていましたね。

それと、高齢者を診る医師になると決めていたので、早い段階からよく病院見学に行っていました。当時住んでいた群馬県内はもちろん、近隣の栃木県や埼玉県、東京都、遠方だと滋賀県などの病院にも足を運びました。地域医療で有名な佐久総合病院(長野県佐久市)や、亀田総合病院(千葉県鴨川市)も見学させてもらい、医師としてのキャリアのイメージを膨らませていました。

この記事の関連キーワード

  1. キャリア事例
  2. 事例

この記事の関連記事

  • 事例

    オリンピック出場を目指す研修医の思い―医師と2足のわらじvol.19(後編)

    初期研修医と世界クラスの山岳ランナーという二つの顔を持つ髙村貴子先生。今シーズンからは山岳スキーも始め、年間を通じて山を駆ける髙村先生は、将来にどんなビジョンを描いているのでしょうか。医師として、山岳ランナーとして目指している場所を伺いました。

  • 事例

    研修病院決定の決め手は「そこに山があったから」―医師と2足のわらじvol.19(中編)

    長野県で初期研修医として働いている髙村貴子先生は、国内では敵なしの実力をもつ山岳ランナーでもあります。初出場したレースでいきなり3位に入賞したのが医学部2年生のとき。ときには海外にも転戦する山岳ランナーと医学生をどのように両立してきたのでしょうか。卒試・国試を控えた6年生のときの過酷なエピソードや研修医生活との両立についても伺いました。

  • 事例

    国試の前は地獄…山岳ランナーと医学生の両立―医師と2足のわらじvol.19(前編)

    長野県で初期研修医として働いている髙村貴子先生は、国内では敵なしの実力をもつ山岳ランナーでもあります。初出場したレースでいきなり3位に入賞したのが医学部2年生のとき。ときには海外にも転戦する山岳ランナーと医学生をどのように両立してきたのでしょうか。卒試・国試を控えた6年生のときの過酷なエピソードや研修医生活との両立についても伺いました。

  • 事例

    医師の夢“ちょっと医学に詳しい近所のおばさん”――吉住直子氏(JCHOうつのみや病院)・後編

    医師としてフルタイムで働きつつ、地域での社会活動にも尽力している吉住氏。「幅広い世代が集まる場所」をつくろうと、奮闘しています。なぜ、忙しい時間を縫って社会活動をするのか。どのような医師を目指しているのかを伺いました。

  • 事例

    元ヘルパー医師が考える、引き算の医療―吉住直子氏(JCHOうつのみや病院)・中編

    臨床検査技師や介護ヘルパーを経て、呼吸器内科医となった吉住直子氏。研修先や診療科を選ぶ際は、常に「理想的な高齢者医療」を念頭においていました。実際に診療を始めると、前職の経験がプラスに作用することがあるとか。また、以前は見えなかった新しい課題も浮き彫りになってきたと語ります。

  • 事例

    不治の病を抱えながら、クリニックの院長へ ―病とキャリアvol.7(後編)

    40代でパーキンソン病を発症し、50歳で医師として働くことを辞めた橋爪鈴男先生。後編では、再び医療の世界に戻った時のエピソードと、病を抱えるようになって変化したことを語っていただきました。(取材日:2020年2月20日 ※インタビューは、資料や文書による回答も交えた形式で実施しました)

  • 事例

    「もう死にたい」動けない医師が光を見出すまで ―病とキャリアvol.7(中編)

    皮膚科医として、順調なキャリアを築いてきた橋爪鈴男先生。しかし、40代でパーキンソン病を発症した後、大学病院を辞すことを決意します。中編では、絶望を救った一つの言葉と仲間の支え、そして新たな治療を経て見つけた生き甲斐についてお話をうかがいました。

  • 事例

    40代でパーキンソン病「医師を続けられない」 ―病とキャリアvol.7(前編)

    順風満帆な生活から一転、晴天の霹靂のごとく襲いかかった難病──。橋爪鈴男先生は、40代でパーキンソン病を発症し、大学病院の助教授(当時)の職を辞すことを決意します。身体機能が衰えていく自分の姿に苦悩し、自殺を考えたこともあったそうです。しかし、生きる意味を見出し、再び医師として復帰するに至りました。前編では、突然の発症から大学病院の辞職を決意するまでのエピソードをお聞きしました。

  • 事例

    エンジニア、研究者を経て“ゴール志向じゃない自分“を肯定―医師と2足のわらじvol.18(後編)

    医学部を卒業後、ゲノム研究者とエンジニアを両立する日々を送っていた鈴木晋氏。「臨床がわからないと研究も深まらない」と考え、スキップしていた初期臨床研修を受けようと決意しました。その後、大学院でのプログラミングを用いた医学研究を経て、「治療アプリ」を研究・開発する株式会社CureAppの創業メンバーに。現在は、臨床を続けながら、同社の最高開発責任者(CDO)として開発全般を指揮しています。実は少し前まで、“ゴール志向”でない自身のキャリア観を肯定できずにいたとか。CDOとして働く現在は、どのように捉えているのでしょうか。

  • 事例

    保険適用アプリ開発までに模索した、医師兼エンジニアの道―医師と2足のわらじvol.18(前編)

    病気を治療するアプリ”の保険適用に向け、日本で治験が進められていることをご存知ですか?「治療アプリ」の研究開発を行う株式会社CureAppで、最高開発責任者(CDO)としてアプリ開発を牽引するのは、現在も臨床を続ける医師であり、エンジニアでもある鈴木晋氏です。独学でプログラミングを始めたのは、医学部在学中。その後、エンジニアとしての腕を磨きつつ、ゲノム研究者としての道を歩み始めました。鈴木氏はそのユニークなキャリアをどのように模索し、治療アプリの開発にたどり着いたのでしょうか?

  • 人気記事ランキング