1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. キャリア事例
  4. 事例
  5. “キャリアの脱線”の末に出会った老健施設長のやりがいとは?―介護老人保健施設とかち・施設長 森川利則氏
事例

“キャリアの脱線”の末に出会った老健施設長のやりがいとは?―介護老人保健施設とかち・施設長 森川利則氏

2017年3月8日

kazunori.morikawa1

介護を必要とする高齢者の自立を支援し、家庭への復帰を目指す介護老人保健施設(老健)。医師の間では「ゆったり働けるセカンドキャリアの場」として認知されている向きもありますが、介護老人保健施設とかち(北海道河東郡音更町)の森川利則氏は、長崎での血液内科医としてのキャリアの末に施設長に就任し、老健施設長という役割の可能性を実感しながら、精力的に活動しています。森川氏が語る、老健施設長の面白さとは―。

「ちゃんとしたお医者さんに診て欲しい」―施設長1日目の衝撃

―長崎で血液内科医として働いていたところから北海道の老健へと、大胆なキャリアチェンジを遂げられたのですね。

そうですね。わたしが北海道に着任したのは、介護保険制度が始まった翌年の2001年。大学時代の友人が運営に携わる法人の老健で、2年ほど施設長として働いてみないかとお願されたのがきっかけでした。

当時わたしは47歳。老健の実情をそこまで把握していたわけではありませんが、血液内科医としてのキャリアに一区切りついたこと、また、北海道という土地に昔から強く憧れていたこともあって、2年という期限付きならばと着任を決めました。

―実際に働いてみて、いかがでしたか。

勤務開始1日目から衝撃でした。入所者の肺炎に対応しようとしたら、ご家族から「ちゃんとしたお医者さんに診てもらうことはできませんか?」と言われてしまって。老健の医師は「ちゃんとしたお医者さん」として見なされないのかと意気消沈しました。

ただ当時、目的意識を持って老健に勤務しているという医師が限定的だったのも事実だと思いますし、施設の側も医師に多くを求めてはいないような雰囲気がありました。今も、「老健でこんなことがしたい」という目的意識から施設長を志すというよりは、引退した年配の医師がゆったりとした勤務環境を求めて老健に着任するというケースの方が一般的なのではないでしょうか。

そうした状況には少し残念な気持ちにもなりましたが、一方で「老健は日本の医療・介護システムの中で新しい役割持った施設なのだから、本気でやってみたら面白いかもしれない」とも思ったんです。長崎に戻って大病院で働くよりも、北海道の老健で自分にしかできないことに挑戦してみたほうが、これまでの経験を活かせるのではないか―そう考えて、約束の2年が過ぎたあとも、道内の他の老健で施設長として働くことを決めました。

 初心に戻ってイヤーノートを熟読

―老健の施設長になってみて、大変だったことはありますか。

実務に影響が大きかったのは、臨床能力の面ですね。それまで血液内科一本でキャリアを歩んできたので、プライマリケア領域の診療能力には課題があり、50歳の時に一念発起して、総合内科の専門医を取りました。研修医が読むイヤーノートを読んで年下の医師に教えてもらいながら、20年以上ぶりに基礎を学び直したのは、今となっては良い思い出です。

それからもう一つ大変だったのは、法人外とのやり取りにも積極的に関与していかなければならなかったことですね。2施設目の老健は病院併設ではなかったので、いざという時に入所者を引き取ってくれる医療機関との関係づくりにも取り組まなければなりませんでしたし、地域包括ケアシステムの構築が叫ばれる中、自法人内だけを意識して施設運営をしていては限界が訪れるなと思ったんです。連携先の病院に非常勤医として在籍して、現場の医師と一緒に仕事をしてみたり、地域の集まりに積極的に顔を出したりして、助け合える環境づくりに励みました。

現在働いている介護老人保健施設とかちのスタッフにも、入所者の健康状態は日々しっかりとサマリにまとめておくなど、他施設との連携を視野に動いて欲しいとお願いしています。

老健の役割は、地域の医療・介護の隙間を埋めること

―老健で働いて10年以上が経ちますが、心境の変化はありますか。

この10年以上で介護関連の制度もどんどん変わっていきましたが、一つ実感するのは、老健には地域の溝を埋める役割があるのではないか、ということです。

本来、老健の役割は大きく2つ。一つは在宅医療を受けている方が在宅で暮らせるようにすること。もう一つは病院から自宅へ戻ってくるときにADLが低下していたり、認知症を抱えていたりする入居者にリハビリを行い、円滑な在宅復帰を促すということです。

ただ、地域の介護資源不足などによって、本来は特別養護老人ホームや療養病床で過ごすべき方が老健で過ごしているという事実が全国各地で見られるのも実情だと思います。医療と介護をつなぐ立場であるからこそ地域の医療・介護提供体制のしわ寄せがやってきやすいのが、老健の特徴と言えるのではないでしょうか。そういう意味で老健は地域性が出やすいのだと思います。

―介護老人保健施設とかちにはどんな地域性、特徴はありますか。

「まだまだ生きたい」「早く家に帰りたい」―そんな強い意志を持った入居者が多いのがこの施設の特徴だと思います。生きることに前向きな入居者たちの思いにふれながら、そのサポートができるのは、やりがいにつながっていますね。

kazunori.morikawa2実はこういう風に思うようになったのは、入居者との対話がきっかけなんです。
当施設でも一時期、入居者の看取りに積極的に対応していた時期がありました。通常であれば、亡くなったご遺体は施設の裏口から運び出されますが、死は自然なことだからと表玄関からお見送りをして、入居者一同でお別れをする―。入居者が安心して最期の瞬間をむかえられる、終の棲家としての役割を担えたらという思いからでしたが、ある時入居者に「やめて欲しい」と直訴されたんです。「人が死ぬのはやはり悲しいし、親しい人の死を見ると自分の死が怖くなる。自分たちが死に近いのは確かかもしれないが、この施設では、“どうしたらもっと楽しく生きられるか”を考えたいのだ」と。なるほどと思いました。

その時から、生きる希望を持っている人たちの気持ちの支えとなるようなサポートをすることが、この施設の役割だと気づいたんです。自分よりも人生経験豊富な入居者に接する中で、価値観ががらりと変わる出来事があるのも、この仕事のだいご味だと思っています。

本気で取り組む仕事を見つけるための“脱線”のススメ

―最後に、地方での勤務を考えている医師に向けてメッセージはありますか。

もしキャリアに悩んでいるのであれば、思いきって一度、キャリアを“脱線”してみるのも面白いと思います。

kazunori.morikawa3先ほど述べたように、北海道での勤務は当初2年の約束だったので、ここまでこの仕事にのめり込むことになったのは、わたしにとって想定外でした。しかし、本気で取り組む価値のある仕事を見つけられたという点で、あの時の“脱線”は必要だったと感じていますし、もし北海道に居続けていなかったとしても、この土地に来なければ得られなかった経験や出会いは、わたしの人生にとってかけがえのないものになったはずです。

わたしのキャリアの終着点は、この地域の人々の暮らしに向き合い、地域に根付いた老健をつくること。スタッフの教育に力を入れ、たとえわたしが辞めても、この地域の人々の暮らしを見守り続けられるような体制をつくっていきたいですね。

エムスリーキャリアでは、希少性の高い老健求人も扱っています

エムスリーキャリアでは、医師のキャリア支援サービスを展開しております。

専任のコンサルタントが、情報収集や選考スケジュール調整、条件交渉など、負担が重い作業を代行します。その際は医師が直接言いづらいことも含めて条件交渉を行うため、好条件求人を希望される医師からも高い満足度を得ています。結果、医師の時間的負担も心理的負担も軽減した、円満な入職へと導いています。

もし、先生が介護老人保健施設の施設長としてのご勤務・転職をお考えでしたら、下記のフォームからお問い合わせください。「非公開求人」も合わせてご紹介いたします。

この記事の関連キーワード

  1. キャリア事例
  2. 事例

この記事の関連記事

  • 事例

    南海トラフ巨大地震に備えて、医師にできること ――森本真之助氏(三重県 紀南病院)

    森本氏は専門医取得を目指すことに加え、「災害に強いまちづくり」の活動をさらに広げています。診療にとどまらず、地域の大きな課題に取り組む森本氏に、これまでのキャリアと活動を伺いました。

  • 事例

    運営休止した銚子市立病院で、60代医師が働きたいと思った理由―蓮尾公篤氏(銚子市立病院)

    大学病院、神奈川県の公的病院にて長年、外科医として勤務してきた蓮尾公篤先生。医師になったときから思い描いていたキャリアを実現させるべく、60歳を過ぎてから転職活動をスタートします。さまざまな選択肢の中から転職先に選んだのは、かつて運営休止に追い込まれてしまった銚子市立病院でした。蓮尾先生が銚子市立病院に入職を決めた経緯、今後の展望についてお話を伺いました。

  • 事例

    地元・山口に還元する家庭医が描く夢―玉野井徹彦氏(山口大学総合診療部)

    現在、山口大学総合診療部にて臨床・教育・診療体制の改善に取り組むのは、家庭医の玉野井徹彦(たまのい・てつひこ)氏。もともと同氏が医師を志した理由は、地元・山口県の環境保護に取り組むためというユニークなものでした。そんな玉野井氏が思う、山口県の抱える課題と将来実現したい夢とは――。

  • 事例

    町医者に憧れ、被災地で学び、家庭医として地元へ還元する―遠藤貴士氏(モミの木クリニック)

    現在、モミの木クリニック(福島県郡山市)で家庭医として勤務している遠藤貴士(えんどう・たかし)氏。初期研修時、「良い意味で“ごちゃまぜ”」な家庭医に魅力を感じ、家庭医療の道を志します。その後、被災した石巻市での活動を経て、東北地方に当時はなかったGIMカンファレンス(全国各地の有志が開く総合内科の勉強会)を立ち上げます。遠藤氏のこれまでの活動や今後の展望を取材しました。

  • 事例

    「ならば自分が」医師不足に心痛めて薬剤師から医師に ―佐藤英之氏(坂総合病院

    薬剤師から医師へ異色のキャリアチェンジを果たした佐藤英之氏。鹿児島県の調剤薬局で働いた経験などから、地方医療における医師不足や、これに伴う患者の選択肢の少なさについて危機感を抱いていました。これまでの経験を活かし、佐藤氏が歩もうとしている道とは──。

  • 事例

    救急医療改革で、より多くの患者さんを救える日本へ――安藤裕貴氏(一宮西病院)

    安藤裕貴氏は、日本の救急医療に課題を見出し、MBAを取得。2018年からは、ビジネススクールで学んだマネジメントの知識を生かし、一宮西病院(愛知県一宮市)で総合救急部救急科部長として救急改革に取り組んでいます。さらに、改革の輪を全国に広げようと、若手医師の育成にも尽力。安藤氏が思い描く理想の救急医療の姿と、理想の実現に向けた取り組みを聞きました。

  • 事例

    北海道の若手医師のために、道外へ飛び出した総合内科医のビジョン―小澤 労氏(国立病院機構栃木医療センター)

    北海道出身の総合内科医・家庭医、小澤労氏が初期研修を経て感じたのは、「北海道では、自分のなりたい医師にはなれない」ということでした。尊敬する医師の言葉に背中を押され、道外へと踏み出します。小澤氏が思う、北海道が抱える総合内科教育の課題と、若手医師を救うためのビジョンを取材しました。

  • 事例

    医師の働き方改革、若き離島医が抱える想い―砂川惇司氏(大原診療所)

    将来は故郷に貢献したいと考え、医師を志した宮古島出身の砂川惇司氏。離島研修が受けられる沖縄県立中部病院で研さんを積み、2017年より沖縄県西表島の診療所に赴任し、専攻医として日々診療にあたっています。「医師の働き方改革」の渦中にもいる砂川氏に、離島医としての想いや今後の展望についてお話を伺いました。

  • 事例

    診療への悶々とした思いが一転 国内留学で得た衝撃とは ―河南真吾氏(徳島県立海部病院)

    河南真吾氏は医学生のときに同行した訪問診療の衝撃から、徳島大学卒業後に母校の総合診療部に入局します。総合診療部で日々診療する中で、ある悶々とした思いを抱き始めます。そんな折、亀田ファミリークリニック館山への国内留学をきっかけに、30代半ばにして自らの役割を見出しました。それまでの気持ちの変化や現在の活動拠点である徳島県立海部病院での取り組みを伺いました。

  • 事例

    市中病院から大学病院に入局した理由―近藤猛氏(名古屋大学医学部附属病院)

    学生時代、ある勉強会に参加したことを機に、将来の展望が大きく変わった近藤猛氏。市中病院で研鑽を積んだ後、名古屋大学医学部附属病院の総合診療科に入局し、現在は院内外で「教育」に携わっています。教育を通してどのようなことを実現しようとしているかを伺いました。

  • 人気記事ランキング