1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. ノウハウ
  4. 調査
  5. まわし蹴り、叱責…医師の壮絶なパワハラ体験―医師のパワハラ調査vol.1
調査

まわし蹴り、叱責…医師の壮絶なパワハラ体験―医師のパワハラ調査vol.1

2020年12月7日

2020年6月に通称パワハラ防止法(改正労働施策総合推進法)が施行され、パワーハラスメントの防止が企業に義務付けられました。医療機関も例外ではなく、常時使用する労働者数が100人以上であれば、2020年6月1日から対象となっています。今回は医師499人が回答したアンケート(※)から、「医師のパワーハラスメント」(回答数440件)の実態を、赤裸々なエピソードと合わせてご紹介します。

※2020年10月3~11日、m3.com会員の医師を対象にしたアンケート調査。「医師のパワーハラスメント」(回答数440件)、「医師の逆パワーハラスメント」(回答数59件)をテーマにエムスリーキャリアが実施

2人に1人がパワハラの被害あり

はじめに、職場で何らかのパワハラを受けたことがあるかどうかを尋ねたところ、55.2%の人が「はい」と回答しました。本アンケートの回答者に限れば、およそ2人に1人が、職場で何らかのパワハラ被害があるとわかりました。

図1:職場で何らかのパワハラを受けたことがありますか(20~70代の医師440人が回答)

では、具体的にどのようなパワハラを受けたのでしょうか。現在、厚生労働省によって定義されている6つの類型から選んでいただきました。

図2:受けたパワハラの内容(20~70代の医師のうち、「パワハラを受けたことがある」と回答した243人の複数回答)

最も多いのは公の場での叱責、侮辱、長時間にわたる非難といった「精神的な攻撃」で38.2%です。続いて教育しないまま過大なノルマを課す、終業間際に大量業務を押し付けるといった「過大な要求」が23.9%、無視、隔離、仲間外れといった「人間関係からの切り離し」が16.4%でした。

罵倒、仕事の押し付け…理不尽なパワハラエピソード

具体的にはどのようなパワハラを受けていたのでしょうか。一部抜粋してご紹介します。

1位:精神的な攻撃

  • 研修医の時のこと。当直明けの申し送りで、救急部の部長から「プレゼンがなってない!話にならん!」と、持っていたファイルを机に叩きつけながら、スタッフステーションで罵倒された(30代男性/消化器科)
  • 初期臨床研修医として働き始めて3カ月たった時、看護師に、多くの人が見ている前で長時間叱責された。人格否定もされた。一方的にあることないことを責められて、こちらが泣いても止まらなかった(30代女性/内科)
  • 3領域の専門がある内科で、専攻を決める前に、教授の専門領域でない領域を希望していたら、カンファであからさまに出来ない医者扱いされ、さげすまれた。更に、カンファ中の電子カルテのフリーズも自分のせいにされるなど、自分の原因でないことでも揶揄される状態だった(40代男性/内科)
  • 執拗なメールがあり、細かい指摘をして、どのような理由で何をやったのかを、ねちねち書いてくること(50代女性/科目未回答)

2位:過大な要求

  • 長時間労働が多く、1か月に100時間以上の時間外労働に加えて月4回の当直があり、1年の半分以上は体調不良であるが、当直をしない医師から「まだ倒れていないためもっと働け」と言われた(30代女性/腎臓内科)
  • ICU患者で手が離せないのに、外来患者対応をお願いされ、無理であることを伝えたのに「新患担当でしょ」と半ば強制的に押し付けられたこと(30代男性/脳神経外科)
  • 研修医時代、まったく適切な指導を与えられないまま過剰な業務を押し付けられた上、物理的に無理だと断るとその後のカンファレンスにおいて些末で意味不明な質問を執拗に繰り返し、答えられない、あるいは答えないと罵詈雑言を浴びせられた(40代男性/小児科)
  • 休日や時間外の病院行事への無報酬、交通費なしの参加強要。有給取得を強要するが、休暇中の業務バックアップなし(50代女性/科目未回答)

3位:人間関係からの切り離し

  • 急患対応以外は医局から一歩も出ることを禁じられた。平日日勤、平日時間外、休日の急患対応、平日の新患外来をすべて一人で担当、入院での主治医や手術の執刀もすべて一人で担当(40代男性/脳神経外科)
  • 「手術室に入るな」と言われる。論文や学会発表の共著者から削除される。送別会の開催なし(60代男性/外科)
  • 会議で私が話すと研修医が萎縮するので、発言を禁止された(70代以上男性/内科)

4位:過少な要求

  • 仕事を与えられず、医局で椅子に座って過ごしていた(40代男性/放射線科)
  • くびを言い渡された。担当患者がいなくなった(60代男性/リハビリテーション科)
  • 外科医だったのに麻酔科の仕事を余儀なくされて、数年間は麻酔医として仕事をした。昨年から麻酔医を雇用して仕事がなくなり病棟と外来の勤務を言われたが、常勤医を外された(60代男性/科目未回答)

5位:身体的な攻撃

  • 研修医だった頃、自分のミスを怒られる時に殴られた(40代男性/内科)
  • 顔に紙カルテを投げつけられる(40代男性/耳鼻咽喉科)
  • 後輩の前での罵倒、まわし蹴り(40代男性/救急医学科)

6位:個の侵害

  • 人の交際関係をべらべら言いふらす(30代男性/消化器科)
  • 病棟で好意を持った看護師の名前を言わされ、その看護師に私が好意を持っていることを勝手に暴露された。また、バイト代を含めた年収を言うように強制され、答えたくないとはぐらかすと「君は秘密主義だ。それはよくない!」と結局言わされた(50代男性/呼吸器科)
  • 当時の理事長から給料や私生活についてとやかく言われた(50代性別未回答/小児科)

その他

  • 一方的な方針の押し付け(40代男性/小児科)
  • 病気を理由にした給与の大幅減額(60代男性/産婦人科)

多くの対処法は我慢や諦め

パワハラを受けた人は、どのように対処していたのでしょうか。本アンケートの上位は「気にしない、あるいは我慢して特に何もしなかった」が21.6%で、「職場を変えた(異動・休職・退職など)」が15.2%でした。パワハラの場合、誰かに相談してパワハラの解決を試みるよりも、我慢を続けたり、諦めて職場を変えたりしている人の方が多いのかもしれません。

図3:パワハラを受けた際の対処法
(20~70代の医師のうち、「パワハラを受けたことがある」と回答した243人の複数回答)

そして、「これまでに、職場で何らかのパワハラを受けたことがある」と答えた方243人に、職場のパワハラがきっかけで転職を考えたことがあるか尋ねたところ、ある人は79.8%で、ない人の11.5%を大きく上回る結果になりました。パワハラの多くが、進退を考えさせるほど医師に大きな影響を与えているようです。

図4:職場のパワハラがきっかけで転職を考えたことがありますか
(20~70代の医師のうち、「パワハラを受けたことがある」と回答した243人の回答)

本アンケートから、パワハラは嫌な思いが残ることはもちろん、職場を変えざるを得ないなど、医師のキャリアにも影響を及ぼしかねないことがわかりました。vol.2では立場が下の者から上の者に対して行われる「逆パワーハラスメント」についてご紹介します。

今の働き方を変えられないか、とお考えの先生へ

まずは現職でご希望を叶えられないか模索いただくことをお勧めしていますが、もしも転職する以外になさそうであればご連絡ください。

現職では難しくとも、他の医療機関や企業などでなら実現できるケースがあります。

週4日勤務、時短、当直・オンコール免除、複数医師体制、担当業務を抑えるといったことは求人に記載されず、医療機関とのご相談次第なことも少なくありません

エムスリーキャリアにお問い合わせいただければ、先生のご希望をどのように実現できそうかお伝えいたします。

この記事の関連キーワード

  1. ノウハウ
  2. 調査

この記事の関連記事

  • 調査

    医師の4割が都道府県またぐ転居に前向き

    医師は、ホワイトカラーに比べると勤務地の候補が多く、住む地域も選びやすい職種です。医師455人から回答を得たアンケートから、他都道府県への転居に対する意識と、勤務先として人気の都道府県を紹介します。

  • 調査

    地方に住みたい!医師が都会を離れる理由

    COVID-19流行をきっかけに、ホワイトカラーではテレワークの普及に伴い、社会全体で地方移住への関心が高まりつつあります。それでは、医師の地方志向はどうでしょうか。医師455人から回答を得たアンケートから、医師の地方転居や移住への興味、検討する上での条件を探ります。

  • 調査

    医師7割弱「補助ある」…研鑽=労働には賛否

    「医師の働き方改革」では、自己研鑽が労働時間に含まれるか否かなどが議論されてきました。2019年7月には厚生労働省から、上司の指示の有無によって労働時間に含まれるかどうかを判断する旨の通知が出ましたが、現場の医師たちはどう受け止めているのでしょうか。

  • 調査

    50歳過ぎても医師が研鑽を続ける理由

    キャリア形成や子育てがひと段落し、第二の人生も考え始める50代以降。いつ医師を引退するかは個人差があり、年齢を重ねても自己研鑽を続ける人は多くいます。今回は自己研鑽をテーマにしたアンケートから50~70代の医師421名の回答を抜き出し、ベテラン医師の自己研鑽の実態をお伝えします。

  • 調査

    人生100年時代に備える!40代に必要な学び

    知識・経験ともに臨床スキルが高まり、チームマネジメントや若手の教育を担う40代。働き盛りにあたる40代の中堅医師は、どのような自己研鑽を行っているのでしょうか。自己研鑽をテーマにしたアンケートから40代医師114名の回答を基に、実態をお伝えします。

  • 調査

    週10時間が当たり前?若手医師の研鑽事情

    一人前の医師になるため、さまざまなことを学び、吸収していく20~30代。医師人生の中でも、最も集中的な自己研鑽が求められる世代と言えそうですが、その実態はどうでしょうか。

  • 調査

    実力?運?医師の出世に必要なこと

    医師の出世や役職について考察する本シリーズ。今回は674名から回答を得たアンケートを基に、医師が出世するために必要なことや、最終的に就きたい役職、そこへ向けての出世の進捗についてご紹介します。

  • 調査

    「感謝どころか文句」4割の医師が出世に後ろ向き

    価値観が多様化し、出世して役職を得ることにこだわらない人も珍しくありません。今回は674名から回答を得たアンケートを基に、医師が「出世したいと思わない」理由や、出世して困ったエピソードをご紹介します。

  • 調査

    医師の出世、目的を実現できる割合は?

    実力はもちろん、時に運やタイミングにも左右される出世。今回は674名から回答を得たアンケートを基に、医師が出世したいと思う理由や、出世して良かったことをご紹介します。

  • 調査

    40代が分かれ目?医師が出世する意義

    キャリアアップの一つの指標に、出世して役職を得ることが挙げられます。働き方の価値観が多様化する中、医師の出世や役職へのこだわりはどうなっているのでしょうか。今回は674名から回答を得たアンケートを基に、現在の役職やそのやりがい、出世への意向についてお伝えします。

  • 人気記事ランキング

    この記事を見た方におすすめの求人

    常勤求人をもっと見る