1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. キャリア事例
  4. 事例
  5. 医師12年目で独立 住民とともに住民主体のケアを―奥知久氏(フリーランス医師)
事例

医師12年目で独立 住民とともに住民主体のケアを―奥知久氏(フリーランス医師)

2019年5月21日

家庭医療の後期研修プログラムを受けながらも「家庭医と呼ばれたくなかった」と語る奥知久氏。ある時を境に、自らの役割を見出し、家庭医の道を歩むことを決意します。そして2019年4月、9年勤めた病院を退職。フリーランスの医師として、コミュニティケアの活動に取り組もうと考えた理由とは――。(取材日:2019年3月28日)

「家庭医」と呼ばれたくなかった

―学生時代から家庭医療や総合診療に興味があったのですか。

学生時代は、どういう医師になりたいか明確なビジョンもありませんでした。医師3年目で諏訪中央病院の家庭医療専攻医になりましたが、生意気にも「家庭医」と呼ばれたくないと思っていて――。というのも、わたしは家庭医という言葉のニュアンスが好きではなかった。当時は家庭医というと内科医よりも劣っているような気がしていて、存在価値もあまり感じられなかったんです。だから気持ちは内科医でありたいと、「内科の奥です」と自己紹介していました。しかし、医師5年目の時に、この意識がガラッと変わる出来事があったのです。

―どんな出来事ですか。

家庭医療後期研修のゲスト講師をしてくださっていた、オレゴン健康科学大学家庭医療科の山下大輔先生のもとに1カ月間、研修に行ったときのことです。

山下先生はどのシーンにおいても、組織にすっと入り込み、その一員として物事を動かしたりしていました。組織運営や研究、外来など、すでに動いている仕組みの中で潤滑油となっていて、山下先生がいないと全体が成立しなくなっている――。そんな姿を目の当たりにし、多様なニーズや要素を汲み解きながら適切な振る舞いを決める、それが家庭医なのだと教わりました。そこで初めて、家庭医のやりがいを見出し、家庭医として歩む決意が固まったのです。

―「ニーズに応えて振る舞いを決める」とのことですが、先生は具体的にどんなニーズに応えようと思ったのですか。

今後のキャリアを考えたときに、諏訪中央病院という組織のニーズに応えられることがあるとすれば、家庭医療の教育だと考えました。諏訪中央病院の家庭医療プログラムは、わたしの2学年上の先輩方が立ち上げたプログラムでした。当時、5年以上かけながら内科研修が一気に盛り上がってきた時期でした。「院内で完結するただの内科ではなく、地域住民の近くで温かい医療を提供するのが、諏訪中央病院の内科ではなかったのか」との思いから、家庭医療プログラムが開設されたのです。

実際に、わたしが専攻医として研修を受けてきても、諏訪中央病院の文化や空気感の中に「地域住民に近い温かい医療」はありそうでしたが、具体的にそれが何なのかはよく分かりませんでした。だからこそ、家庭医療プログラムを指導医として整備することで、「先人たちが築いてきたことを再発見し、学問として伝えたい」と思ったのです。

この他には、救急医療から入院急性期、慢性期医療、そして外来、在宅、ターミナルケアまで一気通貫して携わっていくことです。これは病院にいながら携わっていくことが大事です。というのも、院内の在宅地域ケアセンターで在宅診療をしていると、若手医師や専門の先生方も時々同行して、患者さんのお宅に行きやすくなります。すると、患者さんやご家族は喜ぶんですよね。諏訪中央病院では100人いる常勤医のうち25人が何らかの形で在宅医療を行っています。このようなことを通して、急性期や慢性期など、医療側の都合によって分断されてしまった患者さんの病気のステージを、つなぎ直すことをしてきたと思っています。

地域住民が「よし」と思えるように

―2019年4月からは諏訪中央病院を離れると伺いましたが、なぜでしょうか。

病院の役割も非常に重要ですが、業務を通じて、病院に来る患者さんよりさらに手前にいる未病の方や元気な方など、より地域住民に近いところで支援をしたいと考えるようになっていって――。ラベリングするならば、「コミュニティケア」になりますが、その活動に自分の時間を割いていきたいと思うようになり、諏訪中央病院を辞めることを決意しました。

すでに2018年から、諏訪中央病院が位置する茅野市玉川地区の13自治会、約800人とともにパイロット版の「ほろ酔い座談会」という座談会を始めています。
具体的には、まずは保健師や社会福祉協議会のコミュニティ・ソーシャルワーカーと地区代表、そして病院スタッフで準備のための座談会を開きます。そこで、その地区の歴史や人口構成、祭り、今問題になっていることなどをヒアリングし、座談会のテーマを決定。本番ではゲスト講師を招き、準備で決めたテーマを元に住民同士が話し合い、その地区を自分たちがより暮らしやすくするための行動に結びつけようという取り組みです。

今年度からは、茅野市以外に依頼のあった隣の原村、北海道本別町、福島県南会津町などでもこのような活動をしつつ、地域ごとのコミュニティのリサーチもしていきたいと考えています。

―コミュニティケアを通して、どのような展望を思い描いているのですか。

地域住民が今の状態を幸せに感じ、「よし」と思えるように、日々の営みから何かを見出し、自分たちのことを自分たちで考えて過ごせるようにしたいと思います。

この活動の原点は、医学生時代にお世話になった、アメリカのホームステイ先の老夫婦に言われた言葉です。彼らに「なぜ日本人はあんなに恵まれているのに、幸せそうではないのか?」と疑問を投げかけられ、わたしは答えられなかったのです。同時に、寿命が10%延びても年収が10%アップしても、我々は幸せにならないだろうと思い、そう思ってしまうことにハッとさせられました。そこから自分や周りの人たち、そして日本人が「良し」と思って過ごせるために必要なことは何か、という疑問がずっと根底にありました。そして数年後、茶の湯を通して2つの重要なことに気付いたのです。

山の中の茶室で、師匠が「手にすくった水に中秋の名月を映して観る」という意味の掛け軸を読んでくださいました。それは、「忙しくても心の余裕を持つこと、ちょっとした行為によって美が顕れること」を教えてくださいました。我々の目の前にはすでに「よし」と思えることがあります。それを見出すちょっとした工夫が我々日本人には必要なんだと知りました。
もう1つは「侘び寂び」という不足を意味する言葉。さんさんと降り注ぐ太陽よりも、暗闇の中でのろうそくの光の方が、より鮮明に光の本質にフォーカスできます。つまり量的なものが減ったり失われたりした時こそ、本質を見出すチャンスということです。

これを現代社会に置き換えて考えてみると、わたしたちは、人口減少や超高齢社会の局面で失われるものが多くなっていく時代を迎えます。生老病死という個々人の営みも不足に覆われています。だからこそ、自分たちが生きている世界に希望を見出し、「よし」と思える可能性に満ちているのです。そのためにも、これから本格的に取り組んでいくコミュニティケアを通して、住民たちとともに、失うことと見出すことの二重性に取り組んでいきたいと思います。

地域医療にご興味のある先生へ

各地で奮闘する先生お一人おひとりのご活躍によって、日本の医療は支えられています。
この記事をお読みになって、もしも「地方での勤務に興味はあるが、なかなか踏み出せない」とお考えでしたら、一度コンサルタントにご相談いただけないでしょうか。

先生のご懸念やご事情を伺った上で、地方の実情や待遇、サポート体制など正直にお伝えし、前向きな気持ちで次のキャリアに踏み出せるように最大限のご支援をしたいと考えております

先生の決断が、地域を、医療を変えるかもしれません。新天地でのご勤務・転職をお考えでしたら、ぜひお問い合わせください。

この記事の関連キーワード

  1. キャリア事例
  2. 事例
【記事特集】医師の転職カルテ
キャリアの悩みに、コンサルタントが答えました


・いつ、どうやって転職したらいいのかわからない
・新たな環境で働きたいが、不安
・育児や介護、持病との両立はできる?

【詳しくはこちらから】

この記事の関連記事

  • 事例

    1年限定のつもりが…在宅診療所で院長を続ける理由

    千葉県鎌ケ谷市にある「くぬぎ山ファミリークリニック」の院長・細田亮(ほそだ・とおる)先生は、2015年、1年間限定のつもりで同クリニックの院長を引き受けました。ところが、院長のまま6年目を迎え、現在はクリニックの新築移転も計画中です。今もなお院長を続ける理由とは――?

  • 事例

    医師の夢“ちょっと医学に詳しい近所のおばさん”――吉住直子氏(JCHOうつのみや病院)・後編

    医師としてフルタイムで働きつつ、地域での社会活動にも尽力している吉住氏。「幅広い世代が集まる場所」をつくろうと、奮闘しています。なぜ、忙しい時間を縫って社会活動をするのか。どのような医師を目指しているのかを伺いました。

  • 事例

    元ヘルパー医師が考える、引き算の医療―吉住直子氏(JCHOうつのみや病院)・中編

    臨床検査技師や介護ヘルパーを経て、呼吸器内科医となった吉住直子氏。研修先や診療科を選ぶ際は、常に「理想的な高齢者医療」を念頭においていました。実際に診療を始めると、前職の経験がプラスに作用することがあるとか。また、以前は見えなかった新しい課題も浮き彫りになってきたと語ります。

  • 事例

    2つの職を経た女医が、介護にこだわる理由―吉住直子氏(JCHOうつのみや病院)・前編

    「ちょっと医学に詳しい近所のおばさんを目指している」と朗らかに話すのは、医師の吉住直子氏です。医学部に入るまでは、臨床検査技師や介護ヘルパーの仕事をしていて、介護現場に立つうちに医師になろうと決意しました。どのような思いで、医師というキャリアを選んだのでしょうか。インタビューを3回に分けてお届けします。

  • 事例

    南海トラフ巨大地震に備えて、医師にできること ――森本真之助氏(三重県 紀南病院)

    森本氏は専門医取得を目指すことに加え、「災害に強いまちづくり」の活動をさらに広げています。診療にとどまらず、地域の大きな課題に取り組む森本氏に、これまでのキャリアと活動を伺いました。

  • 事例

    運営休止した銚子市立病院で、60代医師が働きたいと思った理由―蓮尾公篤氏(銚子市立病院)

    大学病院、神奈川県の公的病院にて長年、外科医として勤務してきた蓮尾公篤先生。医師になったときから思い描いていたキャリアを実現させるべく、60歳を過ぎてから転職活動をスタートします。さまざまな選択肢の中から転職先に選んだのは、かつて運営休止に追い込まれてしまった銚子市立病院でした。蓮尾先生が銚子市立病院に入職を決めた経緯、今後の展望についてお話を伺いました。

  • 事例

    地元・山口に還元する家庭医が描く夢―玉野井徹彦氏(山口大学総合診療部)

    現在、山口大学総合診療部にて臨床・教育・診療体制の改善に取り組むのは、家庭医の玉野井徹彦(たまのい・てつひこ)氏。もともと同氏が医師を志した理由は、地元・山口県の環境保護に取り組むためというユニークなものでした。そんな玉野井氏が思う、山口県の抱える課題と将来実現したい夢とは――。

  • 事例

    町医者に憧れ、被災地で学び、家庭医として地元へ還元する―遠藤貴士氏(モミの木クリニック)

    現在、モミの木クリニック(福島県郡山市)で家庭医として勤務している遠藤貴士(えんどう・たかし)氏。初期研修時、「良い意味で“ごちゃまぜ”」な家庭医に魅力を感じ、家庭医療の道を志します。その後、被災した石巻市での活動を経て、東北地方に当時はなかったGIMカンファレンス(全国各地の有志が開く総合内科の勉強会)を立ち上げます。遠藤氏のこれまでの活動や今後の展望を取材しました。

  • 事例

    「ならば自分が」医師不足に心痛めて薬剤師から医師に ―佐藤英之氏(坂総合病院

    薬剤師から医師へ異色のキャリアチェンジを果たした佐藤英之氏。鹿児島県の調剤薬局で働いた経験などから、地方医療における医師不足や、これに伴う患者の選択肢の少なさについて危機感を抱いていました。これまでの経験を活かし、佐藤氏が歩もうとしている道とは──。

  • 事例

    救急医療改革で、より多くの患者さんを救える日本へ――安藤裕貴氏(一宮西病院)

    安藤裕貴氏は、日本の救急医療に課題を見出し、MBAを取得。2018年からは、ビジネススクールで学んだマネジメントの知識を生かし、一宮西病院(愛知県一宮市)で総合救急部救急科部長として救急改革に取り組んでいます。さらに、改革の輪を全国に広げようと、若手医師の育成にも尽力。安藤氏が思い描く理想の救急医療の姿と、理想の実現に向けた取り組みを聞きました。

  • 人気記事ランキング