1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. キャリア事例
  4. 事例
  5. 医師を離島医療に掻き立てた“一本の電話”―石橋興介氏(竹富町立竹富診療所)
事例

医師を離島医療に掻き立てた“一本の電話”―石橋興介氏(竹富町立竹富診療所)

2018年5月23日

「力を貸してほしい」―。この1本の電話が、竹富診療所、そして一人の医師のキャリアを大きく変えました。2015年、竹富診療所に赴任した石橋興介氏は、島の人の健康に危機感を覚え、住民と一緒に島の健康づくりを推進。その取り組みが評価され、竹富診療所は厚生労働省主催「第6回 健康寿命をのばそう!アワード」の生活習慣病予防分野で、厚生労働大臣最優秀賞を受賞しました。竹富島の今、そして未来を石橋氏はどのように見つめているのでしょうか。(取材日:2018年4月14日)

課題解決のために、離島医療に携わりたい

―竹富町立竹富診療所に着任されるまでの経緯を教えてください。

わたしは曾祖父、祖父、父と3代続けて外科医という家系に生まれましたが、医師になろうという考えはあまり持っていませんでした。父は多忙でほとんど家にいなかったため、「こんなに忙しいなら医師にはなりたくない」と思っていたのです。

そんな考えが一転したのは、趣味の沖縄旅行中でのこと。八重山諸島で、たまたま釣りをしていた島の医師から「島の人たちは、長年暮らした地で最期を迎えることができない。微力ながら、その状況を少しでも良くしようとしている」という話を聞きました。それを聞いて、このような問題を解決するために医師を目指したいという気持ちが芽生え、医学部進学のため猛勉強。何とか岩手医科大学に進学することができました。

医学生時代も一貫して、「離島や医療資源の少ない地域の医療に携わりたい」と言い続けていました。ところが学年が上がっていくにつれ、現実的に考えて離島に行けるのは、若いうちか、定年退職後のどちらかになるのではないか、と考えるようになっていたのです。沖縄赤十字病院で初期研修を受けた後、父の体調が悪くなり、故郷である福岡県に帰って内科医として働いていました。そして2014年3月、竹富町役場から「力を貸してほしい」と突然電話がかかってきたのです。

―そのオファーを受けて、赴任を決意したのですか。

そうですね。父のことはもちろん、子どもが生まれて間もなかったこともあり、かなり悩みました。しかし、わたしが医師になった原点は、離島で医療に携わること。自分が一番好きな竹富島から電話をいただき運命的なものを感じましたし、将来的には実家を継ぐだろうことを考えると、今この機会を逃したら次いつ行けるか分からないと思ったのです。少し無理はありましたが、家族の理解と協力を得て、2015年4月に竹富診療所に着任しました。

亡くなる方の3人に1人が65歳未満

―赴任してから、どのようなことに取り組んだのですか。

赴任して最初に驚いたのは、脳心血管イベントの多さ。人口350人程の竹富島で、1年間に7件発生していたのです。これは問題だと感じて原因を探っていったところ、竹富町の1人当たりの年間医療費と費用額全体に占める入院費用の割合から、普段検診や受診をせず、重症化してから病院に来ていることが予測できました。

さらに、脳心血管イベントを起こす動脈硬化の危険因子、高血圧症・脂質異常症・糖尿病を患っている人数と年代別分布を調べたところ、高血圧症61人、脂質異常症42人、糖尿病17人。このうち2つの危険因子を持っている方は27人、3つ持っている方は17人でした。人口約350人から未成年を除いた母数を考えると、いかに高い割合か分かると思います。そして驚くことに竹富町は、亡くなる男性の3人に1人が65歳未満だったのです。

このことから、高齢者は元気で、若い世代の生活習慣が著しく悪いことが分かりました。隣の石垣島に地域拠点病院があるものの、赴任当時は脳外科医と心臓血管外科医が不在という状況。救急医療体制も医療資源も限られている中で、予防医療が重要になってくると考え、もともと健康づくりのためにあった取り組みを有効性の高いものに再構築していくことに乗り出したのです。

―具体的な取り組みについて教えてください。

まずは、公民館、学校の校長先生、郵便局長、老人会、婦人会、青年会、町役場の職員、保健師、栄養士のトップを委員として呼び、診療所スタッフも含めた健康推進部会を結成しました。そこで疫学データを共有し、何が必要かを話し合い、プロジェクトを「ぱいぬ島健康プラン21in竹富島」と命名。具体的な取り組みの企画、運営、住民への参加呼びかけを行うよう、組織立てていきました。

プロジェクトの大軸は2本。「体の健康づくり」と「心と頭の健康づくり」です。体の健康づくりでは、ウォーキング、島の清掃活動、体力測定会、健康体操教室、3世代ゲートボール大会、最近では映像を見ながら同じ動きをして体を動かすJOYBEATを実施。心と頭の健康づくりでは、医療講話、料理教室、保健指導、心肺蘇生法講習会、古謡教室、そして禁煙外来&喫煙防止教室を開催しています。

動脈硬化の危険因子を持っている方には、健康推進部会のあらゆる方面の方から積極的に声をかけてもらうことと、診療を予約制にして毎月の血液検査で数値の推移を自ら確認してもらってきました。その結果、「ぱいぬ島健康プラン21in竹富島」の活動への参加率が上がり、徐々に効果が現れてきています。具体的には、ウォーキングはすっかり習慣化することができたので、参加ルールを緩めることができました。医療講話では、始めた当初は高齢者の参加率が高かったのですが、今はターゲットである若い世代の参加率の方が高くなっています。これに付随して、竹富島内に2店舗あったタバコ販売店は、いずれもタバコの販売を辞めました。島内でのタバコ販売が一切なくなったため、島全体で喫煙率が35%減少。これらのことから、健康づくりが竹富島全体に少しずつ浸透してきていると感じています。

―健康づくりが浸透してきた秘訣は、どんなところにあると感じていますか。

健康に目を向けてもらいたい人のところに、自ら入り込むことだと思います。例えば、飲み会に顔を出すこと。わたしは飲み会に参加している住民と打ち解けられますし、その場で参加者の食生活もチェックできます。

これまで糖尿病をはじめとする生活習慣病を専門に診てきましたが、正直なところ、診療が多忙で、患者さんの社会的背景や生活習慣まであまり意識していませんでした。数値を見て、薬を処方するのみで、薬をちゃんと飲めているかまでチェックできていなかったのです。島に来て初めて、「こういう食生活をしていれば糖尿病になる」「喫煙して、お酒をこれだけ飲んで、運動もしなければ、こういう数値になる」と分かるようになりました。当たり前かもしれませんが、患者さんの日常を知るために行動し、どうやったら現状を改善してくれるかを考えられるようになったからこそ、成果が出てきたのだと思います。この「ぱいぬ島健康プラン21in竹富島」プロジェクトが評価されて、竹富診療所は厚生労働省主催「第6回 健康寿命をのばそう!アワード」の生活習慣病予防分野で、厚生労働大臣最優秀賞を受賞することができました。

竹富島の取り組みを、予防医学のモデルケールに

―今後の展望はどのように描いていますか。

いずれは実家を継がなければいけないので、いつか島を出る時が来ると思いますが、竹富島との関係が切れてしまうことだけは避けたいと考えています。医師一人で島の医療を守っていくことは決して楽ではありません。そのため、歴代の医師が後任の医師を支える仕組みがあるべきだと思います。わたし個人としては、竹富島を離れたとしてもこの島の疫学データを追いかけ続けたいと思っているので、1年に1回は健康講話に来るなどして島の人たちと交流を続けながら、後任のサポートもできたらいいですね。

今は、成果が出つつある「ぱいぬ島健康プラン21in竹富島」を、島の人たちと一緒にブラッシュアップすることに注力したいですね。諸外国では医学として確立している予防医学ですが、日本ではまだまだ認知されていません。しかしながら、国は医療費削減の方向で動き始めているので、今以上に予防医学が重要になってくるはず。予防医学がより求められるようになった時に、竹富島の取り組みがモデルケースとして全国に広げられるレベルになるように高めていきたいです。

この地域の医師求人情報
・ 沖縄県の常勤医師求人情報を検索する

地域医療にご興味のある先生へ

各地で奮闘する先生お一人おひとりのご活躍によって、日本の医療は支えられています。
この記事をお読みになって、もしも「地方での勤務に興味はあるが、なかなか踏み出せない」とお考えでしたら、一度コンサルタントにご相談いただけないでしょうか。

先生のご懸念やご事情を伺った上で、地方の実情や待遇、サポート体制など正直にお伝えし、前向きな気持ちで次のキャリアに踏み出せるように最大限のご支援をしたいと考えております

先生の決断が、地域を、医療を変えるかもしれません。新天地でのご勤務・転職をお考えでしたら、ぜひお問い合わせください。

この記事の関連キーワード

  1. キャリア事例
  2. 事例

この記事の関連記事

  • 事例

    南海トラフ巨大地震に備えて、医師にできること ――森本真之助氏(三重県 紀南病院)

    森本氏は専門医取得を目指すことに加え、「災害に強いまちづくり」の活動をさらに広げています。診療にとどまらず、地域の大きな課題に取り組む森本氏に、これまでのキャリアと活動を伺いました。

  • 事例

    運営休止した銚子市立病院で、60代医師が働きたいと思った理由―蓮尾公篤氏(銚子市立病院)

    大学病院、神奈川県の公的病院にて長年、外科医として勤務してきた蓮尾公篤先生。医師になったときから思い描いていたキャリアを実現させるべく、60歳を過ぎてから転職活動をスタートします。さまざまな選択肢の中から転職先に選んだのは、かつて運営休止に追い込まれてしまった銚子市立病院でした。蓮尾先生が銚子市立病院に入職を決めた経緯、今後の展望についてお話を伺いました。

  • 事例

    地元・山口に還元する家庭医が描く夢―玉野井徹彦氏(山口大学総合診療部)

    現在、山口大学総合診療部にて臨床・教育・診療体制の改善に取り組むのは、家庭医の玉野井徹彦(たまのい・てつひこ)氏。もともと同氏が医師を志した理由は、地元・山口県の環境保護に取り組むためというユニークなものでした。そんな玉野井氏が思う、山口県の抱える課題と将来実現したい夢とは――。

  • 事例

    町医者に憧れ、被災地で学び、家庭医として地元へ還元する―遠藤貴士氏(モミの木クリニック)

    現在、モミの木クリニック(福島県郡山市)で家庭医として勤務している遠藤貴士(えんどう・たかし)氏。初期研修時、「良い意味で“ごちゃまぜ”」な家庭医に魅力を感じ、家庭医療の道を志します。その後、被災した石巻市での活動を経て、東北地方に当時はなかったGIMカンファレンス(全国各地の有志が開く総合内科の勉強会)を立ち上げます。遠藤氏のこれまでの活動や今後の展望を取材しました。

  • 事例

    「ならば自分が」医師不足に心痛めて薬剤師から医師に ―佐藤英之氏(坂総合病院

    薬剤師から医師へ異色のキャリアチェンジを果たした佐藤英之氏。鹿児島県の調剤薬局で働いた経験などから、地方医療における医師不足や、これに伴う患者の選択肢の少なさについて危機感を抱いていました。これまでの経験を活かし、佐藤氏が歩もうとしている道とは──。

  • 事例

    救急医療改革で、より多くの患者さんを救える日本へ――安藤裕貴氏(一宮西病院)

    安藤裕貴氏は、日本の救急医療に課題を見出し、MBAを取得。2018年からは、ビジネススクールで学んだマネジメントの知識を生かし、一宮西病院(愛知県一宮市)で総合救急部救急科部長として救急改革に取り組んでいます。さらに、改革の輪を全国に広げようと、若手医師の育成にも尽力。安藤氏が思い描く理想の救急医療の姿と、理想の実現に向けた取り組みを聞きました。

  • 事例

    北海道の若手医師のために、道外へ飛び出した総合内科医のビジョン―小澤 労氏(国立病院機構栃木医療センター)

    北海道出身の総合内科医・家庭医、小澤労氏が初期研修を経て感じたのは、「北海道では、自分のなりたい医師にはなれない」ということでした。尊敬する医師の言葉に背中を押され、道外へと踏み出します。小澤氏が思う、北海道が抱える総合内科教育の課題と、若手医師を救うためのビジョンを取材しました。

  • 事例

    医師の働き方改革、若き離島医が抱える想い―砂川惇司氏(大原診療所)

    将来は故郷に貢献したいと考え、医師を志した宮古島出身の砂川惇司氏。離島研修が受けられる沖縄県立中部病院で研さんを積み、2017年より沖縄県西表島の診療所に赴任し、専攻医として日々診療にあたっています。「医師の働き方改革」の渦中にもいる砂川氏に、離島医としての想いや今後の展望についてお話を伺いました。

  • 事例

    診療への悶々とした思いが一転 国内留学で得た衝撃とは ―河南真吾氏(徳島県立海部病院)

    河南真吾氏は医学生のときに同行した訪問診療の衝撃から、徳島大学卒業後に母校の総合診療部に入局します。総合診療部で日々診療する中で、ある悶々とした思いを抱き始めます。そんな折、亀田ファミリークリニック館山への国内留学をきっかけに、30代半ばにして自らの役割を見出しました。それまでの気持ちの変化や現在の活動拠点である徳島県立海部病院での取り組みを伺いました。

  • 事例

    市中病院から大学病院に入局した理由―近藤猛氏(名古屋大学医学部附属病院)

    学生時代、ある勉強会に参加したことを機に、将来の展望が大きく変わった近藤猛氏。市中病院で研鑽を積んだ後、名古屋大学医学部附属病院の総合診療科に入局し、現在は院内外で「教育」に携わっています。教育を通してどのようなことを実現しようとしているかを伺いました。

  • 人気記事ランキング