1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. キャリア事例
  4. 事例
  5. “専門医”では表現しきれない「田舎のホスピタリスト」を目指して―海透優太氏(若狭高浜病院)
事例

“専門医”では表現しきれない「田舎のホスピタリスト」を目指して―海透優太氏(若狭高浜病院)

2019年6月6日

祖父の死後、祖母の一言で福井県高浜町の医師になることを志した海透優太(かいとう・ゆうた)氏。「田舎のホスピタリスト」という耳慣れないキャリアパスの確立を目指し、現在は若狭高浜病院にて研修医教育に力を注いでいます。高浜町の医師になるという夢を叶えた海透氏に、キャリア形成時の悩みと、これからのさらなる目標について取材しました。(取材日:2019年4月6日)

「福井県高浜町の医師」になりたい

―医師を志したきっかけを教えてください。

父は福井県高浜町という人口1万人ほどの町の出身で、父方の祖父が亡くなった時、1年間だけ高浜町に住んでいたことがありました。当時、わたしは小学生でしたが、祖母が「おじいちゃんも高浜でちゃんとした医療が受けられていたら……」という話をしていたことを覚えています。当時の高浜町の医療がどのような状態だったのかは分かりませんが、その話を聞いて、漠然と高浜町の医師を目指そうと考え始めました。

いま、わたしが「高浜町の医師」としてのキャリアを歩めているのは、医学生のころに出会った方々からの影響が大きいですね。福井大学医学部に進学後は、全国各地の総合医療に取り組む医療機関を見学しました。中でも、この高浜町で、井階友貴先生の地域住民と行政を巻き込んだ取り組みを間近で見られたことが、今の道を選んだ大きなきっかけだったと思います。

”どこで誰のための医療をするか”を大学卒業前に考えた時、改めてわたしは「高浜町に住む全ての人が安心して暮らせるような医療を展開し、健康に寄与することが自分の使命」と定め、大学を卒業しました。

―すると、高浜町に赴任するために必要なスキルを身につけることを前提に、キャリアアップしていったということですか。

その通りです。高浜町に戻ることを目標に、初期研修先やキャリアパスを逆算して考えました。

高浜町で診療できる能力をつけるには、子どもから高齢者まで、慢性期から急性期まで、さらに病気だけでなく怪我も診られなければならない、そのためにはある分野の深さを求めるよりも、幅広い分野を学ぶ必要がある。そう考えて、さまざまな診療科で柔軟に研修させてもらえる宇治徳洲会病院を初期研修先に選びました。初期研修後は救急総合診療科で1年半、整形外科で3年半の研さんを積ませていただき、合計で7年間の研修をさせていただきました。

―高浜町の医師になるというキャリアに悩むことはありませんでしたか。

途中、医局に属して大学病院で整形外科専門医を取るかどうかは悩みましたね。しかし整形外科専門医を取得するためには、大学で研鑽を積む必要がある。同じ時間を過ごすなら、高浜町にどっぷり浸かって地域のために医師をしたいと思い、医師8年目で当院に赴任することを決断しました。

整形外科の診療が楽しくて、正直、専門医を取るかどうかはかなり悩んで、行き詰まっていました。そんな時にふと、井階先生を思い出して、井階先生なら何かいいアドバイスをくださるかもしれない、と思ったんです。

大学6年生以来、約10年ぶりに井階先生にお会いしました。先生とお別れするころにはもう「高浜でお世話になります」と伝えていました。井階先生は高浜町出身ではありませんが、とてもニコニコしながら高浜町のことを話されていました。高浜町のことを愛していないと、こんなにもニコニコしながら町のことは話せないでしょう。そんな井階先生を見て、わたし自身、学生の時に井階先生のように地域を愛する医師になりたいと思っていたことを、改めて思い出したのです。自分も高浜町のことは大好きですから、これからの時間を専門医としての診療に費やすのではなく、高浜町に戻り地域に浸かり、そこに住む人々へ医療を提供しようと決断することができました。

―そして2017年に福井県高浜町の若狭高浜病院に赴任。今は研修医への教育に注力されていると伺いました。

わたしは、「田舎のホスピタリスト」を確立したいと考えています。どういうものなのか、多くの医師にはイメージしにくいかもしれません。「田舎のホスピタリスト」は、外来から入院までを包括して診なければなりませんし、多様な能力が求められます。

たとえば高浜町では、患者さんを高次医療機関へ搬送する際には隣の市まで30分、時には1時間以上かけて移動を要するため、患者さんやご家族に大きな負担をかけてしまいます。患者さんやご家族の中にはなるべく高浜町唯一の入院施設である当院で過ごしたいと思う方もたくさんおられます。そのニーズに応えるためには、当院の医師である自分たちの知見を広げ、自分たちで対応できる疾患を増やし、地域で治療を完結させる能力を高める必要があります。

もちろん、自分たちにできない治療までおこなってしまって、患者さんへ不利益が被ってはいけませんので、自分たちの持つ能力の限界を正確に見極める力も必要です。あとは、慢性期、急性期にかかわらず、疾患管理能力や、フレイルという人生の変遷もおさえて、患者さんに寄り添うスキル、看取りのスキルを身につけることも必要ですね。

このようなことは歴代の先生方がすでに取り組んできたことですが、まだ学問として体系立っているわけではありません。しかし、総合診療が発展してきている今、「田舎のホスピタリスト」も医師のキャリアパスの1つになるはずです。地域ごとにニーズは少しずつ異なりますが、医師が少なく医療資源が十分整っていない地域で求められる共通項はあります。それを学問として落とし込み、後輩たちに伝えていく――つまり「田舎のホスピタリスト」についての教育こそが、わたしの高浜町での役割の1つと考えています。

これまでの若狭高浜病院の先生方のご尽力のおかげで、JCHO関連病院や日本赤十字系列の病院、福井大学、京都大学などから、年間30名を超える初期研修医が当院で1カ月の地域医療研修を受けています。この流れを受け継ぎ、さらに発展させていきたいと考えています。

※ JCHO:独立行政法人地域医療機能推進機構

初日から研修医をニックネームで呼ぶ理由

―現在、教育で最も意識していることはどんなことですか。

ここに来る研修医の多くは、1ヶ月の研修期間でやってきます。研修期間が2年間あれば少しずつ時間をかけて教えられますが、1カ月間だとそうはいきません。いかに伝えたいことを伝えきるか、毎日、全力で、必死で考えます。これが最も意識していることでしょうか。

1分1秒も無駄にできませんから、初日からニックネームで呼ぶことで、研修医との距離を縮めるようにしています。どんどん伝えたいことを共有し、研修医からのアウトプットを追求していきます。こちらが全力投球していると、研修医たちも全力でぶつかってきてくれますね。

地域医療のメインストリームを目指して

―海透先生は今後、高浜町でどのようなことを実現していきたいと考えていますか。

1つは、前述の通り「田舎のホスピタリスト」を確立すること。もう1つ、大学6年生の時に心に決めた「高浜町に住む人もこの町で働く人も、全ての人が幸せに暮らし、適切な医療を受けられるようにする」こと。これに尽きます。

そのために院内では教育に携わりつつ、誰かが当院で一生懸命考えて残してくれた良いアイデアや仕組みを自分がいる限り継続し、それらを高浜町に住む人たち全てに還元していきたいですね。

現在、井階先生と共に、行政と連携して「たかはまコミュニティケアコンソーシアム」をつくり、行政、医療、住民それぞれの意見を吸い上げて反映させた町づくりを進めています。

どのようにしたら行政、医療、住民の三位一体で町づくりをうまく進められるか。地域が潤い住民が安心して暮らせる町にするには、どんな意見を吸い上げれば良いのか。そういったことを「高浜モデル」として世の中に提供できたらと思います。

わたしたちが取り組んでいることには正解がありませんし、時々、町の人たちにとってプラスになっているのか分からなくなり、今の方法で続けていて本当に良いのかと悩むこともあります。

それでも、わたしはいつも、「We are mainstreaming it!!」を忘れないようにしています。これは友人が作った造語ですが、自分たちが今進んでいる道は脇道かもしれない、しかし、あとに続いてくれる人が増えればどんどん道幅が広がって、いつかはメインストリームになる――そんな思いを込めています。SNS 等の文章の最後にもいつも書くようにしています。高浜町で良いことを1つずつ続けていれば、人が集まり、いつしか地域医療のメインストリームになることができているかもしれない。それを信じて進みたいと思います。

今後のキャリア形成に向けて情報収集したい先生へ

医師の転職支援サービスを提供しているエムスリーキャリアでは、直近すぐの転職をお考えの先生はもちろん、「数年後のキャリアチェンジを視野に入れて情報収集をしたい」という先生からのご相談も承っています。

以下のような疑問に対し、キャリア形成の一助となる情報をお伝えします。

「どのような医師が評価されやすいか知りたい」
「数年後の年齢で、どのような選択肢があるかを知りたい」
「数年後に転居する予定で、転居先にどのような求人があるか知りたい」

当然ながら、当社サービスは転職を強制するものではありません。どうぞお気軽にご相談いただけますと幸いです。

エムスリーキャリアは全国10,000以上の医療機関と提携して、多数の求人をお預かりしているほか、コンサルタントの条件交渉によって求人を作り出すことが可能です。

この記事の関連キーワード

  1. キャリア事例
  2. 事例

この記事の関連記事

  • 事例

    南海トラフ巨大地震に備えて、医師にできること ――森本真之助氏(三重県 紀南病院)

    森本氏は専門医取得を目指すことに加え、「災害に強いまちづくり」の活動をさらに広げています。診療にとどまらず、地域の大きな課題に取り組む森本氏に、これまでのキャリアと活動を伺いました。

  • 事例

    運営休止した銚子市立病院で、60代医師が働きたいと思った理由―蓮尾公篤氏(銚子市立病院)

    大学病院、神奈川県の公的病院にて長年、外科医として勤務してきた蓮尾公篤先生。医師になったときから思い描いていたキャリアを実現させるべく、60歳を過ぎてから転職活動をスタートします。さまざまな選択肢の中から転職先に選んだのは、かつて運営休止に追い込まれてしまった銚子市立病院でした。蓮尾先生が銚子市立病院に入職を決めた経緯、今後の展望についてお話を伺いました。

  • 事例

    地元・山口に還元する家庭医が描く夢―玉野井徹彦氏(山口大学総合診療部)

    現在、山口大学総合診療部にて臨床・教育・診療体制の改善に取り組むのは、家庭医の玉野井徹彦(たまのい・てつひこ)氏。もともと同氏が医師を志した理由は、地元・山口県の環境保護に取り組むためというユニークなものでした。そんな玉野井氏が思う、山口県の抱える課題と将来実現したい夢とは――。

  • 事例

    町医者に憧れ、被災地で学び、家庭医として地元へ還元する―遠藤貴士氏(モミの木クリニック)

    現在、モミの木クリニック(福島県郡山市)で家庭医として勤務している遠藤貴士(えんどう・たかし)氏。初期研修時、「良い意味で“ごちゃまぜ”」な家庭医に魅力を感じ、家庭医療の道を志します。その後、被災した石巻市での活動を経て、東北地方に当時はなかったGIMカンファレンス(全国各地の有志が開く総合内科の勉強会)を立ち上げます。遠藤氏のこれまでの活動や今後の展望を取材しました。

  • 事例

    「ならば自分が」医師不足に心痛めて薬剤師から医師に ―佐藤英之氏(坂総合病院

    薬剤師から医師へ異色のキャリアチェンジを果たした佐藤英之氏。鹿児島県の調剤薬局で働いた経験などから、地方医療における医師不足や、これに伴う患者の選択肢の少なさについて危機感を抱いていました。これまでの経験を活かし、佐藤氏が歩もうとしている道とは──。

  • 事例

    救急医療改革で、より多くの患者さんを救える日本へ――安藤裕貴氏(一宮西病院)

    安藤裕貴氏は、日本の救急医療に課題を見出し、MBAを取得。2018年からは、ビジネススクールで学んだマネジメントの知識を生かし、一宮西病院(愛知県一宮市)で総合救急部救急科部長として救急改革に取り組んでいます。さらに、改革の輪を全国に広げようと、若手医師の育成にも尽力。安藤氏が思い描く理想の救急医療の姿と、理想の実現に向けた取り組みを聞きました。

  • 事例

    北海道の若手医師のために、道外へ飛び出した総合内科医のビジョン―小澤 労氏(国立病院機構栃木医療センター)

    北海道出身の総合内科医・家庭医、小澤労氏が初期研修を経て感じたのは、「北海道では、自分のなりたい医師にはなれない」ということでした。尊敬する医師の言葉に背中を押され、道外へと踏み出します。小澤氏が思う、北海道が抱える総合内科教育の課題と、若手医師を救うためのビジョンを取材しました。

  • 事例

    医師の働き方改革、若き離島医が抱える想い―砂川惇司氏(大原診療所)

    将来は故郷に貢献したいと考え、医師を志した宮古島出身の砂川惇司氏。離島研修が受けられる沖縄県立中部病院で研さんを積み、2017年より沖縄県西表島の診療所に赴任し、専攻医として日々診療にあたっています。「医師の働き方改革」の渦中にもいる砂川氏に、離島医としての想いや今後の展望についてお話を伺いました。

  • 事例

    診療への悶々とした思いが一転 国内留学で得た衝撃とは ―河南真吾氏(徳島県立海部病院)

    河南真吾氏は医学生のときに同行した訪問診療の衝撃から、徳島大学卒業後に母校の総合診療部に入局します。総合診療部で日々診療する中で、ある悶々とした思いを抱き始めます。そんな折、亀田ファミリークリニック館山への国内留学をきっかけに、30代半ばにして自らの役割を見出しました。それまでの気持ちの変化や現在の活動拠点である徳島県立海部病院での取り組みを伺いました。

  • 事例

    市中病院から大学病院に入局した理由―近藤猛氏(名古屋大学医学部附属病院)

    学生時代、ある勉強会に参加したことを機に、将来の展望が大きく変わった近藤猛氏。市中病院で研鑽を積んだ後、名古屋大学医学部附属病院の総合診療科に入局し、現在は院内外で「教育」に携わっています。教育を通してどのようなことを実現しようとしているかを伺いました。

  • 人気記事ランキング