1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. キャリア事例
  4. 事例
  5. 30代で在宅医療に転向、なぜ?―転職ドクターの本音vol.4(前編)
事例

30代で在宅医療に転向、なぜ?―転職ドクターの本音vol.4(前編)

2021年7月7日
zoom取材に応じるO先生

「もっとオペをしたい気持ちもあった」と振り返るO先生は、30代で高齢者医療、在宅医療への転向を決めて転職活動を始めました。数年前に退局した大学では同期が本格的にオペを任され始めており、自身も残っていれば好きなオペに携わっているはずでした。O先生が若くして在宅医療を志した理由、そして初めての在宅医療に向けてどのように転職活動を進めたのか前後編にわたってお聞きします。(取材日:2021年3月16日)

在宅医療への転向を決めたきっかけ

――まずは今回、転職活動に至った経緯を教えてください。

今の職場は回復期・慢性期の病院で、プライマリケアを学びたくて2年前に入職しました。それまでは大学医局にいたのですが、いずれは地元知人のクリニックを継ぐことになっていて、教授にご相談して退局を決めたんです。ですから、この職場が初めての転職先で、腰を据えて地域医療にあたる場となりました。

ところが入職後しばらくしてCOVID-19が流行り始め、医療をとりまく環境も変わってしまった。患者さんは減り、それに対して経営方針が救急重視に変更されたことで、私が診療したかった患者さんが減る一方でした。そればかりか、担当病棟が倍増して負担も重くなり、入職時に期待していた環境ではなくなってしまったんです。

――在宅医療分野への転向を考え始めたきっかけは何でしょうか。

2つの出来事があります。1つは去年、祖父を亡くしたときの経験です。入院先ではCOVID-19で面会できず、会えた頃にはほとんど会話できなくなってしまっていて、そのまま他界したんです。それが悲しくて。その時思ったのが「もしも私と似た状況の患者さん、そしてご家族がいたら、医療は何ができるだろう」という疑問でした。改めて地域医療について考える機会になったんです。

そして同じ頃に、担当患者さんのご家族から「在宅で看取りたい」という要望をいただいたんです。要望を叶えようと調整はしたのですが、結局、当院にとってはハードルが高くて病院で看取ることになりました。このことが心残りで、在宅医療を経験したいと考え始めたきっかけです。

クリニック承継後も見越した転職活動

――先生は30代後半です。同年代の医師には、急性期で経験を重ねている先生も多くいます。プライマリケア、在宅医療に舵を切ることに躊躇はなかったのでしょうか。

今まで我慢してきてようやく専門医を取れましたから、もっと本格的にオペをしたい気持ちもありました。ただそのとき、“私がオペをやる意味”が問われてくると思ったんです。

まだ若輩の私がオペをやらせてもらえるのは、技術を磨くことで、次の患者さんにもっと良い医療を提供したり、次の世代に伝えていったりする確約があるときだと思うんです。それなのに、将来クリニックを承継する私がオペを続けて許されるのかという葛藤があって……。それなら自分が絶対に進む道で経験を積んだ方がいいのではないか、と早めに決断しました。

高度急性期からは離れますが、先輩や同期と同じだけのモチベーション、同じだけのプライドを持ってやりたいと思うんです。迷いのあるまま診療していては、それは叶わないですよね。

――在宅医療を経験するために、転職先はどのように選んだのでしょうか。

承継予定の知人クリニックは在宅医療をしていません。ですから、承継後に在宅医療を始めるなら連携病院はどこが良いだろうかという視点で選びました。このとき、民間病院での経験も生きたと思います。たとえば、同じ2次医療圏の中でも、施設同士のネットワークが想像以上に分かれてることは退局後に実感したことでした。

そして自分で調べていくうちに、A病院に注目するようになりました。在宅医療と地域包括ケア病棟を備えていて、機能面でも立地面でも知人クリニックと連携しやすいだろうと考えました。それで求人を見ていたら病院名は伏せられていましたが、明らかにA病院だなと(笑)。それで求人を扱ってたエムスリーキャリアに問い合わせました。

※後編はこちら

在宅医・訪問診療医としての勤務をご希望の先生へ

医師の転職支援サービスを展開するエムスリーキャリアには、在宅医療“専門”のコンサルタントが在籍しています。

直近すぐの転職をお考えの先生はもちろん「数年後のキャリアチェンジを視野に情報収集をしたい」という先生からのご相談にも応じております。条件面だけでなく先生の叶えたいキャリアに合わせ、ベストな選択肢をご提案させていただきます。

詳しくは下記より、お気軽にご相談ください

この記事の関連キーワード

  1. キャリア事例
  2. 事例

この記事の関連記事

  • 事例

    「1円でいいから給料上げて」 真意は?

    初めての回復期で数々の経験をしながら、自身の取り組みたいことが具体的に見えてきたO先生。30代で在宅医療に転向することを決め、注目していた病院への転職活動を始めます。応募後、思い描いた医療ができそうか確認しつつ、面接では「1円でいいから給料上げてほしい」という希望を提示しました。その真意とは――。

  • 事例

    医師の夢“ちょっと医学に詳しい近所のおばさん”―吉住直子氏

    医師としてフルタイムで働きつつ、地域での社会活動にも尽力している吉住氏。「幅広い世代が集まる場所」をつくろうと、奮闘しています。なぜ、忙しい時間を縫って社会活動をするのか。どのような医師を目指しているのかを伺いました。

  • 事例

    元ヘルパー医師が考える、引き算の医療―吉住直子氏

    臨床検査技師や介護ヘルパーを経て、呼吸器内科医となった吉住直子氏。研修先や診療科を選ぶ際は、常に「理想的な高齢者医療」を念頭においていました。実際に診療を始めると、前職の経験がプラスに作用することがあるとか。また、以前は見えなかった新しい課題も浮き彫りになってきたと語ります。

  • 事例

    2つの職を経た女医が、介護にこだわる理由―吉住直子氏

    「ちょっと医学に詳しい近所のおばさんを目指している」と朗らかに話すのは、医師の吉住直子氏です。医学部に入るまでは、臨床検査技師や介護ヘルパーの仕事をしていて、介護現場に立つうちに医師になろうと決意しました。どのような思いで、医師というキャリアを選んだのでしょうか。インタビューを3回に分けてお届けします。

  • 事例

    町医者に憧れ、被災地で学び、家庭医として地元へ還元する―遠藤貴士氏

    現在、モミの木クリニック(福島県郡山市)で家庭医として勤務している遠藤貴士(えんどう・たかし)氏。初期研修時、「良い意味で“ごちゃまぜ”」な家庭医に魅力を感じ、家庭医療の道を志します。その後、被災した石巻市での活動を経て、東北地方に当時はなかったGIMカンファレンス(全国各地の有志が開く総合内科の勉強会)を立ち上げます。遠藤氏のこれまでの活動や今後の展望を取材しました。

  • 事例

    「30代前半でのキャリアチェンジ」は時期尚早?悩んだ末の決断とは―林伸宇氏

    医師8年目、30代前半という若さで、東京都練馬区の祐ホームクリニック平和台の院長に抜擢された林伸宇氏。「タイミングとしては正直少し早いのではないか」と思っていた林氏が、急性期医療から在宅医療へキャリアチェンジした背景とは――。

  • 事例

    フットケア専門の訪問診療が必要だ! 地域の声に応えた医師の挑戦―木下幹雄氏

    2017年4月、東京都昭島市に、国内では珍しいフットケア専門の訪問診療所を開業した木下幹雄氏。これまで杏林大学医学部付属病院、東京西徳洲会病院にも、難治性潰瘍のフットケア外来を立ち上げてきた木下氏には、形成外科医として地域で実現したいことがあります。

  • 事例

    臨床経験豊富な専門医こそ、在宅医療を―月永洋介氏

    北関東最大、50万人超の人口を有する栃木県宇都宮市。市内外に急性期病院が複数あり、在宅医療のニーズが高まっているこの地に、2016年4月、在宅医療専門クリニックが開院しました。院長の月永洋介氏は、「在宅医療も可能な限り治療から緩和ケアまで高い質を継続すべき」と考え、専門医の在宅医療への参入を奨励しています。月永氏が在宅医療専門クリニックを開業した想い、地域で担っていきたい役割についてお話を伺いました。

  • 事例

    「立ち上がらなければ始まらない」30代で急きょ開業した若手医師の思い―田中公孝氏

    医師にとって大きな決断である、開業。田中公孝氏は33歳という若さで東京都三鷹市にクリニックを開設し、家庭医としての経験を活かしながら地域の高齢者が幸せに暮らせる環境づくりに着手し始めました。経営ノウハウも全くゼロの状態からスタートし、想定外の出来事にも数多く見舞われたという田中氏。それでも自分らしく地域医療に切り込んでいこうと意気込む裏にある思いを聞きました。

  • 事例

    アフリカ支援、松阪市長を経験した医師が、東京の在宅医療に挑戦するわけ―山中光茂氏

    外交官の内定直前で医師を目指し、医師免許取得後はアフリカ支援、帰国後は三重県松阪市長を務めた山中光茂氏。異色の経歴を持つ山中氏が選んだ次のステージは、東京都での在宅医療でした。なぜ東京の地で、取り組みを始めたのでしょうか。

  • 人気記事ランキング