1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. キャリア事例
  4. 事例
  5. メタルバンド女医「人一倍頑張ってきた」―医師と2足のわらじvol.16(前編)
事例

メタルバンド女医「人一倍頑張ってきた」―医師と2足のわらじvol.16(前編)

2019年7月4日
ライブ中のAnatomy。中央がババロア先生(提供:ババロア先生)

形成外科医であるババロア先生のもう一つの顔は、医療系メタルバンド「Anatomy」のボーカリスト。3月にリリースしたミニアルバムが、発売週にディスクユニオンヘヴィメタルチャートで1位を獲得するなど、バンドの注目度も上がっています。医師兼バンドマンというユニークなキャリアを歩み始めたババロア先生に、医師を志したきっかけやバンド活動への思いを伺いました。(取材日:2019年5月28日)

助けられたから、助けられるようになりたい

―医学部を目指すようになったきっかけを教えてください。

高校3年生のとき、私が甲状腺がんになり、同じ年に父が大動脈解離で救急搬送されるという経験をしました。
甲状腺がんになって、それまであまり縁のなかった病院に初めて入院して、先生方に大変お世話になりました。ただ、医学部に挑戦しようと思ったのは、父の病気の方が大きかったです。父がオペを受けるとき、助けてほしいと思う一方で、これがお別れになるかもしれないという気持ちもあったんです。8時間を超えるオペが終わった後、家族控室まで執刀医の先生が来てくださり「無事終わりましたよ」と声をかけてくださって――。人が人を助けることの凄さを目の当たりにして、私もそういう仕事に就きたいと思うようになりました。

医学部は偏差値的にかなり難しいイメージがあり、私には無理だろうなと思っていたのですが、人を助けられるようになれるのなら挑戦したいと思ったんです。ただ、入院などで準備不足だったこともあり、現役では不合格。親の希望もあって国公立に受かるまで頑張り、合格できたことが人生の大きなターニングポイントになりました。できないと思っていたことを成し遂げられた成功体験が自信につながりました。

―医学部に入ってからは、どのように過ごしましたか。

医学の勉強は興味深く、楽しんで取り組めました。大学の図書館が24時間開いていたので、泊まり込んで勉強していましたね。いわば、図書館に住んでいるような状態でした。
4年生のときには、学生でも研究ができるMD-PhDコースに入って、法医学の研究をしました。大腿骨を使ってご遺体の身長を推定する研究で英語の論文を1本書き、学会でも発表して優秀賞をいただきました。
その学会発表がきっかけで、元杏林大学教授の松村讓兒先生からお声がけいただき、先生の著書『イラスト解剖学 第9版』(中外医学社)に研究結果を掲載していただいたんです。解剖の授業が始まったとき、最初に手に取ったのが『イラスト解剖学』だったので、その本にまさか自分の研究が載るなんて、信じられませんでした。この経験から、アウトプットすることは大事だと実感しましたね。

プロとして、バンド活動を行う理由

―バンド活動はいつごろから始めたのでしょうか。

ずっとピアノを習っていたので、中学でバンドを始めたときはキーボードを弾いていました。初めてボーカルを担当したのは、高校のときです。大学5年生でAnatomy(アナトミー)という現在のメタルバンドを始めるまでは、いわゆるコピーバンドをしていましたね。Anatomyになってからは、全てオリジナル曲です。CubaseというDTM作曲ソフトを使って、ドラム・ベース・キーボード・ギターの全パートを作曲し、作詞もしています。

―メタルを始めて以降は、プロ志向をお持ちだったのですか。

そうですね。自分にしかできないものを発信して、それを聴いて「かっこいい」、「楽しい」と思ってくれる人がいるなら、プロとしてどんどん表に出ていくべきだと思うんです。多くの人に認知されることが新たなオファーにつながって、可能性もさらに広がりますから。
それに、バンド活動にはお金がかかります。それを全部自費で賄っていたら、いつかは終わりが来ると思います。でも、プロとしてちゃんと利益を出しながらであれば、活動自体も続けていけるし、資金を元にもっともっといいものができる。そう考えると、この活動を大きくしていくためには、プロになることが絶対必要だと思ったのです。

甲状腺がんは10年間フォローで寛解している

マッチングでも、「バンド活動を続ける」と明言

―大学までは北海道で過ごして、初期研修で東京の病院を志望したのはなぜですか。

北海道だと慣れ親しんだ人達が多く、私にとって甘えが生まれやすい環境だと思ったんです。東京はいろいろなところから人が集まってくるし、頼れる人もいない。敢えて厳しい環境に身を置いて、医師として成長したいという気持ちがまずありました。バンド活動をするにも、東京の方がチャンスが多いと思ったのも理由としてあります。私の拠点が変わったことで、バンドの楽器隊が全員替わりました。いまのメンバーは、東京で新たに探した人たちです。

―マッチングの際に、バンド活動のことはオープンにしていたのでしょうか?

面接で「学生時代一番頑張ったことは?」と聞かれたら、バンド活動のことを話していました。変に隠して活動しにくくなっても困るので、研修医になってからも続けますとも話していましたね。そこは、私にとって譲れない部分だったので――。
一方で、そう伝えることで、プラスの印象を持たれにくいことも分かってはいました。学生時代から“バンドをやっている”ということで、休みそう、適当そうというイメージで見られがちでしたし、そのことにも慣れてしまいました。テストで他の人が悪い点数でも何も言われませんが、私が悪い点数だと「やっぱりバンドやっているからだ」って、言いたくて仕方ない人が多いんですよね(笑)。そう言われないために、学生時代は人一倍勉強して学年1位になったこともあります。今後も医師業も、バンド活動も全力でやるスタンスは変わりません。努力していることを殊更にアピールしたりするのではなく、やるべきことをしっかりやるだけ。当たり前のことを地道にこなし、誠実に仕事に向き合っていけば、誤解は解けると思っています。

後編では、現在のワークスタイルや今後の展望について伺います。

ババロア
ばばろあ

大学まで北海道で過ごし、現在は都内の大学病院形成外科医局に所属する3年目医師。メタルバンドAnatomyではボーカルと作詞作曲を担当している。今後のライブの予定などはHPに掲載中。
Anatomy オフィシャルサイト https://anatomyroa.wixsite.com/website-1
Twitterアカウント @babaroa_anatomy

従来の価値観に とらわれない働き方をしたい先生へ

先生の「やりたい」を叶えるためには、従来の働き方のままでは難しいとお悩みではありませんか。

  • 医師業と、自分のやりたいことを兼業したい
  • 病院・クリニック以外で医師免許を生かして働きたい

もし上記のようなお考えをお持ちでしたら、エムスリーキャリアのコンサルタントにご相談ください。

エムスリーキャリアは全国10,000以上の医療機関と提携して、多数の求人をお預かりしているほか、コンサルタントの条件交渉によって求人を作り出すことが可能です。

この記事の関連キーワード

  1. キャリア事例
  2. 事例

この記事の関連記事

  • 事例

    オリンピック出場を目指す研修医の思い―医師と2足のわらじvol.19(後編)

    初期研修医と世界クラスの山岳ランナーという二つの顔を持つ髙村貴子先生。今シーズンからは山岳スキーも始め、年間を通じて山を駆ける髙村先生は、将来にどんなビジョンを描いているのでしょうか。医師として、山岳ランナーとして目指している場所を伺いました。

  • 事例

    研修病院決定の決め手は「そこに山があったから」―医師と2足のわらじvol.19(中編)

    長野県で初期研修医として働いている髙村貴子先生は、国内では敵なしの実力をもつ山岳ランナーでもあります。初出場したレースでいきなり3位に入賞したのが医学部2年生のとき。ときには海外にも転戦する山岳ランナーと医学生をどのように両立してきたのでしょうか。卒試・国試を控えた6年生のときの過酷なエピソードや研修医生活との両立についても伺いました。

  • 事例

    国試の前は地獄…山岳ランナーと医学生の両立―医師と2足のわらじvol.19(前編)

    長野県で初期研修医として働いている髙村貴子先生は、国内では敵なしの実力をもつ山岳ランナーでもあります。初出場したレースでいきなり3位に入賞したのが医学部2年生のとき。ときには海外にも転戦する山岳ランナーと医学生をどのように両立してきたのでしょうか。卒試・国試を控えた6年生のときの過酷なエピソードや研修医生活との両立についても伺いました。

  • 事例

    エンジニア、研究者を経て“ゴール志向じゃない自分“を肯定―医師と2足のわらじvol.18(後編)

    医学部を卒業後、ゲノム研究者とエンジニアを両立する日々を送っていた鈴木晋氏。「臨床がわからないと研究も深まらない」と考え、スキップしていた初期臨床研修を受けようと決意しました。その後、大学院でのプログラミングを用いた医学研究を経て、「治療アプリ」を研究・開発する株式会社CureAppの創業メンバーに。現在は、臨床を続けながら、同社の最高開発責任者(CDO)として開発全般を指揮しています。実は少し前まで、“ゴール志向”でない自身のキャリア観を肯定できずにいたとか。CDOとして働く現在は、どのように捉えているのでしょうか。

  • 事例

    保険適用アプリ開発までに模索した、医師兼エンジニアの道―医師と2足のわらじvol.18(前編)

    病気を治療するアプリ”の保険適用に向け、日本で治験が進められていることをご存知ですか?「治療アプリ」の研究開発を行う株式会社CureAppで、最高開発責任者(CDO)としてアプリ開発を牽引するのは、現在も臨床を続ける医師であり、エンジニアでもある鈴木晋氏です。独学でプログラミングを始めたのは、医学部在学中。その後、エンジニアとしての腕を磨きつつ、ゲノム研究者としての道を歩み始めました。鈴木氏はそのユニークなキャリアをどのように模索し、治療アプリの開発にたどり着いたのでしょうか?

  • 事例

    「外科医に未練なし」バーテン医師の決意―医師と2足のわらじvol.17(後編)

    外科医兼バーテンダーの江原悠先生。医師としてのキャリア観に加えて、お店に来るお客さん、診療する患者さんに向き合う際に気を配っていることについても伺いました。

  • 事例

    30代で常勤医から離脱 バーテンダーの道へ―医師と2足のわらじvol.17(前編)

    東京都杉並区に2019年5月、「BAR Hoya」というお店がオープンしました。オーナー兼バーテンダーは、外科医でもある江原悠先生。30代で常勤医のキャリアから離れ、自分のバーを始めた経緯や、現在のワークスタイルについて伺いました。

  • 事例

    「アニサキス」も曲に メタル女医の徹底ぶり ―医師と2足のわらじvol.16(後編)

    形成外科医と医療系メタルバンドのボーカルという二足の草鞋を履くババロア先生によると、医学部とメタルには、意外な親和性があるそうです。医師とバンドマン、双方のプロとして多忙な毎日を送る先生に、今後の展望を伺いました。

  • 事例

    視点の“ズレ”はむしろアドバンテージ―医師と二足のわらじvol.15(後編)

    産業医・スポーツドクターとして活動する傍ら、テニスプレーヤーとしてもトップを目指し研鑽を重ねている岩井勇策先生。先生が自分自身に実践している“整形外科的集学的治療”とは、一体どのようなものなのでしょうか。医療とテニス、どちらにも全力で向き合う原動力を教えてくれました。

  • 事例

    テニスと医師、2軸で選んだキャリアとは―医師と二足のわらじvol.15(前編)

    産業医・スポーツドクターとして活動する傍ら、テニスプレーヤーとしてトップを目指し研鑽を重ねている岩井勇策先生。初期研修中の経験から、予防医学・スポーツ医学への興味を深め、産業医やYouTube、セミナー主催といった活動へ展開させていったと言います。その理由とは?固定観念にとらわれず、自分らしくキャリアを切り拓いている岩井先生のバックグランドに迫りました。

  • 人気記事ランキング