1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. キャリア事例
  4. 事例
  5. がん闘病の医師、死を覚悟し抱いた「後悔」―病とキャリアvol.1(後編)
事例

がん闘病の医師、死を覚悟し抱いた「後悔」―病とキャリアvol.1(後編)

2019年4月23日

2006年に34歳で肺がんの手術を受けた川崎幸病院放射線治療センター長の加藤大基先生。闘病を通じて、「仕事だけで死んでしまうのはもったいない」と考えるようになったそうです。がんになってから10年以上経過した現在の仕事観や死生観についてお伺いしました。(取材日:2019年3月20日)(前編はこちら

検査結果を聞くまでの怖さ

―ご自身が患者になってから、患者さんへの向き合い方で変わったことなどはありますか。

私の場合、術後半年ごとにCTを撮る検査がありました。がんの大きさは1.5cmくらいでそんなに大きくありませんでしたが、比較的増殖能の高いタイプだったので、術後3カ月くらいは再発の不安がずっとありました。でも、再発するかどうかは誰にも分からないので、その後は考えないようにしていたんです。それでも検査前はものすごく緊張するんですよ。
もし再発していた場合、主治医からそれを伝えられるのが怖かったので、CTのあとすぐ画像を見られる状態にしてもらっていました。まず自分で画像をじっくり見て、再発がないことを確認してから受診していました。受診時に「再発です」と言われることに対する、自分なりの防御のようなものですね。

これを患者さんとの関係で普遍化すると、検査を受けてから結果が出るまでの時間をなるべく短くしてあげたいという思いに尽きます。多くの患者さんは、検査の結果がどうだったかを知りたいので、「体調はどうですか」という話から始めるのではなく、患者さんが診察室に入ってきたらまず「問題なかったです」とお伝えするようになりましたね。

どのくらい生きられるかなんてわからない

―病気を経験されて、医師として働く上での考え方の変化はありましたか。

当たり前ですが、闘病中は死がすごく近くなるわけです。そうすると、仕事だけで死んでしまうのはもったいないと、ワークライフバランスをもっと強く考えるようになりました。もちろん仕事は一生懸命やりますが、オーバーワークになることを避ける努力をしています。

もともと、ワークライフバランスを大切にしたい気持ちはありました。医師は非効率なこと、全く専門外のことをさせられることも含めて、不必要な仕事が結構あると感じています。がんになるまでは、そういうことも唯々諾々というか、仕方がないと思いながらやっていました。しかし病気を経験してからは、必要でないことは上司に論理的に説明して、談判して、なくしていく努力を続けることを積極的にやるようになったと感じます。

―価値観も変わりましたか。

病気のせいなのか、年齢を重ねたせいなのかわかりませんが、「自分が幸せに生きることが人生の最大の目的だ」という思いを、より強く意識するようになったかもしれません。闘病時は、病気が悪くなれば数年で死んでしまうかもしれない、とも考えていました。その経験から、物事を先延ばしにしているとその先はないかもしれないという気持ちが強くなり、さまざまなことの優先順位づけが非常に明確になりましたね。
放射線治療医は、がんの患者さんばかり診ます。中には、若くして亡くなる方も少なくありません。人生100年時代といえども、どのくらい生きられるかなんて誰にもわからない。そんな先のことを考えるより、まず目の前の幸せをある程度確保して、できることは前倒しにして取り組んだ方がいいのではないか、と病気になってみて強く感じました。

―同じように病気をされた医師や、いま闘病中の医師に先生が声をかけるとしたら。

例えば、一口にがんといっても、がん種やステージ、年齢が違えば全く異なるものだと考えています。同じがん種で同じようなステージで見つかった方になら、自分の経験はある程度参考になるかもしれません。しかし、違う臓器のがん、非常に進行した状態で見つかった人にどのような言葉をかけるかといわれたら、自分ががんを経験したからといって、十把一絡げには決してできません。私と同じように完治を目指す手術を受けて、再発に対する不安を抱えている人の気持ちなら多少は分かりますが、自分が安易にアドバイスできる立場にいるわけではないと、自戒の意味をこめて思っています。

じっくり患者さんと向き合っていく

―今後のキャリア、ワークライフバランスはどのようにお考えですか。

患者さんと向き合う時間が十分に取れない科や病院が少なくない中、現職は比較的時間があるため、じっくりと説明をすることができる環境にあります。患者さんが希望されれば放射線治療のことに限らず、病状や他科で出ている薬の話などについても、しっかり話ができる医師でありたいですね。偉くなりたい、研究成果を出したいといった出世欲がそんなに強くないので、患者さんのところに腰を据えてやっていきたいと考えています。

昔は有給休暇なんて使ったことがありませんでしたが、最近は取得するようにして、好きな史跡巡りの旅行などをして息抜きをしています。そのような環境にあるので、老後まで待たずに、ワークライフバランスの実現を図れていると感じていますね。今のように、自分に無理のないペースで働きながら、患者さんのために良い医療提供をし続けていけたら、これ以上のことはないと思っています。

加藤 大基
かとう・だいき
川崎幸病院放射線治療センター センター長(取材時)

1999年東京大学医学部卒業後、同大医学部附属病院放射線科入局。国立国際医療研究センター、癌研究会附属病院(現 がん研有明病院)等を経て、2016年より川崎幸病院放射線治療センター副センター長、2019年4月より現職。2006年に肺腺癌(ステージⅠA)で左肺下葉切除術を受ける。著書に『東大のがん治療医が癌になって』(ロハスメディア)。

従来の価値観に とらわれない働き方をしたい先生へ

先生の「やりたい」を叶えるためには、従来の働き方のままでは難しいとお悩みではありませんか。

  • 医師業と、自分のやりたいことを兼業したい
  • 病院・クリニック以外で医師免許を生かして働きたい

もし上記のようなお考えをお持ちでしたら、エムスリーキャリアのコンサルタントにご相談ください。

エムスリーキャリアは全国10,000以上の医療機関と提携して、多数の求人をお預かりしているほか、コンサルタントの条件交渉によって求人を作り出すことが可能です。

この記事の関連キーワード

  1. キャリア事例
  2. 事例

この記事の関連記事

  • 事例

    「自分が理想とする糖尿病診療を追い求めて」開業へ

    小児糖尿病の宣告を受けるも、「糖尿病だってなんでもできる」という医師の言葉をお守りに自らも医師を志すことを決意した南昌江内科クリニック(福岡市)の院長、南昌江先生。現在の糖尿病専門科医院を経営するようになった軌跡を伺います。

  • 事例

    小児糖尿病にならなければ、医師の私はいない

    福岡市にある糖尿病専門科医院、南昌江内科クリニックの院長・南昌江先生は、ご自身が中学2年生の際に小児糖尿病を宣告された身の上です。病気を発症した前編に続き、今回は医療への水差し案内人となった医師との出逢いや転機となった出来事について伺います。

  • 事例

    14歳で1型糖尿病「前向きに考えて生きなさい」

    14歳の夏、”小児糖尿病”の宣告を受けた南昌江先生。その数年後、両親や主治医、同じ病気の仲間たちに支えられ医学部受験、医師になるという夢を果たしました。前編では、病の発症、闘病生活について伺います。

  • 事例

    視力を失った精神科医だからできること

    網膜色素変性症を抱えながら、精神科医となった福場将太先生。容赦なく病状が進行する中で、一度は医師を辞めようと考えた福場先生でしたが、様々な人々との出会いで医師を続けていこうと決意します。

  • 事例

    辞職か、継続か…視力を失った精神科医の葛藤

    医学部5年生の時に、網膜色素変性症を発症した福場将太先生。次第に視力が衰えていく現実に、迷い、葛藤を覚えながらも、医師の資格を取得されます。

  • 事例

    「見えなくなっていく」卒試、国試前に病を発症

    網膜の機能が低下し、人によっては視力を失うこともある網膜色素変性症。次第に視力が衰えていくこの病気は、福場将太先生に、医師として、一人の人間としてどう生きるかを、常に問いかける存在でした。

  • 事例

    不治の病を抱えながら、クリニックの院長へ

    40代でパーキンソン病を発症し、50歳で医師として働くことを辞めた橋爪鈴男先生。後編では、再び医療の世界に戻った時のエピソードと、病を抱えるようになって変化したことを語っていただきました。(取材日:2020年2月20日 ※インタビューは、資料や文書による回答も交えた形式で実施しました)

  • 事例

    「もう死にたい」動けない医師が光を見出すまで

    皮膚科医として、順調なキャリアを築いてきた橋爪鈴男先生。しかし、40代でパーキンソン病を発症した後、大学病院を辞すことを決意します。中編では、絶望を救った一つの言葉と仲間の支え、そして新たな治療を経て見つけた生き甲斐についてお話をうかがいました。

  • 事例

    40代でパーキンソン病「医師を続けられない」

    順風満帆な生活から一転、晴天の霹靂のごとく襲いかかった難病──。橋爪鈴男先生は、40代でパーキンソン病を発症し、大学病院の助教授(当時)の職を辞すことを決意します。身体機能が衰えていく自分の姿に苦悩し、自殺を考えたこともあったそうです。しかし、生きる意味を見出し、再び医師として復帰するに至りました。前編では、突然の発症から大学病院の辞職を決意するまでのエピソードをお聞きしました。

  • 事例

    「患者さんを否定しない」傷ついた経験を糧に

    医師であり、線維筋痛症の患者でもある原田樹先生。自分や周囲にとって最善の働き方を模索しながら、3次救急病院の救急科で働き続けています。後編では、病に対する考え方の変化と、新たなキャリアについてお聞きしました。

  • 人気記事ランキング