1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. 転職ガイド
  4. 企業(産業医・MD・社医)
  5. 産業医キャリアの魅力とは? 将来の選択肢として考える医師も
企業(産業医・MD・社医)

産業医キャリアの魅力とは? 将来の選択肢として考える医師も

2023年12月7日

厚生労働省の資料によると、医師の3人に1人が産業医資格を持っているとされています。エムスリーキャリアでは、医師がその働き方に魅力を感じるポイントについて、アンケート調査を行いました。

産業医勤務への関心は低い結果に

アンケート調査は2023年10月28日~11月3日にかけて、医師会員2894人(産業医資格の有無を問わず)を対象に実施。その結果、全体の43%が、「産業医としての勤務に関心がある」と回答しました。また、回答者のうち、実際に産業医活動をしているのは15%でした。

産業医としての勤務に関心がありますか?

産業医キャリアが魅力的な理由―労働衛生・予防医学に関心

続けて、「産業医求人に興味を持った理由」を聞いたところ、常勤・嘱託産業医として勤務中か否かにかかわらず、「予防医学、労働衛生に興味があったから」という回答が得られています。医療機関で職業性疾患の対応をしたり、職場のストレスなどで体調を崩す患者に携わったりする中で、働き盛りの労働者に介入できる産業医の業務内容に興味を持つ医師は多いようです。

医師が「産業医という働き方」に関心を持つ理由

「常勤/嘱託としての勤務に関心を持っている」と答えた医師にその理由を聞いたところ、下記のような内容が得られました。なかでも、QOLの面で魅力を感じているという回答が目立ちました。セカンドキャリアの選択肢、長期的に安定した副収入を得たい場合などに勤務を検討するケースが多いようです。

  • QOLが高いと聞くから
  • 労働者の健康管理に関与したい
  • いろんな職種の人と話が出来る
  • セカンドキャリアのため
  • 労働衛生に関わりたい
  • いろいろな分野を経験したい
  • 今の仕事をしながらアルバイトしたいから
  • 臨床だけでは経験できない体験・知識が得られると思うから
  • 本業の負担にならない範囲での引き合いがあれば検討したい
  • そろそろ臨床に疲れてきたから
  • 60歳を迎えて少しゆっくり働きたいため

医師が「産業医という働き方」に関心がない理由

「産業医としての勤務に関心がない」と答えた医師からは、その理由として、下記のような内容が挙げられました。

  • 本業で手一杯
  • 臨床の方が好きだから
  • メリットが少ない
  • 報酬が少ない。他の勤務で出務した方が高い
  • クリニックの売上アップに繋がると思えないから

「忙しい」「余裕がない」など本業との両立させるのが難しい回答が目立ちました。また、報酬面でメリットを感じない意見も多く寄せられています。その一方で、「活動の幅を広げたいが嘱託産業医の求人がなかなか見つからない」という声も多く寄せられました。

m3.com産業医専用コーナーのご案内

【m3.comに産業医専用コーナーがオープンしました】

https://career.m3.com/feature/sangyoui/

M3グループでは、産業医の先生方向けにお役立ちコーナーをオープンいたしました。 求人情報だけでなく、お役立ちコラムや、他の産業医の先生方と交流いただける質問コーナーをご用意しております。 今後もコンテンツを増やしてまいりますので、ぜひご利用ください。

産業医としてのキャリアをご検討中の先生へ

エムスリーキャリアでは産業医専門の部署も設けて、産業医サービスを提供しています。

「産業医の実務経験がない」
「常勤で産業医をやりながら臨床の外勤をしたい」
「キャリアチェンジをしたいが、企業で働くイメージが持てない」

など、産業医として働くことに、不安や悩みをお持ちの先生もいらっしゃるかもしれません。

エムスリーキャリアには、企業への転職に精通したコンサルタントも在籍しています。企業で働くことのメリットやデメリットをしっかりお伝えし、先生がより良いキャリアを選択できるよう、多面的にサポートいたします。

この記事の関連記事

  • 企業(産業医・MD・社医)

    非常勤産業医(嘱託産業医)の働き方と給与相場

    非常勤(嘱託)産業医の働き方と給与相場について解説します。

  • 企業(産業医・MD・社医)

    〈2023年版〉産業医を取り巻く業界動向

    産業医を取り巻く業界全体の動向は?産業医になる方法、業務内容などについてまとめました。

  • 企業(産業医・MD・社医)

    コロナ禍で信頼される産業医になるには

    新型コロナウイルス感染症の影響により、オフィス環境ではオンライン化が急速に進み、産業保健業務にも一部変化が起こっています。訪問制限をはじめ、さまざまな制約がある中で、産業医の価値を発揮するのはどうしたらいいのでしょうか。中小企業を中心にサポートをしているOHサポート株式会社代表で産業医の今井鉄平先生に聞きました。(取材日:2020年8月19日)

  • 企業(産業医・MD・社医)

    産業医は、経営者の参謀役になれ

    新型コロナウイルス感染症により、仕事や生活インフラのオンライン化が進み、産業保健業務にも一部影響が及んでいます。今回はコロナ禍の労働環境を整理しながらwithコロナ時代の産業医に求められるスキルやマインドを、中小企業を中心にサポートするOHサポート株式会社代表で産業医の今井鉄平先生に聞きました。(取材日:2020年8月19日)

  • 企業(産業医・MD・社医)

    withコロナ時代の産業医に、必要な心構えとは―Dr尾林の産業医ガイド(7)

    新型コロナウイルス感染症が猛威を振るっています。みなさんが所属されている産業医先においても、少なくない企業でリモートワークが導入されていることでしょう。導入当初はコロナ時代に適した作業環境である、との楽観的な見方が大勢を占めていましたが、長期化の様相を呈し始めた昨今では、変化が見られます。withコロナ時代において、われわれ産業医が留意すべきポイントについてまとめました。

  • 企業(産業医・MD・社医)

    “名ばかり産業医”に終止符を―Dr尾林の産業医ガイド(6)

    これまでに、現在、そして、今後求められていくだろう産業医の姿について、わたしなりの経験と知見を含めてつづってきました。おこがましくも、共感いただけた方にはなかなかに示唆に富んだ内容であったのではないかと自負している一方で、疑問しか残らなかった方には、時代の動向が掴めていない危機感を、熱く、冷静に語らせていただきます。

  • 企業(産業医・MD・社医)

    ストレスチェック、その活用方法とは?―Dr尾林の産業医ガイド(5)

    「労働安全衛生法」が改正され、従業員が 50 人以上いる企業では、2015年12月から毎年1回、ストレスチェックを全ての従業員に対して実施することが義務付けられました(契約期間が1年未満の従業員、労働時間が通常の従業員の所定労働時間の4分の3未満の短時間労働者は、義務の対象外)。今回は、ストレスチェックをどのように開始し、その実施内容をどのように活かすべきかを前向きに考えてみましょう。

  • 企業(産業医・MD・社医)

    「この人はメンタル不調」SOSサインを積極的に掴む、3つの条件―Dr尾林の産業医ガイド(4)

    メンタル問題への対応で目指すべきはもちろん一次予防。ただ、現実的には三次予防の対応を行い、二次予防に目を光らすだけで、現場は手一杯なことでしょう。一次予防を諦めましょうと言うつもりは、もちろんありません。しかし、三次予防や二次予防を行うにあたり、工夫の余地がまだまだあるのも事実です。今回は、一次予防を目指すためにも、三次予防と二次予防に焦点を当て、わたし自身の経験からそのヒントをお話したいと思います。

  • 企業(産業医・MD・社医)

    その「仕事がつらい」は成長痛か、うつ病か―Dr尾林の産業医ガイド(3)

    「産業医という働き方には興味があるが、メンタルヘルスの問題に対応できるかは不安」――。そんな風にお悩みの先生は多いのではないでしょうか。今回は産業保健の現場にて、メンタル問題が生じ、面談業務を行う場面を想定した際の具体的な対応について、わたしの経験から得た診断スキームを示したいと思います。

  • 企業(産業医・MD・社医)

    「産業医といえば衛生委員会?」その誤解を解消します―Dr尾林の産業医ガイド(2)

    「衛生委員会に出席して、職場巡視して、最近だとメンタルの問題に対応するのが産業医の仕事でしょ?」――そんな風にお思いの先生方は多いかもしれません。これに対する答えは「正しいけれども、正しくない」です。特に衛生委員会のあり方については、まだまだ誤解がある印象を受けます。個々の業務の目的を理解し、しっかりと取り組むほどやりがいを感じられるのが産業医業務です。今回は、衛生委員会について触れてみたいと思います。

  • 人気記事ランキング

    この記事を見た方におすすめの求人

    常勤求人をもっと見る