1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. キャリア事例
  4. 事例
  5. 地域医療に踏み出せたのは、安心して診療できる環境があるから ―前田宗久氏(種子島産婦人科医院)
事例

地域医療に踏み出せたのは、安心して診療できる環境があるから ―前田宗久氏(種子島産婦人科医院)

2015年10月13日

munehisamaeda1

鹿児島県の南部に位置する種子島。島内唯一の産婦人科がある種子島産婦人科医院に、2015年7月、2人目の医師が加わりました。前田宗久氏、キャリア10年目の中堅医師です。種子島で幼少期を過ごし、鹿児島大学出身と地域に縁のある前田氏。これまでの歩み、現状の課題や今後の展望まで、お話を伺いました。

一歩踏み出すために、地域医療に挑戦

―これまでのご経歴、種子島産婦人科医院で働くまでの経緯を教えてください。
大学卒業後は、奄美大島の県立大島病院で初期研修を受けました。そこで先輩医師がエネルギッシュに働く姿に感銘を受けて、産科医の道を選びました。そのあと熊本赤十字病院で約8年勤務して今に至ります。

―地域医療に興味を持つようになったきっかけはなんでしょうか。
実は、熊本赤十字病院在職中から、将来的には母校の大学病院に戻ろうかと考えていました。しかし、地方の産科崩壊問題があって地方に興味を持ちました。「大きな病院にいるより、困っている地方で働く方が医療に貢献できるのではないか」という思いが強くなっていったんです。

熊本赤十字病院在職中に長野県北部の病院に応援に行く機会がありました。その病院はご高齢の産婦人科の先生が1人でとても精力的に働いていました。ただ1人では体力的にかなり大変そうでした。
そこで地方の大変さを目の当たりにしたと同時に「今の自分が地方の医療立て直しにどのくらい力を発揮できるか、一歩踏み出して挑戦してみたい」という気持ちがさらに高まりました。

 「種子島なら、安心して働ける」と思ったわけ

tanegashima_map

―全国数ある医療機関の中で、種子島産婦人科医院を選んだ理由を教えてください。

地方で働き始めることには不安もありましたが、種子島にはある程度、それを払しょくできるような環境が整っていたんです。

他の候補先には、他院他科との連携に問題があったり、何年もお産をしていなかったりするところもありました。
ただ種子島産婦人科医院では、院長が長年お産に携わっているほか、本土の大学病院から医師が応援に来てくれる点、島内の麻酔科、小児科、外科がいざというときにサポートしてくれる点など、一定のバックアップ体制が整っています。わたしが着任する前後で助産師が1人から6人へと増員したことや、「学会開催日はフォローを頼むので大丈夫」と快諾をもらい、勉強と診療を両立できる環境の目処がついたことも大きかったですね。

―地方で働くに当たって、不安はかなり大きかったのですね。

munehisamaeda2実際に働くことを考えると、バックアップ体制や訴訟リスクなどは気になりますし、「今の自分ではまだまだ力不足ではないか」という心もとなさは、実際に現場で働いてみるまで完全には消えませんでした。ただ、不安だらけだった一方で、10年後の自分が地方の医療に対して同様の情熱を保てているとは限りません。それであれば、自分の未熟さは承知の上で、気持ちが熱いうちに挑戦してみるべきだと最終的に思ったんです。

着任にあたっては、西之表市の市長が直々に熊本まで5回ほど足を運んでくださり、そうしたわたしのさまざまな思いに耳を傾けた上で、種子島のバックアップ体制や、職員の人柄についてはもちろん、「種子島に来てほしい」という思いまで、熱心に語ってくださいました。その熱意にも心を打たれて、着任を決意しました。

種子島でできることを増やしていきたい

munehisamaeda4

―今後、この島で取り組みたいことはありますか。

この島で受けられる医療の幅を広げていきたいと思っています。

熊本で働いていたときは、悪性腫瘍・腹腔鏡下手術・周産期をメインに勉強してきました。
悪性腫瘍の初期治療はなかなか難しいと思いますが、島で今まで行っていなかった術後抗がん剤治療などはできるのではと思います。また腹腔鏡の機械も島にあるので、腹腔鏡の手術もできる範囲で行うことができればと思います。
いずれにしろ、島の人が本土で治療を受けようと思うと宿を確保しなければならない分、経済的負担も無視できません。今後はある程度、島内でいろいろな検査や治療を受けられるように手を打ちたいと思います。

そのほか、個人的に取り組みたいのは中絶への対応です。島内唯一の産婦人科診療所ということもあって、当院でも中絶には応じているものの、できる限り減らしていきたいですね。いきなりゼロにするのは難しいでしょうが、島民への性教育を多少厳しくてもしっかりと行い、意識改革を図りたいと思っています。

munehisamaeda3―これから、忙しくなりそうですね。

そうですね。しかし、着任した以上は種子島を盛り上げていきたい。行政ともうまく連携をとって周産期医療を充実させて、他の島が参考にできるような体制を構築したいと思っています。

当院を見学に来る学生も多いそうなので、今度はわたしが「地方でチャレンジしたい」という方を迎える側に立って、この島の実情ややりがいなど、いろんな話を伝えていく番です。かつてのわたしのように、地方での医療に興味を持ちながらも、一歩踏み出せない医師も多いはず。もし、そうした医師がわたしの話を聞いて、「離島でもやっていけそうだ」という気持ちを持ち帰ってもらえたら、とても嬉しいです。

地域医療にご興味のある先生へ

各地で奮闘する先生お一人おひとりのご活躍によって、日本の医療は支えられています。
この記事をお読みになって、もしも「地方での勤務に興味はあるが、なかなか踏み出せない」とお考えでしたら、一度コンサルタントにご相談いただけないでしょうか。

先生のご懸念やご事情を伺った上で、地方の実情や待遇、サポート体制など正直にお伝えし、前向きな気持ちで次のキャリアに踏み出せるように最大限のご支援をしたいと考えております

先生の決断が、地域を、医療を変えるかもしれません。新天地でのご勤務・転職をお考えでしたら、ぜひお問い合わせください。

この記事の関連キーワード

  1. キャリア事例
  2. 事例

この記事の関連記事

  • 事例

    「深刻な問題だ」救急科新設した30代医師の挑戦―柴崎俊一氏

    医学生時代から、いずれ茨城県内の医療過疎地に貢献したいと考えていた柴崎俊一先生。医師8年目で1人、ひたちなか総合病院に飛び込み、救急・総合内科を新設します。診療科を新設し、病院内外に根付かせるにはさまざまな苦労がありますが、どのように取り組まれたのでしょうか。

  • 事例

    LGBTQs当事者の医師がカミングアウトした理由―吉田絵理子氏

    川崎協同病院(神奈川県川崎市)総合診療科科長の吉田絵理子先生は、臨床医の傍ら、LGBTQs当事者として精力的に活動しています。不安を抱えながらもカミングアウトをし、LGBTQs当事者の活動を続ける背景には、ある強い想いがありました。

  • 事例

    院長のラブコール「帰ってこい」Uターン医師の新たな挑戦―光田栄子氏

    お看取りのあり方に課題を感じ、介護士から医師に転身した光田栄子先生。諏訪中央病院を経て、現在、岡山市内のベッドタウンにある有床診療所「かとう内科並木通り診療所」に勤めています。地元にUターンした光田先生がこれから取り組んでいきたいことについて、お話を伺いました。

  • 事例

    「診療科の隙間を埋める」院長の挑戦とは―中山明子氏

    大津ファミリークリニック(滋賀県大津市)院長の中山明子先生。外来、訪問診療をしながら、家庭医として、相談先を見つけにくい思春期の子どもや女性のケアに力を入れています。

  • 事例

    最期まで自分らしく生きる「緩和ケア」を文化に―田上恵太氏

    最期までその人らしく生きるためには、病気や人生の最終段階に生じるつらさを軽減する緩和ケアの普及が必要だと感じた田上恵太(たがみ・けいた)先生。現在は東北大学病院緩和医療科で「緩和ケアを文化に」することを目標に、臨床・研究・社会活動の3点を軸に取り組みを進めています。

  • 事例

    1年限定のつもりが…在宅診療所で院長を続ける理由―細田亮氏

    千葉県鎌ケ谷市にある「くぬぎ山ファミリークリニック」の院長・細田亮(ほそだ・とおる)先生は、2015年、1年間限定のつもりで同クリニックの院長を引き受けました。ところが、院長のまま6年目を迎え、現在はクリニックの新築移転も計画中です。今もなお院長を続ける理由とは――?

  • 事例

    医師の夢“ちょっと医学に詳しい近所のおばさん”―吉住直子氏

    医師としてフルタイムで働きつつ、地域での社会活動にも尽力している吉住氏。「幅広い世代が集まる場所」をつくろうと、奮闘しています。なぜ、忙しい時間を縫って社会活動をするのか。どのような医師を目指しているのかを伺いました。

  • 事例

    元ヘルパー医師が考える、引き算の医療―吉住直子氏

    臨床検査技師や介護ヘルパーを経て、呼吸器内科医となった吉住直子氏。研修先や診療科を選ぶ際は、常に「理想的な高齢者医療」を念頭においていました。実際に診療を始めると、前職の経験がプラスに作用することがあるとか。また、以前は見えなかった新しい課題も浮き彫りになってきたと語ります。

  • 事例

    2つの職を経た女医が、介護にこだわる理由―吉住直子氏

    「ちょっと医学に詳しい近所のおばさんを目指している」と朗らかに話すのは、医師の吉住直子氏です。医学部に入るまでは、臨床検査技師や介護ヘルパーの仕事をしていて、介護現場に立つうちに医師になろうと決意しました。どのような思いで、医師というキャリアを選んだのでしょうか。インタビューを3回に分けてお届けします。

  • 事例

    南海トラフ巨大地震に備えて、医師にできること ―森本真之助氏

    森本氏は専門医取得を目指すことに加え、「災害に強いまちづくり」の活動をさらに広げています。診療にとどまらず、地域の大きな課題に取り組む森本氏に、これまでのキャリアと活動を伺いました。

  • 人気記事ランキング