1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. キャリア事例
  4. 事例
  5. 町医者に憧れ、被災地で学び、家庭医として地元へ還元する―遠藤貴士氏(モミの木クリニック)
事例

町医者に憧れ、被災地で学び、家庭医として地元へ還元する―遠藤貴士氏(モミの木クリニック)

2020年1月14日

現在、モミの木クリニック(福島県郡山市)で家庭医として勤務している遠藤貴士(えんどう・たかし)氏。初期研修時、「良い意味で“ごちゃまぜ”」な家庭医に魅力を感じ、家庭医療の道を志します。その後、被災した石巻市での活動を経て、東北地方に当時はなかったGIMカンファレンス(全国各地の有志が開く総合内科の勉強会)を立ち上げます。遠藤氏のこれまでの活動や今後の展望を取材しました。(取材日:2019年 10月 31日)

なりたいものは「地域のごちゃまぜ家庭医」

――東京学芸大学を卒業後、医学部に入学されたそうですね。

昔から、人との関わりがある仕事に就きたい、将来は教師か医師のどちらかになりたいとと思っていました。迷いながらも高校卒業後は東京学芸大学の教育学部へ進学しましたが、周りが教師として就職していく中で、ふと自分はこのままでいいのか――と思ったのです。そもそも人に教えることなら、医師になってもできるのでは、と。そこで、やはり医師を目指そうと心に決め、2年間の浪人を経て日本医科大学医学部へ進学しました。

――家庭医を目指したきっかけは何ですか。

初期研修のころ、岐阜県にある久瀬診療所へ地域医療研修を受けに行ったことがきっかけです。久瀬診療所は、重症の患者さんが多いわけではないですが、小児から高齢者まで幅広い年齢層の患者さんがいて、さらに内科だけではなく整形外科的な問題や心の問題にまで対応している診療所でした。

もともと福島県郡山市の田舎で育ったためか、私が幼い頃から思い描いていた理想の医師像は、地域で活躍する「町医者」。久瀬診療所での研修で家庭医を初めて知り、自分が目指すものにいちばん近いな、と感じました。

診療所に当時いらっしゃった家庭医の、吉村学先生のユニークな教育方針にも刺激を受けました。研修医であっても責任ある仕事を任せたり、看護師も介護スタッフも医師と同等の立場だと考えていて、研修医への指導をさせたり。若手への教育を通じて、他のスタッフもさまざまな学びを得られる環境でした。患者さんも診療科目も医療スタッフも、良い意味で、“ごちゃまぜ“ だったのです。

しかし、当時は家庭医に対してあまり理解がされておらず、病院での臨床経験がない限り診療所では太刀打ちできないので、若いうちから地域医療に行ってもできることはわずかしかないと思われることもしばしば。それでも家庭医を目指そうと思ったのは、吉村先生のつくる診療所内の雰囲気に非常に感激したからです。現在の自分の医師としての姿勢は、この久瀬診療所での経験による影響が大きいです。

被災地で感じた家庭医の役割

――後期研修では諏訪中央病院へ行かれたそうですね。

そうですね。しかし、初期研修を終えた後のキャリアパスには悩みました。診断学についてはまだ学び足りないと思っていたので、すぐに診療所に行くことには不安がありました。そんな時、長野県茅野市にある諏訪中央病院に見学に行って、月曜日から金曜日まで毎日、臨床推論のカンファレンスを行っていることを知りました。若手の医師が多く活気がある環境でもあり、かつ診断推論を深く学ぶこともできると思い、諏訪中央病院を後期研修先として選択したのです。

後期研修中、東日本大震災が起こった際には、宮城県石巻市への医療支援に参加しました。諏訪中央病院の名誉院長である鎌田實先生が立ち上げたNPO団体が、石巻市へ支援に行くということで、私たち専攻医も現地での活動に参加させていただきました。活動は、慢性期疾患などの対応のため、被災地に数人の家庭医専攻医をリレー方式で長期的に派遣するというプロジェクトでした。

――被災地では具体的にどのような活動をされたのですか。

私が伺ったのは、市街地から車で40分~1時間程かかる石巻市雄勝町です。その町にあった雄勝病院は被災し、多くの方が犠牲になりました。そこでは、救護所の医療支援の他、雄勝診療所の立ち上げにも協力しました。患者さんやそのご家族の情報を整理したほか、当時は薬剤師が不在で提供できる薬にも限りがあったので、必要最低限の薬剤のリストアップ、整理などを行いました。

その後は、次の医師からまた次の医師へと情報を伝達し、グループとして診療所で地域のコミュニティづくりに携わりました。これは、不眠で苦しむ方や病院へ行けない方のため、診療所を気軽に相談できる場所にするための取り組みです。一緒に体操をしたり、待合室でお茶っこと言われるお茶会を開いたりなどの交流も行っていました。

――被災地での経験を経て、ご自身に心境の変化はありましたか。

被災地での経験から感じたのは、もともと社会的に弱い立場の方が震災に遭ってしまった場合、より一層弱い立場に立たされてしまうという問題でした。いくらフィジカルな医療的支援を行ったとしても、それだけでは彼らを完全に救ったことにはならない。身体的な問題に加え、心の問題や経済的な問題などが複雑に絡み合い、苦しみ続けているという現実がある。改めて、家庭医として自分に何ができるのだろう、と考え直した結果が、地域コミュニティをつくることでした。

もちろん急性期対応も重要ですが、急性期対応をする医療チームが引き上げた後の、地域の方々の健康管理も大切です。診療だけではなく、誰もが何でも気軽に相談できるコミュニティをつくることが、最終的には地域のみなさんの健康維持につながるのだと実感しました。

地元・福島県で地域に根ざした医療を

――臨床推論を重視した症例検討会・東北GIMカンファレンスの立ち上げにも関わったそうですね。

2016年に坂総合病院の佐々木隆徳先生、亀田総合病院の宮地康僚先生と協力して東北GIMを立ち上げました。東北GIMの特徴は、臨床推論からマネージメントまで、さらに限られた医療資源下でどのような対応をするか、なども含めた幅広な意味でのGIMを行っていることです。このような特徴を持たせたのは、震災当時に東北地方には臨床推論を学べる機会も場所もほとんどなかったことと、被災地の限られた医療資源下での対応などを医療スタッフたちが共有できる場所の必要性を感じたことが大きく影響しています。

――現在の活動、今後の展望を教えてください。

現在は私の地元の福島県郡山市にあるモミの木クリニックに移り、院長の福井謙先生と共に地域に根ざした医療に携わっています。たとえば、郡山市には急性期病院が4つありますが、患者さんが退院後に在宅医療へスムーズに移行できていない場合があります。その流れを円滑にするにはどうしたらよいか、福井先生が中心となって他職種の方々と考える勉強会を定期的に開いています。さらに、その会では急性期病院のスタッフや退院支援ナースなどを対象に在宅医療の現場を見てもらう見学会も開催しています。

今後は、スタッフと協力しながらモミの木クリニックが地域の方のコミュニケーションの場として、何でも気軽に相談ができる場所になるための活動にも、尽力していきたいと思っています。

地域医療にご興味のある先生へ

各地で奮闘する先生お一人おひとりのご活躍によって、日本の医療は支えられています。
この記事をお読みになって、もしも「地方での勤務に興味はあるが、なかなか踏み出せない」とお考えでしたら、一度コンサルタントにご相談いただけないでしょうか。

先生のご懸念やご事情を伺った上で、地方の実情や待遇、サポート体制など正直にお伝えし、前向きな気持ちで次のキャリアに踏み出せるように最大限のご支援をしたいと考えております

先生の決断が、地域を、医療を変えるかもしれません。新天地でのご勤務・転職をお考えでしたら、ぜひお問い合わせください。

この記事の関連キーワード

  1. キャリア事例
  2. 事例
【記事特集】医師の転職カルテ
キャリアの悩みに、コンサルタントが答えました


・いつ、どうやって転職したらいいのかわからない
・新たな環境で働きたいが、不安
・育児や介護、持病との両立はできる?

【詳しくはこちらから】

この記事の関連記事

  • 事例

    1年限定のつもりが…在宅診療所で院長を続ける理由

    千葉県鎌ケ谷市にある「くぬぎ山ファミリークリニック」の院長・細田亮(ほそだ・とおる)先生は、2015年、1年間限定のつもりで同クリニックの院長を引き受けました。ところが、院長のまま6年目を迎え、現在はクリニックの新築移転も計画中です。今もなお院長を続ける理由とは――?

  • 事例

    医師の夢“ちょっと医学に詳しい近所のおばさん”――吉住直子氏(JCHOうつのみや病院)・後編

    医師としてフルタイムで働きつつ、地域での社会活動にも尽力している吉住氏。「幅広い世代が集まる場所」をつくろうと、奮闘しています。なぜ、忙しい時間を縫って社会活動をするのか。どのような医師を目指しているのかを伺いました。

  • 事例

    元ヘルパー医師が考える、引き算の医療―吉住直子氏(JCHOうつのみや病院)・中編

    臨床検査技師や介護ヘルパーを経て、呼吸器内科医となった吉住直子氏。研修先や診療科を選ぶ際は、常に「理想的な高齢者医療」を念頭においていました。実際に診療を始めると、前職の経験がプラスに作用することがあるとか。また、以前は見えなかった新しい課題も浮き彫りになってきたと語ります。

  • 事例

    2つの職を経た女医が、介護にこだわる理由―吉住直子氏(JCHOうつのみや病院)・前編

    「ちょっと医学に詳しい近所のおばさんを目指している」と朗らかに話すのは、医師の吉住直子氏です。医学部に入るまでは、臨床検査技師や介護ヘルパーの仕事をしていて、介護現場に立つうちに医師になろうと決意しました。どのような思いで、医師というキャリアを選んだのでしょうか。インタビューを3回に分けてお届けします。

  • 事例

    南海トラフ巨大地震に備えて、医師にできること ――森本真之助氏(三重県 紀南病院)

    森本氏は専門医取得を目指すことに加え、「災害に強いまちづくり」の活動をさらに広げています。診療にとどまらず、地域の大きな課題に取り組む森本氏に、これまでのキャリアと活動を伺いました。

  • 事例

    運営休止した銚子市立病院で、60代医師が働きたいと思った理由―蓮尾公篤氏(銚子市立病院)

    大学病院、神奈川県の公的病院にて長年、外科医として勤務してきた蓮尾公篤先生。医師になったときから思い描いていたキャリアを実現させるべく、60歳を過ぎてから転職活動をスタートします。さまざまな選択肢の中から転職先に選んだのは、かつて運営休止に追い込まれてしまった銚子市立病院でした。蓮尾先生が銚子市立病院に入職を決めた経緯、今後の展望についてお話を伺いました。

  • 事例

    地元・山口に還元する家庭医が描く夢―玉野井徹彦氏(山口大学総合診療部)

    現在、山口大学総合診療部にて臨床・教育・診療体制の改善に取り組むのは、家庭医の玉野井徹彦(たまのい・てつひこ)氏。もともと同氏が医師を志した理由は、地元・山口県の環境保護に取り組むためというユニークなものでした。そんな玉野井氏が思う、山口県の抱える課題と将来実現したい夢とは――。

  • 事例

    「ならば自分が」医師不足に心痛めて薬剤師から医師に ―佐藤英之氏(坂総合病院)

    薬剤師から医師へ異色のキャリアチェンジを果たした佐藤英之氏。鹿児島県の調剤薬局で働いた経験などから、地方医療における医師不足や、これに伴う患者の選択肢の少なさについて危機感を抱いていました。これまでの経験を活かし、佐藤氏が歩もうとしている道とは──。

  • 事例

    救急医療改革で、より多くの患者さんを救える日本へ――安藤裕貴氏(一宮西病院)

    安藤裕貴氏は、日本の救急医療に課題を見出し、MBAを取得。2018年からは、ビジネススクールで学んだマネジメントの知識を生かし、一宮西病院(愛知県一宮市)で総合救急部救急科部長として救急改革に取り組んでいます。さらに、改革の輪を全国に広げようと、若手医師の育成にも尽力。安藤氏が思い描く理想の救急医療の姿と、理想の実現に向けた取り組みを聞きました。

  • 事例

    北海道の若手医師のために、道外へ飛び出した総合内科医のビジョン―小澤 労氏(国立病院機構栃木医療センター)

    北海道出身の総合内科医・家庭医、小澤労氏が初期研修を経て感じたのは、「北海道では、自分のなりたい医師にはなれない」ということでした。尊敬する医師の言葉に背中を押され、道外へと踏み出します。小澤氏が思う、北海道が抱える総合内科教育の課題と、若手医師を救うためのビジョンを取材しました。

  • 人気記事ランキング