1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. ノウハウ
  4. 調査
  5. 根性論、閉鎖性…パワハラの原因と対策―医師のパワハラ調査vol.5
調査

根性論、閉鎖性…パワハラの原因と対策―医師のパワハラ調査vol.5

2021年1月11日

医師のパワーハラスメントについて考える本シリーズ。vol.5では医師499人が回答したアンケート(※)から、医療業界で起こるパワハラの原因と対策について考えます。最後に、医療業界のパワハラについての自由意見も収集しました。

※2020年10月3~11日、m3.com会員の医師を対象にしたアンケート調査。「医師のパワーハラスメント」(回答数440件)、「医師の逆パワーハラスメント」(回答数59件)をテーマにエムスリーキャリアが実施

原因は個人要因でも、解決は組織で

まず、医療業界でパワハラ・逆パワハラが起こる原因を上位3つまで複数回答で尋ねたところ、「【個人要因】行為者の資質やハラスメント意識の欠如」が55.7%で突出する結果となりました。また「【環境要因】閉鎖的な人間関係」、「【個人要因】人材不足や忙しさによるストレス」といった、“少数精鋭”になりやすい医師ならではの特徴も上位になりました。

図1:医療業界でパワハラ・逆パワハラが起こる原因は何だと思いますか(20~70代の医師499人が回答)

1位に「【個人要因】行為者の資質やハラスメント意識の欠如」が挙がるのは、パワハラを明確には定義しにくいからこそと言えるかもしれません。厚生労働省によると、パワハラは「同じ職場で働く者に対して、(中略)職場内での優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為」と定義されています。この「業務の適正な範囲」は職場・職位・能力などによってケースバイケースであるため、全国一律には定めにくいでしょう。そのため、医師の間でハラスメントへの認識が異なると、パワハラ問題として表層化しやすくなります。

次に、医療業界のパワハラ・逆パワハラをなくすための対策についても上位3つまで複数回答で聞きました。1位は「トップが正しく理解し、メッセージを発信する」で32.7%、次に「職員同士でコミュニケーションをとれる機会をつくる」(25.9%)、「しっかり機能する相談窓口を設置する」(24.4%)と続きます。

個々人の努力に委ねるのではなく、組織として課題解決に向けて取り組んでいくべきだという認識を持っている人が多いことがわかりました。

図2:医療業界のパワハラ・逆パワハラをなくすためには、何が必要だと思いますか(20~70代の医師499人が回答)

医療業界のパワハラに思うこと

最後に、医療業界、医師のパワハラ・逆パワハラについて、自由に意見を述べていただきました。皆さんは医療業界のパワハラについて、どんな思いをお持ちでしょうか。

医療業界について

  • パワハラに限らず、過重労働に関しても、医者の根性論の悪弊が根底にあると思います。そういった認識の人たちがいなくならない限り、改善しないと思います(30代男性/脳神経外科)
  • 命を扱う職業ですので、ある程度厳しくなるのは仕方ないのでは、と思います。それを一括してパワハラと言いかねない現状はいかがなものかと(40代男性/呼吸器外科)
  • 従来の医療機関はパワハラ的な教育が当然のものと思われていたので、そこを見直すための具体案を啓蒙する必要がある(50代男性/内科)
  • 内部からの改革はあり得ないので、外部から強い力で閉鎖性をこじ開けることが必要(50代男性/内科)
  • 医者の徒弟制度もひどいがナースの世界もひどい。あと50年はかかるでしょう(70代以上男性/内科)
  • 成績が良ければ、失敗やつまずきがほとんどなく、反省もなく医師になれる受験体制が問題。国・公立大学では性格に問題があっても、試験に通りさえすれば国家試験合格までたどり着いてしまう(70代以上男性/放射線科)

コミュニケーションの変化について

  • パワハラと指導の境界が設定できないのがパワハラ。解釈の難しい点であるが、日頃からの対話と、物理的にも心理的にも開けた環境を作ることでパワハラを減らすことができる。密室や密談は良くないです(50代男性/内科)
  • 一定の割合で存在すると思います。昔のようにヒトとヒトがコミュニケーションとらなくなった。ヒトとヒトが面と向かって話をする機会が少なくなったのは良くない(60代男性/整形外科)
  • 電子カルテ化が進み、カルテ上での報告が主になってきた。直接、話すことがなくなってきた(60代男性/リハビリテーション科)

パワハラ防止の仕組みについて

  • 経営者側が変わること、機能する第三者窓口をわかりやすく作ること。今の制度では、弁護士に頼るしかない現状です。もみ消しが業界に横行しています(40代男性/脳神経内科)
  • 原因は、話をちゃんと聞いてもらえないことだと思われる。あとは官庁もハンコを減らすなど業務を簡素化するのだからもっと医療業界も簡素化できるところはしてほしい、そんなストレスも原因にあるのだと思います(40代男性/血液透析科)
  • 受けた人、弱者を必ず守ってあげる仕組みが必要。そのうえで、報告できる第三者機関が信頼できるものであってほしい。これまできちんと聞いてくれた人、部門はなく、パワーバランスで部下である私が悪い、文句を言っている、とレッテルを貼られ、医局を後にしました(50代男性/外科)
  • 日々診療・研究に精進して、手術成績、診療実績、論文、学会発表を行っている者を評価する社会を希望します。グループの力だけで専門医を有していないにも関わらず常勤医として勤務できるような理不尽は止めてほしい(50代男性/小児外科)

5回にわたって医師のパワハラ・逆パワハラの実態をお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか。パワハラ・逆パワハラは、誰もが加害者にも被害者にもなり得ます。そして両者にとって大きな傷にもなります。パワハラ・逆パワハラに悩んだら誰かに相談したり、思い切って職場を変えたりするなど、一人で抱え込まないでいただけたら幸いです。

今の働き方を変えられないか、とお考えの先生へ

まずは現職でご希望を叶えられないか模索いただくことをお勧めしていますが、もしも転職する以外になさそうであればご連絡ください。

現職では難しくとも、他の医療機関や企業などでなら実現できるケースがあります。

週4日勤務、時短、当直・オンコール免除、複数医師体制、担当業務を抑えるといったことは求人に記載されず、医療機関とのご相談次第なことも少なくありません

エムスリーキャリアにお問い合わせいただければ、先生のご希望をどのように実現できそうかお伝えいたします。

この記事の関連キーワード

  1. ノウハウ
  2. 調査

この記事の関連記事

  • 調査

    医師の4割が都道府県またぐ転居に前向き

    医師は、ホワイトカラーに比べると勤務地の候補が多く、住む地域も選びやすい職種です。医師455人から回答を得たアンケートから、他都道府県への転居に対する意識と、勤務先として人気の都道府県を紹介します。

  • 調査

    地方に住みたい!医師が都会を離れる理由

    COVID-19流行をきっかけに、ホワイトカラーではテレワークの普及に伴い、社会全体で地方移住への関心が高まりつつあります。それでは、医師の地方志向はどうでしょうか。医師455人から回答を得たアンケートから、医師の地方転居や移住への興味、検討する上での条件を探ります。

  • 調査

    医師7割弱「補助ある」…研鑽=労働には賛否

    「医師の働き方改革」では、自己研鑽が労働時間に含まれるか否かなどが議論されてきました。2019年7月には厚生労働省から、上司の指示の有無によって労働時間に含まれるかどうかを判断する旨の通知が出ましたが、現場の医師たちはどう受け止めているのでしょうか。

  • 調査

    50歳過ぎても医師が研鑽を続ける理由

    キャリア形成や子育てがひと段落し、第二の人生も考え始める50代以降。いつ医師を引退するかは個人差があり、年齢を重ねても自己研鑽を続ける人は多くいます。今回は自己研鑽をテーマにしたアンケートから50~70代の医師421名の回答を抜き出し、ベテラン医師の自己研鑽の実態をお伝えします。

  • 調査

    人生100年時代に備える!40代に必要な学び

    知識・経験ともに臨床スキルが高まり、チームマネジメントや若手の教育を担う40代。働き盛りにあたる40代の中堅医師は、どのような自己研鑽を行っているのでしょうか。自己研鑽をテーマにしたアンケートから40代医師114名の回答を基に、実態をお伝えします。

  • 調査

    週10時間が当たり前?若手医師の研鑽事情

    一人前の医師になるため、さまざまなことを学び、吸収していく20~30代。医師人生の中でも、最も集中的な自己研鑽が求められる世代と言えそうですが、その実態はどうでしょうか。

  • 調査

    実力?運?医師の出世に必要なこと

    医師の出世や役職について考察する本シリーズ。今回は674名から回答を得たアンケートを基に、医師が出世するために必要なことや、最終的に就きたい役職、そこへ向けての出世の進捗についてご紹介します。

  • 調査

    「感謝どころか文句」4割の医師が出世に後ろ向き

    価値観が多様化し、出世して役職を得ることにこだわらない人も珍しくありません。今回は674名から回答を得たアンケートを基に、医師が「出世したいと思わない」理由や、出世して困ったエピソードをご紹介します。

  • 調査

    医師の出世、目的を実現できる割合は?

    実力はもちろん、時に運やタイミングにも左右される出世。今回は674名から回答を得たアンケートを基に、医師が出世したいと思う理由や、出世して良かったことをご紹介します。

  • 調査

    40代が分かれ目?医師が出世する意義

    キャリアアップの一つの指標に、出世して役職を得ることが挙げられます。働き方の価値観が多様化する中、医師の出世や役職へのこだわりはどうなっているのでしょうか。今回は674名から回答を得たアンケートを基に、現在の役職やそのやりがい、出世への意向についてお伝えします。

  • 人気記事ランキング

    この記事を見た方におすすめの求人

    常勤求人をもっと見る