1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. キャリア事例
  4. 事例
  5. 不可能を可能にする。その積み重ねが、地域医療を変える―新村浩明氏(ときわ会常磐病院)
事例

不可能を可能にする。その積み重ねが、地域医療を変える―新村浩明氏(ときわ会常磐病院)

2015年9月24日

夏は涼しく、冬は積雪の少ない福島県いわき市。東日本大震災後に他地域の避難者などが流入したこともあり、人口が急増する一方、顕著な医師不足に陥っています。医療の立て直しが課題となる中、ときわ会常磐(じょうばん)病院では、救急部門の立ち上げ、最新医療機器の導入など、果敢にチャレンジを続けています。目指すのは、「日本一の泌尿器科病院」―震災を乗り越え、どのような思いで地域医療に取り組んでいるのか、院長の新村浩明氏に伺いました。

震災を経験して、ここでやるしかないと思った

―新村先生は富山県出身で、富山大学医学部を卒業されています。いわき市とはどのような関わりがあるのでしょうか。

iwaki_mapわたしがときわ会に着任したのは2005年。東京女子医科大学泌尿器科に在籍していた当時、ときわ会グループの本部であったいわき泌尿器科に派遣されたことがきっかけです。
泌尿器科と透析科に特化し、両科に集中的に資金が投下されるときわ会は、当時成長途上にあったわたしのような泌尿器科医にとって、これ以上ない環境でした。会長の常盤峻士は、「いわき市に、日本一の泌尿器科病院を」が口癖で、その言葉に非常に感化されました。限界を設けず、何でも挑戦しようと思いました。

常磐病院の母体は、1966年に開院した市立常磐病院。現在の形態になったのは、2010年4月なんです。福島県で最多の透析患者を治療するグループへと成長しましたが、開設から1年もたたないうちに、東日本大震災が起こりました。

―震災は、透析患者に大きな影響をもたらしたのではないでしょうか。

震災後、いわき市内の医療機関では、透析機器の故障、断水なども発生し、十分な医療提供ができない状況に陥りました。患者さんにとっては死活問題ですから、市内の10施設で協議し、震災から1週間ほどたった3月17日には、透析患者584人を他県へと移送しました。

hiroaki_shimmura2患者を移送するにあたり他県の医療機関に受け入れを要請したところ、快諾をもらうことができたのは、本当にありがたかったです。一方で、行政の壁もあり、移送手段、宿泊先の手配には苦労しました。インフラが崩壊し公的な支援も行き届かないような状態に陥ると、最後にモノを言うのは人的なネットワークなのだと、身をもって感じました。その節は、本当に多くの方々に協力をしていただきました。

―震災を経て、何か心境の変化はありましたか。

私は単身赴任で家族は東京にいるのですが、震災で吹っ切れましたね。自分はここでやるしかない、と。震災前後で心境がどう変わったか他の職員に聞いたことはありませんが、皆強くなったと思います。一旦極限状態に置かれて仕事に戻ってきて、精神的にタフになった。私自身もそうです。

震災をきっかけに、職員の気持ちがより1つになったと感じました。これだけ熱い思いを持つ職員がいるのだから、もっとすごい仕事ができる。そういう思いは震災後、さらに強まりました。

2020年には、救急車対応台数を今の10倍に

―その取り組みが、救急部門の立ち上げ、最新機器の導入に該当するのでしょうか 。

hiroaki_shimmura4そうです。救急部門を立ち上げた背景には、人口増加の影響もあって、いわき市内の救急搬送数が急激に増加したことが挙げられます。当院では年間700件ほどの救急搬送に応じていますが、明らかに不十分。他の医療機関にしわ寄せがいっている状態でした。救急診療のスキルを身に着けるため、常磐病院より私ともう1名の医師が、いわき市立総合磐城共立病院の救急部門に、週1回研修に行っています。同院の救急部門では、救急専門医3名でいわき市の3次救急を一手に担っている。研修といえども、人材不足の救急をお手伝いすることにも大変な意義があると思っています。
スタッフには、「2020年には、いわき市の2次救急の半分を当院で対応できるようになろう」と伝えています。そのためには、救急車対応台数を今の10倍にしなければなりませんが、本気です。

最新機器に関しては、透析センター、PET-CTセンターを作った約1年後にda Vinciを導入。「いわき市に、日本一の泌尿器科病院を」という思いから、少しずつ規模を拡大して今に至ります。da Vinciによる前立腺がんの手術件数は、2015年で200件に到達しました。

すべてのルーツは「一山一家」の精神

―不可能だと思うことを、実現できる。その秘訣はなんでしょうか。

hiroaki_shimmura5ときわ会の特徴は機動力、そして、従来の価値観にこだわっていないところ。当院では、何か目標を立てたとき、「その実現に向けて、これが足りないから何をしないといけない」というような議論が自然に始まるんです。そういうことを1つ1つ着実にやってきたので、職員たちも前向きに、この地域が抱える課題に向き合ってくれます。

―いわき市で働く上で、大切にしていることはありますか。

ときわ会の理念でもある、「一山一家」という言葉です。かつて炭鉱の町として栄えたいわき市には、「1つの鉱山が1つの家族である」という考え方があります。現場の労働者やその家族、炭鉱に関わるすべての人が強い連帯感で結び付き、お互いに助け合おうという精神です。

この土地でずっと医療をやっていくからには、わたしもこの考えを大切にしていきたい。救急体制の充実も、最先端医療への挑戦も、すべてこの延長線上の取り組みです。まだ始まったばかりの取り組みもありますが、将来いわき市の医療をどう変えていけるか、今からすごく楽しみです。

地域医療にご興味のある先生へ

各地で奮闘する先生お一人おひとりのご活躍によって、日本の医療は支えられています。
この記事をお読みになって、もしも「地方での勤務に興味はあるが、なかなか踏み出せない」とお考えでしたら、一度コンサルタントにご相談いただけないでしょうか。

先生のご懸念やご事情を伺った上で、地方の実情や待遇、サポート体制など正直にお伝えし、前向きな気持ちで次のキャリアに踏み出せるように最大限のご支援をしたいと考えております

先生の決断が、地域を、医療を変えるかもしれません。新天地でのご勤務・転職をお考えでしたら、ぜひお問い合わせください。

この記事の関連キーワード

  1. キャリア事例
  2. 事例

この記事の関連記事

  • 事例

    南海トラフ巨大地震に備えて、医師にできること ――森本真之助氏(三重県 紀南病院)

    森本氏は専門医取得を目指すことに加え、「災害に強いまちづくり」の活動をさらに広げています。診療にとどまらず、地域の大きな課題に取り組む森本氏に、これまでのキャリアと活動を伺いました。

  • 事例

    運営休止した銚子市立病院で、60代医師が働きたいと思った理由―蓮尾公篤氏(銚子市立病院)

    大学病院、神奈川県の公的病院にて長年、外科医として勤務してきた蓮尾公篤先生。医師になったときから思い描いていたキャリアを実現させるべく、60歳を過ぎてから転職活動をスタートします。さまざまな選択肢の中から転職先に選んだのは、かつて運営休止に追い込まれてしまった銚子市立病院でした。蓮尾先生が銚子市立病院に入職を決めた経緯、今後の展望についてお話を伺いました。

  • 事例

    地元・山口に還元する家庭医が描く夢―玉野井徹彦氏(山口大学総合診療部)

    現在、山口大学総合診療部にて臨床・教育・診療体制の改善に取り組むのは、家庭医の玉野井徹彦(たまのい・てつひこ)氏。もともと同氏が医師を志した理由は、地元・山口県の環境保護に取り組むためというユニークなものでした。そんな玉野井氏が思う、山口県の抱える課題と将来実現したい夢とは――。

  • 事例

    町医者に憧れ、被災地で学び、家庭医として地元へ還元する―遠藤貴士氏(モミの木クリニック)

    現在、モミの木クリニック(福島県郡山市)で家庭医として勤務している遠藤貴士(えんどう・たかし)氏。初期研修時、「良い意味で“ごちゃまぜ”」な家庭医に魅力を感じ、家庭医療の道を志します。その後、被災した石巻市での活動を経て、東北地方に当時はなかったGIMカンファレンス(全国各地の有志が開く総合内科の勉強会)を立ち上げます。遠藤氏のこれまでの活動や今後の展望を取材しました。

  • 事例

    「ならば自分が」医師不足に心痛めて薬剤師から医師に ―佐藤英之氏(坂総合病院

    薬剤師から医師へ異色のキャリアチェンジを果たした佐藤英之氏。鹿児島県の調剤薬局で働いた経験などから、地方医療における医師不足や、これに伴う患者の選択肢の少なさについて危機感を抱いていました。これまでの経験を活かし、佐藤氏が歩もうとしている道とは──。

  • 事例

    救急医療改革で、より多くの患者さんを救える日本へ――安藤裕貴氏(一宮西病院)

    安藤裕貴氏は、日本の救急医療に課題を見出し、MBAを取得。2018年からは、ビジネススクールで学んだマネジメントの知識を生かし、一宮西病院(愛知県一宮市)で総合救急部救急科部長として救急改革に取り組んでいます。さらに、改革の輪を全国に広げようと、若手医師の育成にも尽力。安藤氏が思い描く理想の救急医療の姿と、理想の実現に向けた取り組みを聞きました。

  • 事例

    北海道の若手医師のために、道外へ飛び出した総合内科医のビジョン―小澤 労氏(国立病院機構栃木医療センター)

    北海道出身の総合内科医・家庭医、小澤労氏が初期研修を経て感じたのは、「北海道では、自分のなりたい医師にはなれない」ということでした。尊敬する医師の言葉に背中を押され、道外へと踏み出します。小澤氏が思う、北海道が抱える総合内科教育の課題と、若手医師を救うためのビジョンを取材しました。

  • 事例

    医師の働き方改革、若き離島医が抱える想い―砂川惇司氏(大原診療所)

    将来は故郷に貢献したいと考え、医師を志した宮古島出身の砂川惇司氏。離島研修が受けられる沖縄県立中部病院で研さんを積み、2017年より沖縄県西表島の診療所に赴任し、専攻医として日々診療にあたっています。「医師の働き方改革」の渦中にもいる砂川氏に、離島医としての想いや今後の展望についてお話を伺いました。

  • 事例

    診療への悶々とした思いが一転 国内留学で得た衝撃とは ―河南真吾氏(徳島県立海部病院)

    河南真吾氏は医学生のときに同行した訪問診療の衝撃から、徳島大学卒業後に母校の総合診療部に入局します。総合診療部で日々診療する中で、ある悶々とした思いを抱き始めます。そんな折、亀田ファミリークリニック館山への国内留学をきっかけに、30代半ばにして自らの役割を見出しました。それまでの気持ちの変化や現在の活動拠点である徳島県立海部病院での取り組みを伺いました。

  • 事例

    市中病院から大学病院に入局した理由―近藤猛氏(名古屋大学医学部附属病院)

    学生時代、ある勉強会に参加したことを機に、将来の展望が大きく変わった近藤猛氏。市中病院で研鑽を積んだ後、名古屋大学医学部附属病院の総合診療科に入局し、現在は院内外で「教育」に携わっています。教育を通してどのようなことを実現しようとしているかを伺いました。

  • 人気記事ランキング