1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. キャリア事例
  4. 事例
  5. 千葉県の公立病院にPICU!?小児科医を9人から27人に増やした医師の戦略―平本龍吾氏(松戸市立病院)
事例

千葉県の公立病院にPICU!?小児科医を9人から27人に増やした医師の戦略―平本龍吾氏(松戸市立病院)

2017年5月31日

日本国内に約40カ所しかない小児集中治療室(PICU)。設置機関には大学病院や小児専門病院が名を連ねるなか、公立病院にもかかわらずPICU6床を有するのが松戸市立病院(千葉県)です。もともとPICUのなかった同院は、2004年には常勤小児科医が9名となり、縮小の危機に瀕していました。その立て直しをリードしたのが平本龍吾氏。地域の小児医療を守るべく、縮小から拡大へ舵を切った平本氏は何を考え、どう行動したのでしょうか。

自分たちで後期研修医を育て、小児科の環境を変える

―松戸市立病院の小児科を立て直そうと思い立ったきっかけは何でしょうか。

一番の大きな転機は、2004年に新医師臨床研修制度が始まり、それまで千葉大学から当院に派遣されていたローテート医師が来なくなってしまったことです。

その時点で常勤小児科医は9名。今、何も策を講じなければ皆がハードな勤務形態に疲弊してしまう姿が目に見えていましたし、あらたな若手医師が確保できなければ小児科は縮小の一途をたどり、地域の子どもたちの健康を守れなくなると思いました。それを食い止めるためには、自分たちで後期研修医を育てて、いつかは専門医として戻ってくる環境を作るしかないと考え、当院小児科の改革に乗り出したのです。

夢、目標を語ることで、人を集める

―具体的には、どのように改革を進めてきたのですか?

小児科の改革を始めてから12年間、意識してきたのは「夢を語り、目標をしっかり持ち、人を集める」こと。この理念を小児科内の共通認識にすることから始めました。

わたしたちの夢は2つ。1つは、当院の小児科での後期研修教育システムを日本で“one of the best”にすることです。後期研修教育でトップになるのは非常に困難かもしれませんが、せめてトップ10に入る環境を整えていこうと決めました。そして2つ目の夢が、PICUの設置。なぜなら、1つ目の夢を実現するためには、一般外来・救急から集中治療まで小児の総合教育ができる環境が不可欠と考えたためです。

そして、目標は3つ。患者さんにとっていい医療を提供する、患者さんのご家族にとっていい医療を提供する、そしてスタッフにとってもいい環境を提供するための環境を整えることです。

こうした夢、目標を発信していけば、若手医師は必ず来ると信じていました。残る課題は、後期研修医だけでなく、常勤スタッフである指導医も疲弊しない体制づくりでした。特にワークライフバランスと残業時間抑制には注意を払ってきました。

―常勤医が疲弊しないために、どのようなことに取り組まれたのですか?

まずはグループ主治医制を導入し、一人に業務や責任が集中しないような仕組みをつくりました。当直明けも休みが確実に取れるように工夫しました。また、診療能力の均質化を図るために小児二次救命処置法(PALS)の資格取得を義務付け、積極的な学会への参加や論文発表、勉強会の充実を促してきました。さらには、自分の専門学会や研修会に参加した際は必ずレポート1枚を提出し、専門外の医師とも最新の情報共有。最近では戻ってきた中堅スタッフが勉強会の資料や症例の資料などは全てクラウド上にアップロードしてくれて、全員が閲覧できるようになっています。

グループ主治医制と同時に行ったのが「松戸市夜間小児急病センター」の設置です。1次救急から3次救急までの受け入れが疲弊の要因になると考えたので、当院横にセンターを設け、トリアージをする仕組みにしました。2017年現在では、年間約8000人の診療を行うまでになっています。当院の小児科医と松戸市医師会医師の二人体制で診察、重症度が高ければ院内に運び込み入院治療が可能です。これによって、当院では2次から3次救急の患者さんに集中できるようになりました。

このような体制を整える一方、受け入れ入院患者数を増やすことにも注力しました。2004年度までは年間1000~1200人程でしたが、入院治療が必要な患者さんを率先して受け入れた結果、2008年度は約1800人、2009年度は約2200人にまで増加。2008年に小児入院管理料1を取得し赤字を解消、この時点で常勤小児科医を22名にまで増やすことができました。

後期研修医採用に関しても、ようやくここ数年は安定して5人ずつ採用できるようになり、2014年にはPICU4床の設立が実現しました。このとき、1つの大きな山を越えたと感じましたし、大きな達成感がありました。ただ今の状況を達成できたのは、病院上層部の理解があったこと、医師会が強力にサポートしてくれたこと、そして何より同じ目標を持った素晴らしい仲間(医師・看護師)がいたからこそです。おかげで今年は常勤小児科医が27名になりました。

松戸市立病院小児科の今後

―12年かけて、理想の環境になってきたということですね。2004年から今までの間で、最も苦労したことは何ですか?

やはり最初の5年間、人員体制が整っていなかったことですね。医師が多くない中でグループ主治医制に移行し、入院患者数をどんどん増やしていきましたので。今でこそ1グループ4~5人で構成されていますが、最初は2人で1グループ。2人1組で回診から当直、学会発表等も全て行っていたので、体力的にもきつく、皆で歯を食いしばって頑張っていたという感じでした。

―今後は、どのような成長を目指していますか。

今後の一番の目標は、2016年6床となったPICUを10床にまで増やすことです。これからさらに少子化が進むと、閉鎖に追い込まれる小児科が増えると予想されていますが、そのような状況下でも市立病院として地域の小児医療を支えていきたい。将来的には地域に密着した小児救急治療と全県対応型の高度専門医療の2本柱で、より広域をカバーすることを見据えています。

医師数はこれ以上になると、どうしても臓器ごとの専門に分かれてしまい、“1つのチーム”としての統率が取りにくくなってしまうため、今の数を維持したいと思っています。

今後の小児救急医療の充実を図りつつ、それぞれが専門を持ちながらも、ジェネラルに子どもを診ていける体制を維持し、各々の質向上を目指していきたいと考えています。

地域医療にご興味のある先生へ

各地で奮闘する先生お一人おひとりのご活躍によって、日本の医療は支えられています。
この記事をお読みになって、もしも「地方での勤務に興味はあるが、なかなか踏み出せない」とお考えでしたら、一度コンサルタントにご相談いただけないでしょうか。

先生のご懸念やご事情を伺った上で、地方の実情や待遇、サポート体制など正直にお伝えし、前向きな気持ちで次のキャリアに踏み出せるように最大限のご支援をしたいと考えております

先生の決断が、地域を、医療を変えるかもしれません。新天地でのご勤務・転職をお考えでしたら、ぜひお問い合わせください。

この記事の関連キーワード

  1. キャリア事例
  2. 事例

この記事の関連記事

  • 事例

    南海トラフ巨大地震に備えて、医師にできること ――森本真之助氏(三重県 紀南病院)

    森本氏は専門医取得を目指すことに加え、「災害に強いまちづくり」の活動をさらに広げています。診療にとどまらず、地域の大きな課題に取り組む森本氏に、これまでのキャリアと活動を伺いました。

  • 事例

    運営休止した銚子市立病院で、60代医師が働きたいと思った理由―蓮尾公篤氏(銚子市立病院)

    大学病院、神奈川県の公的病院にて長年、外科医として勤務してきた蓮尾公篤先生。医師になったときから思い描いていたキャリアを実現させるべく、60歳を過ぎてから転職活動をスタートします。さまざまな選択肢の中から転職先に選んだのは、かつて運営休止に追い込まれてしまった銚子市立病院でした。蓮尾先生が銚子市立病院に入職を決めた経緯、今後の展望についてお話を伺いました。

  • 事例

    地元・山口に還元する家庭医が描く夢―玉野井徹彦氏(山口大学総合診療部)

    現在、山口大学総合診療部にて臨床・教育・診療体制の改善に取り組むのは、家庭医の玉野井徹彦(たまのい・てつひこ)氏。もともと同氏が医師を志した理由は、地元・山口県の環境保護に取り組むためというユニークなものでした。そんな玉野井氏が思う、山口県の抱える課題と将来実現したい夢とは――。

  • 事例

    町医者に憧れ、被災地で学び、家庭医として地元へ還元する―遠藤貴士氏(モミの木クリニック)

    現在、モミの木クリニック(福島県郡山市)で家庭医として勤務している遠藤貴士(えんどう・たかし)氏。初期研修時、「良い意味で“ごちゃまぜ”」な家庭医に魅力を感じ、家庭医療の道を志します。その後、被災した石巻市での活動を経て、東北地方に当時はなかったGIMカンファレンス(全国各地の有志が開く総合内科の勉強会)を立ち上げます。遠藤氏のこれまでの活動や今後の展望を取材しました。

  • 事例

    「ならば自分が」医師不足に心痛めて薬剤師から医師に ―佐藤英之氏(坂総合病院

    薬剤師から医師へ異色のキャリアチェンジを果たした佐藤英之氏。鹿児島県の調剤薬局で働いた経験などから、地方医療における医師不足や、これに伴う患者の選択肢の少なさについて危機感を抱いていました。これまでの経験を活かし、佐藤氏が歩もうとしている道とは──。

  • 事例

    救急医療改革で、より多くの患者さんを救える日本へ――安藤裕貴氏(一宮西病院)

    安藤裕貴氏は、日本の救急医療に課題を見出し、MBAを取得。2018年からは、ビジネススクールで学んだマネジメントの知識を生かし、一宮西病院(愛知県一宮市)で総合救急部救急科部長として救急改革に取り組んでいます。さらに、改革の輪を全国に広げようと、若手医師の育成にも尽力。安藤氏が思い描く理想の救急医療の姿と、理想の実現に向けた取り組みを聞きました。

  • 事例

    北海道の若手医師のために、道外へ飛び出した総合内科医のビジョン―小澤 労氏(国立病院機構栃木医療センター)

    北海道出身の総合内科医・家庭医、小澤労氏が初期研修を経て感じたのは、「北海道では、自分のなりたい医師にはなれない」ということでした。尊敬する医師の言葉に背中を押され、道外へと踏み出します。小澤氏が思う、北海道が抱える総合内科教育の課題と、若手医師を救うためのビジョンを取材しました。

  • 事例

    医師の働き方改革、若き離島医が抱える想い―砂川惇司氏(大原診療所)

    将来は故郷に貢献したいと考え、医師を志した宮古島出身の砂川惇司氏。離島研修が受けられる沖縄県立中部病院で研さんを積み、2017年より沖縄県西表島の診療所に赴任し、専攻医として日々診療にあたっています。「医師の働き方改革」の渦中にもいる砂川氏に、離島医としての想いや今後の展望についてお話を伺いました。

  • 事例

    診療への悶々とした思いが一転 国内留学で得た衝撃とは ―河南真吾氏(徳島県立海部病院)

    河南真吾氏は医学生のときに同行した訪問診療の衝撃から、徳島大学卒業後に母校の総合診療部に入局します。総合診療部で日々診療する中で、ある悶々とした思いを抱き始めます。そんな折、亀田ファミリークリニック館山への国内留学をきっかけに、30代半ばにして自らの役割を見出しました。それまでの気持ちの変化や現在の活動拠点である徳島県立海部病院での取り組みを伺いました。

  • 事例

    市中病院から大学病院に入局した理由―近藤猛氏(名古屋大学医学部附属病院)

    学生時代、ある勉強会に参加したことを機に、将来の展望が大きく変わった近藤猛氏。市中病院で研鑽を積んだ後、名古屋大学医学部附属病院の総合診療科に入局し、現在は院内外で「教育」に携わっています。教育を通してどのようなことを実現しようとしているかを伺いました。

  • 人気記事ランキング