1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. キャリア事例
  4. 事例
  5. ワンマン経営に「我慢の限界」50代部長の決断―転職ドクターの本音vol.2(前編)
事例

ワンマン経営に「我慢の限界」50代部長の決断―転職ドクターの本音vol.2(前編)

2021年2月8日

近畿地方の民間病院で、麻酔科部長として全国トップレベルの症例数を経験してきたT先生。その一方で、勤務先の経営陣の顔ぶれが変わってからは理不尽と感じることが増えていきました。そうした中、コロナ禍での対応方針に我慢の限界を感じて退職を決意。そんなT先生に、今回の転職活動について振り返っていただきました。(取材日:2021年1月15日)

新型コロナウイルスへの対応が、最後の一押しに

——今回、転職に踏み切った理由を教えてください。

大きく3つの理由があります。

まずは、経営陣への不信感。ここ数年で経営者の親族医師が数名入職したのですが、現場にはあまり顔を出さず、何をしているのかわからない状態でした。学会出張や休暇を取得するために業務の代行を依頼するとゴネられ、挙句の果てには「休まれては困る」と言われる始末でした。

私は手術部長も兼務していたのですが、手術室をリニューアルする話し合いが私抜きで親族だけで進められていたこともおかしいと感じました。そういう進め方をする人たちが、ゆくゆくは病院の経営者になるのかと思うと、この病院では長く働くことは難しいだろうと。

次に、給与面の不透明性。年俸制でしたが、2020年度の期中に「院内で1人だけ給与が突出している」と言われて100万円以上も減俸されました。これまで身を粉にして働き、標準的な麻酔科医の2倍を超える激務をこなしてきたのに、業務量への対価がおかしいと感じざるをえませんでした。

そういったことがあり仕事のモチベーションが下がる中で、最後の一押しとなったのが新型コロナウイルス感染症に対する病院側の対応です。2020年に入って全国の感染者数が増えていく中で、「もしも職員が新型コロナウイルスに感染した場合、休務の扱いはどうなりますか?」と確認したところ、「傷病休暇の取得は認めず、すべて有給休暇扱いにする」と言われたんです。これには驚きました。病院は多数の救急車を受け入れていて、患者に多少の熱があっても診る方針でした。つまり常に感染リスクのある現場で働いているわけです。新型コロナウイルスに罹患したらすべて自己責任で、有給休暇を使い切ってしまったら欠勤扱いの無給となり、生活が保障されないのです。これでは自分自身も部下たちも守れないと思いました。

この件で病院側と大喧嘩になり、それまでの不信感も相まって、「もう我慢ならない。転職先が決まったら退職してやる」と。

初めて伝手を使わない転職に踏み切る

——転職活動はどのように進めたのですか。

私は大学医局を出た後、民間病院を転々としてきました。いずれも自分の伝手で入職したり、自己応募して転職したりしたので、転職活動のノウハウはよく知っています。県内の病院の状況も熟知しているつもりでしたが、今回の転職のタイミングでは私の情報だけでは話がうまく進まなかったんです。県内の公的病院で勤務されているベテラン麻酔科医のリタイアの時期と重なったこともあり、民間病院の新規の求人はあまりありませんでした。求人があっても働きたい病院ではなく、条件面が折り合わない。50代の私が常勤で入職できる医療機関を個人で探すには限界があると感じて、今回初めて人材紹介会社に登録しました。

——初めて人材紹介会社に登録してみて、いかがでしたか。

人材紹介会社の仕組みはある程度知っていたので、意外性を感じることはありませんでした。ただ、個人ではアクセスできなかった非公開の情報を得ることができたので、選択肢がグッと増えましたね。気になる求人をコンサルタントに問い合わせると、思った以上に迅速かつ詳細に情報提供をしてくれて助かりました。会社ごとに得手不得手や情報量が違うのもあり、最終的に3社に登録をして転職活動を行いました。このご時世なので、コンサルタントとは直接会わず、メールや電話、オンライン会議でやり取りをしました。

3つの転職候補先から、公的病院に入職を決意

——転職先を探すにあたり、重要視していたことを教えてください。

私には子どもが3人います。長男は独立していますが、次男は私立大の医歯薬系学部に在籍しており、三男は中学生とまだまだこれからお金がかかります。住宅ローンも残っています。なので、最低でも年収2,100万円、そして、前職の経験もふまえて給与体系が明確であることを重視していました。

新型コロナ流行前は国内外で学会発表を盛んに行っていたので、学術活動に理解がある医療機関だとうれしいな、とも思っていました。あとは、コロナ禍による倒産の心配がなく福利厚生の手厚い公的病院に入職できればいいな、と。

そういった条件で探してもらったところ、転職先候補を3つまで絞り込むことができました。

——それぞれ、どういった病院だったのですか。

A病院は民間の総合病院。大学の同期生が何人か働いていることから安心感があり、彼らの話を聞く限りでは、麻酔科ニーズがあって症例数も確保できそうだと感じました。ただ、話を進める中で、先に交渉を始めた先生に決まりそうな展開になったので、一旦見送ることにしました。

B病院は、いわゆる医療過疎地にある公的病院です。医師のマンパワーが不足しているため、「麻酔業務だけでなく救急対応もお願いしたい」と言われました。近隣には高機能病院がなく、重症患者の転送先の確保や休務時の応援が見込めないことが不安材料として残りました。

C病院は隣県にある公的病院で、B病院と同じく医療過疎地にあります。当初の提示額は希望年収を下回っていましたが何とかなりそうなこと、中堅医師のマンパワーが充実していることもあってC病院への入職を決めました。(後編に続く)

同テーマの記事シリーズはこちら

転職をお考えの先生へ

もしも先生が転職をお考えでしたら、エムスリーキャリアにお任せください。
先生が、最善の意思決定をできるようサポートしています。

転職活動はさまざまな事務作業が伴い、情報収集や、面接等のスケジュール調整、条件交渉などを個人で担うと負担が重くなります。これらはすべて、エムスリーキャリアのコンサルタントにお任せいただけます。

また、条件交渉では、先生から直接は言いにくいことをコンサルタントが代わりに伝えるため、精神的な負担も少なく済むかと思います。

転職をご検討中でしたら、ぜひご連絡ください。

エムスリーキャリアは全国10,000以上の医療機関と提携して、多数の求人をお預かりしているほか、コンサルタントの条件交渉によって求人を作り出すことが可能です。

この記事の関連キーワード

  1. キャリア事例
  2. 事例

この記事の関連記事

  • 事例

    救急医が42歳で選んだセカンドキャリアとは―亀崎真氏

    都立墨東病院(東京都墨田区)で10年以上、救急医としてキャリアを積んできた亀崎真先生。医師18年目、42歳でセカンドキャリアとして地域のプライマリ・ケア医に転身します。

  • 事例

    7割の家事を担う、常勤パパ医師の胸中

    千葉大学病院 脳神経内科で特任助教を務める荒木信之先生は、産婦人科医の妻とともに、2010年からキャリアと家事・育児の両立を試みてきました。お子さんが10歳になった今も、荒木先生は大学病院で働きつつ、家事の7割を担当しています。子持ち医師のプライベートを、夫目線でお話いただきました。

  • 事例

    非常勤も経験 パパ脳神経内科医の処世術

    千葉大学病院 脳神経内科で特任助教を務める荒木信之先生。2010年に子どもが産まれてからは、産婦人科医の妻よりも多くの家事・育児を引き受け、時には非常勤勤務に切り替えるなど、仕事と家庭を両立する働き方を探り続けてきました。医師の研鑽を積みながら、共働き・子育て生活を10年続けて、今思うこととは。

  • 事例

    「深刻な問題だ」救急科新設した30代医師の挑戦―柴崎俊一氏

    医学生時代から、いずれ茨城県内の医療過疎地に貢献したいと考えていた柴崎俊一先生。医師8年目で1人、ひたちなか総合病院に飛び込み、救急・総合内科を新設します。診療科を新設し、病院内外に根付かせるにはさまざまな苦労がありますが、どのように取り組まれたのでしょうか。

  • 事例

    「辞めたら損害賠償」雌伏の末に得た職場は

    ワンマン経営に我慢の限界を感じて転職活動に踏み切ったT先生。年収を重視していたT先生が3つの転職先候補から選んだのは、県外の公的病院でした。後編では新しい職場を中心にお話を伺いました。

  • 事例

    不公平?2児の女性医師が抱える家庭事情

    最近では当たり前になりつつある、夫婦共働き。千葉大学病院脳神経内科准教授の三澤園子先生は出産のタイミングに悩み、34歳、40歳で2児を出産。今も仕事と家庭の両立方法を探り続けています。後編では出産・育児にまつわるエピソードと、共働き夫婦でキャリアアップするための秘訣を聞きました。

  • 事例

    LGBTQs当事者の医師がカミングアウトした理由―吉田絵理子氏

    川崎協同病院(神奈川県川崎市)総合診療科科長の吉田絵理子先生は、臨床医の傍ら、LGBTQs当事者として精力的に活動しています。不安を抱えながらもカミングアウトをし、LGBTQs当事者の活動を続ける背景には、ある強い想いがありました。

  • 事例

    准教授のママ医が、常勤にこだわる理由

    最近では当たり前になりつつある、夫婦共働き。特に医師は、仕事の頑張り時と出産・育児の時期が重なりがちです。医師23年目の三澤園子先生は、仕事と家庭の両立に悩みながらもフルタイム勤務を続け、現在は千葉大学病院脳神経内科の准教授と2児の母、2つの顔を持ちます。前編では、三澤先生のキャリアについて伺いました。

  • 事例

    院長のラブコール「帰ってこい」Uターン医師の新たな挑戦―光田栄子氏

    お看取りのあり方に課題を感じ、介護士から医師に転身した光田栄子先生。諏訪中央病院を経て、現在、岡山市内のベッドタウンにある有床診療所「かとう内科並木通り診療所」に勤めています。地元にUターンした光田先生がこれから取り組んでいきたいことについて、お話を伺いました。

  • 事例

    「診療科の隙間を埋める」院長の挑戦とは―中山明子氏

    大津ファミリークリニック(滋賀県大津市)院長の中山明子先生。外来、訪問診療をしながら、家庭医として、相談先を見つけにくい思春期の子どもや女性のケアに力を入れています。

  • 人気記事ランキング