1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. キャリア事例
  4. 事例
  5. アフリカ支援、松阪市長を経験した医師が、東京の在宅医療に挑戦するわけ―山中光茂氏(げんきらいふクリニック)
事例

アフリカ支援、松阪市長を経験した医師が、東京の在宅医療に挑戦するわけ―山中光茂氏(げんきらいふクリニック)

2017年8月22日

外交官の内定直前で医師を目指し、医師免許取得後はアフリカ支援、帰国後は三重県松阪市長を務めた山中光茂氏。異色の経歴を持つ山中氏が選んだ次のステージは、東京都での在宅医療でした。なぜ東京の地で、取り組みを始めたのでしょうか。

アフリカで知った“他者の幸せ”を、日本で実現する

―まずは外交官から一転、医師を志した経緯を教えてください。
外交官を目指したきっかけは、小学生の時にエチオピア難民支援のテレビ番組を見たことです。その頃から徐々に、地球の裏側で起こっていることに一生かけて関わっていきたいと思うようになりました。その後、慶應義塾大学法学部に進学して、外交官の内定直前まで進みましたが、その段階で、外務省とは日本の国益のために働く場所であるため、外交官になっても自分のやりたい「途上国の問題解決」ができないと思うようになり、医師になることを決意したのです。

―アフリカでは、どのような活動をしてきたのでしょうか。
群馬大学医学部卒業後、すぐにアフリカへ渡り、NPO法人少年ケニアの友を基軸に、地元の人たちとエイズ感染予防プロジェクトを立ち上げました。わたしが活動した地域は、HIV感染率が43%で経産婦罹患率も約30%。つまり、HIVが次世代にもどんどん引き継がれてしまう状況だったのです。

日本人の価値観で見ると「かわいそう」と思うかもしれませんが、現地の人は必ずしもそうではありません。そのような環境でも精一杯生きていて、たくさんの笑顔であふれていたのです。それまでは「何かをやってあげたい」という思いが強かったのですが、勝手に「かわいそう」と決めつけるのはおこがましいと感じるようになりました。同時に“自分ではなく他者が感じる幸せ”を、より真剣に考えるようになったのです。これは在宅医療に従事している今でも、常に考えていますね。

―当時、他者が感じる幸せを追い求めようと考えた末に、松阪市長に就任した理由を教えてください。
国内の状況に目を向けた時、障がい者や医療福祉の問題などが山積していて、幸せを感じられない社会、子どもたちに笑顔がない社会があることに気付きました。地球の裏側だけでなく、日本人として目の前の問題にも向き合うために、行政のシステムづくりに関わろうと思ったのです。

国会議員秘書や県議会議員を経て、松阪市長になったのは33歳のとき。生まれ育った三重県松阪市では、市民の意見が反映されない市政が繰り広げられていました。これでは地域の人々は幸せになれないと考え、まずは市民と一緒に、どんな街にしたいかというマニフェスト作りを始めました。

その後、市長の自分がやりたいことではなく、住民の方々が何をやりたいのかを確認しながら、さまざまな人のまとめ役として、職務を遂行していました。ところが、市民とともに積み上げてきた案件を市議会が否決を続けるようになり、わたしが市長である限り全案件の採決が拒否されるとわかったので、市政停滞を避けるために自らの意思で7年目に辞任を決めました。

行政サイドではなく、現場から地域包括ケア実現に挑戦する

―アフリカ支援と松阪市長を経て、なぜ在宅医療に関わることを決めたのですか。
市長時代は、行政の立場から地域包括ケアを進めてきました。しかし、行政が病床数を決定したとしても、現場で在宅医療が受けられる体制が整わなければ机上の空論で終わってしまいますし、多職種連携会議でも行政職員が何をどう進めて行けばいいのか分からない場合が多かった。そういった状況から、行政主体で地域包括ケアに関わる限界を痛感していました。

そのため、今度は医師であることを活かし、自分が在宅医療の体制を築き、浸透させていきたいと考えるようになったのです。そんな折に、三重県四日市市のいしが在宅ケアクリニックの石賀丈士院長から熱い声がけで「一度、在宅医療の現場を見てみないか」と言われ、在宅医療の世界に飛び込みました。

東京で、在宅医療の土台をつくる


―約1年間、いしが在宅ケアクリニックに勤務後、東京都江戸川区の在宅医療クリニックの院長に就任されましたが、そのときはどのような思いがあったのですか。
四日市市で在宅医療を始めてから、東京の在宅医療クリニックを数件見学したことがありました。そこで初めて、四日市市は在宅医療の土台ができていると気付いたんです。今まで学んできた土台を都市部にも広げていきたい―。そう思い、げんきらいふクリニックの院長に就任しました。

―在宅医療の土台とは何でしょうか。
わたしが考える在宅医療の本質は、病院や施設ではなく、自分が住み慣れた、愛する自宅で、最期の幸せの瞬間まで最善を尽くしてお看取りさせていただくことだと思っています。医療には治す幸せもありますが、最期の瞬間まで穏やかに老いを感じる幸せもすごく大事だと思います。四日市市の多くの住民や医療従事者には、このような心づもりが広がっていました。

一方、都市部の患者さんの場合、90歳を超えていても認知症やがんを治してほしいというご家族が少なからずいますし、訪問看護師やケアマネジャー、訪問診療を担当している医師ですら、急変したら当然救急搬送すればいい、どんな病状でも、高齢でも治せるなら治したいという認識が強いように感じました。都市部での在宅医療はまだ、大病院で治せない人のちょっとした受け皿ぐらいにしか思われていないような気すらしました。

―住民も医療従事者も、在宅医療に対する認識が全然違ったのですね。
そうですね。また、連携の面でも課題が多く感じられました。在宅医療ではご家族との対話が非常に重要ですが、都市部では近くに住んでいないことが多く、患者のご家族とも十分なコミュニケーションが図れないことが多いですね。四日市市では昔ながらの地域コミュニティがあり、ケア提供者同士、顔の見える関係性がつくりやすいのですが、都市部は在宅医療に関わる事業者の数が多いだけでなく考え方も多種多様で、連携が取りにくい現実がありました。

げんきらいふクリニックの院長になって驚いたのが、いくつかの病院の退院カンファレンスで「在宅クリニックの先生に、初めて退院カンファに来てもらった」と言われたこと。病院側も送り出すだけで後はお任せという場面があり、患者さんの病態など、詳しいやりとりができていないことを知りました。

―在宅医療での、今後の目標を教えてください。
四日市市では「ただ治すのではなく、最期の瞬間まで『生きる』ことを大事にする」と学びました。今、江戸川区には、四日市市のようなしっかりとした基盤があるわけではありません。そのため一人でも多くの患者さんが、最期の瞬間まで生き抜くことができる土台作りから始めたいです。

在宅医療の本質的な意義を広めるだけでなく、多職種、そして医療機関同士の連携など、進めていくべきことはたくさんあります。だからこそやりがいがありますし、それが自分の果たすべき役割だと思うので、1つ1つに真摯に取り組み“本当の在宅医療”を浸透させていきたいですね。

この地域の医師求人情報
・ 東京都の常勤医師求人情報を検索する

地域医療にご興味のある先生へ

各地で奮闘する先生お一人おひとりのご活躍によって、日本の医療は支えられています。
この記事をお読みになって、もしも「地方での勤務に興味はあるが、なかなか踏み出せない」とお考えでしたら、一度コンサルタントにご相談いただけないでしょうか。

先生のご懸念やご事情を伺った上で、地方の実情や待遇、サポート体制など正直にお伝えし、前向きな気持ちで次のキャリアに踏み出せるように最大限のご支援をしたいと考えております

先生の決断が、地域を、医療を変えるかもしれません。新天地でのご勤務・転職をお考えでしたら、ぜひお問い合わせください。

この記事の関連キーワード

  1. キャリア事例
  2. 事例

この記事の関連記事

  • 事例

    医師の夢“ちょっと医学に詳しい近所のおばさん”――吉住直子氏(JCHOうつのみや病院)・後編

    医師としてフルタイムで働きつつ、地域での社会活動にも尽力している吉住氏。「幅広い世代が集まる場所」をつくろうと、奮闘しています。なぜ、忙しい時間を縫って社会活動をするのか。どのような医師を目指しているのかを伺いました。

  • 事例

    元ヘルパー医師が考える、引き算の医療―吉住直子氏(JCHOうつのみや病院)・中編

    臨床検査技師や介護ヘルパーを経て、呼吸器内科医となった吉住直子氏。研修先や診療科を選ぶ際は、常に「理想的な高齢者医療」を念頭においていました。実際に診療を始めると、前職の経験がプラスに作用することがあるとか。また、以前は見えなかった新しい課題も浮き彫りになってきたと語ります。

  • 事例

    2つの職を経た女医が、介護にこだわる理由―吉住直子氏(JCHOうつのみや病院)・前編

    「ちょっと医学に詳しい近所のおばさんを目指している」と朗らかに話すのは、医師の吉住直子氏です。医学部に入るまでは、臨床検査技師や介護ヘルパーの仕事をしていて、介護現場に立つうちに医師になろうと決意しました。どのような思いで、医師というキャリアを選んだのでしょうか。インタビューを3回に分けてお届けします。

  • 事例

    南海トラフ巨大地震に備えて、医師にできること ――森本真之助氏(三重県 紀南病院)

    森本氏は専門医取得を目指すことに加え、「災害に強いまちづくり」の活動をさらに広げています。診療にとどまらず、地域の大きな課題に取り組む森本氏に、これまでのキャリアと活動を伺いました。

  • 事例

    運営休止した銚子市立病院で、60代医師が働きたいと思った理由―蓮尾公篤氏(銚子市立病院)

    大学病院、神奈川県の公的病院にて長年、外科医として勤務してきた蓮尾公篤先生。医師になったときから思い描いていたキャリアを実現させるべく、60歳を過ぎてから転職活動をスタートします。さまざまな選択肢の中から転職先に選んだのは、かつて運営休止に追い込まれてしまった銚子市立病院でした。蓮尾先生が銚子市立病院に入職を決めた経緯、今後の展望についてお話を伺いました。

  • 事例

    地元・山口に還元する家庭医が描く夢―玉野井徹彦氏(山口大学総合診療部)

    現在、山口大学総合診療部にて臨床・教育・診療体制の改善に取り組むのは、家庭医の玉野井徹彦(たまのい・てつひこ)氏。もともと同氏が医師を志した理由は、地元・山口県の環境保護に取り組むためというユニークなものでした。そんな玉野井氏が思う、山口県の抱える課題と将来実現したい夢とは――。

  • 事例

    町医者に憧れ、被災地で学び、家庭医として地元へ還元する―遠藤貴士氏(モミの木クリニック)

    現在、モミの木クリニック(福島県郡山市)で家庭医として勤務している遠藤貴士(えんどう・たかし)氏。初期研修時、「良い意味で“ごちゃまぜ”」な家庭医に魅力を感じ、家庭医療の道を志します。その後、被災した石巻市での活動を経て、東北地方に当時はなかったGIMカンファレンス(全国各地の有志が開く総合内科の勉強会)を立ち上げます。遠藤氏のこれまでの活動や今後の展望を取材しました。

  • 事例

    「ならば自分が」医師不足に心痛めて薬剤師から医師に ―佐藤英之氏(坂総合病院

    薬剤師から医師へ異色のキャリアチェンジを果たした佐藤英之氏。鹿児島県の調剤薬局で働いた経験などから、地方医療における医師不足や、これに伴う患者の選択肢の少なさについて危機感を抱いていました。これまでの経験を活かし、佐藤氏が歩もうとしている道とは──。

  • 事例

    救急医療改革で、より多くの患者さんを救える日本へ――安藤裕貴氏(一宮西病院)

    安藤裕貴氏は、日本の救急医療に課題を見出し、MBAを取得。2018年からは、ビジネススクールで学んだマネジメントの知識を生かし、一宮西病院(愛知県一宮市)で総合救急部救急科部長として救急改革に取り組んでいます。さらに、改革の輪を全国に広げようと、若手医師の育成にも尽力。安藤氏が思い描く理想の救急医療の姿と、理想の実現に向けた取り組みを聞きました。

  • 事例

    北海道の若手医師のために、道外へ飛び出した総合内科医のビジョン―小澤 労氏(国立病院機構栃木医療センター)

    北海道出身の総合内科医・家庭医、小澤労氏が初期研修を経て感じたのは、「北海道では、自分のなりたい医師にはなれない」ということでした。尊敬する医師の言葉に背中を押され、道外へと踏み出します。小澤氏が思う、北海道が抱える総合内科教育の課題と、若手医師を救うためのビジョンを取材しました。

  • 人気記事ランキング