1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. キャリア事例
  4. 事例
  5. 「都市部から週1回、日帰りでへき地へ」新しいワークスタイルの可能性―奈良原裕氏
事例

「都市部から週1回、日帰りでへき地へ」新しいワークスタイルの可能性―奈良原裕氏

2017年2月15日

yutaka.narahara1

日本有数の豪雪地帯として知られる、新潟県十日町市。深刻な医師不足によって診療所の閉鎖が続いていたこの地で外来診療をするために、毎週金曜日、遠く離れた神奈川県横浜市から通い続けているのが奈良原裕氏です。
普段は菊名記念病院(神奈川県横浜市)心臓血管外科に常勤勤務する奈良原氏。週1回のへき地勤務は、日常の良い刺激にもなると語ります。奈良原氏がはじめた新しいワークスタイルの可能性とは―。

週1回のへき地診療が、残りの6日間にも充実感を与える

―なぜ、「週1回の日帰りへき地診療」をはじめようと思ったのですか。

もともとは学会で地方に足を運んだときに、「こんな自然豊かで、古き良き日本の医療が残っていそうな環境で診療をしてみたい」という素朴な思いを抱いたのが発端です。2014年ごろから、この思いを実行に移そうと行動を起こしてきました。

当時わたしは心臓血管外科医としての土台づくりを終え、今後の医師人生をどう切り拓いていくべきか考えていました。医療が高度化・複雑化している昨今、生身の患者さんではなく、電子カルテ内にデータとして存在している患者さんを相手にしているような錯覚を覚える医療者も多いのではないのでしょうか。こういう時代だからこそ、医療の原点に戻れるような診療がしたい、社会問題の解決に寄与するような活動がしたい――そう考え、たどり着いたのが「週1回の日帰りへき地診療」を日常業務と並行して行うというアイデアでした。週1回でもへき地診療に携われれば、都市部の病院勤務医として過ごしている残り6日にも良い刺激を与えられると思いましたし、全国各地のへき地が少数の高齢医師によって支えられている現状、わたしのように都市部に拠点を持つ若手~40代の医師がへき地に貢献できるスタイルを提唱できれば、社会的意義もあると考えました。

もちろん、医師不足地域において最も必要とされるのは、週1回の非常勤医ではなく、地域に根差して患者さんと生活を共にするフルタイムの常勤医であり、わたしが行っているのはたかだか週1回の外来勤務に過ぎません。しかし、これを都市部で働く多くの勤務医が行えば、地域医療格差を埋める大きな動きになるはず―「週1回の日帰りへき地診療」を実現させた背景には、そんな思いもありました。

yutaka.narahara2―アイデアを実現させるにあたり、大変だったことはありますか。

最も大変だったのは、「週1回の日帰り勤務」という条件を飲んでくれる医療機関を探し出すことでした。都道府県にこだわりはなかったものの、通勤は疲れているなかでの自動車運転で事故を起こしてしまってはいけないと思い、公共交通機関だけで通勤できる立地にある医療機関をインターネットの地図でしらみつぶしに探しました。しかし、常勤求人ばかりで非常勤求人はなかなか見つかりませんでした。

―立地以外に何か、こだわった条件はありますか。

勤務先としてイメージしていたのは、「公的なへき地診療所」でした。医師不足が深刻な地域で公益性の高い事業を展開している診療所なら、普段勤務している都市部の病院とは異なる雰囲気で外来に携われると思ったのです。

ただ、「都市部の医師を非常勤採用する」という発想を持っている公的へき地診療所は少なく、受け入れを検討してもらうに当たっては、自分の思いや取り組みの意義を根気強く伝える必要がありました。好感触だった施設もいくつかあったのですが、勤務曜日が合わなかったりしてなかなか就任には至らず、医療機関探しには1年近く費やしました。最終的に採用してもらえたのは、新潟県にある十日町市国民健康保険松之山診療所。全国自治体病院協議会のマッチングサービスで紹介いただいた医療機関でした。

 医師1人が2つの診療所を支える―深刻な医師不足に悩む十日町市へ

―当時の松之山診療所は、どのような状況だったのでしょうか。

松之山診療所から見える山里の様子(奈良原氏提供)
松之山診療所から見える山里の様子(奈良原氏提供)

松之山診療所のある新潟県十日町市は深刻な医師不足に悩んでおり、市内にある4つの公立診療所のうち、2つが常勤医不在で閉鎖。残ったのが、松之山診療所と川西診療所だったのですが、松之山診療所も2016年4月から常勤医がいなくなり、存続の危機に瀕している状態となっています。

松之山診療所は、約800世帯2000人強が暮らす松之山地域における、唯一の医療機関です。常勤医不在という窮状を受け、川西診療所の常勤医が、午前は川西診療所、午後は松之山診療所という形で掛け持ちするようになり、月曜日から木曜日まで、何とか診療を成り立たせています。

その医師がお休みを取る毎週金曜日、わたしが松之山診療所で外来診療をすれば、患者さんの医療アクセスも改善されるはず。また、主な標榜科が内科・小児科だったこともあって、心臓血管外科医であるわたしが外科領域を診れば、この地域で受けられる医療の幅も広げられるとも思いました。松之山診療所においても「週1回の日帰り勤務」という形態での採用はわたしが初めてだったのですが、現場のスタッフ、行政の方とも勤務条件などについて調整し、2016年9月から、松之山診療所で毎週金曜日の外来枠を午前・午後ともに担当するようになりました。

綿密な準備で、ギャップ少なく

―実際に「週1回の日帰りへき地診療」をはじめてみて、いかがですか。

月並みな表現かもしれませんが、松之山診療所では患者さんとの距離が本当に近く、家族背景や生活の視点も含めて、全人的な視点で診療に当たることが求められます。当初思い描いていた通り、週1回、医師としての原点に立ち戻れるような診療に従事できることは、自分自身にとって大きな刺激になっています。

―松之山診療所には、どういった患者さんが来院するのでしょうか。

松之山診療所(奈良原氏提供)
松之山診療所(奈良原氏提供)

高齢者が多い地域ということもあって、慢性疾患の管理が治療の中心になっていますが、やはり、医療機関が少ないため関節穿刺や皮膚疾患など、基本的には幅広い患者さんの対応が求められます。検査は、レントゲンや心電図、血液検査と簡易なエコー検査が行えますが、血液検査は外注しているので結果はすぐには分かりません。問診、身体所見、聴診、そして臨床医としての勘が大切になってくるので、診察室では患者さんをより深く診ようと心がけています。わたしがいることで、外科的な治療を求めて基幹病院まで足を運んでいた患者さんが住み慣れた地域で医療を受けられるようになったりもしており、そう思うと大きなやりがいを感じます。

―診療業務において苦労は感じませんか。

もともと救急領域での経験も積んできている分、診療面での苦労は比較的少ないのですが、外科医として難しいと思うのは、慢性疾患の薬剤コントロールです。この点については赴任前に一度診療風景を見学させてもらっていて、処方や検査の方針について共有いただいているほか、判断に迷う時はベテランの看護師さんたちが普段のやり方をアドバイスしてくれるので、とても助かります。

yutaka.narahara5―週1回勤務だと、現地医師との引き継ぎ等もカギになりそうですが、予め治療方針などを共有した上で連携されているのですね。一方で、神奈川県の病院にフルタイムで働きながら、週1回松之山診療所で外来診療をするという生活は、とても忙しそうにも映るのですが、体力的にはいかがですか。

忙しさは、あまり気になっていません。
むしろ、アクセスにこだわって勤務先を検討したこともあり、通勤時間は本当に有意義で―。新幹線を2つ、さらに在来線へ乗り継いで診療所の最寄り駅である「まつだい」に到着するのですが、そこから先は十日町市がタクシーを手配してくれており、15分程度で診療所に到着します。トータルの通勤時間はおよそ3時間半。普段、なかなかまとまった時間を確保できないこともあって、この時間はわたしにとって本当に貴重で―読書や調べ物、勉強会の準備など、思い思いに過ごしています。

―一見大変そうに見える通勤の時間も、先生自身のライフスタイルにしっくりとはまるものだったのですね。

そう考えています。
週1回の日帰り勤務に取り組む中での苦労をあえて挙げるとすると、土地勘がなく方言も分からない分、診療所の方々や患者さんとの会話を聞いても、「ポカン」としてしまう場面がいまだにあることくらいでしょうか。ただ、そうしたわたしの様子を察して優しく接してくれる方が多いので、今のところ大きな問題は生じていません。

 医師人生に一区切りが訪れたら

yutaka.narahara6―今後の展望について教えてください。
わたしにとって「日帰りへき地診療」は、原点を見失わずに医師人生を歩んでいく上で大切なワークスタイルになりつつあります。

都市型病院に勤めていて、ある程度の業務は一人でこなせるようになった勤務医の方は、「週1回日帰りへき地診療」を検討されてはいかがでしょうか。きっとご自身の医師人生を豊かにしてくれる時間が持てると思います。そして、地域貢献モデルの一例として普及してくれたらとても嬉しく思います。

今後のキャリア形成に向けて情報収集したい先生へ

医師の転職支援サービスを提供しているエムスリーキャリアでは、直近すぐの転職をお考えの先生はもちろん、「数年後のキャリアチェンジを視野に入れて情報収集をしたい」という先生からのご相談も承っています。

以下のような疑問に対し、キャリア形成の一助となる情報をお伝えします。

「どのような医師が評価されやすいか知りたい」
「数年後の年齢で、どのような選択肢があるかを知りたい」
「数年後に転居する予定で、転居先にどのような求人があるか知りたい」

当然ながら、当社サービスは転職を強制するものではありません。どうぞお気軽にご相談いただけますと幸いです。

エムスリーキャリアは全国10,000以上の医療機関と提携して、多数の求人をお預かりしているほか、コンサルタントの条件交渉によって求人を作り出すことが可能です。

この記事の関連キーワード

  1. キャリア事例
  2. 事例

この記事の関連記事

  • 事例

    「深刻な問題だ」救急科新設した30代医師の挑戦―柴崎俊一氏

    医学生時代から、いずれ茨城県内の医療過疎地に貢献したいと考えていた柴崎俊一先生。医師8年目で1人、ひたちなか総合病院に飛び込み、救急・総合内科を新設します。診療科を新設し、病院内外に根付かせるにはさまざまな苦労がありますが、どのように取り組まれたのでしょうか。

  • 事例

    LGBTQs当事者の医師がカミングアウトした理由―吉田絵理子氏

    川崎協同病院(神奈川県川崎市)総合診療科科長の吉田絵理子先生は、臨床医の傍ら、LGBTQs当事者として精力的に活動しています。不安を抱えながらもカミングアウトをし、LGBTQs当事者の活動を続ける背景には、ある強い想いがありました。

  • 事例

    院長のラブコール「帰ってこい」Uターン医師の新たな挑戦―光田栄子氏

    お看取りのあり方に課題を感じ、介護士から医師に転身した光田栄子先生。諏訪中央病院を経て、現在、岡山市内のベッドタウンにある有床診療所「かとう内科並木通り診療所」に勤めています。地元にUターンした光田先生がこれから取り組んでいきたいことについて、お話を伺いました。

  • 事例

    「診療科の隙間を埋める」院長の挑戦とは―中山明子氏

    大津ファミリークリニック(滋賀県大津市)院長の中山明子先生。外来、訪問診療をしながら、家庭医として、相談先を見つけにくい思春期の子どもや女性のケアに力を入れています。

  • 事例

    最期まで自分らしく生きる「緩和ケア」を文化に―田上恵太氏

    最期までその人らしく生きるためには、病気や人生の最終段階に生じるつらさを軽減する緩和ケアの普及が必要だと感じた田上恵太(たがみ・けいた)先生。現在は東北大学病院緩和医療科で「緩和ケアを文化に」することを目標に、臨床・研究・社会活動の3点を軸に取り組みを進めています。

  • 事例

    1年限定のつもりが…在宅診療所で院長を続ける理由―細田亮氏

    千葉県鎌ケ谷市にある「くぬぎ山ファミリークリニック」の院長・細田亮(ほそだ・とおる)先生は、2015年、1年間限定のつもりで同クリニックの院長を引き受けました。ところが、院長のまま6年目を迎え、現在はクリニックの新築移転も計画中です。今もなお院長を続ける理由とは――?

  • 事例

    医師の夢“ちょっと医学に詳しい近所のおばさん”―吉住直子氏

    医師としてフルタイムで働きつつ、地域での社会活動にも尽力している吉住氏。「幅広い世代が集まる場所」をつくろうと、奮闘しています。なぜ、忙しい時間を縫って社会活動をするのか。どのような医師を目指しているのかを伺いました。

  • 事例

    元ヘルパー医師が考える、引き算の医療―吉住直子氏

    臨床検査技師や介護ヘルパーを経て、呼吸器内科医となった吉住直子氏。研修先や診療科を選ぶ際は、常に「理想的な高齢者医療」を念頭においていました。実際に診療を始めると、前職の経験がプラスに作用することがあるとか。また、以前は見えなかった新しい課題も浮き彫りになってきたと語ります。

  • 事例

    2つの職を経た女医が、介護にこだわる理由―吉住直子氏

    「ちょっと医学に詳しい近所のおばさんを目指している」と朗らかに話すのは、医師の吉住直子氏です。医学部に入るまでは、臨床検査技師や介護ヘルパーの仕事をしていて、介護現場に立つうちに医師になろうと決意しました。どのような思いで、医師というキャリアを選んだのでしょうか。インタビューを3回に分けてお届けします。

  • 事例

    南海トラフ巨大地震に備えて、医師にできること ―森本真之助氏

    森本氏は専門医取得を目指すことに加え、「災害に強いまちづくり」の活動をさらに広げています。診療にとどまらず、地域の大きな課題に取り組む森本氏に、これまでのキャリアと活動を伺いました。

  • 人気記事ランキング