1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. キャリア事例
  4. 事例
  5. 患者の9割に普及 住民の医療意識を変えたアイテムとは? ―吉嶺文俊氏(新潟県立十日町病院)
事例

患者の9割に普及 住民の医療意識を変えたアイテムとは? ―吉嶺文俊氏(新潟県立十日町病院)

2017年5月8日

地域によって、抱えている課題や問題点はさまざま。少子高齢化が進む新潟県の山間部では、外来受診できなくなってしまった患者の在宅療養を支えるため、多職種連携をいかに密接に取っていくかがカギとなっています。こうした状況下、新潟県で長らく医療に従事してきた吉嶺文俊氏は、地域ニーズを察知して、とあるアイテムを導入。他職種連携を円滑にしたほか、地域住民の健康意識を高めることにも成功したそうです。吉嶺氏の担当患者の9割が参加していたという、その取り組みの概要を聞きました。

住民の健康意識を高めるために

―これまでのご経歴を教えてください。

自治医科大学卒業後、ずっと新潟県内で勤務しています。

大学病院、都市部から山間部までさまざまな県立病院で経験を積み、直近では、新潟県東部で60年以上にわたり地元密着型の医療を展開してきた津川病院で、約10年間病院長を務めてきました。現在の十日町病院に院長として就任したのは、2016年の4月のことです。

―長年、新潟県の医療に携わる中で、注力してきた取り組みがあれば教えてください。

津川病院時代から行っている、ノートを用いた取り組みです。

津川病院がある新潟県東蒲原郡阿賀町は、人口約13,000人。高齢者が占める割合は約41%と少子高齢化が進んでおり、多くの高齢患者さんが複数の医療・介護施設を利用して、地域での暮らしを成り立たせているような状況でした。こうした中で大切なのは、患者さんにまつわる情報を医療・介護従事者と当事者同士が共有し、密に連携を取ること。もともと患者さんの情報は、各施設がノートや端末に記録していたのですが、施設ごとに情報をまとめていると施設を越えての情報連携は取りづらく、何かと非効率。それならば、主治医や訪問看護師、訪問リハビリテーション、通所リハビリテーションなどの介護施設が情報を一元化できる仕組みをつくれないかと思い、要介護認定を受けた患者さんに1冊のノート―通称「連携ノート」を持ってもらい、患者さん自身に携帯してもらうようにしました。

連携ノートの存在によって他職種連携がスムーズに回り始め、確かな手応えを感じるようになったとき、わたしはこの取り組みに、当初抱いていた以上の可能性を実感するようになっていました。

―連携ノートのさらなる可能性とは。

連携ノートは、「介護が必要になったとき」から記録を開始することを想定したものでしたが、「元気なうちから、自分の健康にかかわる情報をノートにまとめ、患者さんの医療に対する当事者意識を高めることが必要なのではないか」と考えるようになったんです。ちょうど診療情報開示の流れも盛り上がっていた当時、患者さんやご家族が主体となって健康管理をする意識を定着させるためのツールとして連携ノートを進化させた「健康ファイル」の普及を始めました。

健康ファイルが育むもの

自分自身で情報管理ができる「健康ファイル」

―「健康ファイル」とは、どのようなものですか。

A4サイズの2穴ファイルに、過去の検診記録や検査結果、診療明細書、薬の使用方法、病状のサマリーなどを全てとじ込めたものです。ファイル内にジッパー付きのクリアケースも入れているので、お薬手帳から血圧手帳、紹介状の入ったDVDなど、受診にまつわる全ての情報を1つにまとめることができる―自分自身で情報整理して携帯できるカルテのようなもの、と言えばわかりやすいかと思います。

地道な取り組みの結果、わたしが津川病院を離れた2016年3月には、担当患者さんの9割が健康ファイルを持つまでになりました。自分の健康を主体的に考えている意識の表れだと思うので、すごくうれしかったですね。どんな些細なことでも、患者さんや医療従事者に役立つことであれば浸透・定着する―当たり前のことかもしれませんが、こういう積み重ねが、やがて地域医療の土台となるのだと実感できた取り組みでした。

―津川病院の患者さんにとって、健康ファイルは身近な健康管理ツールになったのですね。普及にあたり、気を付けたことはありますか。

普及しても継続しなければ意味がないので、いくつか工夫した点があります。

まずは決まりをつくりすぎないこと。ルールがあまりにも細かいと、それを守ることが面倒になって続きません。なので、何をファイリングするかは基本的に患者さんの判断に任せていました。逆に、何をファイルしたらいいか分からない場合も悩んで嫌になってしまう可能性があるので、「こんなものを挟んでおくといいですよ」といったガイドも添付しましたね。

それから意識したのは、お金を払ってもらうこと。自治体を通じて、連携ノートは60円、健康ファイルは200円で販売していました。お金を払ってもらうことで、患者さんの中に「せっかく買ったのだから、ファイリングしよう」と意識が芽生えさせるのが目的でした。

主体性のある医療へ

健康ファイルの試験版「黄色いつづりひも」

―津川病院から十日町病院へと移られましたが、今後も健康ファイルを広めていこうとお考えですか。

着任してまだ1年程度なので、段階を踏んで普及させたいと考えています。その第一歩として、健康ファイルの試験版である「黄色いつづりひも」を担当患者さんに無料配布するところから始め、医療機関で渡された書類を黄色いつづりひもに通して保管するように促しています。配布書類全てにあらかじめ穴を開けておき、患者さんに習慣化してもらえる工夫をして、「これくらいならやってもいいか」と思える状態にまで落とし込みました。まずは、この浸透と定着をはかることが目下の目標です。

―患者の健康意識を高めようという背景には、どんな思いがあるのでしょうか。

高齢化や過疎化が進んでいるような地域でも、質の高い医療を提供していきたいという思いが原動力です。医師不足と言われている環境でも、たとえば、受診時に患者さんが自分の健康情報を持ってきたら、医師はより複合的に患者さんを診ることができる。患者さん側は、健康情報を管理することで、当事者意識を持って治療方針の決定などができるのではないでしょうか。住民や医療者の意識をすぐに変えることはできませんが、津川病院で10年取り組んだように、十日町病院でも少しずつ変化を起こしていこうと思います。

地域医療にご興味のある先生へ

各地で奮闘する先生お一人おひとりのご活躍によって、日本の医療は支えられています。
この記事をお読みになって、もしも「地方での勤務に興味はあるが、なかなか踏み出せない」とお考えでしたら、一度コンサルタントにご相談いただけないでしょうか。

先生のご懸念やご事情を伺った上で、地方の実情や待遇、サポート体制など正直にお伝えし、前向きな気持ちで次のキャリアに踏み出せるように最大限のご支援をしたいと考えております

先生の決断が、地域を、医療を変えるかもしれません。新天地でのご勤務・転職をお考えでしたら、ぜひお問い合わせください。

この記事の関連キーワード

  1. キャリア事例
  2. 事例

この記事の関連記事

  • 事例

    南海トラフ巨大地震に備えて、医師にできること ――森本真之助氏(三重県 紀南病院)

    森本氏は専門医取得を目指すことに加え、「災害に強いまちづくり」の活動をさらに広げています。診療にとどまらず、地域の大きな課題に取り組む森本氏に、これまでのキャリアと活動を伺いました。

  • 事例

    運営休止した銚子市立病院で、60代医師が働きたいと思った理由―蓮尾公篤氏(銚子市立病院)

    大学病院、神奈川県の公的病院にて長年、外科医として勤務してきた蓮尾公篤先生。医師になったときから思い描いていたキャリアを実現させるべく、60歳を過ぎてから転職活動をスタートします。さまざまな選択肢の中から転職先に選んだのは、かつて運営休止に追い込まれてしまった銚子市立病院でした。蓮尾先生が銚子市立病院に入職を決めた経緯、今後の展望についてお話を伺いました。

  • 事例

    地元・山口に還元する家庭医が描く夢―玉野井徹彦氏(山口大学総合診療部)

    現在、山口大学総合診療部にて臨床・教育・診療体制の改善に取り組むのは、家庭医の玉野井徹彦(たまのい・てつひこ)氏。もともと同氏が医師を志した理由は、地元・山口県の環境保護に取り組むためというユニークなものでした。そんな玉野井氏が思う、山口県の抱える課題と将来実現したい夢とは――。

  • 事例

    町医者に憧れ、被災地で学び、家庭医として地元へ還元する―遠藤貴士氏(モミの木クリニック)

    現在、モミの木クリニック(福島県郡山市)で家庭医として勤務している遠藤貴士(えんどう・たかし)氏。初期研修時、「良い意味で“ごちゃまぜ”」な家庭医に魅力を感じ、家庭医療の道を志します。その後、被災した石巻市での活動を経て、東北地方に当時はなかったGIMカンファレンス(全国各地の有志が開く総合内科の勉強会)を立ち上げます。遠藤氏のこれまでの活動や今後の展望を取材しました。

  • 事例

    「ならば自分が」医師不足に心痛めて薬剤師から医師に ―佐藤英之氏(坂総合病院

    薬剤師から医師へ異色のキャリアチェンジを果たした佐藤英之氏。鹿児島県の調剤薬局で働いた経験などから、地方医療における医師不足や、これに伴う患者の選択肢の少なさについて危機感を抱いていました。これまでの経験を活かし、佐藤氏が歩もうとしている道とは──。

  • 事例

    救急医療改革で、より多くの患者さんを救える日本へ――安藤裕貴氏(一宮西病院)

    安藤裕貴氏は、日本の救急医療に課題を見出し、MBAを取得。2018年からは、ビジネススクールで学んだマネジメントの知識を生かし、一宮西病院(愛知県一宮市)で総合救急部救急科部長として救急改革に取り組んでいます。さらに、改革の輪を全国に広げようと、若手医師の育成にも尽力。安藤氏が思い描く理想の救急医療の姿と、理想の実現に向けた取り組みを聞きました。

  • 事例

    北海道の若手医師のために、道外へ飛び出した総合内科医のビジョン―小澤 労氏(国立病院機構栃木医療センター)

    北海道出身の総合内科医・家庭医、小澤労氏が初期研修を経て感じたのは、「北海道では、自分のなりたい医師にはなれない」ということでした。尊敬する医師の言葉に背中を押され、道外へと踏み出します。小澤氏が思う、北海道が抱える総合内科教育の課題と、若手医師を救うためのビジョンを取材しました。

  • 事例

    医師の働き方改革、若き離島医が抱える想い―砂川惇司氏(大原診療所)

    将来は故郷に貢献したいと考え、医師を志した宮古島出身の砂川惇司氏。離島研修が受けられる沖縄県立中部病院で研さんを積み、2017年より沖縄県西表島の診療所に赴任し、専攻医として日々診療にあたっています。「医師の働き方改革」の渦中にもいる砂川氏に、離島医としての想いや今後の展望についてお話を伺いました。

  • 事例

    診療への悶々とした思いが一転 国内留学で得た衝撃とは ―河南真吾氏(徳島県立海部病院)

    河南真吾氏は医学生のときに同行した訪問診療の衝撃から、徳島大学卒業後に母校の総合診療部に入局します。総合診療部で日々診療する中で、ある悶々とした思いを抱き始めます。そんな折、亀田ファミリークリニック館山への国内留学をきっかけに、30代半ばにして自らの役割を見出しました。それまでの気持ちの変化や現在の活動拠点である徳島県立海部病院での取り組みを伺いました。

  • 事例

    市中病院から大学病院に入局した理由―近藤猛氏(名古屋大学医学部附属病院)

    学生時代、ある勉強会に参加したことを機に、将来の展望が大きく変わった近藤猛氏。市中病院で研鑽を積んだ後、名古屋大学医学部附属病院の総合診療科に入局し、現在は院内外で「教育」に携わっています。教育を通してどのようなことを実現しようとしているかを伺いました。

  • 人気記事ランキング