1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. キャリア事例
  4. 事例
  5. 「慢性期病院」像が崩れつつある?昨今のトレンド―慢性期医療の世界Vol.3
事例

「慢性期病院」像が崩れつつある?昨今のトレンド―慢性期医療の世界Vol.3

2018年9月28日

「伝統的にイメージされてきたような“慢性期病院”像は、徐々に崩れつつあるかもしれない」。そう語るのは、30代にして厚生労働省の医系技官を辞し、平成医療福祉グループに転職した坂上祐樹氏。医師にとっては、第一線を退いた後の活躍の場ともとられることがある慢性期医療。急性期の医療機関からは見えづらい面白さや、現場の様子についてうかがいました。

患者を多角的な視点で診る面白さ

─慢性期に初めて関わってみて、どんなところに面白さややりがいを感じますか。

慢性期は、急性期に比べて経過が長いですよね。いかに病気を治して、リハビリで機能を回復させていくか。これで終わりではなく、退院後の生活まで見なければなりません。自宅に帰すにしても、すぐに以前のような生活ができるとは限らない。患者ごとに家庭や金銭的な問題、介護の状況など事情は異なりますから。

患者のすべての疾患を横断的に診て、なおかつ生活環境まで踏み込むというのが、慢性期医療の一番の醍醐味であり、面白いところではないでしょうか。そこまでトータルで関わりたいという医師に向いていると思います。

また、多職種によるチームで取り組むという楽しさもあります。医師だけで完結できることはほとんどない。僕自身、薬で分からないことがあればすぐ薬剤師に電話をして聞くし、栄養のことは管理栄養士に相談します。いろいろな人たちと連携して、患者の生活を支えていくのです。

それにはマネジメント的な視点も必要です。とりわけ療養型などでは、法律の配置基準上も、医師の人数は急性期より少なくなりますから。コメディカルスタッフの力を借りながら、みんなで一緒にやろうというのがより大事になってきます。

─ご所感として、どのようなスキルを持った医師が活躍できそうだと思いますか。

急性期から患者を受け入れることが多いので、急性期を全く経験しないで来るより、一定程度、急性期を経験してから慢性期に来たほうがいいのかなと思います。

私の場合は初期研修を終えてすぐ医系技官になったので、急性期を経験したのは初期研修の2年間のみ。さすがにそれだと少し短いかもしれないとは思います。恐らく今だと専門医を取るとか、そのぐらいまで経験してから慢性期に来ると、すぐ戦力になれるのではないでしょうか。

 「慢性期病院」像が崩れつつある?昨今のトレンド

─先生のように30代の医師では、急性期の現場で自分の専門性を生かしていこうという志向性の方が多数派のようにも思われますが、そうした中で慢性期の分野へと転向することに不安はありませんでしたか。
急性期の医師は、確かにその分野のスペシャリストだと思います。そうした臓器ごとにしっかり診るという医師は必要です。

一方で、患者を全人的に診る総合的な医師も必要です。今、専門医でも総合診療医ができました。あの分野は結構、若手の医師に人気があります。今後は専門性に特化するというよりも、トータルで診たいという医師が増えてくるのかなと思います。

最近は慢性期だけをやっているような病院のほうがむしろ少ない。その点は昨今のトレンドとして言えるかなと思います。うちのグループも慢性期から始まっていますが、現在は「地域密着型多機能病院」を目指し、回復期のリハビリもやっていますし、訪問診療も始めています。病棟もあるし、リハビリもある。在宅医療もできます。むしろ慢性期などのほうが急性期よりも多様性はあるのかなと思います。

「臨床だけが、医師の仕事ではない」

―医療機能が多岐にわたる分、医師に求められる役割も多面的になりそうですね。

そうですね。急性期、慢性期という以前に、そもそも医師は臨床だけをやるものと決まっているわけではありません。医師免許があることで、臨床もできるし研究もできる。僕のように行政官にもなれるし、民間に行けば経営者、大学になら教育者にもなれる。言ってみれば、医師にはいろいろな選択肢があるので、自分で道を狭めてしまうことのほうがもったいないと思います。

 

僕は一見、無駄に見えることこそ大事だなと思っています。例えば、僕は小学校1年から大学まで剣道をやっていました。母校である長崎県立島原高校の剣道部はインターハイでの優勝経験もある強豪校で、休みはお盆と元旦のみ。高校時代はろくに勉強せず、剣道に明け暮れる毎日でした。医師になるのに、剣道なんて全く必要ありません。でも、剣道のおかげで強い精神力が備わり、どんな苦しい場面にも耐えられた面があると思います。

特に勤務医に、臨床だけやる、専門の業務だけやるというふうに考える人が少なくないように感じます。そうなると、どうしても視野が狭くなる。「医師だからこれしかやらない」という人生は面白くない。僕自身はこれからも領域にこだわらず、さまざまなことに挑戦していきたいと思っています。もしかしたらこういう思いに賛同してくれる方こそ、「慢性期向き」なのかもしれないですね。

坂上 祐樹
さかがみ ゆうき
平成医療福祉グループ医療政策マネジャー
医師/医学博士

1981年生まれ。長崎大学医学部卒業後、2006年から長崎県五島中央病院で初期研修。08年に医系技官として厚生労働省に入省。臨床研修制度の見直しや診療報酬改定などを手掛ける。17年7月に退職。同年10月から平成医療福祉グループ医療政策マネジャーとなり、臨床に携わりつつ、グループ全体の医療政策を担う。

今後のキャリア形成に向けて情報収集したい先生へ

医師の転職支援サービスを提供しているエムスリーキャリアでは、直近すぐの転職をお考えの先生はもちろん、「数年後のキャリアチェンジを視野に入れて情報収集をしたい」という先生からのご相談も承っています。

以下のような疑問に対し、キャリア形成の一助となる情報をお伝えします。

「どのような医師が評価されやすいか知りたい」
「数年後の年齢で、どのような選択肢があるかを知りたい」
「数年後に転居する予定で、転居先にどのような求人があるか知りたい」

当然ながら、当社サービスは転職を強制するものではありません。どうぞお気軽にご相談いただけますと幸いです。

エムスリーキャリアは全国10,000以上の医療機関と提携して、多数の求人をお預かりしているほか、コンサルタントの条件交渉によって求人を作り出すことが可能です。

この記事の関連キーワード

  1. キャリア事例
  2. 事例

この記事の関連記事

  • 事例

    オリンピック出場を目指す研修医の思い―医師と2足のわらじvol.19(後編)

    初期研修医と世界クラスの山岳ランナーという二つの顔を持つ髙村貴子先生。今シーズンからは山岳スキーも始め、年間を通じて山を駆ける髙村先生は、将来にどんなビジョンを描いているのでしょうか。医師として、山岳ランナーとして目指している場所を伺いました。

  • 事例

    研修病院決定の決め手は「そこに山があったから」―医師と2足のわらじvol.19(中編)

    長野県で初期研修医として働いている髙村貴子先生は、国内では敵なしの実力をもつ山岳ランナーでもあります。初出場したレースでいきなり3位に入賞したのが医学部2年生のとき。ときには海外にも転戦する山岳ランナーと医学生をどのように両立してきたのでしょうか。卒試・国試を控えた6年生のときの過酷なエピソードや研修医生活との両立についても伺いました。

  • 事例

    国試の前は地獄…山岳ランナーと医学生の両立―医師と2足のわらじvol.19(前編)

    長野県で初期研修医として働いている髙村貴子先生は、国内では敵なしの実力をもつ山岳ランナーでもあります。初出場したレースでいきなり3位に入賞したのが医学部2年生のとき。ときには海外にも転戦する山岳ランナーと医学生をどのように両立してきたのでしょうか。卒試・国試を控えた6年生のときの過酷なエピソードや研修医生活との両立についても伺いました。

  • 事例

    医師の夢“ちょっと医学に詳しい近所のおばさん”――吉住直子氏(JCHOうつのみや病院)・後編

    医師としてフルタイムで働きつつ、地域での社会活動にも尽力している吉住氏。「幅広い世代が集まる場所」をつくろうと、奮闘しています。なぜ、忙しい時間を縫って社会活動をするのか。どのような医師を目指しているのかを伺いました。

  • 事例

    元ヘルパー医師が考える、引き算の医療―吉住直子氏(JCHOうつのみや病院)・中編

    臨床検査技師や介護ヘルパーを経て、呼吸器内科医となった吉住直子氏。研修先や診療科を選ぶ際は、常に「理想的な高齢者医療」を念頭においていました。実際に診療を始めると、前職の経験がプラスに作用することがあるとか。また、以前は見えなかった新しい課題も浮き彫りになってきたと語ります。

  • 事例

    2つの職を経た女医が、介護にこだわる理由―吉住直子氏(JCHOうつのみや病院)・前編

    「ちょっと医学に詳しい近所のおばさんを目指している」と朗らかに話すのは、医師の吉住直子氏です。医学部に入るまでは、臨床検査技師や介護ヘルパーの仕事をしていて、介護現場に立つうちに医師になろうと決意しました。どのような思いで、医師というキャリアを選んだのでしょうか。インタビューを3回に分けてお届けします。

  • 事例

    不治の病を抱えながら、クリニックの院長へ ―病とキャリアvol.7(後編)

    40代でパーキンソン病を発症し、50歳で医師として働くことを辞めた橋爪鈴男先生。後編では、再び医療の世界に戻った時のエピソードと、病を抱えるようになって変化したことを語っていただきました。(取材日:2020年2月20日 ※インタビューは、資料や文書による回答も交えた形式で実施しました)

  • 事例

    「もう死にたい」動けない医師が光を見出すまで ―病とキャリアvol.7(中編)

    皮膚科医として、順調なキャリアを築いてきた橋爪鈴男先生。しかし、40代でパーキンソン病を発症した後、大学病院を辞すことを決意します。中編では、絶望を救った一つの言葉と仲間の支え、そして新たな治療を経て見つけた生き甲斐についてお話をうかがいました。

  • 事例

    40代でパーキンソン病「医師を続けられない」 ―病とキャリアvol.7(前編)

    順風満帆な生活から一転、晴天の霹靂のごとく襲いかかった難病──。橋爪鈴男先生は、40代でパーキンソン病を発症し、大学病院の助教授(当時)の職を辞すことを決意します。身体機能が衰えていく自分の姿に苦悩し、自殺を考えたこともあったそうです。しかし、生きる意味を見出し、再び医師として復帰するに至りました。前編では、突然の発症から大学病院の辞職を決意するまでのエピソードをお聞きしました。

  • 事例

    エンジニア、研究者を経て“ゴール志向じゃない自分“を肯定―医師と2足のわらじvol.18(後編)

    医学部を卒業後、ゲノム研究者とエンジニアを両立する日々を送っていた鈴木晋氏。「臨床がわからないと研究も深まらない」と考え、スキップしていた初期臨床研修を受けようと決意しました。その後、大学院でのプログラミングを用いた医学研究を経て、「治療アプリ」を研究・開発する株式会社CureAppの創業メンバーに。現在は、臨床を続けながら、同社の最高開発責任者(CDO)として開発全般を指揮しています。実は少し前まで、“ゴール志向”でない自身のキャリア観を肯定できずにいたとか。CDOとして働く現在は、どのように捉えているのでしょうか。

  • 人気記事ランキング