1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. キャリア事例
  4. 事例
  5. 臨床経験豊富な専門医こそ、在宅医療を―月永 洋介氏(医療法人賛永会さつきホームクリニック)
事例

臨床経験豊富な専門医こそ、在宅医療を―月永 洋介氏(医療法人賛永会さつきホームクリニック)

2017年10月20日

北関東最大、50万人超の人口を有する栃木県宇都宮市。市内外に急性期病院が複数あり、在宅医療のニーズが高まっているこの地に、2016年4月、在宅医療専門クリニックが開院しました。院長の月永洋介氏は、「在宅医療も可能な限り治療から緩和ケアまで高い質を継続すべき」と考え、専門医の在宅医療への参入を奨励しています。月永氏が在宅医療専門クリニックを開業した想い、地域で担っていきたい役割についてお話を伺いました。(取材日:2017年9月13日)

このままでは、退院した患者さんの行き場がない

―泌尿器科医としてキャリアを歩む中、なぜ在宅医療専門クリニックを開業されたのですか。

地域医療の重要性が認識され始めた2008年、地域医療に携わるようになったことが大きな転機となりました。当時わたしは医師5年目。順天堂大学の医局に在籍していましたが、関連病院に転籍して、診療部長として泌尿器科を立ち上げ、全て1人でこなすことになったのです。そこで、患者さんが病院に長期入院できない実情や、治療が終わった患者さんを退院させたくても、退院後の受け皿である在宅医療の人手がまだまだ足りない状況を見て、一念発起しました。「体力のある若い医師が、在宅医療にもっと進出しなければならないのではないか。それならば、自分がその1人になろう」と思い、開業を決意したのです。

―開業地として、宇都宮市を選んだ理由を教えてください。

家族の生活にも影響が出てくることを考え、妻の実家がある宇都宮市に決めました。24時間365日対応でクリニックを運営しているので、何かあったときには子どもたちを預かってもらえますし、頼れる身内の存在が心強いですね。
また、宇都宮市周辺には自治医科大学附属病院や獨協医科大学病院、済生会宇都宮病院といった大病院が多く揃っているものの、在宅医療の受け皿がまだまだ不十分でした。人口50万人を超える中核市なので在宅医療のニーズは高く、病院としても退院後の受け皿を求めている状態で、在宅医療専門クリニックを始める環境として非常に整っていると感じました。

看護師の存在に助けられ、気付いたこと

―開業から1年半。どのようなところに苦労されましたか。

あまり苦労を苦労と思わない性格なのですが、あえて言えば、開業当初に看護師を雇わず、事務とわたしの2人で全ての業務に対応していたことでしょうか。資金面の問題もありましたが、当初は医師が1人いれば診療は十分回せると考えていました。しかし、開業して数カ月後に看護師が週1回手伝いに来てくれるようになったことで、そうではないことに気付かされたのです。彼女が1人入っただけで効率がグッと上がり、わたしは診察・診断に集中できるようになりました。恥ずかしながら、その時初めて、勤務医時代も看護師がいるから診療に集中できていたのだと思い知らされましたね。

―看護師の重要性を認識できたことで、クリニックに変化はありましたか。

この経験があったからこそ、看護師教育に注力すべきだと気付くことができました。当院は現在、看護師5人という体制を敷いているので、常勤医1人でも、200名の患者さんを診ることができています。

医師は、野球でいう監督。たとえば、在宅医療に熟知した看護師がアセスメントをプレゼンしてくれることで、医師はそれに応えていくだけで済み、結果的により多くの患者さんを診ることができる―。というように、在宅医療に精通した看護師たちがナースステーションのように機能すれば、スムーズに在宅医療に参入できる医師が増えるのではないかと考えています。病院勤務が長い医師は多くの臨床経験があるので、在宅医療においても質の高い治療ができると思いますし、言うなれば、それがわたしの理想とする在宅医療でもあります。

―なぜ、臨床経験豊富な医師が在宅医療に取り組むことが理想だと考えるのですか。

治療歴を意識しながら緩和ケアも行っていくべきだと考えているためです。患者さんにとって信頼できる人は、たとえ医師であってもそんなに多くはいません。信頼関係ができている医師に最期を看取ってほしいと思うのは、ごく普通のことだと思います。ただ、現実的に考えると急性期病院の医師にそこまで求めることは難しい。ですから、わたしを含め、高い専門性と経験を持つ医師が、在宅診療医として治療の質も維持しながら緩和ケアも取り組むべきだと考えています。その方が、患者さんにとって退院しても病院からの継続性を実感できるからです。

「あの在宅クリニックに頼もう」と言われる存在に

―今後は、どのようなことを目標に据えていますか。

大きく3つの目標があります。1つ目は、さらに治療の質を上げていくこと。実際に現在も「手術と抗がん剤治療以外は全てできます」と説明していますし、必要に応じて積極的な治療も行っています。治療の質を上げていくことで周辺の急性期病院から「あの在宅クリニックに頼もう」と依頼されやすくなり、治療から緩和ケア、お看取りまでを切れ目なく診てもらえる患者さんが増えるからです。

2つ目は、在宅医療でもここまでできることを学会などでアピールすること。在宅医療は治療ができない人が行きつくところという認識を払拭し、これまでの経験を活かしていきたい専門医かつ、在宅医療に興味を持っている医師の参入障壁を下げていきたいですね。

そして3つ目は、患者さんの数を2000人くらいまでに増やしていくこと。そのためにも、看護師の教育をさらに進めていきつつ、臨床経験豊富な医師を各科で増やしていくことが必須。体制をしっかり整えて、どんな疾患に対しても、治療から緩和ケアまで連続的に診ていける診療モデルを構築したいと思っています。

地域医療にご興味のある先生へ

各地で奮闘する先生お一人おひとりのご活躍によって、日本の医療は支えられています。
この記事をお読みになって、もしも「地方での勤務に興味はあるが、なかなか踏み出せない」とお考えでしたら、一度コンサルタントにご相談いただけないでしょうか。

先生のご懸念やご事情を伺った上で、地方の実情や待遇、サポート体制など正直にお伝えし、前向きな気持ちで次のキャリアに踏み出せるように最大限のご支援をしたいと考えております

先生の決断が、地域を、医療を変えるかもしれません。新天地でのご勤務・転職をお考えでしたら、ぜひお問い合わせください。

この記事の関連キーワード

  1. キャリア事例
  2. 事例

この記事の関連記事

  • 事例

    医師の夢“ちょっと医学に詳しい近所のおばさん”――吉住直子氏(JCHOうつのみや病院)・後編

    医師としてフルタイムで働きつつ、地域での社会活動にも尽力している吉住氏。「幅広い世代が集まる場所」をつくろうと、奮闘しています。なぜ、忙しい時間を縫って社会活動をするのか。どのような医師を目指しているのかを伺いました。

  • 事例

    元ヘルパー医師が考える、引き算の医療―吉住直子氏(JCHOうつのみや病院)・中編

    臨床検査技師や介護ヘルパーを経て、呼吸器内科医となった吉住直子氏。研修先や診療科を選ぶ際は、常に「理想的な高齢者医療」を念頭においていました。実際に診療を始めると、前職の経験がプラスに作用することがあるとか。また、以前は見えなかった新しい課題も浮き彫りになってきたと語ります。

  • 事例

    2つの職を経た女医が、介護にこだわる理由―吉住直子氏(JCHOうつのみや病院)・前編

    「ちょっと医学に詳しい近所のおばさんを目指している」と朗らかに話すのは、医師の吉住直子氏です。医学部に入るまでは、臨床検査技師や介護ヘルパーの仕事をしていて、介護現場に立つうちに医師になろうと決意しました。どのような思いで、医師というキャリアを選んだのでしょうか。インタビューを3回に分けてお届けします。

  • 事例

    南海トラフ巨大地震に備えて、医師にできること ――森本真之助氏(三重県 紀南病院)

    森本氏は専門医取得を目指すことに加え、「災害に強いまちづくり」の活動をさらに広げています。診療にとどまらず、地域の大きな課題に取り組む森本氏に、これまでのキャリアと活動を伺いました。

  • 事例

    運営休止した銚子市立病院で、60代医師が働きたいと思った理由―蓮尾公篤氏(銚子市立病院)

    大学病院、神奈川県の公的病院にて長年、外科医として勤務してきた蓮尾公篤先生。医師になったときから思い描いていたキャリアを実現させるべく、60歳を過ぎてから転職活動をスタートします。さまざまな選択肢の中から転職先に選んだのは、かつて運営休止に追い込まれてしまった銚子市立病院でした。蓮尾先生が銚子市立病院に入職を決めた経緯、今後の展望についてお話を伺いました。

  • 事例

    地元・山口に還元する家庭医が描く夢―玉野井徹彦氏(山口大学総合診療部)

    現在、山口大学総合診療部にて臨床・教育・診療体制の改善に取り組むのは、家庭医の玉野井徹彦(たまのい・てつひこ)氏。もともと同氏が医師を志した理由は、地元・山口県の環境保護に取り組むためというユニークなものでした。そんな玉野井氏が思う、山口県の抱える課題と将来実現したい夢とは――。

  • 事例

    町医者に憧れ、被災地で学び、家庭医として地元へ還元する―遠藤貴士氏(モミの木クリニック)

    現在、モミの木クリニック(福島県郡山市)で家庭医として勤務している遠藤貴士(えんどう・たかし)氏。初期研修時、「良い意味で“ごちゃまぜ”」な家庭医に魅力を感じ、家庭医療の道を志します。その後、被災した石巻市での活動を経て、東北地方に当時はなかったGIMカンファレンス(全国各地の有志が開く総合内科の勉強会)を立ち上げます。遠藤氏のこれまでの活動や今後の展望を取材しました。

  • 事例

    「ならば自分が」医師不足に心痛めて薬剤師から医師に ―佐藤英之氏(坂総合病院

    薬剤師から医師へ異色のキャリアチェンジを果たした佐藤英之氏。鹿児島県の調剤薬局で働いた経験などから、地方医療における医師不足や、これに伴う患者の選択肢の少なさについて危機感を抱いていました。これまでの経験を活かし、佐藤氏が歩もうとしている道とは──。

  • 事例

    救急医療改革で、より多くの患者さんを救える日本へ――安藤裕貴氏(一宮西病院)

    安藤裕貴氏は、日本の救急医療に課題を見出し、MBAを取得。2018年からは、ビジネススクールで学んだマネジメントの知識を生かし、一宮西病院(愛知県一宮市)で総合救急部救急科部長として救急改革に取り組んでいます。さらに、改革の輪を全国に広げようと、若手医師の育成にも尽力。安藤氏が思い描く理想の救急医療の姿と、理想の実現に向けた取り組みを聞きました。

  • 事例

    北海道の若手医師のために、道外へ飛び出した総合内科医のビジョン―小澤 労氏(国立病院機構栃木医療センター)

    北海道出身の総合内科医・家庭医、小澤労氏が初期研修を経て感じたのは、「北海道では、自分のなりたい医師にはなれない」ということでした。尊敬する医師の言葉に背中を押され、道外へと踏み出します。小澤氏が思う、北海道が抱える総合内科教育の課題と、若手医師を救うためのビジョンを取材しました。

  • 人気記事ランキング