1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. キャリア事例
  4. 事例
  5. 親の介護で地方移住。都市部から離れても専門性は生かせる?―転職ドクターの本音vol.3
事例

親の介護で地方移住。都市部から離れても専門性は生かせる?―転職ドクターの本音vol.3

2021年6月1日

関東地方の民間医療機関に約20年間勤めている、小児科医のA先生。自身の専門とする医療ができる現在の職場にはとても満足していますが、妻の親の介護のために家族で関西に移住する道を模索し始めました。50代中盤、かつ、暮らしたことのないエリアでの転職活動。「いい条件の職場がなければ、自分は関東に残って単身赴任になる可能性もある」と覚悟していましたが、関西で専門も生かせる職場に巡り合うことができました。都市部から地方への転職活動をスムーズに進めることができたポイントを伺いました。
(取材日:2021年4月16日)

好条件の転職先見つからなければ単身赴任も……

――今回、転職活動をすることになった経緯を教えてください。

現在は勤務先がある関東に住んでいますが、妻の実家が関西にあり、「いずれは夫婦で移住したい」と考えていたんです。しかし、今の職場がとても居心地がよく、満足していたため、なかなか思い切れず……。そんなときに親の介護の話が本格化してきたため、妻と話し合い「後悔が残らないように、近くに行こう」と決めました。しかし、暮らしたことがない、しかも地方での転職になるため、いい条件の職場が見つかるかは心配で、「難しければ、単身赴任で関東に残ることになるかもしれない」と覚悟していました。

――転職先や居住地は府や県を限定して探されていたのでしょうか。

妻の実家まで車などで1~2時間で通える範囲であれば、府や県にこだわりはありませんでした。ただ、夫婦で今後の人生を過ごす場所になるため、住環境は重要。妻と「自然が多い場所がいいね」と話して、エリアを関西だけでなく四国へも広げて幅広く検討しました。

――転職活動はどのように進めたのですか。

まずは転職支援サービスに登録しました。本格的に利用するのは初めてだったので、不安もありましたが、コンサルタントから多くの求人を提案してもらい、自分一人で転職活動をするよりも選択肢を広げられたと思います。
同時に伝手を頼った情報収集もしていて、関西にいる知り合いの医師から、空きが出そうな病院の情報も得ていました。その病院の状況についても転職支援サービスのコンサルタントに確認してもらいましたが、結局空きは出ませんでしたね。ただ、私はその土地で働いているわけでも、医局に所属しているわけでもありません。病院に直接電話することへのハードルを高く感じていたので、コンサルタント経由で確認できたのはありがたかったです。

2日間の休みで、関西、四国の4病院を訪問し面接

――転職支援サービスを上手に利用されたのですね。転職先を探す際に条件にされていた点はなんですか。

現在の勤務先では月数回当直をしていますが、今後は年齢のことを考え、救急対応や当直がなく、かつ待遇も維持できるところで働きたいと思っていました。
また、私は小児科の中でも特殊な分野を専門としていますので、できれば少しでも専門を生かせる働き方がしたいという希望もありました。この点については、都市部よりも患者が集まりにくい地方では難しいだろうと理解しつつ、「叶えばうれしい」と思っていました。

――関西、四国の4病院に面接に行かれたそうですね。コンサルタントからは多くの求人の提案があったかと思いますが、応募先はどのように選びましたか。

まずは、自分に「ぜひ来てほしい」と声をかけていただいたり、住環境がよさそうだったりしたところですね。それから、産科クリニックのお手伝い兼併設の新規開業小児科クリニック院長職の面接にも行きました。コンサルタントから提案されるまで思ってもみなかった選択肢なのですが、「自分のキャリアで、その可能性もありうるのか」と興味を持ち、話を聞いてみたいと思ったのが理由です。
休みを利用して2日間で4施設回りましたが、やはり実際に面接に行くとトップの考え方や雰囲気もわかりますし、良くも悪くも求人票には記載がなかった話も出てきて。住環境も重視していたので、足を運んでよかったと思いました。

――面接の際は、どのような点を確認しましたか。

何よりもその病院が「小児科医を本当に求めているのかどうか」です。小児人口がどんどん減少している中で、小児科は経営的に黒字にしやすい診療科ではなく、“お荷物”状態になっている病院も少なくない。そんな中でも、「この地域には、うちの病院には小児科医が必要だ」と切実に求めてくれるところがあるなら、そこに行きたいと思っていました。あとはやはり、トップや一緒に働く方々に実際にお会いして、人柄や考え方も確認したいと思っていました。

転職で家族の理解を得るためのコツは?

――面接を受けられた4施設の中から入職先を決められたそうですね。決め手は何だったのでしょうか。

まずは、院長と小児科部長の人柄です。面接でお会いした瞬間に「ああ、この方々と仕事をするのは楽しいだろうな」と感じました。また、「地方では無理だろう」とあきらめかけていた、自分の専門分野の外来業務ができることも決め手です。その病院には月2回専門外来の診療に来られていた先生がいらっしゃったのですが、ちょうど退かれるタイミングだったようで、まさに渡りに船。「その外来を引き継いで、キャリアを存分にいかしてほしい」と歓迎され、うれしかったですね。
あとは、患者さんへ向けのイベントを大事にしているところでしょうか。私はこれまで、診療だけでなく、クリスマスや合唱などのイベントを大事にしてきたので、新しい職場もそれが叶うといいなと思っていたんです。そしたら面接で、院長が率先して合唱をしている話が出て、大変盛り上がって……。4施設のうち、最後に受けた面接でしたが、「ここに来るための面接の旅だった」と感じたほどでした。

――「ここに入職したい」と決めたときの、ご家族の反応はいかがでしたか。

妻にとっても今後の人生の居住地に関わることなので、私の転職先がどこになるかはずっと気になっていたようです。転職活動の間、妻には、応募する病院や選考の経過、自分の考えなどをこまめに話していたので、入職先を決めたときも、自分の気持ちを汲み、応援してくれました。
当面は病院の近くに住む予定ですが、「海の見えるところに住みたい」という妻の希望もあるので、先々は通勤圏内の海のそばに家を構えるのもいいなと思っています。

――転職活動を振り返ってみて、いかがでしょうか。

転職支援サービスで担当になったコンサルタントが、こちらの疑問や相談に対して、すぐに求人元に確認したり、その土地ならではの事情を調べたりしてくれて、とても頼もしかったです。
「こんな求人はないですか」と尋ねると、すぐにその条件に合う複数の求人を提案してくれましたし、その求人票を見て、「この病院がこれほど高い年収を提示してくれるのはなぜなんだろう」という疑問に対しても、その背景をきちんと調べて説明してくれました。地域ごとのコアな医局事情など、私個人では知ることが難しいような情報もさまざまなネットワークを使って調べ、提供してくれたおかげで、安心して転職活動を進めることができました。
転職活動で重要になるのは、やはり情報です。そして、多くの選択肢を持ったうえで、比較検討しながら決められたおかげで、納得のいく結果につながったと思っています。

転職をお考えの先生へ

もしも先生が転職をお考えでしたら、エムスリーキャリアにお任せください。
先生が、最善の意思決定をできるようサポートしています。

転職活動はさまざまな事務作業が伴い、情報収集や、面接等のスケジュール調整、条件交渉などを個人で担うと負担が重くなります。これらはすべて、エムスリーキャリアのコンサルタントにお任せいただけます。

また、条件交渉では、先生から直接は言いにくいことをコンサルタントが代わりに伝えるため、精神的な負担も少なく済むかと思います。

転職をご検討中でしたら、ぜひご連絡ください。

エムスリーキャリアは全国10,000以上の医療機関と提携して、多数の求人をお預かりしているほか、コンサルタントの条件交渉によって求人を作り出すことが可能です。

この記事の関連キーワード

  1. キャリア事例
  2. 事例

この記事の関連記事

  • 事例

    大学同僚から「得体が知れない」と言われた病院に入職した理由

    急性期で働くか、それ以外で働くか、人材紹介会社に登録した時点では決め切れていなかったT先生。3つの医療機関で面接をした結果、「よくわからない病院だし、ここには入職しないだろう」と思っていた医療機関に入職を決める展開に。後編では、入職の決め手、入職後の状況についてお話を伺いました。

  • 事例

    最後の奉公で一波乱……仕事がなくなった医師の行く末

    2年前から退局の話を進めていたT先生。最後の出向先として、ある医療機関に後任人事として赴くも、退職予定者が勤務を継続することに――。仕事がない状態に困り果て、転職活動に踏み切ります。T先生に当時を振り返っていただきました。

  • 事例

    「1円でいいから給料上げて」 真意は?

    初めての回復期で数々の経験をしながら、自身の取り組みたいことが具体的に見えてきたO先生。30代で在宅医療に転向することを決め、注目していた病院への転職活動を始めます。応募後、思い描いた医療ができそうか確認しつつ、面接では「1円でいいから給料上げてほしい」という希望を提示しました。その真意とは――。

  • 事例

    30代で在宅医療に転向、なぜ?

    「もっとオペをしたい気持ちもあった」と振り返るO先生は、30代で高齢者医療、在宅医療への転向を決めて転職活動を始めました。数年前に退局した大学では同期が本格的にオペを任され始めており、自身も残っていれば好きなオペに携わっているはずでした。O先生が若くして在宅医療を志した理由、そして初めての在宅医療に向けてどのように転職活動を進めたのか前後編にわたってお聞きします。

  • 事例

    救急医が42歳で選んだセカンドキャリアとは―亀崎真氏

    都立墨東病院(東京都墨田区)で10年以上、救急医としてキャリアを積んできた亀崎真先生。医師18年目、42歳でセカンドキャリアとして地域のプライマリ・ケア医に転身します。

  • 事例

    7割の家事を担う、常勤パパ医師の胸中

    千葉大学病院 脳神経内科で特任助教を務める荒木信之先生は、産婦人科医の妻とともに、2010年からキャリアと家事・育児の両立を試みてきました。お子さんが10歳になった今も、荒木先生は大学病院で働きつつ、家事の7割を担当しています。子持ち医師のプライベートを、夫目線でお話いただきました。

  • 事例

    非常勤も経験 パパ脳神経内科医の処世術

    千葉大学病院 脳神経内科で特任助教を務める荒木信之先生。2010年に子どもが産まれてからは、産婦人科医の妻よりも多くの家事・育児を引き受け、時には非常勤勤務に切り替えるなど、仕事と家庭を両立する働き方を探り続けてきました。医師の研鑽を積みながら、共働き・子育て生活を10年続けて、今思うこととは。

  • 事例

    「深刻な問題だ」救急科新設した30代医師の挑戦―柴崎俊一氏

    医学生時代から、いずれ茨城県内の医療過疎地に貢献したいと考えていた柴崎俊一先生。医師8年目で1人、ひたちなか総合病院に飛び込み、救急・総合内科を新設します。診療科を新設し、病院内外に根付かせるにはさまざまな苦労がありますが、どのように取り組まれたのでしょうか。

  • 事例

    「辞めたら損害賠償」雌伏の末に得た職場は

    ワンマン経営に我慢の限界を感じて転職活動に踏み切ったT先生。年収を重視していたT先生が3つの転職先候補から選んだのは、県外の公的病院でした。後編では新しい職場を中心にお話を伺いました。

  • 事例

    ワンマン経営に「我慢の限界」50代部長の決断

    近畿地方の民間病院で、麻酔科部長として全国トップレベルの症例数を経験してきたT先生。その一方で、勤務先の経営陣の顔ぶれが変わってからは理不尽と感じることが増えていきました。そうした中、コロナ禍での対応方針に我慢の限界を感じて退職を決意。そんなT先生に、今回の転職活動について振り返っていただきました。

  • 人気記事ランキング