1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. キャリア事例
  4. 事例
  5. 慢性期の現場に30代で飛びこんで思うこと―慢性期医療の世界Vol.2
事例

慢性期の現場に30代で飛びこんで思うこと―慢性期医療の世界Vol.2

2018年9月27日

10年間務めた厚生労働省を辞め、民間病院へと移ってきた坂上祐樹氏。現在は、慢性期の担い手として急性期経過後のケアに注力している平成医療福祉グループにて、30代という若さで複数病院の運営に携わっています。厚労省での経験を経、10年ぶりの臨床現場で感じることについてうかがいました。

元医系技官が挑む、病院運営

─厚生労働省を離れ、10年振りの現場復帰です。戸惑うこともあったのでは。

まずは「臨床をしっかり思い出せ」と、最初の半年間は徳島の博愛記念病院の一般内科とリハビリテーション科で、みっちり臨床を学びなおし。優秀な回復期リハ病棟の先生の下について、指導していただきました。

はじめは、薬の名前が全然分からないし、上部内視鏡検査も以前のようにできませんでしたが、半年後には基本的な部分はスムーズにできるようになりました。一度、身に付けた感覚は忘れないもの。それこそ初期研修の2年間に鍛えてもらったおかげで、10年のブランクがあってもさほど無理なく現場復帰ができたように思います。

─現在はどんな仕事をしているのですか。

2017年の10月に入社し、今年4月からは医療政策マネジャーとして、臨床だけではなく病院の運営にも関わらせてもらっています。時間配分としては週に2日が臨床、残り3日は運営側の仕事といった感じです。

─毎日、どんなスケジュールなのですか。

大体月、火は徳島にいます。1日は臨床、もう1日は幹部会議に出て、課題を共有したり、武久代表などと話したりします。水曜日は2週間に1回が大阪。堺市に新しい病院ができるので、その準備です。それ以降は関東にいます。新たにオープンした総合検診センターのフォローや、あまり経営状況がよくない施設のテコ入れ、療養病棟からニーズが高い回復期リハビリテーション病棟への転換業務など、仕事は多岐にわたります。また、在宅医が足りない病院のサポートに入り、訪問診療で患者さんも診ているのですよ。当グループはインドネシアにも進出予定で、その準備のため、2カ月に1回は渡航しています。

一見医師の仕事ではない仕事にも、価値はある

―複数の医療機関にまたがってお仕事をされているのですね。

はい。平成医療福祉グループは全国に25病院、86施設・学校を運営しているので、施設によって抱えている問題も異なる。非常に多様で面白いですね。責任権限を与えられ、自由にやらせてもらえているので、とても充実しています。

仕事の範囲は幅広いですよ。先日は、ある病院で祭りを開催しました。その病院は患者が減少傾向にあったので、要因を分析したところ、地域での認知度が低いことが分かりました。そこで「みんなで一緒に祭りをやろう」ということになったのです。うちのグループ内では祭りを実施している施設は結構あるのですが、そこでは初めての催しでした。

地域のみなさんが喜んでくれる祭りの企画を部下と一緒になって考える。医師の仕事では完全にないけど、楽しいじゃないですか。部下が祭りに必要な物品を郊外の量販店で買おうとしていたので、叱りましたよ(笑)。「何のために祭りをやるのか。地域の人たちに病院を知ってもらうためだ。地元の商店街で買ってこい。そのときに『チラシを置かせてください』と頼むほうが何倍も得じゃないか」って。

当日、僕はたこ焼きの係でしたが、上手だとほめられました。地域の人たちが200人ほど来てくれ、一応ノルマは達成できたかなと思います。イベントを通じて私たちの病院を知ってもらい、患者が増えて、よりより医療を提供できたら、地域のためにも、病院のためにもなります。

─運営側の仕事をする上で、大事にしていることは何ですか。

理念をみんなで共有することだと思います。それには「患者さんにとっていいことは損してでもやろう」ということを、繰り返し言い続けるしかないのかなと思います。

現場に入ってスタッフと同じ経験をして、そこで学ぶことも重要です。この前も介護スタッフと一緒に患者さんをお風呂に入れました。うちの代表も副代表もそういうタイプで、代表も今でもときどき入浴介助とかやっていますよ。

僕の個人的な考えですが、質の悪い医療なら提供しないほうがいい。ますます高齢化が進み、国の財政も厳しい中で、適当なことをやっている病院は潰れていくはずです。生き残っていくためには、患者に選んでもらえるような質の高い医療を提供しなければならない。そういう危機感を理念と合わせて職員たちと共有していくことが大事だと思っています。

当グループでは、提供する医療の質を向上させていくために様々な試みをしています。

その1つが、クオリティ・インディケーターという医療の質を測る指標です。例えば、患者のリハビリによる心体機能の改善率はどうか、褥瘡が発生してないかなど、そういう指標を経時的に追っています。

また、米国の患者満足度調査、HCAHPSにならったものも組み入れる予定です。米国ではこれをやらないと保険の金額が減算されるといった仕組みになっていて、毎年ランキングが発表されています。ちなみに1位がメイヨークリニックで、2番がクリーブランド・クリニック。これをうちのグループでもやってみようと考えています。

うちのグループは結構“昭和”なんですよ。慰安旅行や忘年会、運動会、徳島発祥のグループとして阿波踊りもあります。割とアットホームな感じです。例えば、忘年会はエリアごとの開催なので、去年は7回参加しました。大体1回が1000人規模で、歌謡コンクールや施設ごとに出し物をやって、一番のところには金一封が出ます。そういうのは面倒くさいと思う人も多いのかもしれませんが、そういうどうでもいいことで盛り上がれる組織はチームワークがいい。それがうちのグループの良さだと思います。

 「今度は現場から、医療を変えていきたい」

─坂上先生個人としては最終的にどんな医師、医療を目指していますか。

まだ正直、将来のゴールは見えていません。まずはいい臨床をしつつ、マネジャーとしていい運営もできる、両方を兼ね備えた医師になりたいと思います。グループの病院をよくして、それによって地域医療をよくして、今度は現場から国に提言できるようになりたいですね。

一度きりの人生ですから、悔いが残らないようにしたい。人のためにと思って仕事をしていたら続かなくなると思う。だから自分自身が楽しいことをやって、それが結果的に世のため、人のためになることをやっていきたいと思っています。

坂上 祐樹
さかがみ ゆうき
平成医療福祉グループ医療政策マネジャー
医師/医学博士

1981年生まれ。長崎大学医学部卒業後、2006年から長崎県五島中央病院で初期研修。08年に医系技官として厚生労働省に入省。臨床研修制度の見直しや診療報酬改定などを手掛ける。17年7月に退職。同年10月から平成医療福祉グループ医療政策マネジャーとなり、臨床に携わりつつ、グループ全体の医療政策を担う。

今後のキャリア形成に向けて情報収集したい先生へ

医師の転職支援サービスを提供しているエムスリーキャリアでは、直近すぐの転職をお考えの先生はもちろん、「数年後のキャリアチェンジを視野に入れて情報収集をしたい」という先生からのご相談も承っています。

以下のような疑問に対し、キャリア形成の一助となる情報をお伝えします。

「どのような医師が評価されやすいか知りたい」
「数年後の年齢で、どのような選択肢があるかを知りたい」
「数年後に転居する予定で、転居先にどのような求人があるか知りたい」

当然ながら、当社サービスは転職を強制するものではありません。どうぞお気軽にご相談いただけますと幸いです。

エムスリーキャリアは全国10,000以上の医療機関と提携して、多数の求人をお預かりしているほか、コンサルタントの条件交渉によって求人を作り出すことが可能です。

この記事の関連キーワード

  1. キャリア事例
  2. 事例

この記事の関連記事

  • 事例

    オリンピック出場を目指す研修医の思い―医師と2足のわらじvol.19(後編)

    初期研修医と世界クラスの山岳ランナーという二つの顔を持つ髙村貴子先生。今シーズンからは山岳スキーも始め、年間を通じて山を駆ける髙村先生は、将来にどんなビジョンを描いているのでしょうか。医師として、山岳ランナーとして目指している場所を伺いました。

  • 事例

    研修病院決定の決め手は「そこに山があったから」―医師と2足のわらじvol.19(中編)

    長野県で初期研修医として働いている髙村貴子先生は、国内では敵なしの実力をもつ山岳ランナーでもあります。初出場したレースでいきなり3位に入賞したのが医学部2年生のとき。ときには海外にも転戦する山岳ランナーと医学生をどのように両立してきたのでしょうか。卒試・国試を控えた6年生のときの過酷なエピソードや研修医生活との両立についても伺いました。

  • 事例

    国試の前は地獄…山岳ランナーと医学生の両立―医師と2足のわらじvol.19(前編)

    長野県で初期研修医として働いている髙村貴子先生は、国内では敵なしの実力をもつ山岳ランナーでもあります。初出場したレースでいきなり3位に入賞したのが医学部2年生のとき。ときには海外にも転戦する山岳ランナーと医学生をどのように両立してきたのでしょうか。卒試・国試を控えた6年生のときの過酷なエピソードや研修医生活との両立についても伺いました。

  • 事例

    医師の夢“ちょっと医学に詳しい近所のおばさん”――吉住直子氏(JCHOうつのみや病院)・後編

    医師としてフルタイムで働きつつ、地域での社会活動にも尽力している吉住氏。「幅広い世代が集まる場所」をつくろうと、奮闘しています。なぜ、忙しい時間を縫って社会活動をするのか。どのような医師を目指しているのかを伺いました。

  • 事例

    元ヘルパー医師が考える、引き算の医療―吉住直子氏(JCHOうつのみや病院)・中編

    臨床検査技師や介護ヘルパーを経て、呼吸器内科医となった吉住直子氏。研修先や診療科を選ぶ際は、常に「理想的な高齢者医療」を念頭においていました。実際に診療を始めると、前職の経験がプラスに作用することがあるとか。また、以前は見えなかった新しい課題も浮き彫りになってきたと語ります。

  • 事例

    2つの職を経た女医が、介護にこだわる理由―吉住直子氏(JCHOうつのみや病院)・前編

    「ちょっと医学に詳しい近所のおばさんを目指している」と朗らかに話すのは、医師の吉住直子氏です。医学部に入るまでは、臨床検査技師や介護ヘルパーの仕事をしていて、介護現場に立つうちに医師になろうと決意しました。どのような思いで、医師というキャリアを選んだのでしょうか。インタビューを3回に分けてお届けします。

  • 事例

    不治の病を抱えながら、クリニックの院長へ ―病とキャリアvol.7(後編)

    40代でパーキンソン病を発症し、50歳で医師として働くことを辞めた橋爪鈴男先生。後編では、再び医療の世界に戻った時のエピソードと、病を抱えるようになって変化したことを語っていただきました。(取材日:2020年2月20日 ※インタビューは、資料や文書による回答も交えた形式で実施しました)

  • 事例

    「もう死にたい」動けない医師が光を見出すまで ―病とキャリアvol.7(中編)

    皮膚科医として、順調なキャリアを築いてきた橋爪鈴男先生。しかし、40代でパーキンソン病を発症した後、大学病院を辞すことを決意します。中編では、絶望を救った一つの言葉と仲間の支え、そして新たな治療を経て見つけた生き甲斐についてお話をうかがいました。

  • 事例

    40代でパーキンソン病「医師を続けられない」 ―病とキャリアvol.7(前編)

    順風満帆な生活から一転、晴天の霹靂のごとく襲いかかった難病──。橋爪鈴男先生は、40代でパーキンソン病を発症し、大学病院の助教授(当時)の職を辞すことを決意します。身体機能が衰えていく自分の姿に苦悩し、自殺を考えたこともあったそうです。しかし、生きる意味を見出し、再び医師として復帰するに至りました。前編では、突然の発症から大学病院の辞職を決意するまでのエピソードをお聞きしました。

  • 事例

    エンジニア、研究者を経て“ゴール志向じゃない自分“を肯定―医師と2足のわらじvol.18(後編)

    医学部を卒業後、ゲノム研究者とエンジニアを両立する日々を送っていた鈴木晋氏。「臨床がわからないと研究も深まらない」と考え、スキップしていた初期臨床研修を受けようと決意しました。その後、大学院でのプログラミングを用いた医学研究を経て、「治療アプリ」を研究・開発する株式会社CureAppの創業メンバーに。現在は、臨床を続けながら、同社の最高開発責任者(CDO)として開発全般を指揮しています。実は少し前まで、“ゴール志向”でない自身のキャリア観を肯定できずにいたとか。CDOとして働く現在は、どのように捉えているのでしょうか。

  • 人気記事ランキング