1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. キャリア事例
  4. 事例
  5. 東大病院を飛び出して、縁なき東北で在宅診療所を開業したわけ―田上佑輔氏(やまと在宅診療所登米)
事例

東大病院を飛び出して、縁なき東北で在宅診療所を開業したわけ―田上佑輔氏(やまと在宅診療所登米)

2015年9月28日

東大病院を飛び出して、縁なき東北で在宅診療所を開業したわけ―田上 佑輔氏

東京大学医学部を卒業し、腫瘍外科医を目指そうとしていた田上佑輔氏(やまと在宅診療所登米 院長)。エリートコースを順風満帆に進むこともできた彼は現在、宮城県登米市に在宅診療所を開業し3年目を迎えました。日々の診療以外にも地域住民や行政と関わったり、登米市の地域包括ケアアドバイザーを務めたりしている田上氏。その背景には、30歳の時に考えた一つの思いがありました。

医療の質向上のため、市民・行政と関わる

−宮城県登米市での活動内容について教えていただけますか。

やまと在宅診療所登米では現在、非常勤の医師含め8名で約200名の患者さんを診ています。そのほか、地域住民やコメディカル、行政も巻き込んで地域の医療の質を上げる活動にも取り組んでいます。

―“地域の医療の質を上げる活動”とは、具体的にどのようなものなのでしょうか。

たとえば、診療所の横に「coFFee doctors」というカフェを併設させていて、そこで定期的に一般の方の健康・介護の相談会を開いています。このカフェを始めた理由は、患者さんだけでなくその家族、地域住民も含めて、“全員参加”で医療・介護について話し合い、地域包括ケア体制をつくっていきたいと思ったからです。

さらに2015年4月からは、登米市の地域包括ケアアドバイザーとしても活動しています。医師が少ない地域で医療の質を上げるためには、現在その地域で活動している医療職、介護職の方との連携が重要です。連携を取るためには行政の協力が必要と考え、登米市に働きかけていたところアドバイザーを引き受けることになりました。具体的な活動としては、医療者やコメディカルの方々が集まる場を設けてさまざまな話し合いをし、出た声をまとめて吸い上げ、行政の政策へとつなげていっています。

「医師が都市と地方を循環する仕組みを」

tome_map−もともと医師を目指そうと思ったきっかけはなんでしょうか。

医師という職業を意識したのは、「人に関わる仕事がしたい」という気持ちと「何かの分野を勉強して突き詰めたい」という気持ちからです。この2つが叶えられるのは医師だという考えが漠然とあり、九州から東京に出てきて東京大学医学部に入りました。医学生時代には、「せっかく東京に出てきたのだから、何か日本全体に影響を及ぼせるような仕事に関わっていきたい」という思いが芽生えていましたね。

医学部を卒業してからは外科医を志し、東大と関係のある国保旭中央病院(千葉県旭市)で経験を積みながら、アメリカやカナダのさまざまな病院を短期で見学していました。この過程でがん患者さんに接する機会が多かったため、彼らに貢献したいと、2007年からは東大医学部附属病院腫瘍外科の医局で研究を始めました。

しかし、研究者としてのスタートが遅かったこともあって、「自分がこのまま続けても、最先端を走るアメリカの研究者には追いつけない」という閉塞感が徐々に募っていきました。同時に、医学生のころから抱き続けてきた「日本のために何かしたい」という思いを見つめ直すようにもなりました。それがちょうど30歳のころです。

改めて考えると、医学生の頃から言われていた「地方に医師が少ない」「どこの病院で受診したらいいか分からない」「医療にあてる国の予算が足りない」「高齢化がますます進んでいる」などの問題は、10年以上経っても、何一つ解決されていなかった。日本の医療が抱えるこうした根本的な問題について自分はどう取り組むべきか考えた結果、医局の外に飛び出してでも自分にできることをやりたいという思いが日に日に高まっていきました。

今挙げたような問題は部分的によくなっても、違うところにひずみが出てきてしまうので、それらを網羅しながら解決する仕組みが必要です。そう考え、医師に限らず厚生労働省の方や県議会議員、ビジネスリーダーの方々などに会ったり、政策やビジネスについて勉強したりすることで、自分なりの解決策を探すようになりました。

−そんな矢先、2011年に東日本大震災が起こったのですね。

東大病院を飛び出して、縁なき東北で在宅診療所を開業したわけ―田上 佑輔氏そうです。震災後は、すぐに被災地に行かなければいけないという思いに駆り立てられ、特定非営利活動法人「ジャパンハート」のボランティアチームに入りました。

当初は被災地に行っても、保健活動がほとんどで医師がやることはあまりありませんでした。ただ半年もすると、ボランティアの医師も少しずつ来なくなり、医師不足の現実や、都市部と地方の医療格差を目の当たりにするようになりました。

そこで、県内外の約10名の医師たちとチームを組んで、宮城県の登米市立登米市民病院や、気仙沼市立本吉病院の当直を順番に回すことを始めました。都市部と地方を医師が行き来するというモデルのアイデアは震災前から頭の中にあったのですが、それを実行しようと決心したんです。

ボランティアを始めて2年後の2013年、宮城県登米市と東京都板橋区高島平の2か所で、チームの一員であった安井佑先生と共に在宅診療所を開業し、今に至ります。都市部と地方、両方に拠点を持つことによって、医師が双方でキャリアを積むことができる。地方に赴任してそのままキャリアが閉ざされるというのではなく、いつでも都会に帰ってくることができるという「循環型」のキャリアモデルがあれば、若手医師も地方の医療に挑戦しやすくなるのではと期待しています。

地方は「若手医師にも魅力的」

東大病院を飛び出して、縁なき東北で在宅診療所を開業したわけ―田上 佑輔氏−地方で働く最大の魅力はなんでしょうか。

地域の人との距離が近く、自分のやりがいにつながる“価値”の交換があることではないでしょうか。これは宮城県と東京都で同時に開業したため、鮮明に分かります。例えば地方では、診療という価値を提供すると、その感謝の気持ちとして家族が野菜をくれたり、患者さんのお店に行かせてもらったり、亡くなった患者さんの家族がわたしの主催するイベントに来てくれて再び話すことができたりして、さまざまな形に変えて価値を返してくれるんです。

−地方では、単に「診療して料金を支払ってもらう」という以上の“価値交換”が生まれやすい。

そう思います。コミュニティの中で医師の自分がどのように見られているかを強く意識させられます。非常に小さなコミュニティだからこそ、自分のやるべきことが見えやすいのです。

そのため若い医師は、自分の役割や自分の軸を見つけるために地方で経験を積んだほうがいいと思います。基本的なトレーニングを終えて一人前になった時期、医師10年目前後が最適ではないでしょうか。一度地方へ出て今後の仕事の方向性を固め、また東京へ帰り医療を提供していく。そのようにして地方に関わる若手医師が増えてくれたらと思います。

−最後に、今後の展望について教えてください。

何よりもまず、思いに共感してくれる人たちを集め、都市と地方を医師が循環する仕組みをつくり上げていきたいです。もちろんまだ始めたばかりなので苦労の連続ですし、今は活動の意義が理解されないこともあります。しかし、いま自分にできることをやり続け、伝え続けることで思いを共有するチームを大きくしていきたいです。このチームが大きくなれば、若手の医師も地方に行きやすくなると思いますしね。

地域医療にご興味のある先生へ

各地で奮闘する先生お一人おひとりのご活躍によって、日本の医療は支えられています。
この記事をお読みになって、もしも「地方での勤務に興味はあるが、なかなか踏み出せない」とお考えでしたら、一度コンサルタントにご相談いただけないでしょうか。

先生のご懸念やご事情を伺った上で、地方の実情や待遇、サポート体制など正直にお伝えし、前向きな気持ちで次のキャリアに踏み出せるように最大限のご支援をしたいと考えております

先生の決断が、地域を、医療を変えるかもしれません。新天地でのご勤務・転職をお考えでしたら、ぜひお問い合わせください。

この記事の関連キーワード

  1. キャリア事例
  2. 事例

この記事の関連記事

  • 事例

    南海トラフ巨大地震に備えて、医師にできること ――森本真之助氏(三重県 紀南病院)

    森本氏は専門医取得を目指すことに加え、「災害に強いまちづくり」の活動をさらに広げています。診療にとどまらず、地域の大きな課題に取り組む森本氏に、これまでのキャリアと活動を伺いました。

  • 事例

    運営休止した銚子市立病院で、60代医師が働きたいと思った理由―蓮尾公篤氏(銚子市立病院)

    大学病院、神奈川県の公的病院にて長年、外科医として勤務してきた蓮尾公篤先生。医師になったときから思い描いていたキャリアを実現させるべく、60歳を過ぎてから転職活動をスタートします。さまざまな選択肢の中から転職先に選んだのは、かつて運営休止に追い込まれてしまった銚子市立病院でした。蓮尾先生が銚子市立病院に入職を決めた経緯、今後の展望についてお話を伺いました。

  • 事例

    地元・山口に還元する家庭医が描く夢―玉野井徹彦氏(山口大学総合診療部)

    現在、山口大学総合診療部にて臨床・教育・診療体制の改善に取り組むのは、家庭医の玉野井徹彦(たまのい・てつひこ)氏。もともと同氏が医師を志した理由は、地元・山口県の環境保護に取り組むためというユニークなものでした。そんな玉野井氏が思う、山口県の抱える課題と将来実現したい夢とは――。

  • 事例

    町医者に憧れ、被災地で学び、家庭医として地元へ還元する―遠藤貴士氏(モミの木クリニック)

    現在、モミの木クリニック(福島県郡山市)で家庭医として勤務している遠藤貴士(えんどう・たかし)氏。初期研修時、「良い意味で“ごちゃまぜ”」な家庭医に魅力を感じ、家庭医療の道を志します。その後、被災した石巻市での活動を経て、東北地方に当時はなかったGIMカンファレンス(全国各地の有志が開く総合内科の勉強会)を立ち上げます。遠藤氏のこれまでの活動や今後の展望を取材しました。

  • 事例

    「ならば自分が」医師不足に心痛めて薬剤師から医師に ―佐藤英之氏(坂総合病院

    薬剤師から医師へ異色のキャリアチェンジを果たした佐藤英之氏。鹿児島県の調剤薬局で働いた経験などから、地方医療における医師不足や、これに伴う患者の選択肢の少なさについて危機感を抱いていました。これまでの経験を活かし、佐藤氏が歩もうとしている道とは──。

  • 事例

    救急医療改革で、より多くの患者さんを救える日本へ――安藤裕貴氏(一宮西病院)

    安藤裕貴氏は、日本の救急医療に課題を見出し、MBAを取得。2018年からは、ビジネススクールで学んだマネジメントの知識を生かし、一宮西病院(愛知県一宮市)で総合救急部救急科部長として救急改革に取り組んでいます。さらに、改革の輪を全国に広げようと、若手医師の育成にも尽力。安藤氏が思い描く理想の救急医療の姿と、理想の実現に向けた取り組みを聞きました。

  • 事例

    北海道の若手医師のために、道外へ飛び出した総合内科医のビジョン―小澤 労氏(国立病院機構栃木医療センター)

    北海道出身の総合内科医・家庭医、小澤労氏が初期研修を経て感じたのは、「北海道では、自分のなりたい医師にはなれない」ということでした。尊敬する医師の言葉に背中を押され、道外へと踏み出します。小澤氏が思う、北海道が抱える総合内科教育の課題と、若手医師を救うためのビジョンを取材しました。

  • 事例

    医師の働き方改革、若き離島医が抱える想い―砂川惇司氏(大原診療所)

    将来は故郷に貢献したいと考え、医師を志した宮古島出身の砂川惇司氏。離島研修が受けられる沖縄県立中部病院で研さんを積み、2017年より沖縄県西表島の診療所に赴任し、専攻医として日々診療にあたっています。「医師の働き方改革」の渦中にもいる砂川氏に、離島医としての想いや今後の展望についてお話を伺いました。

  • 事例

    診療への悶々とした思いが一転 国内留学で得た衝撃とは ―河南真吾氏(徳島県立海部病院)

    河南真吾氏は医学生のときに同行した訪問診療の衝撃から、徳島大学卒業後に母校の総合診療部に入局します。総合診療部で日々診療する中で、ある悶々とした思いを抱き始めます。そんな折、亀田ファミリークリニック館山への国内留学をきっかけに、30代半ばにして自らの役割を見出しました。それまでの気持ちの変化や現在の活動拠点である徳島県立海部病院での取り組みを伺いました。

  • 事例

    市中病院から大学病院に入局した理由―近藤猛氏(名古屋大学医学部附属病院)

    学生時代、ある勉強会に参加したことを機に、将来の展望が大きく変わった近藤猛氏。市中病院で研鑽を積んだ後、名古屋大学医学部附属病院の総合診療科に入局し、現在は院内外で「教育」に携わっています。教育を通してどのようなことを実現しようとしているかを伺いました。

  • 人気記事ランキング