1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. キャリア事例
  4. 事例
  5. 在宅医療で「その人らしく最期まで生きること」を支える―安井佑氏(やまと診療所)
事例

在宅医療で「その人らしく最期まで生きること」を支える―安井佑氏(やまと診療所)

2016年3月2日

yu_yasui1

24時間365日対応の在宅医療は、医師の負担が大きい分、運営体制が課題になりがち。東京都板橋区で在宅医療に取り組む安井佑氏は、医師の負担を軽減するための体制づくりとして、米国のPA(Physician Assistant)制度を取り入れています。安井氏が在宅医療に取り組む中で感じる課題や、注力しているPA育成の意義や役割などを伺いました。

「その人らしい最期」を支えたい

―先生が在宅医療に携わるようになったきっかけは何ですか。

医師になって3年目から1年半ほど、ミャンマーで医療活動をさせていただいたときの経験が今の活動につながっています。それまでわたしは医師でありながらも、人の生死というものを肌で実感できていないコンプレックスをずっと抱いていました。その思いを先輩に話したところ、吉岡秀人先生が運営する国際医療ボランティア団体「ジャパンハート」の活動を紹介してもらいました。

平均寿命が65歳前後のミャンマーでは、日本よりも若くして亡くなる方が多いです。当時20代前半だったわたしよりも若い方が目の前で亡くなっていく場面に立ち会うこともありました。亡くなっていくのが若い方であるほど、本人や周囲の人の悲しみはどうしても強くなります。しかし、ミャンマーの人々には「輪廻転生」の死生観が根付いているため、死を自然なものとして受け入れていました。その姿をとても素敵だなと感じ、日本人も彼らのように死と向き合えたら良いのではないかと思うようになりました。それを実践できる場としてたどり着いたのが、在宅医療でした。

日本では終末期においても「死んではいけない」「死なせてはいけない」という概念に支配され、「死」に抵抗し続けることが多いように感じます。しかし、誰しもいつか必ず死にます。どうしたらその人らしい最期を過ごせるのかを現場からサポートしていきたいと思い、生まれ育った板橋区で在宅医療に取り組むことにしました。

在宅医療におけるPAの重要性

―板橋区で在宅医療に取り組まれる中で、地域の特色を感じる場面はありますか。

やまと診療所_map板橋区は病院が多いため、「最期は家で過ごしたい」と強い意志を見せなければ、比較的病院が受け入れてくれる状態です。そのため、わたしたちが現在診ている患者さんは、自ら在宅療養を選択されている方が多いです。

本来、病院は治療をするための一時的な場所。療養するのであれば、普段患者さんが生活している家で過ごすのが自然だとわたしは思います。病院で亡くなっていくことが当たり前な現代においても、「最期は家で過ごしたい」と言う方が大半。とはいえ、世間一般的には「自宅で最期を過ごすのは難しい」「病院でないと死ねない」という感覚が強いため、最期に過ごしたい場所を自らの意志で選べていない方が多くいらっしゃいます。

今後高齢化が進み、慢性期患者の受け皿として在宅医療のニーズがますます高まる中で、「老々世帯や独居世帯なので自宅での生活が難しい」「入院を継続できない」「受け入れてくれる施設がない」となる人々―いわゆる「看取り難民」が増えてくることが目に見えています。板橋区でも、「看取り難民」に該当する方々が少しずつ増えてきている印象です。

―在宅医の負担を軽減するために、米国のPA制度を導入されていると伺いました。詳細を教えてください。

yu_yasui3PAとはPhysician Assistantのこと。米国では医師監督のもと、自らの判断で診療を行える国家資格の専門職です。当院の在宅医療PAは、医療行為は行いませんが、担当患者さんの診療に同行して運転や物品準備など細かいサポートを行う、患者や家族の意向やニーズを聞いて信頼関係を構築する、在宅医が他機関・他事業者とスムーズな連携を行えるよう働きかける…など、業務内容は多岐に渡ります。医療版ケアマネージャーのような役割を担うPAを置くことで、医師は職務に専念して、患者さん一人ひとりにじっくり対応することができます。

本院で育成しているPAには、資格要件がありません。医療・介護未経験者でも、命の現場に対して興味関心がある人や、患者さんとより深く関わっていきたい人が専門性を身につけられるよう、OJTやOFFJTを取り入れた育成プログラムを実施しています。患者さん一人ひとりに寄り添い、残された時間をどう過ごしたいか、「その人らしい生き方」を一緒に考える。そんな在宅医療のサポート体制を、PAの育成によってつくっていきたいと思っています。

最後は在宅という選択肢を増やしていきたい

患者さんがどう生き、どう死んでいきたいのか。本人や家族に寄り添った指針を立てるためには、患者さんの性格やこれまでの歩みを把握して、現在の病状を踏まえ、一人ひとりの話にじっくりと耳を傾け、対話していくことが重要となります。

わたしたちの診療所では、患者さんが在宅で最期を過ごす選択をしたときに、必ずサポートできる体制をつくることが最初の使命だと考えています。そのためには、かつての日本がそうであったように、個人レベルではなく、社会的に「最期を家で迎えるのは当たり前」という感覚を取り戻すことが必要だと思います。家で過ごしたいと思っていても、これまでの概念から在宅療養を選択できなかった人たちが「住み慣れた場所で最期まで過ごしたい」と自然と在宅を選択できる。必ずしも最期は在宅がいいというわけではありませんが、在宅という選択肢を選べる人を1人でも多く増やしていきたいと思っています。

在宅医・訪問診療医としての勤務をご希望の先生へ

医師の転職支援サービスを展開するエムスリーキャリアには、在宅医療“専門”のコンサルタントが在籍しています。

直近すぐの転職をお考えの先生はもちろん「数年後のキャリアチェンジを視野に情報収集をしたい」という先生からのご相談にも応じております。条件面だけでなく先生の叶えたいキャリアに合わせ、ベストな選択肢をご提案させていただきます。

詳しくは下記より、お気軽にご相談ください

この記事の関連キーワード

  1. キャリア事例
  2. 事例

この記事の関連記事

  • 事例

    南海トラフ巨大地震に備えて、医師にできること ――森本真之助氏(三重県 紀南病院)

    森本氏は専門医取得を目指すことに加え、「災害に強いまちづくり」の活動をさらに広げています。診療にとどまらず、地域の大きな課題に取り組む森本氏に、これまでのキャリアと活動を伺いました。

  • 事例

    運営休止した銚子市立病院で、60代医師が働きたいと思った理由―蓮尾公篤氏(銚子市立病院)

    大学病院、神奈川県の公的病院にて長年、外科医として勤務してきた蓮尾公篤先生。医師になったときから思い描いていたキャリアを実現させるべく、60歳を過ぎてから転職活動をスタートします。さまざまな選択肢の中から転職先に選んだのは、かつて運営休止に追い込まれてしまった銚子市立病院でした。蓮尾先生が銚子市立病院に入職を決めた経緯、今後の展望についてお話を伺いました。

  • 事例

    地元・山口に還元する家庭医が描く夢―玉野井徹彦氏(山口大学総合診療部)

    現在、山口大学総合診療部にて臨床・教育・診療体制の改善に取り組むのは、家庭医の玉野井徹彦(たまのい・てつひこ)氏。もともと同氏が医師を志した理由は、地元・山口県の環境保護に取り組むためというユニークなものでした。そんな玉野井氏が思う、山口県の抱える課題と将来実現したい夢とは――。

  • 事例

    町医者に憧れ、被災地で学び、家庭医として地元へ還元する―遠藤貴士氏(モミの木クリニック)

    現在、モミの木クリニック(福島県郡山市)で家庭医として勤務している遠藤貴士(えんどう・たかし)氏。初期研修時、「良い意味で“ごちゃまぜ”」な家庭医に魅力を感じ、家庭医療の道を志します。その後、被災した石巻市での活動を経て、東北地方に当時はなかったGIMカンファレンス(全国各地の有志が開く総合内科の勉強会)を立ち上げます。遠藤氏のこれまでの活動や今後の展望を取材しました。

  • 事例

    「ならば自分が」医師不足に心痛めて薬剤師から医師に ―佐藤英之氏(坂総合病院

    薬剤師から医師へ異色のキャリアチェンジを果たした佐藤英之氏。鹿児島県の調剤薬局で働いた経験などから、地方医療における医師不足や、これに伴う患者の選択肢の少なさについて危機感を抱いていました。これまでの経験を活かし、佐藤氏が歩もうとしている道とは──。

  • 事例

    救急医療改革で、より多くの患者さんを救える日本へ――安藤裕貴氏(一宮西病院)

    安藤裕貴氏は、日本の救急医療に課題を見出し、MBAを取得。2018年からは、ビジネススクールで学んだマネジメントの知識を生かし、一宮西病院(愛知県一宮市)で総合救急部救急科部長として救急改革に取り組んでいます。さらに、改革の輪を全国に広げようと、若手医師の育成にも尽力。安藤氏が思い描く理想の救急医療の姿と、理想の実現に向けた取り組みを聞きました。

  • 事例

    北海道の若手医師のために、道外へ飛び出した総合内科医のビジョン―小澤 労氏(国立病院機構栃木医療センター)

    北海道出身の総合内科医・家庭医、小澤労氏が初期研修を経て感じたのは、「北海道では、自分のなりたい医師にはなれない」ということでした。尊敬する医師の言葉に背中を押され、道外へと踏み出します。小澤氏が思う、北海道が抱える総合内科教育の課題と、若手医師を救うためのビジョンを取材しました。

  • 事例

    医師の働き方改革、若き離島医が抱える想い―砂川惇司氏(大原診療所)

    将来は故郷に貢献したいと考え、医師を志した宮古島出身の砂川惇司氏。離島研修が受けられる沖縄県立中部病院で研さんを積み、2017年より沖縄県西表島の診療所に赴任し、専攻医として日々診療にあたっています。「医師の働き方改革」の渦中にもいる砂川氏に、離島医としての想いや今後の展望についてお話を伺いました。

  • 事例

    診療への悶々とした思いが一転 国内留学で得た衝撃とは ―河南真吾氏(徳島県立海部病院)

    河南真吾氏は医学生のときに同行した訪問診療の衝撃から、徳島大学卒業後に母校の総合診療部に入局します。総合診療部で日々診療する中で、ある悶々とした思いを抱き始めます。そんな折、亀田ファミリークリニック館山への国内留学をきっかけに、30代半ばにして自らの役割を見出しました。それまでの気持ちの変化や現在の活動拠点である徳島県立海部病院での取り組みを伺いました。

  • 事例

    市中病院から大学病院に入局した理由―近藤猛氏(名古屋大学医学部附属病院)

    学生時代、ある勉強会に参加したことを機に、将来の展望が大きく変わった近藤猛氏。市中病院で研鑽を積んだ後、名古屋大学医学部附属病院の総合診療科に入局し、現在は院内外で「教育」に携わっています。教育を通してどのようなことを実現しようとしているかを伺いました。

  • 人気記事ランキング