1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. キャリア事例
  4. 事例
  5. 地域特性と向き合い、“求められる”病院を育む―小林 和人氏(医療法人山容会理事長)
事例

地域特性と向き合い、“求められる”病院を育む―小林 和人氏(医療法人山容会理事長)

2016年6月17日

東京大学医学部を卒業後、同大学附属病院精神科に入局した小林和人氏。医局人事で赴任した病院に2年務めた後、自転車でシルクロード、オーストラリアを横断。そして2008年、山形県酒田市の山容病院に入職しました。2011年には院長に就任した小林氏が、山容病院で推し進めたいこととは?

精神疾患による自殺者減少を目指して

-現在、山容病院ではどのようなことを行っているのですか。
わたしが院長に就任してから当院では、精神疾患の患者さんの社会復帰を最大の目標に据えて、日々診療を行っています。個人精神療法と薬物療法の他に、「精神科デイケア」や「グループホーム」、復職支援専門のプログラム「リワークデイケア」、精神疾患により日常生活に支障や問題を抱えている方の心と体の機能回復を目指す「精神科作業療法」、アルコールの問題を抱えた方のグループ「SSA(酒田山容アルコール勉強会)」「CST(再飲酒予防トレーニング)」などに取り組んでいます。アルコール依存症治療に関しては、2012年から山形県庄内保健所とともに事例検討会を行っています。

山容病院_地図-行政と共に治療プログラムを進めている経緯を教えていただけますか。
山形県の自殺者数は、全国第9位です(平成26年厚労省統計)。その中でも庄内地域は、人口10万人あたりの自殺死亡率が23.4人と、山形県の21.6人に比べて高いのです。自殺原因の第1位は健康問題で、その内訳は精神障害、病苦、そしてアルコール依存症と並びます。

実際に診療していても、アルコール依存症の治療を中断した患者さんが事件を起こしたこと、自殺してしまったことを新聞記事やおくやみ欄で知ったことも頻繁にありました。来院者はアルコール依存症の氷山の一角でしかないと感じ、アルコール依存症の治療プログラムを立ち上げました。それから1年後の2012年7月、スーパーバイズ事業を立ち上げたいと山形県から、依頼がありました。

「やりがい」を感じた山容病院に就職

-なぜ、精神科医を目指されたのですか。
精神科の文化的要素が強く反映されている点に興味を持ちました。ただ、当時は現在の研修制度が始まる直前だったので、いきなり精神科に進んでしまうと医師としてジェネラルに診ることができなくなるのではという思いがあり、かなり悩みました。しかし、病院実習時の担当医師の後押しもあり、東京大学医学部を卒業後、同大学医学部附属病院の精神科に入局しました。

-どのようなご経験を経て、山容病院に就職されたのですか。
入局した1年後、2年契約で福島県郡山市の針生ヶ丘病院に赴任しました。契約終了時に退職し、医師になる前から趣味だった自転車でシルクロードを横断し、その2年後の2007年にはオーストラリアを横断しました。

オーストラリア横断の際、臨床の感覚を取り戻すため、そして旅行資金を稼ぐために3カ月だけ一時帰国しました。その時、期間限定で勤務したのが山容病院だったのです。この間に、開放病棟の患者さん55人全員の減薬に成功。当時はまだ、減薬が周囲から嫌がられる行為でした。しかしわたしは、「減らすべきなら今減らそう。できることは症状が落ち着いている時にやろう」という、研修医時代からの考えを貫きました。自分が考えた治療方針を実行できてやりがいを感じたこと、山容病院が人手不足だった背景もあり、帰国後そのまま就職することにしました。

kazuto_kobayashi03-山容病院に就職してから最も苦労したのはどのようなことですか。
当時の山容病院は、多剤併用でも減薬を試みることなく、長期方針が曖昧なまま対症療法に終始して長期入院をさせている状態でした。そのため、わたしの治療方針をスタッフに理解してもらうための勉強会を行うなど、意識改革を推し進めていました。その真っ最中だった2011年、もともと4人だった医師が半減し、急きょわたしが院長を務めることになりました。それからの3年間は常勤医2人で日々の治療を行い、一時期は1人ですべての業務を行うこともありました。医師不足の中、診療と並行して経営改革も進めていた時期が精神的にも肉体的にも一番つらかったですね。

地域にとって、もっと身近な存在に

-つらかった時期を乗り越えられたのはなぜだと思いますか。

「自分の限界が見えてくると、それを越えたくなる」という性格だからだと思います。

たとえば、患者さんから建物が汚い、冷暖房の調子がおかしいから変えてほしいと言われても、勤務医としては何もできませんし、そもそも勤務医が関わる領域を越えていると思われるかもしれません。ただそんなとき、わたしは「勤務医だから関係ない」ではなく、「何とかしたい」と思うのです。当院を必要としている方々が、より来院しやすくするために自分の限界を越えて改善していきたいという思いも、モチベーションとなっていました。

kazuto_kobayashi02また、シルクロードやオーストラリアなどを自転車で周り、さまざまな経験をしたことも大きいですね。一人旅での出来事はすべて自分の責任です。たとえば、飲み物を入れている容器に穴が開いて、走っている間に水がすべてこぼれて自分が飢えたとしても、誰にも文句は言えません。それを選んだ自分の責任と思わないと旅は続けられませんでした。しかし、自分を責めてばかりだと「なぜこんなことをやっているんだろう」と挫折してしまいます。それを享受して、前向きな気持ちに変えてまた走り続ける。その繰り返しを経て1万km以上走ることができたという事実が、理事長・院長・臨床医としての自分に良い影響を与えています。

-今後の展望を教えてください。
消防署や警察署のように、地域にとって絶対的に必要なインフラとして、山容病院の地位を確立させたいですね。しかし、いまだに「精神科に入院するくらいなら、死んだほうがマシだ」と言われてしまうこともあります。そのような状態では、医療として成り立ちません。
地域から求められる存在となるためには、まずは今以上に敷居が低く、開放的な病院になること。アルコール依存症や近年増加している認知症など、さまざまな精神疾患の早期受診を促せるように努めていきたいと考えています。幸い、医師も3人に増え、スタッフ全員で同じ目標に向かって進めるようになり、医療レベルも向上してきています。さらに良い人材を集めつつ、自転車と同じように、目標に向かって前進していきたいと思っています。

地域医療にご興味のある先生へ

各地で奮闘する先生お一人おひとりのご活躍によって、日本の医療は支えられています。
この記事をお読みになって、もしも「地方での勤務に興味はあるが、なかなか踏み出せない」とお考えでしたら、一度コンサルタントにご相談いただけないでしょうか。

先生のご懸念やご事情を伺った上で、地方の実情や待遇、サポート体制など正直にお伝えし、前向きな気持ちで次のキャリアに踏み出せるように最大限のご支援をしたいと考えております

先生の決断が、地域を、医療を変えるかもしれません。新天地でのご勤務・転職をお考えでしたら、ぜひお問い合わせください。

この記事の関連キーワード

  1. キャリア事例
  2. 事例

この記事の関連記事

  • 事例

    南海トラフ巨大地震に備えて、医師にできること ――森本真之助氏(三重県 紀南病院)

    森本氏は専門医取得を目指すことに加え、「災害に強いまちづくり」の活動をさらに広げています。診療にとどまらず、地域の大きな課題に取り組む森本氏に、これまでのキャリアと活動を伺いました。

  • 事例

    運営休止した銚子市立病院で、60代医師が働きたいと思った理由―蓮尾公篤氏(銚子市立病院)

    大学病院、神奈川県の公的病院にて長年、外科医として勤務してきた蓮尾公篤先生。医師になったときから思い描いていたキャリアを実現させるべく、60歳を過ぎてから転職活動をスタートします。さまざまな選択肢の中から転職先に選んだのは、かつて運営休止に追い込まれてしまった銚子市立病院でした。蓮尾先生が銚子市立病院に入職を決めた経緯、今後の展望についてお話を伺いました。

  • 事例

    地元・山口に還元する家庭医が描く夢―玉野井徹彦氏(山口大学総合診療部)

    現在、山口大学総合診療部にて臨床・教育・診療体制の改善に取り組むのは、家庭医の玉野井徹彦(たまのい・てつひこ)氏。もともと同氏が医師を志した理由は、地元・山口県の環境保護に取り組むためというユニークなものでした。そんな玉野井氏が思う、山口県の抱える課題と将来実現したい夢とは――。

  • 事例

    町医者に憧れ、被災地で学び、家庭医として地元へ還元する―遠藤貴士氏(モミの木クリニック)

    現在、モミの木クリニック(福島県郡山市)で家庭医として勤務している遠藤貴士(えんどう・たかし)氏。初期研修時、「良い意味で“ごちゃまぜ”」な家庭医に魅力を感じ、家庭医療の道を志します。その後、被災した石巻市での活動を経て、東北地方に当時はなかったGIMカンファレンス(全国各地の有志が開く総合内科の勉強会)を立ち上げます。遠藤氏のこれまでの活動や今後の展望を取材しました。

  • 事例

    「ならば自分が」医師不足に心痛めて薬剤師から医師に ―佐藤英之氏(坂総合病院

    薬剤師から医師へ異色のキャリアチェンジを果たした佐藤英之氏。鹿児島県の調剤薬局で働いた経験などから、地方医療における医師不足や、これに伴う患者の選択肢の少なさについて危機感を抱いていました。これまでの経験を活かし、佐藤氏が歩もうとしている道とは──。

  • 事例

    救急医療改革で、より多くの患者さんを救える日本へ――安藤裕貴氏(一宮西病院)

    安藤裕貴氏は、日本の救急医療に課題を見出し、MBAを取得。2018年からは、ビジネススクールで学んだマネジメントの知識を生かし、一宮西病院(愛知県一宮市)で総合救急部救急科部長として救急改革に取り組んでいます。さらに、改革の輪を全国に広げようと、若手医師の育成にも尽力。安藤氏が思い描く理想の救急医療の姿と、理想の実現に向けた取り組みを聞きました。

  • 事例

    北海道の若手医師のために、道外へ飛び出した総合内科医のビジョン―小澤 労氏(国立病院機構栃木医療センター)

    北海道出身の総合内科医・家庭医、小澤労氏が初期研修を経て感じたのは、「北海道では、自分のなりたい医師にはなれない」ということでした。尊敬する医師の言葉に背中を押され、道外へと踏み出します。小澤氏が思う、北海道が抱える総合内科教育の課題と、若手医師を救うためのビジョンを取材しました。

  • 事例

    医師の働き方改革、若き離島医が抱える想い―砂川惇司氏(大原診療所)

    将来は故郷に貢献したいと考え、医師を志した宮古島出身の砂川惇司氏。離島研修が受けられる沖縄県立中部病院で研さんを積み、2017年より沖縄県西表島の診療所に赴任し、専攻医として日々診療にあたっています。「医師の働き方改革」の渦中にもいる砂川氏に、離島医としての想いや今後の展望についてお話を伺いました。

  • 事例

    診療への悶々とした思いが一転 国内留学で得た衝撃とは ―河南真吾氏(徳島県立海部病院)

    河南真吾氏は医学生のときに同行した訪問診療の衝撃から、徳島大学卒業後に母校の総合診療部に入局します。総合診療部で日々診療する中で、ある悶々とした思いを抱き始めます。そんな折、亀田ファミリークリニック館山への国内留学をきっかけに、30代半ばにして自らの役割を見出しました。それまでの気持ちの変化や現在の活動拠点である徳島県立海部病院での取り組みを伺いました。

  • 事例

    市中病院から大学病院に入局した理由―近藤猛氏(名古屋大学医学部附属病院)

    学生時代、ある勉強会に参加したことを機に、将来の展望が大きく変わった近藤猛氏。市中病院で研鑽を積んだ後、名古屋大学医学部附属病院の総合診療科に入局し、現在は院内外で「教育」に携わっています。教育を通してどのようなことを実現しようとしているかを伺いました。

  • 人気記事ランキング