1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. キャリア事例
  4. 事例
  5. 「30代前半でのキャリアチェンジ」は時期尚早?悩んだ末の決断とは ―林伸宇氏(医療法人社団鉄祐会祐ホームクリニック平和台)
事例

「30代前半でのキャリアチェンジ」は時期尚早?悩んだ末の決断とは ―林伸宇氏(医療法人社団鉄祐会祐ホームクリニック平和台)

2018年6月6日

医師8年目、30代前半という若さで、東京都練馬区の祐ホームクリニック平和台の院長に抜擢された林伸宇氏。「タイミングとしては正直少し早いのではないか」と思っていた林氏が、急性期医療から在宅医療へキャリアチェンジした背景とは――。(取材日:2018年4月17日)

急性期病院で感じた疑問

―在宅医療に興味を持ったきっかけを教えてください。

学生時代に公衆衛生のサークルに所属していたことから、高い技術を持ち、行政や社会との関わりの中で、多くの人の健康状態や幸福を高められる医師になれたら、と思っていました。

研修医として医療現場に出て、亡くなっていく多くの患者さんを見て「この人の最期の時間を、もう少しいい時間にできないものか」と強く感じるようになりました。病院が最善を尽くす一方で、いくら最善を尽くしても救えない命もあります。しかし、急性期病院で過ごす患者さんが最期の時間を大切にできているかというと、必ずしもそうではないと思っていました。

急性期病院では外来診療で症状が安定している患者さんやそれ以上の治療が望めない患者さんは、地域の診療所や療養型病院に紹介していくことが年々強く求められるようになってきており、医師が一人の患者さんに長く寄り添うことが難しくなってきています。現行の医療制度では仕方のないことですが、患者さんからすると、長い期間診てくれていた病院から違う医療機関を紹介されることは、そう簡単に納得できることではないでしょう。わたし自身、医師として患者さんが希望しないような逆紹介をしていくことは、つらかったですね。じっくりと信頼関係を築き、患者さんに寄り添って診ていたのに、その後関わりがなくなってしまうことに、やるせなさを感じていました。このような経験から、患者さんが最期の時間をよりよく過ごせる場を提供したい、患者さんに最期まで寄り添っていける場で医師として患者さんを支えていきたい、と思うようになっていったのです。

まだまだ先だと思っていた、キャリアチェンジ

―そのような思いから、キャリアチェンジを図った。

初期研修後は糖尿病内科を専門にしていましたが、将来的には在宅医療にキャリアチェンジしたいな、と何となく考えている程度でした。在宅医療に進もうと決意したのは、当院の運営元である医療法人鉄祐会の理事長・武藤真祐先生の講演を聞き、その内容に共感したからです。「人生の最期までぬくもりを感じられる社会をつくりたい。そのためには医療業界だけではなく、医療以外の人とも関わり合っていかないといけない」という言葉が自分の中にストンと落ちてきて――。在宅医療は、医療面はもちろん、介護や福祉をうまく組み合わせて、患者さんの生活を支えていきます。病院でも患者さんの人生を支えることを大切にはしていますが、よりじっくり関われるのが在宅医療なのではないか、と武藤先生の講演を聞いて思うようになったのです。

講演を聞いた後、公衆衛生分野の研究をするために東京大学大学院に進学しました。それと同時に、武藤先生が初めて立ち上げた祐ホームクリニック(東京都文京区)で、非常勤医師として勤務を開始しました。これが、在宅医療との初めての関わりでしたね。大学院卒業後は、大森赤十字病院で糖尿病内科として再び勤務を始めました。糖尿病内科にも非常にやりがいを感じていましたが、在宅医療で感じたやりがいも忘れられず、いつかは本格的に在宅医療にキャリアチェンジしたいと改めて思うようになって――。

ちょうどその頃、武藤先生が練馬区平和台に新たなクリニックを立ち上げることになり、院長を探しているという話を聞きました。自分には関係ないと思っていたのですが、武藤先生から「院長にならないか」と声をかけられたのです。いずれは在宅医療の道へと思っていましたが、30代前半でキャリアチェンジすることはあまり考えていませんでしたし、タイミングとしては正直少し早いのではないかとも思いました。しかし、クリニックの立ち上げから関わることができるのは貴重な経験ですし、大きなやりがいがあるのではないかと考え、思い切って引き受けることにしたのです。

―祐ホームクリニック平和台の運営を任され、改めて実感したことは。

スタッフのマネジメントや患者さんを増やしていくことは大変ではありましたが、それでも、当院が診る患者さん一人ひとりに寄り添って支えられることは、わたしにとって大きな喜びであることを改めて実感しました。

常勤で在宅診療に関わり始めてから、「こんなにいい医療があるとは知らなかった。もっと早く知りたかった」と言う患者さんやご家族が想像以上に多かったことに驚きました。在宅医療に関するさまざまな情報がメディアを通して発信されているのに、必要な人のもとに適切な情報が届いておらず、結果的に在宅医療を受けられないことにはまだ課題があると思いました。在宅医療のことを知らない人は、普段からテレビをあまり見ない、新聞やインターネットの情報を読まない、ご近所付き合いもあまりない、という方だと思います。そのような方々にも在宅医療を提供していくには、医師だけが頑張っても限界があるので、行政、医療・介護従事者も含め、様々な人々が協力することが重要だと思います。

必要とされている医療をしっかり届けていきたい

―在宅医療の認知度向上のために、何か働きかけはしているのですか。

当院としては、地域住民の方に対して定期的に勉強会を開催しています。他の医療機関や自治体と共同で開催することもありますね。その場合は、区報にも掲載してもらって、認知度向上を図っています。露出度が高まると興味を持ってくださる方が増え、100名ほど参加してくれた勉強会もありました。

他の医療機関や事業所との協力については――都市部で在宅医療を行っている多くのクリニックでも同様の課題を抱えていると思いますが、事業所が多い分、顔の見える関係性を築くまでに時間がかかってしまいますね。開院から3年経って、ようやく地域との連携ができていると実感できるようになってきました。今後さらに連携を深めながら、在宅医療を届けられる体制にしていきたいですね。

―最後に、今後の目標を教えていただけますか。

重複しますが、地域連携を発展させて、在宅医療が必要な方へ提供できるようにしていくこと。そして、スタッフ一人ひとりが生き生きと働ける環境をつくることです。そのような環境をつくることで、スタッフが自分の力を最大限発揮でき、それが地域に住んでいる方々の幸せにつながっていくと考えています。これはまだ道半ばなので、今後はよりそこに注力していきたいですね。

在宅医・訪問診療医としての勤務をご希望の先生へ

医師の転職支援サービスを展開するエムスリーキャリアには、在宅医療“専門”のコンサルタントが在籍しています。

直近すぐの転職をお考えの先生はもちろん「数年後のキャリアチェンジを視野に情報収集をしたい」という先生からのご相談にも応じております。条件面だけでなく先生の叶えたいキャリアに合わせ、ベストな選択肢をご提案させていただきます。

詳しくは下記より、お気軽にご相談ください

この記事の関連キーワード

  1. キャリア事例
  2. 事例

この記事の関連記事

  • 事例

    町医者に憧れ、被災地で学び、家庭医として地元へ還元する―遠藤貴士氏(モミの木クリニック)

    現在、モミの木クリニック(福島県郡山市)で家庭医として勤務している遠藤貴士(えんどう・たかし)氏。初期研修時、「良い意味で“ごちゃまぜ”」な家庭医に魅力を感じ、家庭医療の道を志します。その後、被災した石巻市での活動を経て、東北地方に当時はなかったGIMカンファレンス(全国各地の有志が開く総合内科の勉強会)を立ち上げます。遠藤氏のこれまでの活動や今後の展望を取材しました。

  • 事例

    フットケア専門の訪問診療が必要だ! 地域の声に応えた医師の挑戦 ―木下幹雄氏(TOWN訪問診療所)

    2017年4月、東京都昭島市に、国内では珍しいフットケア専門の訪問診療所を開業した木下幹雄氏。これまで杏林大学医学部付属病院、東京西徳洲会病院にも、難治性潰瘍のフットケア外来を立ち上げてきた木下氏には、形成外科医として地域で実現したいことがあります。

  • 事例

    臨床経験豊富な専門医こそ、在宅医療を―月永 洋介氏(医療法人賛永会さつきホームクリニック)

    北関東最大、50万人超の人口を有する栃木県宇都宮市。市内外に急性期病院が複数あり、在宅医療のニーズが高まっているこの地に、2016年4月、在宅医療専門クリニックが開院しました。院長の月永洋介氏は、「在宅医療も可能な限り治療から緩和ケアまで高い質を継続すべき」と考え、専門医の在宅医療への参入を奨励しています。月永氏が在宅医療専門クリニックを開業した想い、地域で担っていきたい役割についてお話を伺いました。

  • 事例

    「立ち上がらなければ始まらない」30代で急きょ開業した若手医師の思い―田中公孝氏(ぴあ訪問クリニック三鷹)

    医師にとって大きな決断である、開業。田中公孝氏は33歳という若さで東京都三鷹市にクリニックを開設し、家庭医としての経験を活かしながら地域の高齢者が幸せに暮らせる環境づくりに着手し始めました。経営ノウハウも全くゼロの状態からスタートし、想定外の出来事にも数多く見舞われたという田中氏。それでも自分らしく地域医療に切り込んでいこうと意気込む裏にある思いを聞きました。

  • 事例

    アフリカ支援、松阪市長を経験した医師が、東京の在宅医療に挑戦するわけ

    外交官の内定直前で医師を目指し、医師免許取得後はアフリカ支援、帰国後は三重県松阪市長を務めた山中光茂氏。異色の経歴を持つ山中氏が選んだ次のステージは、東京都での在宅医療でした。なぜ東京の地で、取り組みを始めたのでしょうか。

  • 事例

    「1人の医師が変われば、3000人が救われる」 2025年を負け戦にしない方策とは―小澤竹俊氏(めぐみ在宅クリニック院長)Vol.2

    エンドオブライフ・ケア協会の理事として看取りに関わる人材育成にも取り組む、めぐみ在宅クリニックの小澤竹俊氏。団塊の世代が75歳を迎える2025年に向け、地域、そして日本全国の在宅医療を支えようと意気込みを伺いました。インタビュー後編。

  • 事例

    100点中10点でも「これでいい」 10年以上看取りに携わった在宅医が思うこと―小澤竹俊氏(めぐみ在宅クリニック院長)Vol.1

    患者に寄り添う訪問診療を行いながら、エンドオブライフ・ケア協会の理事として看取りに関わる人材育成にも取り組む、めぐみ在宅クリニックの小澤竹俊氏。在宅療養支援診療所が制度化された2006年に開業してから、10年以上にわたり、在宅医療の第一線で活躍されています。団塊の世代が75歳を迎える2025年に向け、地域、そして日本全国の在宅医療を支えようと意気込む小澤氏に、在宅医のキャリアについて伺いました。

  • 事例

    在宅医療は「逃げ」ではない 外科医が気付いた医療の在り方 ―市原 利晃氏(秋田往診クリニック)

    2007年、秋田県初の在宅医療専門クリニックを開業した市原利晃氏。数千例のがん手術を執刀するなど、外科医として着実に実績を積み上げていた市原氏でしたが、在宅医療専門クリニックを見学した際に考え方が一変。今では、「外科医×在宅医療のあり方」を模索するようになったそうです。

  • 事例

    八戸市の在宅医療が抱えていた問題とは

    救急医療体制が整っており、人口当たりの訪問介護ステーション数も全国平均の1.7倍という青森県八戸市。在宅医療を手掛ける医療機関も複数存在し、一見、患者が在宅療養するための資源はそろっているようにも映りますが、患者の様子から“ある危機感”を抱く医師がいました。

  • 事例

    在宅医療を通じて、住民が生き生きと暮らせる地域へ―紅谷 浩之氏

    2011年、福井県福井市に在宅医療専門クリニックを開業した紅谷浩之先生。町医者として地域貢献すべく福井市に戻った紅谷先生が、オレンジホームクリニックを立ち上げた理由とは―?

  • 人気記事ランキング