1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. キャリア事例
  4. 事例
  5. 「離島」という地域特性が、医師の可能性を広げてくれる―佐藤賢治氏(佐渡総合病院)
事例

「離島」という地域特性が、医師の可能性を広げてくれる―佐藤賢治氏(佐渡総合病院)

2015年8月27日

sado_satokenji1

新潟県西部・佐渡島の中央に位置する、佐渡総合病院。同院で副院長を務める外科の佐藤賢治氏は、佐渡島内の医療・介護連携に注力し、ITを活用した情報プラットフォーム「さどひまわりネット」を運営して地域の課題解決に取り組んでいます。佐渡に赴任して20年 。地域医療のやりがいについて話を伺いました。

佐渡島の「最後の砦」として

―佐渡島の医療には、どんな特徴がありますか。

佐渡島は、新潟港から高速船で約1時間のところに位置する離島です。島民6万人のうち、4割は65歳以上の高齢者。島内の医師数は90人ほどで、10万人当たりの常勤医師数は、134.6人と、全国平均(224.5人)の6割にも満たない状況です。過疎化・高齢化や医療者不足といった、地方の医療機関に共通する課題を抱えています。

sado_map―そんな中、島内最大の中核病院として、佐渡総合病院はどんな役割を果たしているのでしょうか。

島の中心に位置する佐渡総合病院は、この島の救急車の85%を受け入れる、2次救急の要です。ほかの病院で対応が難しい患者さんも、ほぼ当院に紹介され、対応が難しいとなれば本土の病院に送ります。天候が悪い場合は島外搬送が難しいので、ある程度は島内で医療を完結させなければなりません。島民が受ける“この島での最後の医療”は常に当院が担っていると言っていいほど、患者さんの流れが出来上がっている。これもこの島の医療体制の大きな特徴だと思います。

―佐藤先生が佐渡島の医療に携わり、20年になると伺いました。そもそもなぜ、この島で働こうと考えたのですか。

sado_satokenji5およそ20年前、わたしはもともと新潟大学からの医局派遣医師として、半年間という期限付きで当院に着任する予定でした。ところが、約束の半年が過ぎようとしているころ、ほかの医師も佐渡島を離れることを知って、「自分までいなくなってしまったら、ここは大変なことになってしまう」と思ったんです。当初からすれば自分でも想定外の選択でしたが、それから現在に至ります。

―かなり思い切った決断をなさったのですね。

当時は医師10年目と、医師としての経験・技術に、自信が持てるようになってきたばかり。都会の大規模病院であれば、まだまだ若手扱いだったと思いますが、佐渡島は医師数が豊富ではない分、若手であっても医師個人 の裁量が大きく、診療をはじめとする日々の業務を自分の考えで進められる。そうしたところにもやりがいと魅力を感じていました。

世の中の“当たり前”を、医療分野にも導入

―2013年4月より、佐渡島の医療連携の一環として、「さどひまわりネット」を活用されています。このツールを導入したきっかけを教えてください。

もともとわたしがある程度ITの知識を持っていたこともあり、医療分野でネットワークの必要性を痛感していました。「世の中で行われていることを医療でもやれるのではないか」というのが、最初のきっかけです。
sado_satokenji3「さどひまわりネット」の目的は、医師、薬剤師、看護師といった多職種連携の“隙間”を埋めること。たとえば、たくさんの薬を服薬している患者さんが、個別の薬の薬効を覚えきれず、主治医に誤った服薬歴を伝えた結果、重複投与が発生したとします。このケースで重要なのは、複数の専門職が患者さんに接しているのに、隙間に落ちてしまう情報が存在するという事実です。
患者さんの医療情報を共有できるプラットフォームがあってはじめて、専門職が隙間をつくらずに機能分担できる。さどひまわりネットがその一助になれたらと考えています。

現在74箇所の医療機関・介護施設がこのシステムを利用しており、「なぜこういうシステムが今までなかったのか」「さどひまわりネットの情報を確認しないと、診療が不安になる」などの声もいただいています。

個人的には、患者さんの医療情報を見た主治医やコメディカルが考えて行動する仕組みを作れたら理想です。参照データとコミュニケーションツール。これが揃っていれば、使い方次第でかなりの情報を連携できます。担当する医療者が変わっても、「さどひまわりネット」を見れば、患者さんの状況はわかる…という風に連携してもらえたら嬉しいですね。

さどひまわりネットは、佐渡島内の病院・医科診療所・歯科診療所・調剤薬局・介護福祉施設をネットワークで双方向に結び、患者の情報を互いに共有できるネットワーク連携システム。それぞれの機関で治療内容、処方薬を把握し、安全な医療・介護を提供、状態に合わせて利便性の高い施設で医療・介護を受けることができる環境作りをめざしている。 さどひまわりネットは、佐渡島内の病院・医科診療所・歯科診療所・調剤薬局・介護福祉施設をネットワークで双方向に結び、患者の情報を互いに共有できるネットワーク連携システム。それぞれの機関で治療内容、処方薬を把握し、安全な医療・介護を提供、状態に合わせて利便性の高い施設で医療・介護を受けることができる環境作りをめざしている。

診療も、新たな取り組みもチャレンジしやすい環境

―最後に、佐渡島ならではのやりがい、魅力について教えてください。

赴任の経緯でもお伝えしましたが、やはり裁量が大きいところにやりがいを感じます。佐渡島は島民6万人、医療機関は30くらいと、それぞれの顔が見える、ちょうどいい規模。診療はもちろんのこと、「さどひまわりネット」のような新しい取り組みも含めて、いろいろとチャレンジがしやすい環境だと思います。自分が居続けることで、佐渡島の医療にさまざまな貢献ができる。その実感は、赴任20年経った今も変わりありません。

sado_satokenji4「さどひまわりネット」を例に挙げても、実現できたのは、島内の医療機関の方々が顔見知りであるわたしの行動を見守ってくださったことが大きいと思っています。汎用性が高いシステムとして構築していますが、離島という物理的制約がある佐渡の地域特性が、導入ハードルを下げてくれました。

土地的な魅力は、自然が豊富で住みやすいところ。新潟県の中で、新潟市というのは雪が少ないのですが、佐渡島はもっと少ないです。平均気温を新潟市と比べると、真夏は2度くらい低くて、真冬は2度くらい高い。新潟のほかの地域よりは寒暖差が少ない。魚もうまいです。海が好きなので、赴任して翌年の夏にダイビングライセンスを取りました。

やりたいことが実現できて、その土地が持つ風土にも魅力を感じている。佐渡で医療を続ける理由は、その2つがあってこそ、だと思っています。

地域医療にご興味のある先生へ

各地で奮闘する先生お一人おひとりのご活躍によって、日本の医療は支えられています。
この記事をお読みになって、もしも「地方での勤務に興味はあるが、なかなか踏み出せない」とお考えでしたら、一度コンサルタントにご相談いただけないでしょうか。

先生のご懸念やご事情を伺った上で、地方の実情や待遇、サポート体制など正直にお伝えし、前向きな気持ちで次のキャリアに踏み出せるように最大限のご支援をしたいと考えております

先生の決断が、地域を、医療を変えるかもしれません。新天地でのご勤務・転職をお考えでしたら、ぜひお問い合わせください。

この記事の関連キーワード

  1. キャリア事例
  2. 事例

この記事の関連記事

  • 事例

    医師の夢“ちょっと医学に詳しい近所のおばさん”――吉住直子氏(JCHOうつのみや病院)・後編

    医師としてフルタイムで働きつつ、地域での社会活動にも尽力している吉住氏。「幅広い世代が集まる場所」をつくろうと、奮闘しています。なぜ、忙しい時間を縫って社会活動をするのか。どのような医師を目指しているのかを伺いました。

  • 事例

    元ヘルパー医師が考える、引き算の医療―吉住直子氏(JCHOうつのみや病院)・中編

    臨床検査技師や介護ヘルパーを経て、呼吸器内科医となった吉住直子氏。研修先や診療科を選ぶ際は、常に「理想的な高齢者医療」を念頭においていました。実際に診療を始めると、前職の経験がプラスに作用することがあるとか。また、以前は見えなかった新しい課題も浮き彫りになってきたと語ります。

  • 事例

    2つの職を経た女医が、介護にこだわる理由―吉住直子氏(JCHOうつのみや病院)・前編

    「ちょっと医学に詳しい近所のおばさんを目指している」と朗らかに話すのは、医師の吉住直子氏です。医学部に入るまでは、臨床検査技師や介護ヘルパーの仕事をしていて、介護現場に立つうちに医師になろうと決意しました。どのような思いで、医師というキャリアを選んだのでしょうか。インタビューを3回に分けてお届けします。

  • 事例

    南海トラフ巨大地震に備えて、医師にできること ――森本真之助氏(三重県 紀南病院)

    森本氏は専門医取得を目指すことに加え、「災害に強いまちづくり」の活動をさらに広げています。診療にとどまらず、地域の大きな課題に取り組む森本氏に、これまでのキャリアと活動を伺いました。

  • 事例

    運営休止した銚子市立病院で、60代医師が働きたいと思った理由―蓮尾公篤氏(銚子市立病院)

    大学病院、神奈川県の公的病院にて長年、外科医として勤務してきた蓮尾公篤先生。医師になったときから思い描いていたキャリアを実現させるべく、60歳を過ぎてから転職活動をスタートします。さまざまな選択肢の中から転職先に選んだのは、かつて運営休止に追い込まれてしまった銚子市立病院でした。蓮尾先生が銚子市立病院に入職を決めた経緯、今後の展望についてお話を伺いました。

  • 事例

    地元・山口に還元する家庭医が描く夢―玉野井徹彦氏(山口大学総合診療部)

    現在、山口大学総合診療部にて臨床・教育・診療体制の改善に取り組むのは、家庭医の玉野井徹彦(たまのい・てつひこ)氏。もともと同氏が医師を志した理由は、地元・山口県の環境保護に取り組むためというユニークなものでした。そんな玉野井氏が思う、山口県の抱える課題と将来実現したい夢とは――。

  • 事例

    町医者に憧れ、被災地で学び、家庭医として地元へ還元する―遠藤貴士氏(モミの木クリニック)

    現在、モミの木クリニック(福島県郡山市)で家庭医として勤務している遠藤貴士(えんどう・たかし)氏。初期研修時、「良い意味で“ごちゃまぜ”」な家庭医に魅力を感じ、家庭医療の道を志します。その後、被災した石巻市での活動を経て、東北地方に当時はなかったGIMカンファレンス(全国各地の有志が開く総合内科の勉強会)を立ち上げます。遠藤氏のこれまでの活動や今後の展望を取材しました。

  • 事例

    「ならば自分が」医師不足に心痛めて薬剤師から医師に ―佐藤英之氏(坂総合病院

    薬剤師から医師へ異色のキャリアチェンジを果たした佐藤英之氏。鹿児島県の調剤薬局で働いた経験などから、地方医療における医師不足や、これに伴う患者の選択肢の少なさについて危機感を抱いていました。これまでの経験を活かし、佐藤氏が歩もうとしている道とは──。

  • 事例

    救急医療改革で、より多くの患者さんを救える日本へ――安藤裕貴氏(一宮西病院)

    安藤裕貴氏は、日本の救急医療に課題を見出し、MBAを取得。2018年からは、ビジネススクールで学んだマネジメントの知識を生かし、一宮西病院(愛知県一宮市)で総合救急部救急科部長として救急改革に取り組んでいます。さらに、改革の輪を全国に広げようと、若手医師の育成にも尽力。安藤氏が思い描く理想の救急医療の姿と、理想の実現に向けた取り組みを聞きました。

  • 事例

    北海道の若手医師のために、道外へ飛び出した総合内科医のビジョン―小澤 労氏(国立病院機構栃木医療センター)

    北海道出身の総合内科医・家庭医、小澤労氏が初期研修を経て感じたのは、「北海道では、自分のなりたい医師にはなれない」ということでした。尊敬する医師の言葉に背中を押され、道外へと踏み出します。小澤氏が思う、北海道が抱える総合内科教育の課題と、若手医師を救うためのビジョンを取材しました。

  • 人気記事ランキング