1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. ノウハウ
  4. 調査
  5. 医師の4割が都道府県またぐ転居に前向き―医師455人アンケートvol.2
調査

医師の4割が都道府県またぐ転居に前向き―医師455人アンケートvol.2

2021年4月13日

医師は、ホワイトカラーに比べると勤務地の候補が多く、住む地域も選びやすい職種です。医師455人から回答を得たアンケートから、他都道府県への転居に対する意識と、勤務先として人気の都道府県を紹介します。
※文中のデータは四捨五入したものです

「他都道府県に転居したくない」医師は43.3%

まず、現在住んでいる都道府県から、他の都道府県に転居してもいいと思うかを尋ねました。
「できれば転居したくない」「絶対に転居したくない」の合計は43.3%です。他方、「ぜひ転居したい」「転居してもいい」の合計は38.7%で、医師の2.5人に1人は他都道府県への転居に前向きなことがわかります。

他エリアへの転居 ハードルとなるのは…?

他都道府県に転居したい人、してもいい人に、その理由を尋ねたところ、最も多かったのは「暮らしやすくなりそう(便利さ、物価、人間関係など)」で56.9%でした。次いで、「働きやすくなりそう(勤務先の選択肢、勤務時間、通勤時間、休みやすさなど)」(35.4%)、「仕事で待遇がよくなりそう」(28.2%)も続きます。

※この質問で「転居したくない、転居したいかわからない」と回答した人を除いて集計

「その他」の意見としては、以下のような回答がありました。
※都道府県は居住地
※一部編集しているものもあります。

  • 実家に戻る(50代/徳島県)
  • 元々居住していた土地のほうが医療事情に明るいため(50代/香川県)
  • 自然環境が良い(60代/京都府)
  • 地方でなければ構わない(50代/兵庫県)
  • 新たな出会いや刺激が得られるから(60代/大分県)
  • 趣味の場に近いなら良い(50代/三重県)
  • 冬の雪が高齢になると苦痛(70代以上/福井県)
  • 働き甲斐があれば、どこでも良い(60代/兵庫県)

また、他の都道府県に転居したくない人にもその理由を尋ねました。
こちらも最も多い理由は、「暮らしにくくなりそう(便利さ、物価、人間関係など)」で46.4%が回答。次に多かったのは「家族が歓迎しなさそう、困りそう」で、36.6%を占めます。「働きにくくなりそう(勤務先の選択肢、勤務時間、通勤時間、休みやすさなど)」も、26.8%いました。

※この質問で「転居したい、転居してもいい、転居したいかわからない」と回答した人を除いて集計

医師が働いてみたい都道府県トップ10!1位は?

医師たちが、現在住んでいるところ以外で、働いてみたい都道府県はどこでしょうか。
1位、2位は観光地としても人気の「沖縄県」(11.2%)、「北海道」(10.5%)で、それぞれ医師の10人に1人が選んでいます。続いて「東京都」(9.0%)、「神奈川県」(7.7%)と関東が並び、5位は九州から唯一トップ10にランクインした「福岡県」(6.4%)でした。

※医師455人が、働いてみたい都道府県を最大3つ回答
※表は「なし」(30.8%)を除く、トップ10位のみ掲載。

トップ3の都道府県を選んだ人から寄せられた声を紹介します。
※一部編集しているものもあります

沖縄県

  • 何回か観光で訪れたり、空気を吸ったりしていて良い印象を持ったから
  • 老後ゆったりと、地域に溶け込めそうだから
  • 沖縄で仕事をしていたことがあるが、仕事以外が充実していたから
  • 沖縄はスギ花粉が飛散しないから
  • 温暖で生活しやすそう
  • 自然豊か

北海道

  • 自然環境が良さそうなので
  • 知り合いがいる
  • 地域医療で1ヶ月間、実際に働いて地域住民へのイメージが良い。昆布やウニの差し入れは最高だった
  • 北海道は妻の出身地で卒業大学は北海道にあり選択しました
  • 刺激が得られそう

東京

  • 現在の勤務地は田舎過ぎる
  • 都会
  • 便利そう
  • 東京で遊びながら働きたい
  • 子供が暮らしている

先生は、「いつか働いてみたい」と思う都道府県はありますか?

【調査概要】
期間:2021/3/6~3/14
対象医師:m3.com登録医師455人

同テーマの記事シリーズはこちら

地域医療にご興味のある先生へ

各地で奮闘する先生お一人おひとりのご活躍によって、日本の医療は支えられています。
この記事をお読みになって、もしも「地方での勤務に興味はあるが、なかなか踏み出せない」とお考えでしたら、一度コンサルタントにご相談いただけないでしょうか。

先生のご懸念やご事情を伺った上で、地方の実情や待遇、サポート体制など正直にお伝えし、前向きな気持ちで次のキャリアに踏み出せるように最大限のご支援をしたいと考えております

先生の決断が、地域を、医療を変えるかもしれません。新天地でのご勤務・転職をお考えでしたら、ぜひお問い合わせください。

この記事の関連キーワード

  1. ノウハウ
  2. 調査

この記事の関連記事

  • 調査

    地方に住みたい!医師が都会を離れる理由

    COVID-19流行をきっかけに、ホワイトカラーではテレワークの普及に伴い、社会全体で地方移住への関心が高まりつつあります。それでは、医師の地方志向はどうでしょうか。医師455人から回答を得たアンケートから、医師の地方転居や移住への興味、検討する上での条件を探ります。

  • 調査

    医師7割弱「補助ある」…研鑽=労働には賛否

    「医師の働き方改革」では、自己研鑽が労働時間に含まれるか否かなどが議論されてきました。2019年7月には厚生労働省から、上司の指示の有無によって労働時間に含まれるかどうかを判断する旨の通知が出ましたが、現場の医師たちはどう受け止めているのでしょうか。

  • 調査

    50歳過ぎても医師が研鑽を続ける理由

    キャリア形成や子育てがひと段落し、第二の人生も考え始める50代以降。いつ医師を引退するかは個人差があり、年齢を重ねても自己研鑽を続ける人は多くいます。今回は自己研鑽をテーマにしたアンケートから50~70代の医師421名の回答を抜き出し、ベテラン医師の自己研鑽の実態をお伝えします。

  • 調査

    人生100年時代に備える!40代に必要な学び

    知識・経験ともに臨床スキルが高まり、チームマネジメントや若手の教育を担う40代。働き盛りにあたる40代の中堅医師は、どのような自己研鑽を行っているのでしょうか。自己研鑽をテーマにしたアンケートから40代医師114名の回答を基に、実態をお伝えします。

  • 調査

    週10時間が当たり前?若手医師の研鑽事情

    一人前の医師になるため、さまざまなことを学び、吸収していく20~30代。医師人生の中でも、最も集中的な自己研鑽が求められる世代と言えそうですが、その実態はどうでしょうか。

  • 調査

    実力?運?医師の出世に必要なこと

    医師の出世や役職について考察する本シリーズ。今回は674名から回答を得たアンケートを基に、医師が出世するために必要なことや、最終的に就きたい役職、そこへ向けての出世の進捗についてご紹介します。

  • 調査

    「感謝どころか文句」4割の医師が出世に後ろ向き

    価値観が多様化し、出世して役職を得ることにこだわらない人も珍しくありません。今回は674名から回答を得たアンケートを基に、医師が「出世したいと思わない」理由や、出世して困ったエピソードをご紹介します。

  • 調査

    医師の出世、目的を実現できる割合は?

    実力はもちろん、時に運やタイミングにも左右される出世。今回は674名から回答を得たアンケートを基に、医師が出世したいと思う理由や、出世して良かったことをご紹介します。

  • 調査

    40代が分かれ目?医師が出世する意義

    キャリアアップの一つの指標に、出世して役職を得ることが挙げられます。働き方の価値観が多様化する中、医師の出世や役職へのこだわりはどうなっているのでしょうか。今回は674名から回答を得たアンケートを基に、現在の役職やそのやりがい、出世への意向についてお伝えします。

  • 調査

    専門医資格のない医師、周りはどう評価?

    医師の「専門医」について、アンケートから実態を調査する本シリーズ。最終回では専門医資格の有用性や今後の課題についてお伝えします。

  • 人気記事ランキング