1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. キャリア事例
  4. 事例
  5. 近畿地方の子どもたちを守る! 救急集中治療科再編の軌跡 ― 黒澤寛史氏(兵庫県立こども病院)
事例

近畿地方の子どもたちを守る! 救急集中治療科再編の軌跡 ― 黒澤寛史氏(兵庫県立こども病院)

2018年3月15日

国内に小児専門の集中治療科がなかった2000年代前半。重症の小児患者への治療に疑問を感じていた黒澤寛史氏は、その思いを原点に小児集中治療医としてのキャリアを歩み始めました。2016年には、兵庫県立こども病院の救急集中治療科の再編に参画。小児集中治療科が最大限の力を発揮できる体制を構築しました。そんな黒澤氏が思い描く、次なる目標とは一。(取材日:2018年1月25日)

小児集中治療を学べる環境を

―小児の集中治療医として、キャリアを歩むようになったきっかけを教えてください。

大学卒業後、仙台市立病院の小児科で働き始めました。この病院は地域の基幹病院であるため、重篤な子どもたちも多く運ばれてくるようなところ。しかし―当時は全国的に同じような状態だったと思いますが、小児集中治療を専門的に学んできた医師はいませんでした。このような状況下で多くの重篤な子どもたちを診るうちに、「この子どもたちにとって、もっといい医療があるのではないか」という疑問を抱くようになっていって―。

そんなことを考えていた医師2年目の夏に参加した小児救急医学会で、東京都に国立成育医療センター(現・国立成育医療研究センター)が開院することを知ったのです。重症患者を診る小児集中治療科と中軽症を診る総合診療科を中心にして、その周囲に各臓器別診療科がサポートする救急・集中治療体制が構想されていました。「自分が理想に思う診療体制と似ている」と感じ、2002年、開院と同時に同センターの小児集中治療科に赴任。小児の集中治療科医として歩み始めたのです。

―その後、兵庫県立子ども病院の小児集中治療科に赴任するまでの経緯をお聞かせください。

小児の集中治療は、そもそも患者さんの絶対数が少ないです。そのため、2年間国立成育医療センターで勤務した後、神戸市立医療センター中央市民病院の救命救急センターで成人の救急・集中治療に携わり、研さんを積みました。その後、静岡県立子ども病院の小児集中治療科の立ち上げに参画。さらなるスキルアップと研究に従事するために、アメリカ・フィラデルフィア、オーストラリア・メルボルンへ留学しました。

メルボルンで1年が過ぎた頃、兵庫県立こども病院から来ないかと依頼が来たのです。当時の兵庫県立こども病院は、新病院へ移転するタイミングでした。それにあたり、もともとあった救急集中治療科の再編を構想していたのです。わたしとしても、日本にしっかりと小児集中治療のトレーニングが積める施設がもう少し増えるべきだと感じていたところでした。特に、西日本にはそのような施設がなかったので、理想とする小児集中治療科を立ち上げるべく、赴任を決意しました。

再編計画を変更して、体制づくりをする意義

―救急集中治療科の再編は、具体的にどのように進められたのですか。

当初は、心臓外科と循環器科が担当する心臓疾患集中治療室(CICU)、小児集中治療室(PICU)、救急病棟、集中治療室から一般病棟へのステップダウンユニットである高度治療室(HCU)の4病棟をつくることが掲げられていました。その中で、集中治療科の担当はPICUのみ。これでは集中治療科の能力を十分に発揮できず、重篤な子どもたちに最適な医療が提供できない―。そう考え、救急病棟は救急総合診療科や各専門診療科が担当し、CICU、PICU、HCUの計27床を小児集中治療科が各診療科と協力しながら診療にあたる体制に再編しました。

カギとなったのが、HCUです。HCUをPICUの隣に配置して集中治療科が担当することで、集中治療室から一般病棟に移るまでの期間、一貫した治療が可能になります。冬場は特に重症になる子どもが増えるため、集中治療室のベッドが足りなくなってしまいます。しかし、すぐ隣にHCUがあれば一旦そちらに入ってもらうことができる。病床運用の観点からも非常に効率的ですし、何より患者さんの安全性も高まります。

-もともとあった構想を変更することは、苦労も多かったかと思います。

確かにその通りです。しかしわたしは、CICUからHCUまでを小児集中治療科が担当することで、小児集中治療医が研さんを積む場として恵まれた環境を作りたかった。そのような環境をつくることで若い医師が来てくれるようになれば、日本全体の小児集中治療の質を高めることができると考えたからです。このような教育環境をつくることは、わたしが当院に赴任を決めた理由でもあったため、どんな苦労も覚悟のうえでした。

近畿地方をカバーできる、小児集中治療科へ

―現在の課題は、どのような点にありますか。

現在、合計15名の医師が勤務しています。そのうち5名が常勤医ですが、病棟責任者を務めることができる常勤医をあと3名増やすことが一番の課題ですね。わたしも含めて、病棟責任者たちは月8回の当直をこなしている状況。体力的に厳しい部分もありますし、何より、研究や若手医師の育成に時間をあまり割けていないのが現状です。この点を改善することが、患者さんにさらに質の高い医療を提供するためにも、若手医師の教育現場として発展させていくためにも必要不可欠。医師数が増えればそれだけ患者さんの受け入れもできるので、重症患者さんの集約化が可能になります。小児科医不足や少子化の現状を踏まえると、重症患者さんを集約化して、地域の医療機関とうまく役割分担をしながら、小児医療に取り組んでいくことが必要だと考えています。

医師数が足りないことに付随して、取り組みたくても取り組めていないことの1つに「迎え搬送」があります。医師不足については、地域の医療機関の方がより深刻ですが、その状況下でも、できる限りのことをしてくださっています。そのような先生方の負担を少しでも減らし、同時に重篤な子どもたちに対して、スピーディに適切な医療を提供するためにも導入していきたいのですが、なかなか手が回っていないのが正直なところです。

―迎え搬送をはじめ、地域との連携をより一層深めていこうとしているのですね。

そうですね。地域の医療機関からの紹介や講演依頼が増えたり、神戸大学との交流も始まったり、地域との関係性ができつつありますが、できることはもっとあると思っています。

先程話に出た迎え搬送に関しても、まずは地域の医療機関がそれを本当に求めているのかを確認するところから始めるべきですね。当院としては地域の医療機関に負担がないよう、適切なタイミングでこちらに搬送できる体制をつくろうと考えていますが、もしかすると地域の医療機関側は「自分たちで診られる」と思われるかもしれません。また、重症患者さんの集約化はある程度できているように感じていますが、タイミングは適切か、地域差はないのかなど、正確な状況把握も必要だと思っています。そのためにも、これまで以上に地域と関係を深め、状況把握できるようにしながら、ニーズに即した医療体制を整えていきたいですね。

さらに今後は、兵庫県内だけでなく、より広域的に地域を捉えていくべきだとも考えています。既に何度も申し上げていますが、小児の重症患者数は成人に比べると圧倒的に少ないです。例えば、重症呼吸不全・循環不全に対する治療である体外式膜型人工肺(ECMO)は、成人の場合、年間30例程診ないと十分なスキルは積めないと言われていますが、小児ではそれだけの症例数は県単位でも集まりません。そうすると、県を超えたより広い単位で患者さんを集約していかなければならないのです。小児集中治療科再編後、滋賀県からECMOが必要な患者さんが一度だけドクターヘリで搬送されてきたことがありました。このような事例は、件数こそ多くないかもしれません。しかし、地域の中核病院として取り組んでいくべきことだと思いますので、まずは近畿地方をカバーできる小児集中治療の中核へと当院を発展させていきたいですね。

この地域の医師求人情報
・ 兵庫県の常勤医師求人情報を検索する

地域医療にご興味のある先生へ

各地で奮闘する先生お一人おひとりのご活躍によって、日本の医療は支えられています。
この記事をお読みになって、もしも「地方での勤務に興味はあるが、なかなか踏み出せない」とお考えでしたら、一度コンサルタントにご相談いただけないでしょうか。

先生のご懸念やご事情を伺った上で、地方の実情や待遇、サポート体制など正直にお伝えし、前向きな気持ちで次のキャリアに踏み出せるように最大限のご支援をしたいと考えております

先生の決断が、地域を、医療を変えるかもしれません。新天地でのご勤務・転職をお考えでしたら、ぜひお問い合わせください。

この記事の関連キーワード

  1. キャリア事例
  2. 事例

この記事の関連記事

  • 事例

    医師の夢“ちょっと医学に詳しい近所のおばさん”――吉住直子氏(JCHOうつのみや病院)・後編

    医師としてフルタイムで働きつつ、地域での社会活動にも尽力している吉住氏。「幅広い世代が集まる場所」をつくろうと、奮闘しています。なぜ、忙しい時間を縫って社会活動をするのか。どのような医師を目指しているのかを伺いました。

  • 事例

    元ヘルパー医師が考える、引き算の医療―吉住直子氏(JCHOうつのみや病院)・中編

    臨床検査技師や介護ヘルパーを経て、呼吸器内科医となった吉住直子氏。研修先や診療科を選ぶ際は、常に「理想的な高齢者医療」を念頭においていました。実際に診療を始めると、前職の経験がプラスに作用することがあるとか。また、以前は見えなかった新しい課題も浮き彫りになってきたと語ります。

  • 事例

    2つの職を経た女医が、介護にこだわる理由―吉住直子氏(JCHOうつのみや病院)・前編

    「ちょっと医学に詳しい近所のおばさんを目指している」と朗らかに話すのは、医師の吉住直子氏です。医学部に入るまでは、臨床検査技師や介護ヘルパーの仕事をしていて、介護現場に立つうちに医師になろうと決意しました。どのような思いで、医師というキャリアを選んだのでしょうか。インタビューを3回に分けてお届けします。

  • 事例

    南海トラフ巨大地震に備えて、医師にできること ――森本真之助氏(三重県 紀南病院)

    森本氏は専門医取得を目指すことに加え、「災害に強いまちづくり」の活動をさらに広げています。診療にとどまらず、地域の大きな課題に取り組む森本氏に、これまでのキャリアと活動を伺いました。

  • 事例

    運営休止した銚子市立病院で、60代医師が働きたいと思った理由―蓮尾公篤氏(銚子市立病院)

    大学病院、神奈川県の公的病院にて長年、外科医として勤務してきた蓮尾公篤先生。医師になったときから思い描いていたキャリアを実現させるべく、60歳を過ぎてから転職活動をスタートします。さまざまな選択肢の中から転職先に選んだのは、かつて運営休止に追い込まれてしまった銚子市立病院でした。蓮尾先生が銚子市立病院に入職を決めた経緯、今後の展望についてお話を伺いました。

  • 事例

    地元・山口に還元する家庭医が描く夢―玉野井徹彦氏(山口大学総合診療部)

    現在、山口大学総合診療部にて臨床・教育・診療体制の改善に取り組むのは、家庭医の玉野井徹彦(たまのい・てつひこ)氏。もともと同氏が医師を志した理由は、地元・山口県の環境保護に取り組むためというユニークなものでした。そんな玉野井氏が思う、山口県の抱える課題と将来実現したい夢とは――。

  • 事例

    町医者に憧れ、被災地で学び、家庭医として地元へ還元する―遠藤貴士氏(モミの木クリニック)

    現在、モミの木クリニック(福島県郡山市)で家庭医として勤務している遠藤貴士(えんどう・たかし)氏。初期研修時、「良い意味で“ごちゃまぜ”」な家庭医に魅力を感じ、家庭医療の道を志します。その後、被災した石巻市での活動を経て、東北地方に当時はなかったGIMカンファレンス(全国各地の有志が開く総合内科の勉強会)を立ち上げます。遠藤氏のこれまでの活動や今後の展望を取材しました。

  • 事例

    「ならば自分が」医師不足に心痛めて薬剤師から医師に ―佐藤英之氏(坂総合病院

    薬剤師から医師へ異色のキャリアチェンジを果たした佐藤英之氏。鹿児島県の調剤薬局で働いた経験などから、地方医療における医師不足や、これに伴う患者の選択肢の少なさについて危機感を抱いていました。これまでの経験を活かし、佐藤氏が歩もうとしている道とは──。

  • 事例

    救急医療改革で、より多くの患者さんを救える日本へ――安藤裕貴氏(一宮西病院)

    安藤裕貴氏は、日本の救急医療に課題を見出し、MBAを取得。2018年からは、ビジネススクールで学んだマネジメントの知識を生かし、一宮西病院(愛知県一宮市)で総合救急部救急科部長として救急改革に取り組んでいます。さらに、改革の輪を全国に広げようと、若手医師の育成にも尽力。安藤氏が思い描く理想の救急医療の姿と、理想の実現に向けた取り組みを聞きました。

  • 事例

    北海道の若手医師のために、道外へ飛び出した総合内科医のビジョン―小澤 労氏(国立病院機構栃木医療センター)

    北海道出身の総合内科医・家庭医、小澤労氏が初期研修を経て感じたのは、「北海道では、自分のなりたい医師にはなれない」ということでした。尊敬する医師の言葉に背中を押され、道外へと踏み出します。小澤氏が思う、北海道が抱える総合内科教育の課題と、若手医師を救うためのビジョンを取材しました。

  • 人気記事ランキング