1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. キャリア事例
  4. 事例
  5. 三重に必要な医療と教育で、地域の患者さんを守っていきたい -江角悠太氏(志摩市民病院)
事例

三重に必要な医療と教育で、地域の患者さんを守っていきたい -江角悠太氏(志摩市民病院)

2016年3月29日

2015年11月、三重県志摩市民病院から3人の医師が辞職することが発表されました。そこに1人、院長として残ることになったのが、2014年12月に着任したばかりの若手医師、江角悠太氏。着任1年で院長就任、病床存続か否かという事態に直面した江角氏は、どのような思いで地域医療を見つめているのでしょうか。

研修中に気付いた、目指す医療のかたち

-まず、これまでのご経歴をお聞かせください。

三重大学医学部を卒業後、多くの患者さんを診る経験を積むために、沖縄中部徳洲会病院を初期研修先に選びました。ここで患者さんを断らない救急のあり方や、臨床技術について多くを学ぶことができましたが、仕事に慣れて考える余裕が出てくると、命を助けることだけが医療ではない、と感じるようになりました。また、3年目以降、何科を選ぶかとても迷っていた時期でもありました。

そんな折に、ある先生に専攻科の相談を持ちかけたところ、ひどく叱られました。「そんなことで迷っているなら、もっと目の前の患者と真剣に向き合え。そうすれば、自ずとやるべきことが決まるから。無理に決めなくていい」と。そこで我に返りました。学生時代に、わたしも似たようなことを後輩に言っていたのです。

それからは思い切って研修先を変えました。まず、縁があって2カ月間、鹿児島県の徳之島で研修しました。そこである患者を担当したことをきっかけに、「人生80年、年代ごとに区切ってみると死ぬ手前の時期の医療が手薄ではないか。死を幸せにする医療をより手厚く展開すべきではないか?」と思い、今度は1カ月間、緩和医療病棟でも研修を受けることにしました。そのとき指導医の先生に「緩和医療はどこでもできる。目の前の患者をしっかり診ることが何よりも緩和医療だ」と言われ、それは今でも噛み締めています。

志摩市民病院地図「自分が診たいのは病気ではなくて、その病気を含んだ患者さんの人生だ」。その頃から、こう思うようになりました。

-なぜ、三重県の病院へ戻られたのですか?

沖縄や徳之島で得た経験をいち早く、三重大学の後輩達に伝えたかった。また、学生時代、煙たがられがちだった自分を温かく見守っていただき、家庭医療に引き合わせてくれた恩師や、支えてくれた三重県の住民の方々に恩返しがしたいと思った。この2つが大きな理由です。今思うと生意気ですが、寛大な恩師の計らいで、三重県で医療をさせていただけることとなりました。それが、三重大学家庭医療学総合診療科でした。最初は家庭医療学がどのようなものかよく分からなかったのですが、学んでみるとわたしの考え方と合いました。

目下の課題は、過疎地医療

いままであった場所から医療がなくなる。これが現在、日本の末端の地域で起きています。人口減少や他地域への流出に伴い、患者数も減っています。しかし、現在も地域に残っている住民は、足腰が不自由で親近者が近くにいない高齢者です。自宅に帰りたいという希望も叶わず、遠いご子息の家でも生活できず、行ったこともない町の施設で死ぬまで過ごす方や、施設にも行けず見知らぬ町の病院を転々とする方、自宅を選び何とか生活しようとしている方、毎日「長生きなんかするものではない。早くお迎えがこないか」と思いながら暮らしている方がいらっしゃいます。
東日本大震災のとき、原発30km圏内で医療活動をした時にも感じましたが、国や行政の制度では、大多数の方を助けることはできますが、必ずしも全員は助けられません。制度の保護から抜け落ちてしまった方の多くは社会的弱者です。わたしはそのような方々を助けたい。まずは他の医療・介護施設と連携し、縁の下の力持ちになれればと考えています。

-2016年度から志摩市民病院の院長に就任なさると伺いました。

esumi_yuta2現在、当院では一般病床を50床、療養病床を40床持っています。療養病床がある病院は市内でここだけ。そんな中で病床削減が進められると、人工透析を受けている患者さんなどは市外の病院に行かなければならず、負担が増大します。それを回避するため、回復期患者への対応を重要な柱とし、同時に在宅ケア領域で、民間業者ではカバーしきれていない部分を補っていくためにスタッフの増員や、医師の招聘を行い、これらを実現できるように体制を整えています。幸い、当院のスタッフはみな、市民病院として役割を果たしたいと、一丸となって取り組んでおり、とても心強いです。

−病院を存続させていくだけでも大変な状況なのですね。

そのような状況の一方、医学生の実習を可能な限り受け入れて、教育にも注力しています。実習生には「『専門外だから診られない』ではなく、専門外でも診なければならない」と事あるごとに伝えて、その意識付けに取り組んでいます。

地道な取り組みではありますが、大学の授業のように一対大勢ではなく、実習という形で一人ひとりに親身に接し、「患者さんと向き合いこと」がどういうことなのかを理解できるようサポートしていくことが、意識を変えるための一番の近道だと考えています。一学年のうち2~3割の学生を受け入れて、彼らが体験して感じたことを同級生や後輩に伝えてもらえれば、三重大学の医学生に「専門外でも診なければならない」という意識付けができるはずです。

患者さんを最優先に考えることが、課題解決への近道

-三重に戻られて1年が経ち、現在の心境はいかがですか。

毎日が苦労の連続だと感じています。特に院長の辞任が決まって以降、志摩市民病院の病床削減可否の議論、医師会や志摩市、三重県との折衝がある中で、いかに患者さんとスタッフを守るかに頭を悩ませながら、医学生の実習など自分が成し遂げたいと思ったことを実行するのは大変ですが、一方でやり応えのある仕事だなとも思います。

esumi_yuta3「困難に立ち向かうこと」は、自分にとって一番の成長材料になると考えています。医師不足をはじめ、課題が山積している地域にいる今、多くの障壁があります。壁を乗り越えるために、「患者さんを守る医師として何をすべきか」という視点で考えながら行動を起こしています。それが最善策だと思いますし、自身の成長になると思っています。

わたしは、目の前の困っている人を助ける、助けたい、と思って医師を志しました。人を助けることは、とてもシンプルなことです。患者さんの理想や夢、希望を叶えるために、真摯に向きあう。その患者さんのために人事を尽くす。この初心を忘れずに、これからも正直な医療をしていきたいですね。

地域医療にご興味のある先生へ

各地で奮闘する先生お一人おひとりのご活躍によって、日本の医療は支えられています。
この記事をお読みになって、もしも「地方での勤務に興味はあるが、なかなか踏み出せない」とお考えでしたら、一度コンサルタントにご相談いただけないでしょうか。

先生のご懸念やご事情を伺った上で、地方の実情や待遇、サポート体制など正直にお伝えし、前向きな気持ちで次のキャリアに踏み出せるように最大限のご支援をしたいと考えております

先生の決断が、地域を、医療を変えるかもしれません。新天地でのご勤務・転職をお考えでしたら、ぜひお問い合わせください。

この記事の関連キーワード

  1. キャリア事例
  2. 事例

この記事の関連記事

  • 事例

    南海トラフ巨大地震に備えて、医師にできること ――森本真之助氏(三重県 紀南病院)

    森本氏は専門医取得を目指すことに加え、「災害に強いまちづくり」の活動をさらに広げています。診療にとどまらず、地域の大きな課題に取り組む森本氏に、これまでのキャリアと活動を伺いました。

  • 事例

    運営休止した銚子市立病院で、60代医師が働きたいと思った理由―蓮尾公篤氏(銚子市立病院)

    大学病院、神奈川県の公的病院にて長年、外科医として勤務してきた蓮尾公篤先生。医師になったときから思い描いていたキャリアを実現させるべく、60歳を過ぎてから転職活動をスタートします。さまざまな選択肢の中から転職先に選んだのは、かつて運営休止に追い込まれてしまった銚子市立病院でした。蓮尾先生が銚子市立病院に入職を決めた経緯、今後の展望についてお話を伺いました。

  • 事例

    地元・山口に還元する家庭医が描く夢―玉野井徹彦氏(山口大学総合診療部)

    現在、山口大学総合診療部にて臨床・教育・診療体制の改善に取り組むのは、家庭医の玉野井徹彦(たまのい・てつひこ)氏。もともと同氏が医師を志した理由は、地元・山口県の環境保護に取り組むためというユニークなものでした。そんな玉野井氏が思う、山口県の抱える課題と将来実現したい夢とは――。

  • 事例

    町医者に憧れ、被災地で学び、家庭医として地元へ還元する―遠藤貴士氏(モミの木クリニック)

    現在、モミの木クリニック(福島県郡山市)で家庭医として勤務している遠藤貴士(えんどう・たかし)氏。初期研修時、「良い意味で“ごちゃまぜ”」な家庭医に魅力を感じ、家庭医療の道を志します。その後、被災した石巻市での活動を経て、東北地方に当時はなかったGIMカンファレンス(全国各地の有志が開く総合内科の勉強会)を立ち上げます。遠藤氏のこれまでの活動や今後の展望を取材しました。

  • 事例

    「ならば自分が」医師不足に心痛めて薬剤師から医師に ―佐藤英之氏(坂総合病院

    薬剤師から医師へ異色のキャリアチェンジを果たした佐藤英之氏。鹿児島県の調剤薬局で働いた経験などから、地方医療における医師不足や、これに伴う患者の選択肢の少なさについて危機感を抱いていました。これまでの経験を活かし、佐藤氏が歩もうとしている道とは──。

  • 事例

    救急医療改革で、より多くの患者さんを救える日本へ――安藤裕貴氏(一宮西病院)

    安藤裕貴氏は、日本の救急医療に課題を見出し、MBAを取得。2018年からは、ビジネススクールで学んだマネジメントの知識を生かし、一宮西病院(愛知県一宮市)で総合救急部救急科部長として救急改革に取り組んでいます。さらに、改革の輪を全国に広げようと、若手医師の育成にも尽力。安藤氏が思い描く理想の救急医療の姿と、理想の実現に向けた取り組みを聞きました。

  • 事例

    北海道の若手医師のために、道外へ飛び出した総合内科医のビジョン―小澤 労氏(国立病院機構栃木医療センター)

    北海道出身の総合内科医・家庭医、小澤労氏が初期研修を経て感じたのは、「北海道では、自分のなりたい医師にはなれない」ということでした。尊敬する医師の言葉に背中を押され、道外へと踏み出します。小澤氏が思う、北海道が抱える総合内科教育の課題と、若手医師を救うためのビジョンを取材しました。

  • 事例

    医師の働き方改革、若き離島医が抱える想い―砂川惇司氏(大原診療所)

    将来は故郷に貢献したいと考え、医師を志した宮古島出身の砂川惇司氏。離島研修が受けられる沖縄県立中部病院で研さんを積み、2017年より沖縄県西表島の診療所に赴任し、専攻医として日々診療にあたっています。「医師の働き方改革」の渦中にもいる砂川氏に、離島医としての想いや今後の展望についてお話を伺いました。

  • 事例

    診療への悶々とした思いが一転 国内留学で得た衝撃とは ―河南真吾氏(徳島県立海部病院)

    河南真吾氏は医学生のときに同行した訪問診療の衝撃から、徳島大学卒業後に母校の総合診療部に入局します。総合診療部で日々診療する中で、ある悶々とした思いを抱き始めます。そんな折、亀田ファミリークリニック館山への国内留学をきっかけに、30代半ばにして自らの役割を見出しました。それまでの気持ちの変化や現在の活動拠点である徳島県立海部病院での取り組みを伺いました。

  • 事例

    市中病院から大学病院に入局した理由―近藤猛氏(名古屋大学医学部附属病院)

    学生時代、ある勉強会に参加したことを機に、将来の展望が大きく変わった近藤猛氏。市中病院で研鑽を積んだ後、名古屋大学医学部附属病院の総合診療科に入局し、現在は院内外で「教育」に携わっています。教育を通してどのようなことを実現しようとしているかを伺いました。

  • 人気記事ランキング